オランダ:議会で初めてベーシック・インカムを議論

オランダ:議会で初めてベーシック・インカムを議論

 

今年1月、文化自由党(Vrijzinnige Partij)の国会議員の ノルベルト・クラインは、(10年以上オランダに住んでいた)18歳以上の全ての者に対するベーシックインカムの考え方について真剣な公開討論を求めた「イニシアチブのノート」(「initiatiefnota」)を、オランダ議会に提出しました。

 

彼はまた、さらにトピックに関する研究及び政府による彼の手紙への反応、左翼労働党(PvdA)と自由と民主主義のための右翼人民党(VVD)間の連合を議会に求めました。

後者の要求は、この年の5月に成就しました。  社会問題と雇用担当大臣、 Lodewijk Assher (PvdA)は書面で答えました:「無条件ベーシックインカムの導入は現実的で経済的な達成可能な目標ではありません。しかし、さらに無条件ベーシックインカムの他のオプションを検討するチャンスがあるかもしれません。  これは、9月19日の 委員会会議で議論され、議論されるべき1つのトピックです。」

 

といった経過を経て、9月19日に行われた、公開討論会の模様が次の通りです。

 

オランダ:議会で無条件ベーシックインカムについての討論

On the first day of International Basic Income week and just six months before the election of a new House of Representatives (“tweede kamer”) in March of next year, a debate on unconditional Basic Income was held in the Dutch parliament on September 19th.国際ベーシック・インカムの週の最初の日に、来年3月の下院(「tweede kamer」)の選挙のちょうど6ヶ月前に、無条件のベーシック・インカムをめぐる議論が、9月19日にオランダ議会で開催されました。 This debate was initiated by Member of Parliament Norbert Klein of the Cultural Liberal Party (Vrijzinnige Partij), who wrote a ‘note of initiative’ (“initiatiefnota”) in January this year, called “ Certainly Flexible: about thinking differently about work and social security with an unconditional basic income ”この議論は、今年1月に(「initiatiefnota “)」イニシアチブのノート」を書いた文化自由党(Vrijzinnige Partij)の議会のメンバーノルベルト・クライン によって開始されました。その提案は「確かな弾力性がある:仕事と社会保証について無条件ベーシックインカムで、違った考えをすることについて

Klein asked for three things:クラインは、三つのことを求めました。

  1. The government’s reaction 1.政府の反応

The Minister of Social Affairs and Employment, Lodewijk Assher (Labour Party, PvdA), answered in writing on May 31 st , that introducing a basic income is simply too expensive as the number of people paying taxes will decrease dramatically.社会問題・雇用大臣、 Lodewijk Assher (労働党、PvdA)は、税金を払っている人の数が劇的に減少しているので、ベーシックインカムを導入することはあまりにも高価であることを、5月31日に書面で答えました。

In addition to the economic arguments against a Basic Income, the Minister states: Having a job is more than having an income.ベーシック・インカムに対する経済的議論に加えて、大臣は述べている:仕事を持つことが収入を持つことより以上のものです。 (…) A job offers people a social network, structure in life, self esteem and personal development.” That participation in (paid) labour is good for everyone, is the broadly supported position of the Dutch government. (…)仕事は人々にソーシャルネットワーク、生活の中の仕組み、自尊心や個人的な発展を提供しています。」(有償での)労働力への参加は誰にとっても良いことであることは、オランダ政府が広くサポートしている立場です。 This is what Klein refers to as a “one size fits all” policy.これは、クラインが、ポリシー「誰にでも会う1つの大きさ」政策と呼ぶものです。

In this context it is worth noting that in the current Dutch participation legislation (“ participatiewet ”), people are not allowed to choose the job or activities they like.これに関連して、現在のオランダの立法への参加「participatiewet 」)で、人々は彼らが好きな仕事や活動を選択することはできないということは注目に値しません。 The government decides which work is suitable, prohibiting many kinds and types of participation with extremely high penalties for people who participate in other activities without specific permission of the (local) government.政府は、(ローカル)政府の具体的な許可なしに、他の活動に参加する人々のための非常に高いペナルティと参加の多くの種類とタイプを禁止しながら、どの仕事が妥当であるかを決定します。 There is very little freedom of choice and many people report to be forced into meaningless jobs.そこに選択の自由はほとんどなく、多くの人々は無意味な仕事を強いられていると報告しています。 The Minister refers to this policy as “support with an activating character”.大臣は「活性化での支援」として、このポリシーを参照します。

Apparently the characterization “one size fits all” for the current policy hurts, because the minister bounces it back at Klein, by saying that a basic income is a “one size fits all” idea.大臣はベーシックインカムのアイデアが「1サイズはすべてに合う」であると言うことで、クラインでそれを跳ね返すために、現在の政策にとっての「フリーサイズ」の特徴づけはが痛いのは明らか。 He states that in case of an unconditional basic income, every citizen would receive the same income support, even if they don’t need it.彼は、無条件ベーシックインカムの場合には、彼らがそれを必要としない場合であってもすべての市民は、同じ所得補助を受けるだろうと述べています。 He ignores the fact that the richer part of the population would be paying back most of it through taxes as was indicated by Klein in his note of initiative.彼は、提案のノートでクラインによって示された税を通して、人口の富裕者部分はそれのほとんどを返済することになるという事実を無視しています。

He also ignores the fact that people will regain their freedom of choice to either participate in (paid or non-paid) labour, education, caring roles or anything else that helps them create structure in their lives, build social networks, and nurture self esteem or personal development.彼はまた、人々が自分たちの生活の構造を作成するのに役立つことができる(有給または無給の)労働、教育、福祉の役割その他のものに参加し、ソーシャルネットワークを構築し、自尊心または個人的な発展のいずれかをはぐくむために、人々が選択の自由を取り戻すという事実を無視しています。

Furthermore, the Minister argues that European legislation might be a roadblock on the way to implementing a Basic Income in the Netherlands.また、大臣は欧州の法律はオランダのベーシック・インカムの導入への道筋の障害であるかもしれないと主張しています。 However, no definite answer is given about this possible hurdle, nor is the minister referring to any specific European legislation that might stand in the way of implementing a Basic Income in The Netherlands.しかし、このありうるハードルへの明確な答えは行われなかったし、また大臣は、オランダでベーシック・インカムを実現するための方法が成り立つ可能性のある特定の欧州法の言及もありませんでした。

During the meeting the Minister confirms he is not in favour of new research, as enough research has been done.会議中大臣は、十分な研究が行われているとして、彼は、新たな研究には賛成ではないことを確認しています。 He indicates the possibility that the House of Representatives would have to order an investigation by itself.彼は下院が自身で調査を要求しなければならないという可能性を示しています。

2.2. More extended research on the effect of a basic income on the state’s budget国の予算でのベーシックインカムの効果についてもっと拡張された研究

Klein states, the research on the impact on the state’s budget done so far, has been incomplete regarding the domains in which the effect of basic income can be expected.クラインは、これまでに行われた国の予算への影響についての研究は、ベーシックインカムの効果が期待できるドメインに関しては不完全であると述べています。 He questions the conclusions of previous research on the effect of a Basic Income on the state’s budget and formulates a list of examples of positive side effects that were not included in the calculations (ie effect on health, housing market, executional costs, increased entrepreneurship and participation in labour).彼は国の予算でベーシック・インカムの効果に先行研究の結論を疑問視し、(健康、住宅市場、執行上のコスト、起業家精神の増加、労働力への参加についての効果)の計算に含まれなかったプラスの副作用の例のリストを定式化しています。 He asks for new research where these effects will be included.彼は、これらの効果が含まれることになる新たな研究を要求しています。

 

  1. A debate in the House of Representatives 3.衆議院での議論

During the meeting of the Committee of Social Affairs and Employment on September 19th, seven political parties of the House of Representatives of the Dutch Parliament were represented: Socialist Party (SP), Green Left (GL), Christian Democratic Appeal (CDA), People’s Party for Freedom and Democracy (VVD), Democrats 66 (D66), Labour Party (PvdA) and of course Klein / Cultural Liberal Party (Vrijzinnige Partij). 9月19日に社会問題と雇用委員会の会合の中で、オランダ議会の7つの 衆議院の政党が出席しました:社会党(SP)、グリーン左(GL)、キリスト教民主アピール(CDA)は、人民自由と民主主義のための党(VVD)、民主党66(D66)、労働党(PvdA)とコースのクライン/文化自由党(Vrijzinnige Partij)。

 

The main decision to be made during the debate: Is the House of Representatives willing to order an investigation by the Central Planning Agency (CPB) and the Socio-Cultural Planning Agency (SCP) for an explorative study on the financial / socio-economic as well as the behavioral aspects of an unconditional basic income?討論会でなされるべき主な決定は:無条件ベーシックインカムの行動の側面とともに、社会経済/金融に関する探索的研究のために、中央計画局(CPB)と社会・文化経済企画庁(SCP)による調査を下院が喜んで命令するでしょうか?

 

The VVD is firmly against a basic income, where in the past the option was openly supported by the VVD-Minister of Economic Affairs, Gerrit Zalm. VVDは、過去にオプションが公然と経済のVVD-大臣、ヘリット・ザルムによってサポートされていたベーシックインカムに対して、固く反対しています。 An unconditional Basic Income is an unfair solution according to the right wing-party nowadays, arguing as follows: the working part of the population pays for the people sitting at home.無条件ベーシックインカムは、最近の右翼政党によれば、不公正なソリューションであるとし、次のように主張しています:人口の働いている部分は、自宅で座って人々のために支払います。 It is senseless, anti social and unaffordable.これは、無意味で、反社会的で、受け入れられません。 一体全体What if everyone chooses to do fun things instead of going to work?誰かが、仕事に行く代わりに楽しいことを行うことを選択した場合はどう? The effect of an unconditional Basic Income will be less participation in labour, resulting in a decrease in tax-income.無条件のベーシック・インカムの効果は、労働への不参加であり、税収入の減少をもたらすことになります。 We already have too many regulations that discourage people to go to work.我々はすでに仕事に行くために人々を阻害するあまりにも多くの規制を持っています。 Freedom of choice for people that is paid by others is not a dream but a nightmare.他の人によって支払われる人々のための選択の自由は、夢ではありますが、悪夢ではありません。 VVDによると、No further research is needed according to the VVD.さらなる研究が必要とされません。

All other parties first have questions about the note of initiative and ask for further information.他のすべての当事者は、イニシアチブのノートについてまず質問があり、その上でさらなる情報を求めています。 What will happen to the current social security system, what will be the cost of a basic income and how will it be financed?現在の社会保障制度はどうなるのか、何がベーシックインカムのコストとなり、それがどのように資金を提供されるのですか?

In response to these questions, Klein hands out an estimate of the cost (130 billion euros) of implementing an unconditional Basic Income of 800 euros per person and a proposal of how this could be financed.これらの質問への応答では、クラインは一人当たり800ユーロの無条件ベーシックインカムとこれが賄われることができる方法の提案を実現するためのコスト(1300億ユーロ)の推定値を配ります。 He also alters his initial inclusion criterion for a basic income (living 10 years in the Netherlands) towards people with a Dutch residence permit.彼はまた、オランダの居住許可を持つ人々に向けたベーシックインカムのための(オランダに10年住んでいる)彼の当初の基準を変更します。 He emphasizes the starting point is a positive image of citizens, where most people want to participate in society in a good way.彼の出発点は、ほとんどの人は良い方法で社会に参加したい市民のポジティブなイメージを強調しています。 A basic Income should be seen as a springboard, not a safety net.基本的な収入が踏み台ではなく、安全網として見られるべきです。 He states that unpaid work can be as beneficial for society as paid work.彼は無給の仕事は、有給の仕事のように、社会のためとして有益であり得ると述べています。

Green Left is the party most positive towards researching the effects of a Basic Income, but does not support the idea of an income guaranteed for everyone.グリーン左翼は、ベーシック・インカムの効果を研究に向けて最も肯定的な政党ですが、皆のための所得保証の考えをサポートしていません。 Green Left is in favour of a looser link between work and income but wants different options to be investigated, eg Basic Income, negative income tax and dividend on robotics.グリーン左は、仕事と収入間の緩いリンクに賛成ですが、例えばベーシック・インカム、負の所得税、ロボット工学上の配当金等の異なるオプションを調査することを望んでいます。

All parties, except the VVD, asked for a suspension of the meeting to another date to be able to study Kleins’ financial proposal. VVDを除くすべての政党は、Kleinsの財政上の提案を検討することができるように、別の日の会議の継続審議を求めました。 日取りA date will be chosen during the next meeting of the committee.は、委員会の次回会合時に選択されます。

To be continued…つづく…

 

                               以上

 

 

 

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top