英国における適正課税の強化の動きについて

 

英国における適正課税の強化の動きについて

 

9月4日の英国のcitywireのサイト記事によると、英国の歳入庁は、救命ワクチン研究用に設計されたレリーフを悪用した租税回避スキームに対してアッパー裁判所のケースで勝利を納めました。114百万ポンドの疑惑投資について、国側HMRCの勝訴の第1審の裁判所の判決を支持しました。

 

勝訴した財務長官は、「歳入庁は容赦なく、税を回避しようとする者を追求し、必要に応じて訴訟を提起する事を躊躇しません。回避スキームにおける投資家は、彼らのケースが、裁判になるとしたら、彼らは敗訴する事になるということを認識すべきです。」と言って、他の脱税者への警告を行っています。

 

この事件の背景は、2010年にまで遡ります。ジュネーブでのHSBC銀行口座に上がっていた約6000のイギリス人の名前は、当時フランスの財務大臣だったクリスティ-ヌ・ラガルド(現国際通貨基金専務理事)によって、2010年に英国の税務当局に引き渡されたようなのです。

 

名簿の提供を受けた英国歳入庁は、その公表に際して、「ラガルドリスト」に500名の英国人の名前を記入することを拒否しました。脱税者は起訴されることはないと約束しました。時の英国歳入庁の長官のリン・ホーマーは、スイスの銀行口座を持つ英国人のリストでたった一人だけ起訴しました。

 

税務当局は、罰科金と税金の支払いと引き換えに彼らに免除を提供することを決定しました。歳入庁長官は、「ラガルドリスト」上で調査された、少なくとも詐欺が疑われる500人分を調べましたが、有罪判決を受けたのは1件にとどまり、他の多くが訴追を免れた理由について議会で尋問されました。

 

批評家は、HSBCのリスト上のほとんどの人に免除協定を提供している税務当局を非難しているが、これは歳入庁により否定されました。銀行口座保有者の大半は、税金計算書に加えてペナルティを支払うことと引き換えに訴追免除を与えなければならないので、協定は、彼らの匿名性が保御されるだけなのです。

 

歳入庁のスポークスマンは「HSBCデータの歳入庁の取り扱いは大きな成功であり続けている。現在までに、500人以上の個人が重大な不正行為の調査対象となっているか、調査中です。これらのケースのいくつかは、20年遡ります。自主的に納税しない者は、執拗に追求する事となります。」と言ってます。

 

以上の記事は、英国の一連の徴税強化策のほんの一部分なので、下記の、内国歳入・関税消費税庁、財務省、および財務長官の連名による、政府広報を仮翻訳してみました。歳入確保の観点から、タックスギャップを少なくすることを、現政権の政策の一つとしてきた英国の動きが、これでお分かり頂けると思います。わが国でもほぼ同じようなことは行われているようですが・・・。正直者が馬鹿を見ないようにするのは、税の執行官庁の大事な役割の一つと言っていいでしょう

 

出典:https://www.gov.uk/government/policies/reducing-tax-evasion-and-avoidance

 

GOV.UK

Policy

 

 Reducing tax   evasion and avoidance

 

  Issue

 The vast majority of UK individuals and   businesses pay the tax that is due.    However, there is a small minority who don’t.

 

 This imposes an unfair burden on the honest   majority and prevents money from reaching the crucial public services that   need it.  We want to stop people   cheating the tax system and collect more of what’s owed.

 

 The difference between the revenues that in   HM Revenue & Customs’ ( HMRC ) view should come in, and the total   actually collected by HMRC , is known as the ‘tax gap’.  Tax evasion and tax avoidance by businesses   and individuals contribute to the tax gap, along with error, failure to take   reasonable care, non-payment, legal interpretation, the hidden economy and   criminal attacks on the tax system.

 

 The tax gap in the 2010 to 2011 financial   year was estimated to be £32 billion – 6.7% of the total tax that HMRC   estimates was due – and tax evasion and avoidance together accounted for £9   billion of this.

 

 Actions

 We are working to prevent evasion and   avoidance, detecting it early where it arises, and counteracting it   effectively through investigation and legal challenge.

 

 We are investing in HMRC to prevent tax   avoidance and evasion.  In 2010 the   government allocated HMRC £917 million from efficiency savings to reinvest in   generating additional compliance revenues of £7 billion a year by 2015.

 

 

 In the Chancellor’s 2012 Autumn   Statement     , HMRC received a further   £77 million for specific additional projects aimed at reducing evasion and   avoidance.

 

 At the G8 summit in June 2013 we announced   steps towards achieving greater international tax transparency to prevent   offshore tax avoidance and evasion.

 

 Giving people   opportunities to declare what they owe

 

 We are running campaigns to encourage people   to tell HMRC what they owe , before we track them down.  So far, HMRC has raised £547 million from   voluntary disclosures, and almost £140 million from follow-up activity   including 20,000 completed investigations.

 

 Prosecuting more   people who break the law

 

 HMRC is taking swifter legal action against   those who don’t come forward and sort out their taxes.  We are also allocating more resources to   increase the pace and number of tax evasion cases being brought before the   criminal and civil courts.

 

 We are setting up local task forces to   identify and deal with tax cheats, using criminal and civil powers.

 

 We are prosecuting more people who break the   law by evading tax.  We have recruited   an additional 200 criminal investigators to increase the number of people   prosecuted for tax evasion from 165 in 2010 to 2011, to 565 in 2012 to 2013,   and to 1,165 in 2014 to 2015.

 

 Preventing   avoidance by large multinational corporations

 

 Some multinational businesses avoid paying   some taxes by shifting profits away from the location where the activities   creating those profits take place – this is also known as base erosion and   profit shifting     (BEPS).

 

 The international corporate tax standards   have struggled to keep pace with changes in global business practices, with   an increasing share of trade taking place online.  International tax standards have remained   largely unchanged for over a hundred years – and now need to be updated to   prevent gaps from being exploited.

 

 At the G20 meeting of finance ministers in   February 2013, Chancellor of the Exchequer George Osborne welcomed the   initial report by the international Organisation for Economic Co-operation   and Development     (OECD) on   addressing BEPS as a first step for dealing with profit shifting by   multinational corporations.

 

 At the G8 summit in June 2013 , G8 leaders   called on the OECD to draw up a template for global corporations to report to   tax authorities on where they make their profits and pay taxes around the   world.  This will give tax authorities   around the world a new tool against tax avoidance by multinationals.

 

 Alongside these efforts, we are also   recruiting more people to speed up HMRC ‘s work to identify risks relating to   large businesses.  This will help to   make sure that multinationals fully declare their UK profits and pay the tax   due in the UK.

 

 

 Preventing   avoidance and evasion by wealthy individuals

 We are expanding HMRC ‘s Affluent Unit, with   100 extra investigators and extra risk and intelligence staff to identify and   deal with avoidance and evasion by the wealthiest individuals.

 

 We are increasing the number of specialist   personal tax inspectors to prevent evasion and avoidance of inheritance tax,   using offshore trusts, bank accounts and other entities.  These specialists will concentrate in   particular on the agents and tax intermediaries involved in these activities.  

 

 Increasing   our ability to identify offshore tax evasion and avoidance

 

 We are working more closely with other tax   administrations to prevent offshore evasion.

 

 At the G8 Summit in June 2013 , the UK   reached a major new agreement with G8 member states to move to establish the   automatic exchange of information between tax authorities.  G8 countries agreed to work with the OECD   to develop a model for this.

 

 This builds on the prior commitment made by   France, Germany, Italy, Spain and the UK to pilot the automatic exchange of   tax information .  This initiative has   since been joined by 12 other EU Member States and Mexico and Norway.

 

 The UK Crown Dependencies and Overseas   Territories (Guernsey, the Isle of Man, Jersey , the Cayman Islands,   Anguilla, Bermuda, the British Virgin Islands, Montserrat, Gibraltar and the   Turks and Caicos Islands) have also joined this initiative , agreeing to   automatically exchange information about accounts held in those jurisdictions   with the UK and others.

 

 We have also set up a new centre of   excellence within HMRC to bring together and enhance our expertise in dealing   with offshore evasion.  The team will   look at how HMRC can best use data to identify offshore tax evasion.

 

 Using data   and new technology

 

 We are investing in our ability to use data   and new and advanced technology to identify fraud and evasion risks.  We have already brought in an extra £1.4   billion of tax revenue by investing £45 million in these activities.

 

 We are improving HMRC ‘s CONNECT analytical   computer system, so that the department is better able to identify areas of   compliance risk.  This will allow HMRC   to act swiftly in identifying and investigating fraudulent behaviour.

 

 Dealing with   tax avoidance schemes

 

 We are designing legislation that minimises   the scope for tax avoidance.

 

 The government has introduced a General   Anti-Abuse Rule (GAAR), aimed at deterring and preventing artificial and abusive   tax avoidance schemes.

 

 We will also introduce new measures to deal   with tax advisers who sell contrived and aggressive tax avoidance   schemes.  The government has announced   it will consult on proposals to introduce significant new information disclosure   and penalty powers, to make it more difficult for the promoters of abusive   schemes to continue to market them in the future.

 

 We are using settlement opportunities to   encourage users of avoidance schemes to agree their tax position with us, and   investing in additional resource to accelerate litigation for those who do   not settle.

 

 We are making better use of anti-avoidance   communications to influence the behaviour of taxpayers and promoters of   avoidance schemes.  We are also   improving the quality of information available on avoidance to help taxpayers   realise the potential downsides and risks.

 

 Background

 

 The 2010 document ‘The Coalition: our   programme for government’ stated that the government will make every effort   to prevent tax avoidance.

 

 As part of Budget 2011     the government published ‘Tackling tax   avoidance’     which set out our   anti-avoidance strategy.  The 3   principles are:

•  preventing avoidance at   the outset

•  detecting it early where   it persists

•  counteracting it through   legislative change and challenge through litigation

 

 At Budget 2012 (PDF)     we announced new guidance on the General   Anti-Abuse Rule (GAAR), following recommendations from a report into tax   avoidance (PDF)     led by Graham   Aaronson in 2011. The guidance will come into affect with the Finance Act   2013, due to be published in summer 2013.

 

 In his December 2012 Autumn Statement     , the Chancellor of the Exchequer said:   ‘There are still too many people who illegally evade their taxes, or use   aggressive tax avoidance in order not to pay their fair share’ and set out   the government’s commitment to taking action against these people.

 

 In December 2012 we published ‘Closing in on   tax evasion: HMRC ‘s approach’     ,   which sets out our approach to tax evasion in more detail, concentrating   particularly on how we will use third party data.

 

 In the 2013 Budget, HMRC published the   report ‘Levelling the tax playing field’ which highlighted the successes HMRC   has had in tackling avoidance, evasion, criminal attack and debt since 2010.   HMRC also published its offshore evasion strategy ‘No safe havens’ which sets   out HMRC ‘s approach to tackling offshore evasion.

 

 At the G20 meeting of finance ministers in   July 2013, Chancellor of the Exchequer George Osborne welcomed the OECD BEPS   action plan to address profit shifting by multinational corporations.  The action plan includes 15 specific   proposals, which will be taken forward over the next two years.

 

 In 2011 to 2012 HMRC brought in a record   £16.7 billion of additional revenues from compliance activities. HMRC also   protected £2.5 billion of revenue by preventing organised criminal attacks,   and defendants were convicted in 85% of criminal cases taken to court.

 

 The   difference between tax avoidance and evasion

 

 Tax avoidance is bending the rules of the   tax system to gain a tax advantage that Parliament never intended.  It often involves contrived, artificial   transactions that serve little or no purpose other than to produce a tax   advantage.  It involves operating   within the letter – but not the spirit – of the law.  Tax evasion is when people or businesses   deliberately do not pay the taxes that they owe and it is illegal.

 

Published:

27   February 2013

Updated:

1   September 2014

From:

HM   Revenue & Customs

HM Treasury  

David   Gauke MP

 

英国政府

政策

 

脱税や租税回避を削減する

 

問題

英国の個人や企業の大半は負っている税金を支払っています。   しかし、そうではない少数派が存在しています。

 

これは大部分の正直者に不公平な負担を課し、重要な公共サービスを提供するのに必要な資金の確保を防げます。   私たちは、税法を守らない人々を止めさせ、納められるべき税をもっと徴収したいのです。

 

歳入税関庁で徴収されるべき税収と実際にHMRCによって徴収された税の合計額との差額は、「タックスギャップ’」’として知られています。   企業や個人による脱税や租税回避は、税制の関しての、間違いや、妥当な用心の欠如、不払い、法解釈、闇経済及び税制に関する犯罪行為によって、タックスギャップに貢献しているのです。

 

 

2011会計年度のタックスギャップは320億ポンドと推定されーそれはHMRCが見積もった納税されるべき金額の合計税額の6.7%を占め、脱税や回避はこれの内の90億ポンドにのぼっています。

 

アクション

私たちは、脱税や回避の防止に努め、その発生を早期に検出し、調査と法的な挑戦を通じて効果的に対抗している。

 

我々は、脱税と租税回避を防ぐために歳入庁に投資しています。2010年においては年間歳入庁に対して2015年までに70億ポンドの追徴税額を得るために、政府はつつましい資金(予算)から、9.17億ポンドを歳入庁に再投資しました。

 

首相の2012年秋の所信表明では 、HMRCは脱税と回避を減少させることを目的とした具体的な追加のプロジェクトのために、さらに77百万ポンドを受領しています。

 

2013年6月のG8サミットで、わが国はオフショア租税回避や脱税を防止するために、より大きな国際課税の透明性の達成に向けてのステップを発表しました。

 

納税者に対して、彼らが負っているものを申告する機会を与えます

私たちは、彼らが負っているものをHMRCに申告するように、彼らを追跡する前に、人々を奨励するキャンペーンを行っています。   これまでのところ、HMRCは、自主的な開示から5.47億ポンドの業績を上げ、20,000件の調査の完了を含むフォローアップ活動からほぼ1.40億ポンドを達成している。

 

法律を破るより多くの納税者を起訴しています

HMRCは、求めに応じて動かないで、納税の義務を果たしていない人に対しては迅速な法的措置を取っています。   また、刑事と民事裁判所に持ち込まれる脱税事件のペースと件数を増加させるために多くの予算・定員を割り当てています。

 

 

私たちは、犯罪捜査と任意調査の手段を使って、脱税を特定し、対処するために、地方での機動部隊をスタートさせています。

 

私たちは、脱税により、法律を破るより多くの人を起訴している。   歳入庁は、脱税で起訴人の数を増やすために追加の200名の査察官を募集し、2010年・2011年度の165名から2012年/2013年には565名に、2014年/2015年には1,165名にしようとしています。

 

 

大規模な多国籍企業による回避を防止

 

いくつかの多国籍企業は、これらの利益を作りだしている事業活動が行われる場所から利

益をシフトすることによって、その税金を支払うことを避けています-それは課税ベースの浸食と利益シフト   (BEPS)として知られています。

 

法人税の国際課税の基準は、オンラインによる取引の割合の増加により、グローバルなビジネス慣行の変化に歩調を合わせるのに苦労してきています。   国際課税標準は百年以上にわたって大部分は変わっていません – そして今その悪用によるギャップを防ぐために、更

新する必要があります。

 

2013年2月の財務相のG20会合では、ジョージ·オズボーン財務相は、多国籍企業による利益のシフトに対処するための最初のステップとしてBEPSに対処する経済協力開発機構(OECD)による最初の報告書を歓迎しました。

 

 

 

2013年6月のG8サミットでは、G8首脳は、彼らが利益を作りだす場所を税務当局に報告し、世界中の税金を支払うためにグローバル企業のためのテンプレートを描画することをOECDに求めました。 これは、世界中の多国籍企業による租税回避に対する新しい手段を税務当局に提供します。

 

これらの取り組みと並んで、私たちも大企業に関連するリスクを識別するために、HMRCの仕事をスピードアップするために、より多くの人を募集しています。 これは多国籍企業が、彼らの英国での利益を完全に申告し、英国での納税額を支払うことを確認するのに役立ちます。

 

裕福な個人による回避と脱税の防止

私たちは、裕福な個人を識別して脱税と回避に対処するために、100人の調査官と資料収集スタッフの増員で、HMRCの高額者部門を拡大中です。

 

私たちは、オフショア信託、銀行口座その他のエンティティを使っての、脱税や相続税の回避を防止するために、個人所得税の専門の調査官の数を増やしています。   これらの専門家は、これらの活動に関与しているエージェントと税の仲介業者に特に注目しています。

 

 

オフショア脱税と回避を識別するための当局の能力を増加させる

 

私たちは、オフショア脱税を防止するために、他の税務当局とより密接に仕事をしています。

 

2013年6月のG8サミットでは、英国は、G8の加盟国と主要な新協定で税務当局間の情報の自動交換を確立するために活動することに同意しました。G8諸国は、このためのモデルを開発するために、OECDと協力することで合意しました。

 

これは税情報の自動交換を試験的におこなうとの、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国により先になされた約束の上に構築するものです。   このイニシアチブは、12の他のEU加盟国とメキシコとノルウェーの参加で開始されているものです。

 

英国保護領と海外領土(ガーンジー、マン、ジャージー島、ケイマン諸島、アンギラ、バミューダ、英領バージン諸島、モントセラト、ジブラルタルやタークス·カイコス諸島)   も、このイニシアチブに参加して   、英国などと、これらの国·地域で開催された銀行口座に関する情報を自動的に交換することに同意するものです。

 

 

オフショア脱税に対処を一体化し、私たちの専門性を高めるためにHMRC内に、卓越した新しい部門を設立しました。 チームは、HMRCが最良のオフショア脱税を識別するために、如何にデータを利用できるかを見ていきます。

 

データと新しい技術を使用して

 

私たちは、詐欺や脱税のリスクを識別するために、データと新しいと高度な技術を使用する当局の能力に投資している。   私たちは、すでにこれらの活動に45百万ポンドを投資し、14億ポンドの税の追徴をもたらしています。

 

部門が、コンプライアンスリスクの領域を識別することがより良くできるように、私たちは、HMRCのCONNECT分析コンピュータシステムを改善しています。   これはHMRCが、不正行為の把握と調査に迅速に対処するのに役立ちます。

 

租税回避スキームへの対応

 

我々は、租税回避のための領域を最小化する法律を考案中です。

 

政府は、意図的で悪質な租税回避スキームを抑止し、防止することを目的とした一般的なアンチ乱用ルール(GAAR)を導入しています。

 

また、不自然かつ積極的な租税回避スキームを販売する税務顧問に対処するための新たな施策を導入します。   政府は、悪質なスキームのプロモーターが将来的にそれらを販売し続けることがより難しくするために、重要な新情報公開やペナルティの権限を導入する提案について協議することを発表しました。

 

私達は私達と回避スキームの利用者の税務ポジションを我々と一致させるのを奨励するために和解の機会を利用して、和解しない人のために訴訟を加速するために追加の人材に投資している。

 

私たちは、納税者と回避スキームのプロモーターの挙動に影響を与える租税回避防止通信の活用を進めています。   また、納税者のありうる欠点とリスクの実現に貢献することを回避することの関しての入手可能な情報の質を改善しています。

 

背景

 

2010の文書「連合:政府のための私達のプログラム」は、政府が租税回避を防ぐためにあらゆる努力をすると述べたものです。

 

2011年予算の一環として、  政府は、「租税回避の取り組み」    私たちの租税回避防止戦略を発表しました。  3原則は以下のとおりです。

•   回避を最初の段階で防止する

•   それが解決しない場合に、早期に調査する

•   法令改正と訴訟を通じて、それに対応する

 

予算2012(PDF)で、    私達は、2011年にグラハムアーロンソン率いる租税回避(PDF)のレポートの勧告に続いて   一般的なアンチ乱用ルール(GAAR)に関する新たな指針を発表しました。ガイダンスは、2013年の夏に出版される予定なので、財政法2013には影響してくるでしょう。

 

彼の2012年12月秋の声明で     、財務大臣は:「違法に税金を回避するか、彼らの公正な取り分を支払わないために、積極的に租税回避を利用する、あまりにも多くの人が存在します」と言って、これらの人々に対して政府が行動を起こす約束を述べています。

 

 

2012年12月には、第3者のデータをどのように使用するかに特に集中した、より詳細な脱税への取り組みを定めた、・・「脱税を閉じ込める:HMRCのアプローチ」を私たちは発表しました。

 

2013の予算では、 歳入関税庁は報告書で、歳入庁の2010年以降、回避、脱税、犯罪者の攻撃と債務へ取り組んできた成功に焦点を当てた「課税競争の地ならし」の報告を発表しました。オフショア脱税に取り組んできたHMRCのアプローチを開始したオフショア脱税戦略「安全でないタックスヘイブン」も発表しました。

 

 

2013年7月の財務相のG20会合で、首相財務相のジョージ·オズボーンは、多国籍企業による利益のシフトに対応するため、OECD BEPS行動計画を歓迎しました。 行動計画は、今後2年間で促進されるであろう15の具体的な提案が含まれています。

 

2011年/2012年にHMRCは、コンプライアンスア(徴税強化)活動からレコードの追加収入の£167億をもたらしました。HMRCはまた組織犯罪の攻撃を防止することにより、25億ポンドの税収を守り、被告は、告発された刑事事件の85%が有罪判決を受けました。

 

 

 

 

 

 

租税回避と脱税の違い

 

税回避は議会が意図したことのない税の優位性を獲得するために税制のルールを曲げています。   それは、多くの場合、税務上の利点をもたらすのに役に立つかもしくはその目的以外の何物でもない不自然な、人工的な取引を利用しています。それは、法律の文理の範囲内のものですが、法の精神ではないものをふくんでいます。脱税は、- – 人や企業が意図的

に、彼らが負っている税金を絶対的に払わないもので、それは違法なのです。

 

 

公開元

2013年2月27日

更新:

2014年9月1日

内国歳入・関税消費税庁

財務省

財務長官:デビッド・ゴ-ク

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top