クリントン家の蓄財(現金収入)

 

出典:http://www.forbes.com/sites/danalexander/2015/10/13/how-the-clintons-made-more-than-230-million-after-leaving-the-white-house/

 ホワイトハウスを去ってからどのようにしてクリントン家は、

23千万ドルを稼いだのでしょうか

Dan Alexanderによる;

クリントン家の現金収入:2001年~2014年の累計額2億2,900万ドル(274億8,000万円)

ご両人の、収入減別の累計額

収入源

ヒラリー

ビル

講演

8%(1,835万)

44%(1億900万)

書籍

7%(1,605万)

17%(3,800万)

コンサルテイング

 

12%(2,752万)

ロンバークルの顧問

 

7%(1,605万)

その他

6%(1,376万)

合計収入金額

2億3,000万 (ドル)

注:年平均収入金額は、19億6,300万円になります。

 

2001年にクリントン家がホワイトハウスを去る直前(1週間未満)に、彼らは285万ドルの15分で行ける代替家屋を買いました。これは、法的債務100万ドル上の借金を抱え、ほぼ何の純資産も当時持っていなかったカップルにとっては高価な買い物でした。しかし、クリントン家はほとんど心配することは無く-彼らがする資産形成のために態勢を整えていました。その後の15年間で、彼らは税金等調整前で2億3千万ドル以上を稼ぎました。 お金が高速で流れました。ビルは 125,000でニューヨークのモルガン・スタンレーでのスピーチを行いながら、彼は大統領を辞めて3週間未満の後の2001年2月5日に、高賃金の何百ものスピーチをまず行いました。同社は掘り出し物を得ました。ヒラリーは上院議員と閣僚として提出された開示書類によると、ビルは結局いくつかのケースでは$ 500,000料金で、スピーチあたりおよそ225,000ドルを彼の平均レートへと徐々に上げました。 2005年には、ビルは、HSMイタリアと呼ばれるグループにニューヨークからビデオ会議を行うために$ 125,000要求しました。だれもが、彼は、2001年から2014年の講演から約1億ドルを掻き集めまたと言いました。 元大統領はまた、本を書いて財産を築きました。 2004年に、彼はニューヨーク・タイムズのベストセラーの第1位となった彼の回顧録私の履歴を、発表しました。 2001-05年から、クリントンは彼の納税申告書では、講演や執筆を共同事業として記載されているので、彼がその期間中に講演対出版がどのくらいだったかを伝えることは困難です。しかし、彼の講演の仕事の収入は、ヒラリー上院議員が提出した報告での年間開示に詳述されています。これらの収入を、彼の講演活動がクリントンの税務申告における2001-05からのそれは2006年と2007年に作られたものと同様の利益を生じたことを想定して、フォーブスは、それらが上の組み合わせビジネスとしてリストされている5年間の各ソースから生じる彼の所得がどのくらいかを推定しました。我々の計算によると、ビル・クリントンは2001-05年からの書籍から推定 29百万ドル行われ、2006年から2014年に別の 900万ドルを築いたようです。クリントンは複数のコメントの要求に応えませんでした。

 

ビルは2003年から2008年に億万長者ロン・バークルが率いる投資会社Yucaipaの顧問として働いたことで1500万ドル以上をを請求しだけでなくビジネスでもお金を作りました。クリントンは彼が2008年に彼のYucaipaのパートナーシップを処分したときにクリントンが約 725,000ドルの損失を宣言しました。翌年、彼は他2社、シャングリ・ラ・インダストリーズとワッサーマンの投資のコンサルティングを開始しました。 2年間で、クリントンは、シャングリ・ラ・インダストリーズとワッサーマン・インベストメンツから 310万ドルから250万ドルを稼ぎました。

2010年に、クリントンは彼の最も収益性の高いコンサルティングの顧客、営利目的のLaureate Education大学、を追加しました。 5年間で、Laureateは、クリントンに合計で 1600万ドル支払いました。元大統領は、また、2011年から2014年に、別の営利教育会社、GEMS教育のコンサルタントになり、その期間で600万ドルを獲得しました。合計では、ビルは彼がYucaipaから得た巨額に加えて、コンサルティングから2,700万ドルを作りました。 ビルが大金を稼いでいた間に、ヒラリーは上院議員として働き、後にオバマ大統領の国務長官としてキャビネットで働き、比較的乏しい政府の給料を得ていました。彼女は、自身の本からのお金で彼女の収入を補いました。 2001年から2007年まで、ヒラリーは、著者として彼女の2003年のベストセラーの自叙伝のおかげで年間で 130万ドルの平均収入を得ていました。

ヒラリーは彼女が国務長官としての彼女のポストを去った時には、彼女の夫がもたらしたような種類のお金をもたらしませんでした。彼女はすぐに、ビルがモルガン・スタンレーでスピーチをすることで、12年前に行っていた、収益性の高い講演によるツアーを開始しました。 2013年4月18日に、彼女は会社で話をし、 225,000ドルを要求しました。彼女は、米国およびカナダの観客に独占的に話しながら、有料のスピーチでは225,000ドル以下を要求することは決してしないで、年間を通して話し続けました。その年の終わりまでに、彼女は講演から900万ドルを得ていました。 元ファーストレディーは、2014年に講演ツアーで別の 900万ドルを稼ぎ、スピーチから800万ドルを成した夫ビル以上のパフォーマンスを繰り返しました。ヒラリーが彼女の本から500万ドルをもたらした間に、ビルは、LaureateとGEMS教育のために 600万ドルのコンサルティングを行いました。それらすべてを合計して、クリントンは、2014年のレコードの 2,800万ドルを稼ぎました。それは、JPモルガン、Appleとウォルマートなど、アメリカの大企業の一部の経営者の総報酬以上でした。公平を期すために、クリントン家は、これらの企業は独身の最高経営責任者(CEO)を持っているのに対し、共稼ぎでした。 合計では、パワーカップルは、彼らの納税申告に応じて、税金等調整前2001年から2014年に2億2,900百万ドルを作りました。彼らはその2015年度の税の確定申告を完了していませんが、ヒラリーがリリースした今年初めの開示は、クリントン家の講演事業は、2015年のいつかの時点で2億3,000万ドルを超えることを意味する、5月14日までで、報酬で500万ドルを集めていたことを示しています。  フォーブス世界億万長者リストに掲載されている多くの人のほとんどのビジネスの大物実業家とクリントン家が違うことは、彼らは彼らの富を株式の利益ではなく、ひたすら現金で作ったということです。私たちの億万長者リストの特色は、それらがクリントン家よりもはるかに多くの財産を持っているということですが、彼らの富の大半は様々な企業の所有権に包まれています。私たちのリスト上の億万長者の多くは、クリントンより毎年少ない現金しか受け取っていません。ビルとヒラリーの流動性は、彼らに政治運動中に使用する軍資金を提供します。 2008年には、ヒラリーは彼女のキャンペーンに1,320万ドル貸し出しました。彼女が自分自身への返済を開示したことはありませんでした。

 

クリントン家が、彼らが作ったお金の残りで行ってきたことが正に不明なのです。毎年の所得税申告書に毎年の開示書類を重ねて、フォーブスはクリントン家の所有財産は、共同で4,500万ドルであると推定しています。過去の税務申告書と財産の記録によると、彼らは、9,500万ドルを申告書上で支出し、彼らの二人の家計費は500万ドルで、彼らは2001から14年に慈善団体に2,200万ドルを寄付していました。

1つ明らかなことは、クリントン家は、もはや彼らはワシントンD.C.でその数百万ドルの家を買う余裕があるかとか、実際に何かできるかどうかを心配する必要はないということです。

                                                  以上

 

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top