英国国税庁の税務署等の歴史的な再編成の動き

 英国の内国関税庁が、10年かけての大機構改革を発表しているので、仮訳してみました。

税務署の廃止や統合は、納税者の抵抗が大きく、簡単でないことは、我が国でも経験しているところですが、

英国での思い切った動きが上手くゆくのか見守る必要があるようです。

https://www.gov.uk/government/news/hmrc-announces-next-step-in-its-ten-year-modernisation-programme-to-become-a-tax-authority-fit-for-the-future

HMRC announces next step in its ten-year modernisation programme to become a tax authority fit for the future

From:HM Revenue & Customs

First published:12 November 2015

Fewer, more modern regional centres and highly skilled staff will provide customers with better services

 

HMRC has today announced the next step in its ten-year modernisation programme to create a tax authority fit for the future, committing to high-quality jobs and the creation of 13 new regional centres over the next five years, serving every nation and region in the UK .

The modernisation programme, now at the halfway point, includes investment in new online services, data analytics, new compliance techniques, new skills and new ways of working, to make it easier for the honest majority of customers to pay their tax, including by improving customer service, and harder for the dishonest minority to cheat the system.The changes have already resulted in over 80% of people filing their Self Assessment returns online and given customers new, simple ways to check their payments, make changes or find answers to questions.

 

The tax authority, which raised a record £517 billion for public services last year, will open its first new regional centre in 2016-17, with others following between 2017 and 2021.

HMRC ‘s 58,000 full-time equivalent employees are currently spread across 170 offices around the country, many of which are a legacy of the 1960s and 1970s, which range in size from around 6,000 people to fewer than ten.HMRC will bring its employees together in 13 large, modern regional centres, equipped with the digital infrastructure and training facilities needed to build a more highly-skilled workforce to meet the challenges of bringing in more revenue from those evading tax and improving its customer service to the honest majority.

The transformation supports the Government’s commitment to locate jobs throughout the country. Bringing staff together in large centres will enable people to develop careers up to senior levels, with less need to move around the country, and will support the growth of specialist teams and links with universities and other sources of skilled recruits.

Lin Homer, HMRC ‘s Chief Executive, said:

HMRC is committed to modern, regional centres serving every region and nation in the UK , with skilled and varied jobs and development opportunities, while also ensuring jobs are spread throughout the UK and not concentrated in the capital.

HMRC has too many expensive, isolated and outdated offices. This makes it difficult for us to collaborate, modernise our ways of working, and make the changes we need to transform our service to customers and clamp down further on the minority who try to cheat the system.

 

The new regional centres will bring our staff together in more modern and cost-effective buildings in areas with lower rents. They will also make a big contribution to the cities where they are based, providing high-quality, skilled jobs and supporting the Government’s commitment for a national recovery that benefits all parts of the UK . 

The changes will enable HMRC to give customers the modern services they now expect at a lower cost to the taxpayer, meeting the Government’s challenge for all departments to do more with less.

HMRC expects the majority of staff to be able to move from their current offices to a regional centre, and is phasing the moves over ten years in order to minimise redundancies. But HMRC will aim to have fewer staff in the future as it streamlines how it works and uses the best of modern technology to reduce costs.

 

Note to editors

1.     The high-level plans for transforming HMRC were first shared with its staff 18 months ago. Since then, HMRC has held around 2,000 events across the UK , talking to its employees about how it is changing and involving them in the discussions.

2.     The plans announced today will mean HMRC will be able to create better workplaces and generate estate savings of £100 million a year by 2025.

 

3.     Moving more of HMRC ‘s work out of central London, which has some of the world’s most expensive office space, will enable HMRC to make substantial savings.

4.     Regional centres will vary in size and in the mix of operational, tax professional and corporate services work that they contain. The smallest will hold 1,200 to 1,300 full-time equivalent members of staff and the largest, operationally-focused centres will hold more than 6,000.

5.     HMRC will have four specialist sites for work that cannot be done elsewhere, notably where HMRC needs to work with its IT suppliers or other government agencies or departments. These will be in Telford, Worthing, Dover and at the Scottish Crime Campus in Gartcosh.

6.     The 13 new regional centres will be in: North East (Newcastle); North West (Manchester and Liverpool); Yorkshire and the Humber (Leeds);East Midlands (Nottingham); West Midlands (Birmingham); Wales (Cardiff); Northern Ireland (Belfast); Scotland (Glasgow and Edinburgh);South West (Bristol); and London, South East and East of England (Stratford and Croydon). We cannot currently say more about the exact locations, because we need to negotiate with landlords and contractors, but they will be locations in the cities we have named with good transport links.

 

7.     Ultimately, these changes will involve the closure of 137 offices by 2027. Offices will be released, for instance, as lease breaks arise or at the end of the PFI contract with Mapeley in 2021. HMRC shared the broad outline of the ransition with its staff on 12 November – including potential office closure dates and the likely outcomes for individuals working in each office.

8.     HMRC will consult staff and other interested groups on the best way to carry out this transition. Where staff are not based in or near a proposed or existing regional centre, they will be given a range of options and will have time to consider and discuss their future with HMRC .

 

9.     Much modern compliance work can be done from any location but HMRC’s investigators and field force remain a mobile workforce able to cover the entire country as and when we need to make contact face-to-face or at people’s premises. There will also continue to be mobile customer services for vulnerable individuals or those with additional needs.

 

HMRCは、将来にふさわしい税務当局になるために、

この10年の近代化計画の次のステップを発表

から:歳入関税庁

最初に公開:2015年11月12日

より少ない、より近代的な地域センターと非常に熟練したスタッフがより良いサービスを納税者に提供します

 

HMRCは、英国におけるすべての国と地域にサービスを提供し、高品質の仕事と、今後5年間で新たに13の地域センターの創出にコミットする、将来をみすえた税務当局を作るための、この10年間の近代化プログラムの次のステップを発表しました 。

今中間点である近代化プログラムは、大多数の正直なお客様のためには納税を容易にするために、システムをごまかす不誠実な少数派のためにはそれを困難にするために、納税者サービスでの改善を含む、新しいオンラインサービス、データ分析、新たなコンプライアンス技術、新しいスキルや作業の新しい方法への投資を含んでおります。その変更は、すでに彼らの自主申告書をオンラインで提出する人が80%以上になり、お客様の質問に対する答えを、彼らの納税を確認し、変更したり、答えを発見するための新しい、簡単な方法を提供して来ています。

昨年公共サービスのレコード£5,170億を調達した税務当局は、2017年と2021年の間に、2016/17年度に最初の新しい地域センターの開設とそれに続くセンターをオープンします。

HMRCの58,000フルタイム換算の職員は現在、その多くは1960年代と1970年代の遺産である約6000人から10人未満の規模の範囲内で、全国に170のオフィスに分散しています。HMRCは、その職員を13の大規模な、より高度に熟練した労働力を構築するために必要なデジタルインフラやトレーニング設備を完備した近代的な地域センターにまとめ、不正直な納税者からより多くの歳入を取り込むとともに、正直な大多数の納税者への顧客サービスの向上の課題を満たすこととしています。

その転換は、全国的に仕事を配分するといった政府の約束をサポートしています。 大きなセンターに職員を集中することは、国内での移動をより少なくし、上級レベルへのキャリアアップを開発することを職員に可能にし、専門家チームの成長と、大学や熟練した人材の採用のソースとのリンクの拡大を助けます。

リン・ホーマー、HMRCの最高経営責任者(CEO)は、言いました:

HMRCは、一方で確実にジョブが英国全体に広がり、首都に集中しないことを確保し、熟練した多様な業務と能力開発の機会で、英国内の各地域や国でサービスを提供する近代的な、地域センターに取り組んでいます。

HMRCはあまりにも多くの高くつく、単離された、時代遅れのオフィスを構えています。 これは、私たちが我々の仕事のやり方で、協力し近代化し、お客様への当庁のサービスを変更し、システムをカンニングしようとする少数派をさらに取り締まるために必要な変更を行うのを困難にしています。

 

新しい地域センターは、低賃料と地域で、より近代的でコスト効率の高い建物の中に、私たちのスタッフを集約するでしょう。 それらはまた、それらが担当する都市への大きな貢献をして、高品質、熟練した仕事を提供し、 英国のすべての部分に利益をもたらし、国家復活への政府の取り組みを支援します。 

変更は、すべての部門でより少ないコストで多くのサービスに向かっての政府の挑戦を満たしながら、HMRCが、低コストでモダンなサービスの提供を期待する顧客の要望にこたえることが可能になります 。

HMRCは、スタッフの大半は地域センターに、現在のオフィスから移動することができることを期待し、冗長性を最小限にするために、10年間での移動を段階的に実行しつつあります。 しかし、HMRCは、コストを削減するために、現代の技術をどのように働かせ、最大限に活用する合理化で、将来的により少ない職員で済むことを目指しています。

編集者への注記

1.  HMRCを変更するための高レベルの計画は最初の18ヶ月前にそのスタッフと共有しました。 それ以来、HMRCは、それが変化し、議論にそれらが関与する方法について、職員に話し、 英国全体で約2,000のイベントを開催しています。

2.  本日発表された計画は、 歳入関税庁は 2025年までに1億ポンドの不動産を節約し、より良い職場を作ることができることを意味します。

 

3.  世界で最も高価なオフィススペースのいくつかを持ってロンドン中心部のうち歳入関税庁の仕事の多くを移動することは、HMRCにかなりの節約をするのを可能にします 。

4.  地域センターは、それらが抱えている仕事の規模や、仕事のやり方、税の専門家と企業のサービスの組み合わせで異なります。 最小のものは1200〜1300人のフルタイムスタッフと同等のメンバーを持ち、最大のセンターは、業務に焦点を当てたセンターが6,000人以上を保持します。

5.  HMRCは、HMRCはそのITサプライヤーや他の政府機関や部署と連携する必要があり、特にここで、他の場所で行うことができない仕事のための4つの専門かの事務所を持つことになります。 これらは、テルフォード、ワーシング、ドーバーとGartcoshスコットランド犯罪キャンパスになります。

6.  13の新しい地域センターは、以下の地域に設けられます:ノース・イースト(ニューカッスル)。 ノース・ウェスト(マンチェスターとリバプール)。 ヨークシャー・ハンバー(リーズ)。 イーストミッドランド(ノッティンガム) ウェスト・ミッドランズ(バーミンガム)。 ウェールズ(カーディフ) 北アイルランド(ベルファスト)。 スコットランド(グラスゴー、エジンバラ) 南西(ブリストル) イギリスのロンドン、南、東、東(ストラトフォードとクロイドン)。地主や請負業者と交渉する必要があるので、私たちは現在、正確な位置についてより多くを語ることはできませんが、場所は、命名した都市の交通の便も良い所になります。

7.  最終的には、これらの変更は、2027年までには、137事務所の閉鎖を伴うでしょう。例えば、リースブレークが発生するか、2021年におけるMapeleyとのPFI契約の終了時にオフィスはリリースされるでしょう。HMRCは、11月12日にそのスタッフと移行の大筋を共有しました- 潜在的なオフィスの閉鎖の日付と各事業所で働く個人のための可能性のある結果を含みます。

8.  HMRCは、この移行を実施するための最良の方法で、スタッフや他の利害関係グループに相談します。 スタッフが提案したり、既存の地域センター内または近郊に本拠を置かれていない場合、これらはオプションの範囲が与えられますし、HMRCとの将来を考え、議論する時間を持つことになります。

9.  多くの近代的な調査業務は任意の場所から行うことができますが、 歳入関税庁の調査担当者とフィールド力は、我々が対面接触または人の建物内で接触する必要がある場合のように、国全体をカバーすることができる外務員はそのままです。 また、脆弱な個人または追加のニーズを持つ人のための出張顧客サービスも継続されます。

                                                       以上

 

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top