英国内国歳入関税庁(HMRC)の『税のデジタル化』について

英国内国歳入関税庁(HMRC)の『税のデジタル化』について

 

英国内国歳入関税庁(HMRC)が、2015年12月に『税のデジタル化』と題するパンフレットを発表したので、今後のフォローアップのために、翻訳しました。

 

目次

序文

2020年までに税金を変換

4つの基礎

    税を簡素化

    企業のための税デジタル

    個々の納税者のための税デジタル

    つの場所での税

確定申告の終わり

スケヂュール表・・・・・省略

 

税デジタル化

 

はじめに

生活のあらゆる場面で、人々はデジタル革命に包まれています。オンラインバンキングから食品の買い物まで、医院の予約から映画のチケット予約まで、事業広告から請求書の支払いまで、多くの個人や企業およびビジネスは、デジタルサービスの利便性とシンプルさの恩恵を受けています。 しかし、企業やサービスプロバイダは顧客とのシンプルなデジタルの相互交換よりも-さらに進んで、その企業が如何に活動するか、そのサービスの提供の仕方の基礎を変換するデジタル時代の機会を活用しています。 そして、彼らの顧客が恩恵を享受しているのです。

 

この政府は、それが提供するサービスも同様に変換されることを確保するためにホワイトホール(英国政府)にデジタル革命をもたらしています。税制も例外ではありません。 この会期中に、HMRCは、より効果的で、より効率的で、納税者に容易になるよう、税務行政を変換しながら、税制の執行方法に根本的な変更を行おうとしています。

2020年までに、HMRCは、次のように、完全にデジタル税制に移動します:

  • 官僚主義的な様式記入は根絶され―納税者は決してHMRCがすでに知っている情報を伝える必要はありません。
  • 不必要な時間の遅延が解消され―全てを期日に間に合うようにし、期限の徒過の危険性、不要な罰則を除去し、発生した債務やシステム内での間違いは、その年から次の年へと繰り越しながら、税制を「リアルタイム」により近いように執行させます。そして
  • 納税者は、デジタルのアカウントへのアクセス権を持っており―と情報HMRCが自動更新する必要がある情報で、納税申告を終了とします。

 

これらの改革は、数百万の納税者の経験を変革します。 これらの改革が実行に移される詳細や、それらの設計のいくつかの側面は、さらなる協議の対象となります。これらの協議は、利害関係者と納税者に対し、この作業に貢献し、来るべき世代のための税務行政を形づくる機会を与えるでしょう。

 

デビッドGauke 財務省の財務長官

 

2020年までに税を変換

政府は、納税者の負担を減らし、デジタル時代のための透明でアクセス可能な税制を構築することをお約束します。 2015年3月の予算では、政府は変換された税制と税申告書の終わりのためのビジョンに着手しました。

200万人以上の中小企業がすでにHMRCのデジタルアカウントを使用しており、個人納税者のためのデジタル・アカウントは今年導入されました。

2016年までに、すべての個人や中小企業は、独自の安心なデジタル税アカウントにアクセスする必要があります、オンライン銀行口座のように、それは彼らがデジタル的にHMRCと対話することができます。 パーソナライズされたサービス、各納税者のニーズに仕立てられた税務行政に転換しながら、HMRCが税を容易にするために、今日の技術で行うことができるもっと多くのことがあります。

2020年までに、企業や個々の納税者は、登録し、申告して納税し、その年の任意の時点で、それらを仕立て上げるために昼夜の任意の時点で自分の情報を更新することができるでしょう。 大多数の人たちにとって、これまでの様な確定申告をする必要はありません。

 

ここに設定されたビジョンは、現在のシステムにデジタルツールを加えるだけのものより以上のものです:それは英国の税制を完全に別の感じのようなものに変換するものです。 HMRC税金に影響を与えるできるだけ最新の近い、租税債務や漸進的に発展する税の還付情報を収集して処理します。個人およびビジネスの納税者は、もはやありませんのくらいの彼らが支払うべき税金を知ったり、任意の驚きを回避し、それらを助けるようにより確実に自分の財務を計画したりするまえに、各課税年度の終わりまで待つ必要はないのです。 そして、納税者はデジタルアカウントで税務事務の完全な財政状況を提示され、すること彼らの負債と資格を初めて一緒に見て、管理することができます。

 

この文書では、どのように将来の税制のためのこの大胆なビジョンが2020年までにどのように達成されるかを設定しています。設定されたビジョンは、単に現在のシステムにデジタルツールを追加するより以上のもので:それは、英国の税制を全く別のものと感じられるものへの変換についてです。

 

 

4つの基礎

2020年の形質転換された税制は4つの基盤を持っています。

納税者は、デジタル税アカウントを通してHMRCが有している情報を見るでしょう。

税簡素化

納税者はすでにHMRCが持っている情報を提供する必要はありません、または他の場所例えば、雇用者、銀行、住宅組合およびその他の政府部門から得ることができるべきです。

納税者は、HMRCが自分を通して保持している情報をデジタル税勘定を通して見るでしょうし、任意の時点で確認することができ、それらの詳細が、完全かつ正確であることをチェックできます。 HMRCは、この情報を、各納税者の個々に応じて、それが提供するサービスを調整するために使用します。 2016年には、HMRCは、より多くの第三者からの情報がいかに納税者に報告負担を軽減することができるかを相談します。

企業のための税のデジタル化

企業は、課税年度の終わりまでもしくは彼らが支払うべき税金がどのくらいかを知るうんと前まで、待つ必要はありません。

HMRCは、納税額や蓄積からの返済を停止するには、可能な限りリアルタイムに近い税に影響を与える情報を収集し、処理します。 2018年4月から、自営業者や財産を貸し出した者すべてを含む事業者は、それが彼らの主な所得である利益(または£10,000以上の所得の二次ソース彼らの主な収入雇用や年金からです。)は、HMRCが少なくとも四半期ごとに、更新します。

個人納税者の税のデジタル化

個人納税者は、いつでも適合させるようHMRCとデジタル的に結ばれるでしょう。

2016年4月までに、すべての個人や中小企業がデジタル税の口座へアクセスできるようになります。 デジタルアカウントは税務事務のパーソナライズされた納税者の状況を、ウェブチャットと安全メッセージングを通じて、プロンプト、アドバイスやサポートと共に個別に提供します。

一つの場所での税

現時点では、ほとんどの納税者は、一つの場所で彼らの負債および権利の単一の画像を見ることができません。 HMRCは、それを変更します。

2020年までに、納税者は彼らの完全な財務の状況を、彼らがオンラインでの銀行と同じように自分のデジタルアカウントで見ることができます。 そして、彼らは1税の過剰支払いを別の過少支払いに対して設定することができます:それは単一税を納付するように感じるでしょう。

 

 

税簡素化

現時点では、HMRCが一定の範囲の源から受信した情報は、分断されたスタンドアロンのシステム上に保持されています。 これは、他のシステムでHMRCによって既に保持されている税に関する情報を、納税者が報告するように求められていることになりうるのです。

納税者にとってのこの不必要な負担は、HMRCにとっても非効率的なのです:間違いを起こす可能性、情報が間違っている可能性、遅すぎる提出の可能性は、正しい徴税が行われていないことを意味し、HMRCは回復の行動を取る必要があります。 これは、避けることのできる罰則や利子税につながる可能性があるのです。

HMRCは、内部のシステムを取り込んでおり、デジタル税口座に、それが保持している情報を移行します。 この作業は、すでに進行中で-例えば、今までは、HMRCは既にこの情報を雇用主から受とっていても、申告書を作成している納税者は、収入金、彼らから支払われた収益の詳細を、含める必要がありました。 来年からは、オンラインで申告書を作成するほとんどの納税者は、この情報が既に入力されていることがわかるでしょう。同じ原理が、退職年金など他の政府部門からの情報にも当てはまります。

HMRCは、例えば、銀行や住宅金融組合が報告する顧客の貯蓄に支払う利息のような、他の第三者からの情報を受取ります。 2016年から、銀行と住宅金融組合に関する情報は、多くの納税者はこの収入を申告書の中で別途報告する必要性を無くすことを税コードに含むことが開始されるでしょう。

税金を簡素化する政府の努力の一環で、2015年3月の予算で発表されたように、HMRCはまた、例えば、他の投資収益のための更なる情報が、HMRCを更新し、税の確定申告が終わるのを助けることができるかを見ていきます。2016春には、HMRCは、意見を収集するために協議文書を公開します。

HMRCは、それがもっと簡単に納税することになります。 オンラインの新システムの立法は、

税金を負っている誰もが、彼らが今のように自主申告の確定申告書を作成する確定必要が無くなり,彼らが負っている金額を計算し納税することを分かることができます。

HMRCは、納税者が必要としている支援のさまざまなレベルを理解しています。

すべての納税者は、それらに関連するデータやサービスを受け取りますそして、オンラインに困難を持っている人のために、または更なるサポートを必要とする人は、他のチャネルを介して利用できるようになります。 HMRCは、さらなる支援を必要としている納税者を発見するために、そのヘルプラインのチームのトレーニングをしています。 これらの納税者は、-電話での、面接の訪問のまたはボランテイアとコミュニティセクターのパートナーを通じての別の手段のサポートを提供されます。

HMRCはまた、ルールを曲げたり違反している者らを識別するために保持した情報を分析します、もの。 彼らは早めにスポットされ、不適合を回避するために、そして後で高価なコンプライアンス介入の必要性を減らすために取り調べられます。

その優れたデータの使用、及び、保持しています税のデジタルデータの提示を通じて、HMRCは、納税者のための生活を楽にするととなり、税の徴収をより効率的に行います。

すべての納税者は、彼らに関連するデータとサービスを受取り、更なる支援を必要とするものは、パーソナライズされたサポートを受けます。

 

企業のための税のデジタル化

数百万の企業はすでにデジタルで彼らの税金を管理しています:法人税申告書の98%とVAT申告書の99%がオンラインで提出されており、およびHMRCは数百万のデジタルアカウントを小規模事業者に提供してきました。 2016年4月までに、英国の500万の小規模事業者は、独自のデジタルアカウントへのアクセスをするでしょう。

2020年までに、ほとんどの企業、自営業者や地主は、デジタル的に彼らの税務を追跡し、少なくとも四半期毎に、自分のデジタルな税の口座を経由してHMRCに更新することが求められています。 これらの変更は2018年4月から一部の企業のために導入され、2020年までに、企業に適応するための時間を与えながら段階的に導入されます。これらの事業者は彼らの収入と支出の記録を保持するためのソフトウェアやアプリの様な、デジタル・ツールを使用する必要があります。

HMRCは、無料でのアプリとソフトウェア製品を利用できることを保証しますが、多くの企業とその顧問に選択される市販の税務上のソフトウェアパッケージの使用を選択するでしょう。事業者は 彼らの通常の日々の活動の一部として、彼らの税データをコンパイルするソフトウェアを、すべての間違い(例えば、場違いに見える算術ミスや図形)を強調したり、他の方法で見落とすかもしれない情報を正しく提供しながら使用します。 

一旦ソフトウェアが、関連するデータをコンパイルしたら、企業やその代理人は、自分のコンピュータまたはスマートフォンを経由してHMRCシステムに直接それに入力します。 最新のHMRCは、このやり方で、やがて今日の納税申告と比べてはるかに少ない安全な、軽いタッチの負担となります。

企業は現在、税務申告で情報を報告し、課税年度の終了後のかなり後で納税します。 政府は、それがはるかに「リアルタイム」に近いように動作するように、税制を変更しつつあります。 ビジネスは、自分のデジタルアカウントを通じて彼らの税金をリアルタイムでの表示、税の計算を見ることができます。 リアルタイムに近い情報を報告することにより、企業は、その税務ポジションをより確実にできるようにし、またそれによる予算対応でかれらを助けながら、彼らがどのくらいの税金を負っているかを理解することをようにすることが分かります。

政府は、それらを慈善団体、スポーツクラブとその取引の子会社に適用すべきかどうかを含め、2016年の春に、これらの対策の詳細について広く相談します。 しかし、政府は、これらの対策が、雇用の個人や年金受給者には、彼らが自営業またはプロパティから年間£10,000以上の二次所得持っている場合を除いては適用にならないことをすでに発表しています。

政府は、彼らが借りている税金のすべてをカバーする単一の正規の支払いを行わせるように、支払日を整列させ、利益が発生する点により近い時点に支払いを簡素化するためのオプションについて協議しています。

2020年までに、ほとんどの企業、自営業者や地主は、彼らの税金をデジタルで追跡し、また少なくとも四半期ごとに自分のデジタルタックスアカウントを介して、HMRCを更新する必要があります。

 

個人納税者の税デジタル化

何百万人の個人納税者はすでに、オンライン申告と自主申告での納税を通じて、デジタルで彼らの税務事務のいくつかの側面を管理し始めています。 自主申告書の86%がオンラインでなされており、個人向けのデジタルアカウントが今年導入されています。 将来の個人納税者のための税制は、企業のためのものと同じコアの原則に基づいて-デジタル税制は、可能な限りリアルタイムに近いで動作しますー構築されます。

2016年4月までには、すべての個人納税者は、シンプルな、パーソナライズされたセキュアな―サービスの範囲を増加させる自分のデジタルアカウントにアクセスすることができます。 2020年までに、HMRCは、すべての納税者とデジタルで相互に情報交換することを目指しています。 その時までに、税のフルレンジと児童手当のサービスがすべての納税者が利用できるようになり、幅広いデバイスからアクセス可能となり、データを暗号化し、それを安全に保つための最新の技術により保護されます。

HMRCは、納税者の特定のニーズおよび誰かが赤ちゃんを持っときまたは-退職が近づいて居るような状況に合わせたアカウントでの安全なメッセージングを通じて、自動的に、入力の促進と報告を目標にします。HMRCは、それがツイッター、ユーチューブ、ウェビナーとwebchatsを通してすでに稼働している成功したオンラインサービス上に構築しているので、 デジタルサポートは、それを必要とする人のためにあるでしょう。

正に企業と同様に、個人納税者は、現在、情報を税務申告上に提供し、情報が関係する課税年の10ヶ月後までに負債を支払います。 雇用の大半が今リアルタイムにPAYEを操作し、従業員のための最終的な税務ポジションは、一般的にのみ課税年度の終了後に照合されるだけです。数百万人の 納税者は、彼らが納税での過不足を発見し、それが彼らが解決するのにイライラすると時間がかかることに気付くのです。

HMRCは、すでに年度後の過小及び過払いを減らすために、年内の税法の改正によってリアルタイムのPAYEデータの使用を開始しました。

2017年から、HMRCは完全に過小および過払いのいずれでも避けるのに役立つ税法の調整をするために、収入、現物給付と個人的な手当を毎月チェックしながら、さらにリアルタイムデータの使用を進めます。 これは、複数のジョブまたは低または変動所得を有する納税者、彼らの多くが、税の過払いをしないために、仕事と年金との間で共有されている個人的な手当の配分方法を変更するために定期的にHMRCに問い合わている人達に特に有益であります。将来的には、彼らは、自分のデジタル税のアカウントを通じて明らかにこれらの調整がわかり、彼らの個人的な手当の割り当て方法を選択することができるようになります。

 

HMRCは、他の収入源が構築しないものからのすべての税を確保するための第三者からの随時の情報と一緒にそのPAYE情報を使用することができます。

少ないまたは規則的な所得からの追加的に発生する税は、年間を通じた調整を通じて徴収されますが、収入の予測可能性が大きなもしくは少ないソースについての税はそれをオンラインで支払うことができるようになります。

政府は資本こと2015年の秋の声明で、発表しましたキャピタルゲイン税は、-住宅資産の何らかの処分が完了して30日以内に支払われた所得税とのラインに、より密接に持ち込まれることになります。 この要件は、2019年4月から、支払いについて政府の協議でカバーされる支払契約を調整するためのさらなるオプションで導入されるでしょう。

2016年4月までに、すべての個人納税者は、-シンプル、提供し、パーソナライズされた、安全なサービスの範囲を増加させるー 自分の独自のデジタルアカウントにアクセスすることができます。

 

一つの場所での課税

現時点では、多くの納税者は、異なる税に関する彼らの財務状況を知るためにHMRCのさまざまな部分に連絡する必要があります。 事業者は、所得税、付​​加価値税、国民保険または法人税を納めます; 個人は、所得税、国立保険料や学生ローンの返済を納付し、児童手当を受け取ります; 一部の人々は、ビジネスを実行するだけでなく、従業員や年金の受給者でもありえます。 近代的な、デジタル税制は、これらの納税者のすべてに彼らの1つの、彼らの負債のすべてにわたる全体的な税務ポジションを見ることができるパーソナライズされたビューを提供します。

この概要は、彼らがHMRCに行った支払いを参照するために、1を持っている場合には、納税者およびそれらの税エージェントのためにそれがはるかに容易になります。 HMRCに払う必要がある者は、自分のデジタル税のアカウントを通じて、そうすることができるようになります。 彼らが、1以上の負債を支払う必要がある場合には、1つの負債についてのすべての税を、他の負債に打ち手の過払いを相殺するオフ設定して、それらが単一の支払いを行うことができるようになります。これは、単一の税を支払うように感じるでしょう。

異なった債務にお金を再割り当てすることができるときに適用される規則があり、そしてHMRCは、これらのルールがどのように機能するかを確立するために利害関係者と共に動くでしょう。

PAYEを通じて徴収される複数のソースの所得を持つもののすべては、雇用主からHMRCによって受信された情報、およびどのように各各の所得の源泉が彼らの税金計算に影響を与えるかを示すその税務の最新画像を見るでしょう。 例えば、2つのパートタイムの仕事を持っている人たちは、年間の正しい税を納めるために、それらの個人的な手当をそれぞれに分割する方法を制御することができます。

これらの変更を配信するには、HMRCは、その内部システムを著しく再構成する必要があり、この作業は、例えば、事業税のダッシュボードや打ち上げの作成デジタル税勘定の開始がすでに進められています。 これは、簡明な税務行政の枠組みを開発するための新しい機会の幕開けです。

ここでも、HMRCは、あらゆる機会に、税制の透明性とアクセス性を改善することを確保するように関係者や納税者と共に働きます。

今後5年間で、すべての納税者は、彼らの税務事務の単一の、最新の、分かりやすい全体像を見るために、自からのデジタルアカウントを、使用することができます

 

確定申告書の終わり

今後5年間で、変更は、この文書で概説した変更が、多くの納税者にとって、税務申告書の終わりをもたらします:

  •  ほとんどの企業は、デジタルツールを使用して、その記録を維持し、少なくとも四半期ごとにHMRCに、その情報を送信します。
  •  2016年の春に、HMRCは、それが直接第三者からの情報を取得する場合に、納税者がそれを報告する必要性を無くすことについて協議します。
  •  報告の変更または他の情報の提出での納税者は、自分のデジタル税のアカウントを介してそれらを行います。
  •  オンラインの課金の新システムは、自主申告書で必要とされていないPAYE(例えば、小額の年金)を通じて徴収できない未納の税金を徴収します。
  •  現在、単に彼らの税金が正しいことをチェックするために税務申告書を作成することを選択する者は、すべての必要な情報を自分のデジタルアカウントで見つけるでしょう。

もちろん、納税者は依然として彼らの税金計算書が正しいことおよび他の手段を介して報告されない情報についてHMRCに伝えることをきちんと行う責任を負っています。

しかし、デジタルのアカウントはこれを、はるかに容易に、速く、より簡単に行います。

以上

 

以上の出典: https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/484668/making-tax-digital.pdf

 

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top