パナマ文書のデンマーク政府による購入判明

パナマ文書のデンマーク政府による購入判明

     

 表記について、9月7日付の英紙ガーディアン(電子版)が伝えているので、翻訳してみました。本来の情報源たる「ジョン・ドウ」かどうかわからない「ソース」からの売り込みと思われる接近があったようで、我が国にもあっているかもしれませんが、知る由もありません。

 

パナマ文書:デンマークは、脱税の取り調べの際に使用するために漏洩したデータを購入

デンマークは匿名のソースからの文書のために£百万まで支払い、税金を逃れている可能性がある600人のデンマーク人を調査する計画です 。

デンマーク政府は、議会の政党から論争の取引への支持を交渉していました。

ルーク・ハーディング

 

水曜日2016年9月7日15.22 BST  先週の水曜日2016年9月7日22.01 BSTに修正

 

デンマークは、パナマ文書のリークからのデータを明確に購入する世界で最初の国となっている、そして今オフショアの名簿に登載されている500-600人のデンマーク人が税金を回避したかどうかを調査する予定です。

 

デンマークの税務大臣、カルステン・ラウリッツェンは、パナマの法律事務所Mossackフォンセカからの情報のために900万デンマーククローネ(百万ポンド)まで支払うと語った。匿名のソースは夏にデンマーク政府にアプローチしてきたと述べました。

 

情報提供者は文書の最初のサンプルを送付し、政府がそれらを検討しました。それらが本物だと結論付けた後に、政府は密かに議会の政党から論争の扱いのための支持を交渉したと、大臣は述べています。

 

デンマークがパナマの文書を購入したことについてあなたが知っておくべきこと

「すべては、それが有用な情報であることを示唆しています。 我々は、忠実に彼らの税金を支払っているすべてのデンマークの納税者に対して応える義務があります。」ラウリッツェンは、彼が最初は「非常に慎重」であったことを認めて、言いました。 彼は加えました:「資料は、数百人のデンマークの納税者について関連する有効な情報が含まれています。」

デンマークの当局者は、現金がまだ支払われていないと述べました。  「それはまだ完全取引ではないのです」と述べました。 大臣は、正確な金額を明らかにはしませんが、それは「百万単位」で、 – 100万クローネと900万クローネ(£115,000-£百万)の間であったと述べた。

 

 4月に発表されたパナマ文書は、 史上最大のリークでした 。 アーカイブは12.7メートルの文書が含まれています。- それらの半分は、- 秘密の「受益者」と同様の英国のタックスヘイブンの1つである英領ヴァージン諸島に組み込まれたオフショア企業の詳細があります。

匿名ソース、「ジョン・ドウ」は、ドイツの新聞南ドイツ新聞にアーカイブを与えました 。  国際コンソーシアムガーディアンを含む180報道機関からのジャーナリスト達が、漏洩したいくつかの国や政治家のトップを特集したファイルを検査しました。

 

ジョン・ドウがデンマーク人に情報を販売したのと同じソースであるかどうかは不明です。 南ドイツ新聞はそれを推測していないと述べました。 ラウリッツェンは、彼は誰が情報源であったかは知らないと述べました。 政府は- 暗号化されたチャネルを介して、他の国の税務当局が連絡を入れた後に、彼- または彼女と連絡を取ったと彼は言った。

これは、他の欧州諸国は慎重に自分の国民にデータを購入することができる見通しを発生させます。  2014年、ドイツの税務当局は、はるかに小さいMossackフォンセカ漏れからのファイルについては約€百万(£85万)を支払った。 彼らは、脱税の疑いがあったコメルツ銀行の顧客に襲撃を行いました。

 

歳入関税庁を含め世界中から税務当局は、彼らにパナマ論文アーカイブへのアクセスを提供するために今年初めにジャーナリストを尋ねました。 すべてのアプローチが丁重に断られました。 DR 、デンマークの国立放送法人は、国の右派リベラル政府からの要請を断りました。

政府はすでに8つのデンマークの銀行への調査を開始しました。 予備報告は、銀行がマネーロンダリングや脱税のためにオフショア口座が使用されなかったを確実にすることが十分行われていなかったと述べました。 当局はまた、11万人の顧客の、ノルディア銀行が、反マネーロンダリング指令を遵守してかどうかを調査することを警察に求めました。

これは、デンマークにとっての歴史的な瞬間であり、それが疑われる税務犯罪者に関する情報を購入することを選択したのは今回が初めてであった。 デニスFlydtkjær、デンマーク国民党と税報告者のMPは、彼が契約に懐疑的であったが、「このケースでは、我々は我々の原則を曲げると準備をすることができます」と述べました。

 

彼はポリティカン新聞に、国が脱税で数十億を失ったことと、それはスキャンダルであったと語った。 彼は宣言した:「これは私たちが実際にごまかす人々を捜査することを示す絶好の機会です。」

ジム・ソーレンセン、地域の国税局長は、漏洩したファイルは脱税の有用な概観を与え、約320のデンマークの事例に関係していたと述べました。

 

 「ソースは私たちに、人々が夏の休暇中に検討する羽目になった「サンプル」を、送ってきました。 それは、文書の正確性を私たちに確信させました。 それらは本物であり、私たちに密接の関連する情報が含まれていました。」と彼は言いました。

 

彼は加えた:『それらは、特定の個人に関するものです。 それらはまた、アドバイザーや仲介によって使用される方法についての超興味深い情報を提供しています。 それらは私たちにタックスヘイブンの調査の飛躍的前進をもたらすことができます。」

 

ソーレンセンは、情報提供者が政府にそれを引き継ぐ前に素材を「選択し、ふるいにかけた」と述べていました。  「我々は、情報提供者は、プレスがデンマークで書いているすべてのものに非常に良い洞察力を持っており、何が起こっているかについてよく知らされているという印象を持っています。」と彼は言いました。  

この記事の情報源: https://www.theguardian.com/news/2016/sep/07/panama-papers-denmark-becomes-first-country-to-buy-leaked-data

                                                             以上

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top