トランプ新政権スタート目前に(新大統領について知っておくべきこと)

トランプ新政権スタート目前に(新大統領について知っておくべきこと)

 はじめに;

ビル・D・モイヤーズ 元ホワイトハウス報道官のサイトに掲載された、トランプ次期大統領についての、自叙伝ならぬ、他叙伝(トランプについてのPR文書というよりは、30年以上にわたって、彼を執拗にフォローし、時には税の相談役を務めたこともある、異色とも言ってよいピューリッツァー賞を受賞した記者のデイビッド・ケイ・ジョンストン氏による本)の紹介記事です。その本の中で、同記者は、最終章の末尾に「これらのページに記載されている多くのエピソードが示している通り、トランプは自分が選択すること及びその原因結果から逃れることに驚くほど機敏である」と述べています。また、あとがきで、直接的なトランプに関する知識、調査記者として約50年間で集めた数千枚の書類、トランプの行動の事実的側面に焦点を置き、有権者に伝えることが目的で書いた本であると述べている。また、誰も彼の性格を完全に知ることはできないが、彼の行動に基づき検討し評価することはできると述べている。従って、トランプの「お金の執着と富の飾り」また、ほとんど知られていないトランプの複雑な犯罪者との関係、詐欺師、暴徒、暴力団、主な麻薬密売人、道徳的に芳しくない人物について焦点を当てたと記載しています。

 なお、この本の紹介記事を書いたキャシーKielyなる人物は、ワシントンD.C.ベースのジャーナリストおよび教師でUSA TODAY ナショナル・ジャーナルニューヨークデイリーニュースヒューストンポストなど多くの報道機関に国政を報告し、編集してきています。 She been involved in the coverage of every presidential campaign since 1980.彼女は1980年以来、すべての大統領選挙のカバーに携わってきました。彼女が、この記事の終わりで、ジョンストン氏のインタビューで、「私はニューヨーク・タイムズのために働き始めたとき、アメリカの不平等の拡大を文書化し始めました。トランプの本が、その間の小休止でしたよ。」との発言を書いています。

 追って、ジョンストン氏による、一般人が、トランプと同様所得税を納めないことができるかどうかの投稿記事も、ここで披露しておきます。

 

 いずれにしても、トランプの悪いとこばかりに集中しがちなマスコミによるフォローに嫌気がさして、良いも悪いもトランプが現在に至った成功原因を客観的に述べた本であるようですが、学術的ではありませんが、全くのタブロイド的でもないのが興味を誘います。というのがこの記事や他の紹介記事を読んでの私の現時点での印象です。一方的でない記事の発掘と紹介にこれからも務めてゆきたい気持ちを込めて、はしがきとします。

 

その1:出典:http://billmoyers.com/story/making-donald-trump-told-journalistic-nemesis/

キャシーKiely | August 5, 2016 2016年8月5日

民主主義と国家 The Making of Donald Trump, As Told by […]ドナルド・トランプの成功原因

 

ジャーナリズム的な強敵によって語られた「ドナルド・トランプの成功原因」は、「基本的にドナルド・トランプが、あなたが知らないことをあなたにはっきりさせたいと思っている全てです。」と語っている。

 

ピューリッツァー賞を受賞したレポーターデビッド・ケイ・ジョンストンは、プレスのドナルド・トランプの扱い方に満足していません。 67歳のジョンストンは、明らかに依然として問題を抱えているが、ワシントンでの木曜日に、ナショナルプレスクラブよりも恐ろしい相手がいるところで、「私の意見では、其の扱いは著しくおそまつだ。」とはっきりと表明している。

だから、ジョンストンは、何かが間違っていると思っているときに行動する性向があるので、自らその問題に取り組むことに決めました。

 

 (ブックカバー画像提供ペンギンランダムハウス)

彼のリリースされたばかりの本、「 ドナルド・トランプの成功の原因 」は、288ページの大作で、「基本的に、あなたが知らないドナルド・トランプをあなたに明確にしたいすべてです。」と何十年も不動産の大御所をフォローしているジョンストンは、言いました。

ジョンストン氏によると、彼が「私の同僚に非常に批判的だった」主な理由は、彼らがあまりにも屈辱的でプロフェッショナルすぎたということです。 ジョンストン氏は共和党大統領候補を、「彼等はあたかも深刻な人物であるかのように彼を報道している」と述べた。 ジョンストンはトランプの一部の良い報道があったと信じているが、彼は「タブロイドのスタイルで書かれたものではない」とそれがあまりにも高慢であることの欠点を宣告しました。

 「ドナルドはジャーナリズムの伝統を操作する名人だ」とベテランの記者は説明しました。「ドナルドはただ、それを作り上げるために」、 彼は、頻繁に告白で説明されたブックトークで、これらの伝統の多くを粉砕しました。ジョンストンも繰り返しトランプを「現代のPTバーナム(興行師)。」と呼びました。元ニューヨークタイムズ紙の 男の本は、既にタブロイド紙用の材料を提供していました

それは、共和党の大統領候補の祖父、ドイツの移民は、-ジョンストンは明らかにNYタイムズ氏に記者のスタイルでなくそれを書いたのでー、「売春宿」をやっていました、で始まり、いくつかの不運な見方での実業家であるとジョンストンが書いているトランプの父までの、継続的なトランプの財産の上昇を記録しています。

ドナルド・トランプのような親族を持った主要政党の大統領候補者を見たことはこれまで一度もありませんでした。

1927年、フレッドトランプはクー・クラックス・クランの集まりでNYのクインーズ自治区で逮捕された―その一部分を彼の息子は猛烈に否定してきているが 、ジョンストンは:「私は切り抜きの記事を持っている。」言った。その後、彼の本の中でジョンストンは、伝えられるところでは、長老トランプと、帰国したGIのための連邦住宅プログラムでのアパートを借りようとしていたアフリカ系アメリカ人に対して行った差別を止めるよう求めた連邦政府とのトラブルを詳細に書きました。その結末は、 彼が訴訟で上院議員ジョセフ・マッカーシー(R-WI)の元長年の側近の、不祥事を起こした共産党の魔女狩り犯人ロイ・コーンによって代表されたドナルド・トランプが裁判所によって却下された人種的バイアスの申立てを獲得しようようとして失敗した後に生じました。

Johnstonは、TrumpCohnの関係を見て、コーンは、「ドナルドに人を痛めつける方法を教えました」と彼は言いました。 ジョンストン氏は、「ドナルド・トランプ氏が持ったのと同じような関係を持った主要政党の大統領候補者を私たちはもったことはない」と語りました。 過去の大統領の中には親しい友人やビジネス団体と関係を持った人もいましたが、ジョンストン氏は続けました。「彼らはマフィアではありませんでした。 彼らは麻薬密売人ではありませんでした。」

記者クラブのイベントで、ジョンストンはフェリック・スセーテル、ロシア生まれの株式詐欺師とトランプの結びつきについて繰り返し質問をうけ、そのマフィアとの旅行の同行を認めました。 Saterは今や税金詐欺事件の被告です;新聞は今月初めトランプと彼の二人の子供たちを「影響力の強い証人。」 として、名前を公表しました。

彼はトランプのヘリコプター艦隊を運営していた発作を起こす重症の病気を持つ彼の幼い偉大な甥に、トランプが与えたヘリコプター艦隊を運営する会社を運営している有罪判決を受けたドラッグ・ディーラーに、トランプが与えた対策を対比するために、読者を案内しています。

彼の問題のヘリコプタープロバイダー、ジョーイWeichselbaumのために、不動産の巨人は、豪華なアパートを提供し、雇用を継続し、麻薬取引のためのWeichselbaumの告発の後の裁判所へ証言したと、ジョンストンは彼の本で詳述しています。 しかし、トランプは、父親のフレッド・トランプ(彼らを除外した)の遺言の裁判で、赤ちゃんの両親が父親の遺言を争った後、死んだ兄の孫を、あまり面倒を見ませんでした。 トランプは家族の医療保険から病気の子供を取り除きました。 「私はそうせざるを得ませんでした。」とジョンストンは、トランプは、彼が乳児の医療保険(裁判所は、後でそれを復元)を遮断した理由を尋ねたニューヨークデイリーニュースレポーターに言ったことを引用しています。

今私は彼女の人生を悲惨にすることを敢えてしているのです。

 復讐は、トランプにとって誇りのポイントです、ジョンストンは言いました。  「彼の個人的なモットーは、「復讐をする」ことだ」と,その章のすべてをトランプの長談義と記述に集中した記者は語った。 トランプは、倫理的な良心の呵責を引用し、彼に代わって銀行家の友人を呼び出すことはありません、女性従業員を解雇した方法を記述し、ジョンストンは、彼の著書「事業と人生において大きく考えよう(大きく考え、やっつけましょう) 」からトランプ自身の説明を引用しています:

彼女は家を失ってしまった。 お金のためだけにその中にいた彼女の夫は彼女の上を歩き、私は喜んでいました私は不誠実に腹を立てることはできませんそして今、私は彼女の人生を悲惨にすることを敢えてしているのです。

ジャーナリストのための箱の外での動きでは、ジョンストンは、彼がイエス・キリストが聖書のマタイ傳5―7に概説されている哲学からどれだけ候補者の個人的見解がずれているかの証拠を提供している、トランプを支援する福音派の閣僚の一部に手を伸ばしていると述べた。  「私は彼らに電話しました。 私は行こうと提案した」とジョンストン氏は語った。 これまでのところ、誰も彼の申し出を受け入れていない。

彼はフィラデルフィアインクワイアラーのアトランティックシティ支局長以来、そしてトランプが、ニュージャージー州の海辺の町にカジノビジネスに参入しようとしていた頃からトランプをカバーした「私は世界でおそらく最大のトランプの資料コレクションを持っています。」とジョンストンは言いました。 シラキュース大学で講義を行う税法の専門家ジョンストン氏は、「ドナルドは何年も連邦法人所得税を支払っていない」と思っています。それは、様々な裁判事件から流出した書類に基づいているとし、トランプの彼自身の家族の基金への慈善寄付の欠如 (控除のための必要性がないことを示唆しています)、および不動産開発者が利用できる税の抜け穴等によるものです。

長年にわたるキャンペーンの伝統を破る税の確定申告書を公開しないとのトランプの決定は、彼の本当の純資産を明らかにしたくないことに基づいている可能性もあります。 ジョンストン氏はトランプが「非常に豊か」であると信じていると言いますが、他の多くの人と同様に、彼は自分を見せかけようとするほど豊かであるかどうか疑っています。 トランプの主な才能は、億万長者に適した「ライフスタイルを支えるお金をもたらす取引をする」ことにあります。  「あなたが本当に知っている億万長者の如何に多くが、鷹狩のタイ、ステーキ、ボトルドリンク、ボードゲームをあなたは見届けていますか?

ジョンストンのジャーナリズム的なキャリアは、彼がトランプを告白したことに対して、共和党大統領候補の魅力を理解するための独自の資格を与えました。  「私はニューヨーク・タイムズのために働き始めたとき、私はアメリカの不平等の拡大を文書化し始めたと彼は言いました。  「政府のルールは多くの人々から受け取り、すでに豊かな少数者に与えている」と述べた。中流階級から無理やり押し出されている人々は、彼らの苦境が目に見えないことを除けば、絶望の最中にあると主張した。  「彼らについてはほとんど何も書かれていない」 ジョンストン氏はその問題にも取り組む計画を持っていました。 彼は、トランプの本は彼の本当の大塊を書くことからの小休止でしたと言います。  「まったく新しい税法典―フルコースの―を書いています。」と言いました。

というのが、彼女による、ジョンストンの本の書評です。彼女は、ジョンストンをトランプに敵対する記者と書いていますが、「共和党大統領の魅力を理解するための独自の資格を与えた。」とも書いています。私にも、自分に不利益を与えたものへの10倍返しもいとわない、復讐心が強いトランプにとってのマイナス記事を、ジョンストンがあえて書いた背景には、いいことを書くだけでは、ごますりか自己PRと同じと思われるのを避けるために、必要最低限の高等な戦略であろうと私は勘繰りたくなるのです。

 

 その2:http://billmoyers.com/story/pay-taxes-like-donald-trump/

Donald Trumpのように税金を払わない方法

次期大統領の例のように倣いたいアメリカ人のためのヒント

David Cay Johnston 20161111

ドナルド・トランプ次期大統領のように、彼がリードする準備をしている政府を支援するためにあなたが一銭も支払う必要がなかったとしたらどうでしょうか?

(最近の歴代の大統領候補とは異なり)納税申告書を公表することを拒否したトランプ氏は、1977年にIRSへの最後として知られている納税をしました。

実際には、4半世紀前の裕福なアメリカ人の集団によって密かに展開された税のからくりのおかげで、トランプは少なくとも2042年(96歳になる)まで所得税を納めないと私は計算しています。 その時点で彼は、彼が言っている『税法に関して「スマート」ではない』アメリカ人によって支払われる大統領後の年金にうまく到達しているるのです。

彼の納税をなくすためにトランプが利用したトリックは、事実上、ビジネスロスを2回控除することを可能にしました:1度目は、回収していない貸金を帳簿から抹消しければならない銀行によって、そして2回目は借り手によって、この場合は、トランプは、課税所得から自己への租税損失に借金を変更できます。

残念ながら、私たち全員が次期大統領を真似出来るわけではありません。

多くの納税者は間違いなく、トランプ氏がIRSとの関係で言っているようにスマートであることを願っています。 残念ながら、私たち全員が次の2つの理由で大統領候補を見習うことはできないのです。

1つは、ほぼすべての税金シェルターと同様に、まず、大量のお金を所有するか、または借金する必要があることです。 第二に、議会の共和党議員は、2002年に、トランプが使用した仕組み停止する法律を提案しました。 しかしトランプはまだ恩恵を受けており、法律は2002年以前にそれを使用した人々の利益を終結させなかったため、タックス・シェルターから恩恵を受け続けるでしょう。

議会は、お金が逃げた後、税金の納屋のドアを閉めただけでした。

 しかし、あなたはトランプの政権への支援を確実にするために合法的にできることがあります(彼は公的住宅を取得し、ファーストクラスの社会保障を得ていますが、彼は40万ドルの年間給与を辞退すると言っています)それは彼が彼の前任者のために持っているものです)。

そして、あなたは何かいかがわしいことをする必要もありません。

 

「賢い」納税者のための4つのヒント

1に、サイドビジネスを開始し、退職後のプラン投下できるすべての現金を捨てる。 最も重要な点は、あなたとあなたの配偶者がそれぞれあなたのビジネスから得られるすべての利益を吸収しても、18,000ドル(55歳以上の場合は24,000ドル)を払うことができることです。 その上に、あなたのビジネスが稼ぐ5ドルごとに蓄えておくことができます。 また、従業員(それはあなた)と従業員の配偶者に雇用主の貢献(それはあなたです)をさせることができます。 すべての仕掛けを使って、$ 100,000以上を払うことができますが、それをするにはおよそ25万ドルの利益が必要です。

2に、あなたのビジネスの「所有権の利益」をお楽しみください。 あなたのビジネスのために飛行機を利用しますか? チケット全体が控除可能であるため、ファーストクラスの支払いを行います。 新しいコンピュータやオフィス家具を購入し、 179条に基づいて最大50万ドルをすべて償却してください

3に、あなたの子供または孫を給与計算に6,300ドルまで加算することができ、課税所得と標準控除の最低限のおかげで所得税は不要です。 子供が18歳未満の場合は、社会保障とメディケアの税金を支払う必要はありません。

4に、ちょっと下劣と思われることを知っていますあなたの子供は合法的にお金を免税で取り戻すことができます。

あなたの唯一の収入が賃金と給料からのものなら、お気の毒です。

退職貯蓄と抵当権(2014年に20%)と財産税を控除する資格を持つ少数のアメリカ人を除いて、あなたは事業所得税と給与税を支払う必要があるだけでなく、小切手を得る前にお金が出てゆきます。

しかし、ねえ、誰かがアメリカを再び偉大にするために支払う必要があります。

                                                      以上

明日、日本時間の土曜日に、就任式が予定されていますが、つつがなく政権移行が行われることを世界中が注目しています。

 

その3;

  その2:を理解するのに役立つと思われる、税の専門サイトの記事も念のためご紹介します。

  トランプのビジネス意思決定の税務上の意義

ニューヨーク(2016年12月8日)

 

Allyson Versprille(ブルームバーグBNA)

ドナルド・トランプ氏は、大統領選挙を前にして、利益相反を避けるために、不動産帝国や他の事業と何をするべきかを決める際に、大きな税務問題に直面しなければならない。

 

彼が事業を売却することを決めた場合、または単純に子供に渡すことを決定した場合はどうなるのでしょうか?

トランプ氏は事業から離れる計画を示唆しているが、まだ正式に発表していない。  11月30日、一連のつぶやきで、彼は次のように語った。「私は12月15日に子供と一緒にニューヨークで大規模な記者会見を行い、大きな業績を残してアメリカを偉大にするために国を運営することに全力を注ぐという事実を議論します。」

次期大統領は、「大統領として、私の様々な事業との利益相反を絶対にしないことが目に見えるように重要だと感じています。」と付け加えた。

 トランプが彼の持ち株をどのように扱うかで、結果が異なる可能性があると、代理人はブルームバーグBNAに語った。

 

 不動産とギフト税の関連性?

トランプの選択肢の1つは、彼のビジネスを子供たちに完全に贈ることですが、アネックス・ウェルス・マネジメントの不動産計画サービス担当ディレクター、リチャード・ベントントは、それが賢明ではないかもしれないと指摘しています。

ベーレンド氏は、「もし彼がそうすることにすれば、相当額の税金を支払う」と述べた。  2016年の一人当たりの生涯免除額545万ドルを超える贈与には、40%の税率が適用されます。

その数字はインフレの指標となり、2017年には549万ドルに増加する予定です。年間14,000ドルの贈り物を1年に1度、毎年贈与税無しに贈呈することができます。

 

基本的に、トランプと彼の妻は一緒に、子供に無税でほぼ11百万ドルを移転することができますが、 “それは彼らの推定純資産との関連でガムのパックを与えることはほとんど私に似ています”と、Behrendtは言った。  「免除された11百万ドルとその他の資産の何十億ドルの間の金額に対して40%の連邦贈与税を支払うことを望むなら、私は非常に驚くだろう、と彼は言った。

トランプの正確な純資産を決定するには追加情報が必要ですが、 フォーブスはこの数字を約37億ドルと推定しています。 明らかに、それは14億8000万ドルの移転税債務になるだろう。

より美味しい選択肢は、彼は依然として受益的な所有権を持つが、制御と監督を断念する、資産を白紙委任の信託に置くことである、とBehrendtは述べた。

彼の娘Ivankaのような家族を、受託者にすることは「実際の移転よりももっと怪しげな状態になる」と彼は言った。  「もしあなたが本当にそれを行い、実際に透明なものとしようとするならば、弁護士か専門の受託者のいずれかの第三者の専門家を雇い、彼らに管理させることになると思います。 それは、1963年のリンドン・B・ジョンソン以来、大統領が行ったより伝統的なルート(方法)でした。

しかし、トランプ氏は、ベーレンドその他の人が批判している 「白紙の」信託のタイプで彼の子供たちに彼のビジネスを支配させるかもしれないと合図している。

 

 パッシブロスはどうですか?

議会は、1986年の税制改正法において、受動的な活動の損失を扱う税コードセクション469を制定した。この法律は、受動的な損失を使用して税を償却することを目的としていました。

  “制定当時、直接税金を掛けられなかった高所得税の源泉を持つ人々(例えば、医師、歯科医、弁護士などの自営の専門家)は、それに見合った経済的損失なしに大きな税務上の損失を生むように設計された投資を購入していました。」とニューヨーク大学法学部のダニエル・N・シャビロ税法学教授は10月のブログ記事で語った。

 

 「これらの損失は、正の課税所得を相殺するために使用されたため、所得を隠して避けている」と、1986年の税制合同委員会の立法弁護士で、それらをさせないようにする法案の起草を手伝ったシャビロ教授は述べた。

 1986年の受動的損失ルールは、納税者が受動的な活動に投資した場合(つまり、実質的に参加していない、または賃貸活動である場合)には、給与などの非受動的な収入に対して生じた受動的な損失を差し引くことはできません。

 1991年の下院予算委員会の聴聞で、トランプは、不動産業界を代表して、受動的損失ルールの緩和を含む救済を求める証言を行った。  1993年の議会は、不動産専門家としての資格を持つ人々が、賃貸不動産活動を受動的として扱わないようにすることを認めて、この規則に特別の例外を制定した。

彼がレンタル不動産や他のビジネスに「実質的に参加する」ことをやめれば、パッシブロスのルールが適用される可能性があります。シャビロはブルームバーグBNAに火曜日に語った。 しかし、その余分な税債務は、彼が「オフィスで毎日行うことによってビジネスに恩恵をもたらす」という彼がつく地位と比べると、「些細」に見えます。

 

 損失を繰越控除できるのか?

デューク大学法学部のLawrence A. Zelenak教授は、パッシブロスのルールは2つの理由から「大きな問題」とならないと考えていると述べた。

 (注)パッシブ活動損失ルールは、投資家が実質的に関与していない所得生産活動から発生した損失を使用することを防止するものです。

 1つ目は、今年度の純営業損失を将来の利益に繰り越し適用して納税義務を軽減する損失繰越控除を引き続き使用できることです。 10月にニューヨーク・タイムズ紙はトランプの1995年の純営業損失9億1600万ドルの州税申告書を公表しました。 タイムズ紙によると、これらの損失によって、18年間も連邦所得税を支払うことを避けることができる可能性があるという。

 

不動産活動による将来の損失は受動的でしょう。 しかし、トランプがまだ第469条の対象にならなかった過年度から繰り越された欠損金を有していると仮定すると、それらは「収入を相殺することが引き続き利用可能であり、今後数年間、課税所得をゼロにするには十分かもしれません。」 「彼がもう実質的に参加していないという事実は、何の違いももたらさないだろう」 とゼレナクは水曜日に言った。

さらに、このルールは、トランプがパッシブロスを使用して他の受動的活動からの利益を相殺することを妨げるものではない、と彼は述べた。

 「もし彼が課税所得を乱す現在受動的な不動産ベンチャーである何かや、損失を乱す何かを持っているとしたら、パッシブロスのルールの下でさえ、彼は依然として不採算ベンチャーからの損失を収益性の高い収入を相殺するために利用できるのです」 とZelenakは言った。  「彼ができないことは、受動的活動からの損失を、非受動的活動の収入を相殺することに使用することなので、書籍の使用料や大統領給与を受け取った場合、それらは相殺できません」

トランプ氏は、就任中の年間40万ドルの大統領給与を受け取らないと述べている。

 

 もし彼が売却すれば?

トランプが取ることができる別のルートは、彼の事業の持ち株を売却、または処分することです。

彼がそうすることを決めた場合、トランプはかなりの減税を受ける可能性がある。 税法1043条によれば、利害相反の要件を満たすために連邦法により財産または事業所を売却することを強いられている「連邦政府の行政官または裁判所の幹部または職員」は、 「売却証明書」を入手できます。

法律によれば、証明書は権利放棄の役目を果たし、適格者は、政府倫理事務局が発行した規制によって承認された米国または多角化投資基金のいずれかの義務に資金が再投資されている限り、任意の売却に対するキャピタルゲイン税を繰り延べることができます。 許可された投資には、米国の財務省証券または多種多様なミューチュアルファンドが含まれる。

政府倫理事務局は、11月30日の一連のツウィートで、次期大統領の弁護士に、彼の事業所を売却することが、大統領選挙を前提とした利害相反に関する倫理的懸念を解決する最良の選択肢であると伝えたと述べた。

New York Times article 12月7 日のニューヨーク・タイムズの記事によると、次期大統領は自分のビジネスに利害関係を維持し、売却の要求に抵抗しようとしているという。

During a daily conference call with reporters, Trump transition team spokesman Jason Miller said Wednesday that issues regarding Trump’s business holdings will be addressed at the Dec. 15 news conference.トランプ移転チームのスポークスマン、ジェイソン・ミラー氏は、12月15日の記者会見で、トランプ氏の事業内容に関する問題を明らかにすると発表したようですが、発表は先送りされた模様です。2017年1月18日付のWSJ紙の記事によると、ビジネスホールディングスのドナルドトランプの計画は未解決の問題が残っているようです。

出典:http://www.accountingtoday.com/news/tax-practice/tax-implications-of-trumps-business-decisions-80091-1.html

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top