カナダ在住のアメリカ人一家からのオバマ大統領宛て「アメリカ国籍離脱の通告状」

http://www.forbes.com/sites/robertwood/2014/08/15/dear-mr-president-why-im-leaving-america/

TAXES 8/15/2014 @ 3:55午後 108,728 views

Dear Mr. President, Why I’m Leaving America

Robert W. Wood による

I received   a copy of this letter, and think it is worth reproducing in full:

 

“Dear Mr.   President,

I am   writing with a heavy heart as I, my husband, and our daughter are all   seriously contemplating giving up our U.S. citizenship. We are doing this not   to avoid paying U.S. taxes but because we strongly object to a system that is   blatantly discriminatory and unfair to law-abiding Americans living outside   the country. In addition, it has become too expensive, too difficult, and   frankly, too frightening, to try to comply with all of the tax filing   requirements that now apply to citizens living abroad.

My   husband is 70 years old and I am 69. I was born in St. Louis, my husband in   Denver, and our daughter in Toronto. When my husband graduated with a PhD in   history from the University of Pennsylvania, and I with a law degree from   Villanova, both in 1971, he received a job offer to teach U.S. history to   Canadian university students. I began teaching law at the same university. We   never expected to stay in Canada but, as you know, life is often   unpredictable and we have now happily lived here for 43 years. I retired many   years ago and my husband more recently.

 

In order   to practice my profession I had to become a member of the Ontario Bar, which   I did in 1985 and which required me to become a Canadian citizen. My husband   did so some years later because he also wanted the right to vote in a country   where we were living and raising our daughter. We have continued to vote in   U.S. federal elections, we hold U.S. passports as well as Canadian, and we   have never failed, in 43 years, to comply with U.S. laws that require   American citizens anywhere in the world to file U.S. tax returns. Of course,   that obligation does not exempt us from also having to file
  Canadian tax returns each year, and in some instances, paying taxes to both   countries. (Please note, neither one of us receives U.S. Social Security or   Medicare, so we take nothing in return from the U.S.)

And yet,   we now feel like second class citizens at best, or criminals at worst. The   FBAR forms that we must file every year, detailing the amount in every single   financial account we have, from savings to checking to investment to   retirement accounts, are filed with the Fraud Division of the U.S. Treasury   Department. The message given here, along with the enormous fines for   improper filing, make U.S. citizens feel like they are guilty until proven   innocent.

Recently   I learned that, on top of all the other tax disadvantages of being dual   citizens, Americans living and working in Canada can now hold Canadian mutual   funds only at their financial peril. These funds carry onerous, expensive tax   filing requirements for every single fund owned, as well as attracting much   higher taxes than U.S. mutual funds (which we are not allowed to hold in our   Canadian investment accounts.) What this new obstacle means for U.S. citizens   in Canada is that, in addition to being prohibited from buying U.S. mutual   funds, we must now sell the Canadian mutual funds in our investment   portfolios for a reason that has nothing to do with their inherent value or   what they add to our savings and retirement strategies.

  

To my   knowledge the IRS does not tell U.S. citizens living in America that they   will be penalized for owning mutual funds domiciled in that country. So why   does it feel it is fair or appropriate to penalize Americans living in Canada   for simply investing in mutual funds domiciled in Canada? Let us be clear.   These are not funds that are investing in terrorist activities in the   Mideast. These are funds that are invested heavily in U.S. bonds and U.S.   companies, as well as in Canadian bonds and companies. While the IRS looks at   Canadian mutual funds as “foreign investments“, obviously for those living in   Canada they are local investments!

Nevertheless,   I must now instruct our investment advisor to sell them. Americans living in   the U.S. pay 15% in capital gains on U.S. domiciled mutual funds.

 

 Americans living in Canada will now pay over   38% in capital gains on Canadian domiciled mutual funds, even though both   funds might contain very similar investments. This places American citizens   living in Canada at a distinct disadvantage in planning and saving for our   retirement. What have we done to deserve this discriminatory and second class   treatment? Are we to save for our old age by hiding our money under the   mattress?

 

For many   years we have been willing to pay the substantial expenses involved in using   tax accountants who are qualified to file our tax returns in both countries.   As you can imagine, dual citizens cannot use just any tax accountant and   still feel confident that they are complying with the very confusing U.S. tax   laws, tax treaty, and all of the special requirements that apply only to   Americans living outside the country. This is especially true when it is the   Fraud Division that investigates even the most innocent errors in filing some   of the necessary forms.

 

However,   now the overall burden and the unfairness have become too heavy to reasonably   bear. My earliest known American ancestor, who sailed from Europe and settled   in Kentucky 166 years ago, is probably “rolling over in his grave” to think   that I am giving up my U.S. citizenship. However, growing up in Colorado I   was raised and educated to stand up for what is right. I have been doing that   ever since.

What   America is doing to its own citizens living in other countries is not right   and we have had enough. What I have outlined here is only part of the   problem. All we want in return for fulfilling our responsibilities as   Americans is to be treated fairly and equally. We are performing our part of   the bargain. America is not.

  

There are   approximately one million Americans living and working in Canada, and   millions more in other parts of the world. I understand from our specialized   tax accountant, and our cross-border consultant, that we are not alone in   contemplating or taking this very dramatic and previously inconceivable step   of relinquishing our U.S. citizenship. What a sad state of affairs for   America and for its citizens everywhere.

Regretfully   yours,

Marilyn
  Ontario, Canada”

You   can reach me at Wood@WoodLLP.com.   This discussion is not intended as legal advice, and cannot be relied upon   for any purpose without the services of a qualified professional.

 

Follow Comments ;

 

Comment;

I   relinquished my US citizenship in 2011. The US is desperate because the it is   morally and financially bankrupt. So it has to hit up people who neither live   in the country nor have any benefit from taxation.

      

         

    • Called-out comment
    •   

Permalink   Flag  

Reply  

      

  • Author

        Robert   W. Wood, Contributor 1 week ago

Most people   do not relinquish citizenship primarily because of taxes. I’m sorry it came   to that for you.

 

 

 

大統領様、だから私はアメリカを離れるのです

Robert W.   Wood による投稿

この手紙のコピーを受け取りましたが、全文を読んでほしいと考えます。

 

大統領閣下;

重たい心で、私、主人及び娘全てが、アメリカの国籍を放棄することを真剣に行おうとしていますので、この手紙を書いています。私たちはこれをアメリカでの納税を避けるためではなく、アメリカ国外に住んでいる法律をよく守るアメリカ人を露骨に差別し不公平にしている制度に強く反対するからであります。その上、現在海外に在住のアメリカ人に適用されている税の申告の要請のすべてを守ることは、あまりにも高くつき、あまりにも困難で、率直に言ってあまりにもビックリすることすぎるのです。

私の主人は70歳で、私は69歳です。私はセントルイスで、主人はデンバーで、娘はトロントで産まれました。主人がペンシルベニア大学の歴史の学位を取得した時、私も同時に1971年にビラノバの法律の学位を得ており、主人はカナダ大学でアメリカ史の教職の仕事を得ました。私も同じ大学で、法律学を教えていました。私たちは、カナダに留まることを望んだことは一度もありませんでしたが、御承知の通り、人生は予測できないもので、私どもは43年間幸せにここに住んでまいりました。私はかなり以前に退職し、主人はもっと最近に退職しました。

 

 専門知識を生かすために、私は1985年にオンタリオの法律家協会のメンバーになり、そのためにはカナダ国籍の取得が必要でした。主人も数年遅れて、選挙権を行使したいのと娘の養育のために同様に国籍を取得しました。私たちは、アメリカアにおいては国の選挙で投票を続け、パスポートもカナダとアメリカの両方を有し、43年の間、一度もアメリカでの申告納税を怠ったことはりませんでした。もちろん、その義務は免除されていませんでした。 

カナダの毎年の確定申告、またある時には両方の国での納税を行いました。

(私どものだれもアメリカの社会保障、医療保障の資格を持ってはいないことをご留意ください。)

しかも、私どもは今や第2順位のアメリカ国民が最高で、最悪は刑事の犯罪人と扱われるよう感じているのです。私どもが毎年申告しなければならない

FBARの様式は、米国財務省の査察部に提出され、それには、預金口座から、投資講座、退職口座までのすべての個別の口座の金額を詳細に含んでおります。ここでのメッセージは、不正申告への巨額の罰金とともに、アメリカ国民を無実の証明がなされるまでは有罪であるように感じられるのです。

 最近私は、二重国籍であることがすべての税上の不利益でのトップであり、カナダに在住で働いているアメリカ人は、その金融上の危険を招くものとしてのみ、カナダの投資信託を持つことができるのです。これらの商品は、商品の一つごとに、面倒で金のかかる税の申告が必要で、(私たちがカナダの投資勘定では持つことができない)アメリカの投資信託よりはもっと高い税を必要とします。カナダ在住のアメリカ国民にとってのこの新たな障害が意味するものは、アメリカの投資信託の購入を禁じられている上に、私たちの投資のポートフォリオの中で、その相続財産とは何の関係も無いかもしくは預金と退職の戦略に追加するものであるとも理由で、カナダの投資信託を売らなければならないのです。

 

 

 

 

 私が知る限りでは、IRSはアメリカに在住の国民に対しその国内での投資信託を持つことは罰せられるとは云っていません。ならば、なぜそれが公平と感じるのか又は、カナダの在住のアメリカ人はカナダで作成された投資信託への単なる投資が、罰せられるのが望ましいのでしょうか。明らかにしてください。これらは、中東のテロリストの活動への投資信託ではありません。これらは、カナダの国債と企業とともに、アメリカの国債と企業への投資に重点に置いた基金です。

IRSは、カナダの投資信託を外国投資とみなしますが明らかにカナダ在住のものにとっては国内投資なのです。

それにもかかわらず、私は投資のアドバイザーのそれらの売却を指示しなくてはなりません。国内在住のアメリカ人は、国内発行の投資信託でのキャピタルゲインには、15%を支払っています。

 

 カナダ在住のアメリカ人は、カナダで発行の投資信託でのキャピタルゲインには、例え両方の商品が非常に似通った対象を踏んでいたとしても、38%以上払わされるでしょう。これは、カナダ在住のアメリカ国民に、退職後の資産形成で場所による不利益を課しています。私たちは、この差別と二順位の扱いに対し何をするべきでしょうか。老後のためのお金をベットの下に隠すべきなのでしょうか。

 

 

長年私どもは、税の申告書を提出するために、資格のある会計士を使うことでかなりの出費を喜んでしてきました。

お分かり頂ける通り、二重国籍のものは、全ての会計士を使うことはできませんし、彼らがアメリカの税法と租税条約そしてアメリカ国外に在住する者だけに適用になる特別な要請のすべてに従うのに混乱していることは自信をもって感じています。これは、必要な様式のいくつかの無知による間違いででさえも、査察部が調査するという場合に特に言えることです。

 

 

 しかしながら、全体的な負担と不公正さは、納得して負担するのには余りに重すぎるようになりました。私が古くから知っているアメリカ人の先祖、ヨーロッパから船で来てケンタッキーに166年前に植民した先祖は、私がアメリカ国籍を放棄する事考えて、【お墓の中で寝返りを打つ】ことでしょう。しかしながら、コロラドで成長して、何が正義かによって立つ教育を受けました。以後そのように行動してきました。

 

他国にいるアメリカ人にアメリカがしようとしていることは、正しくないし、もう沢山です。私がここで述べたことはその問題のほんの1部分です。

アメリカ人としてその責任を果たす代わりに我々がほしいのは、公正に平等に扱ってほしいということです。我々は自分達の役目を果たしています。アメリカはしていません。

 

現在、約百万人のアメリカ人が、カナダに住んだり働いたりしています。私たちの税の専門の会計士、および国際的なコンサルタント達から、このきわめて劇的で、以前から考えてもいなかったアメリカ国籍の離脱をしようとしたり実行に移そうとするのが私だけでないことを知らされています。

アメリカと世界中のアメリカ人にとって何という悲しい事態なのでしょうか!!

 

                                        敬具

マリリン

  

 

 

 

・コメンテーター(3年前にアメリカ国籍を放棄した者)のコメント

 

 

 

私は、2011年にアメリカ国籍を放棄しました。アメリカは道徳的にも財政的にも破綻している自暴自棄の国です。アメリカは、国内に住んでいないか課税で便益を受けていない人たちをそのようにせきたてているに違いありません。

 

 

 

 

 

・投稿者(作者)の返事

 

 

多くの人たちは、税を理由に国籍を放棄しません。あなたがそれを理由に放棄されたのは残念です。

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top