ベーシックインカムのカナダでの実験スタート

 

ベーシックインカムのカナダでの実験スタート

はじめに;

ベーシックインカムThe basic income pilot project is being rolled out in Ontario, Canada.の実験に関する記事の紹介はこれまでも行てきましたが、カナダのオンタリオで展開されている実験の詳細がBIENのサイトに、紹介されたので、関連の記事も含めて翻訳してみました。2017年の年初からの2年間の実験をすでにスタートしているフィンランドと比較すると、無作為での対象者の選定後、対象者に参加するかどうかの選択権があること、実験の期間が3年間等が主なもののようです。

 

カナダ、オンタリオ州:サンダーベイとハミルトンのベーシックインカムの試行

2017年6月29日

 ベーシックインカム.のパイロットプロジェクトは、カナダのオンタリオで展開されています。 この試行のために選ばれた地方はサンダーベイとハミルトンで、現時点では、リンゼイがこの秋の後半に始まります。18歳から64歳までの無作為に選ばれた個人は、ベーシックインカムプロジェクトに関する情報パッケージを受け取っているので、参加するかどうかを選択することができます。

ベーシックインカムの試行は、何度かオンタリオ州において、いくつかの機会に 、サンダーベイ市、ハミルトン市、リンジーの市長の支持を得たと報告されてきています。 .年間50百万カナダドル(43憶5千万円)の費用と3年間の実行期間を有するこのテストプログラムは、4000世帯をカバーするように設計されています。トライアルの参加者のランダムな選択は、これらの地域の都市部に限られたものではなく、田舎地域の一部も対象になっています。

 このプログラムは、特定の低所得者を対象とし、以下の表に示すように、12ヶ月以上地域に住んでいて、所得に関連するいくつかの閾値など、適格性に関するいくつかの条件(Thunder Bayの場合)を持っています。

個人の身分等

次の稼得所得金額未満(カナダドル)=87

独身者Single

        33,978 =295万円

Coupleカップル

       48,054 =418万円

障害のある独身

        45,978 =400万円

片方障害があるカップル

        60,054 =522万円

双方障害があるカップル

       72,054 =627万円

自発的なベーシックインカムプログラムの試行( フィンランドのものとは異なる)なので、登録パッケージを受け取った人は、参加を希望するかどうかを決定するために最大1カ月間かかります。しかし、参加は、試験の一環として、研究と調査に一層関与することになります。

  6月2日、ハミルトンの基本的な収入のパイロットプロジェクトに関する情報の円卓会議がすでに開催されています。 このパイロットプロジェクトでは、地方の社会扶助プログラムに依存しているその地域の全人口の約2%に相当する、ハミルトンで1000人のランダムに選ばれた者が割り当てられています。その情報部会の専務のトム・クーパー氏は、「若干良い収入を得て、収入を再配分した結果、人々が大幅に改善していることを結果が示してくれると確信している」と述べている。

出典:https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&prev=search&rurl=translate.google.co.jp&sl=en&sp=nmt4&u=http://basicincome.org/news/2017/06/ontario-canada-applications-basic-income-pilot-project-reach-residents-thunder-bay-hamilton/&usg=ALkJrhip_AJYf0aIg89v0k5q6OxORMraqw

 

 

この実験についての国民への説明会 

 :http://www.cbc.ca/news/canada/hamilton/basic-income-1.4135256

基本的な収入のパイロットプロジェクトについて質問がありますか? 月曜日に図書館に来てください

投稿:2017年5月28日午後5時12分ET 最終更新日:2017年5月28日午後5:12午後

新しいベーシックインカムプロジェクトが数週間後にハミルトンにやってきます。

.地方政府は先月、ハミルトン、リンジー、サンダーベイに本拠を置く3年間のパイロットプロジェクトを発表した。 自由党は、年間5000万ドルの費用がかかり、4,000世帯に達すると述べている。

月曜日の午後7時に、ハミルトン貧困削減円卓会議は中央図書館のベーシック・インカム・タウン・ホールで開催しています。

事前に、CBC Hamiltonは、円卓会議のトム・クーパー執行役員にプロジェクトについて、そして人々が知りたいことを尋ねました。 彼が言わなければならなかったことは次の通りです。

Q:このプロジェクトのしくみはどうなっていますか?

 A:私たちはまだすべての情報を持っているわけではありませんが、プレミアは約1ヶ月前に町にいました。そして、ハミルトンとオンタリオの他の2つのコミュニティが基礎収入の考え方をテストすると発表しました。

アイデアは今後3年間、私たちの地域社会の1,000人の人々と、ブラント郡の何人かの人々に、私は1年に最高17,000ドルと信じています。.実際に、参加する唯一の要件は、人々が低所得で生活していることが必要であるということです。 だから、オンタリオワークスやODSPのいずれかで、社会扶助の人々かもしれません。それは働いているが、貧困から抜け出すための仕事で十分な収入を得ていない人々である可能性があります。

だから、ベーシックインカムがおこなうことは、うまくいけば、一部の人々のために重要な追加を提供することです。

 Q:プロジェクトについて私たちが知らないことは何ですか?

 A:町のホールは、実際にそれを運営している地方の役人の話を聞く機会です。ハミルトニアンは、プロジェクトがどのように展開され、人々がどのように選抜されるのかについていくつか質問をすることができます。私たちはそれが無作為に行われることであり、人々は郵便で、参加するための招待状を受け取ることを知りましょう。 しかし、まだそれ以上の詳細はほとんど持っておりません。

 Q:このプロジェクトがハミルトンにとってどういう意味があると思いますか?

 A:最大1,000人です。多くの人にとって、貧困は依然として大きな課題であることがわかります。 地方の社会援助プログラム、オンタリオワークスやODSPに頼っている約5万人の人々がいるので、残念ながら、ハミルトンがサイトの1つに選ばれたとしても、50人に1人しか参加する機会がありません。

.ある意味では、それは私が推測するに少しは宝くじのようなものです。 私たちが社会政策の発展を望む方法ではないかもしれないが、最終的にはこれはちょっとした実験であると認識すべきでしょう。その地域がベーシックインカムのアウトカムがどうなるのかをテストしているのです。

我々は、結果が、より良い収入を得て、収入を再配分した結果、人々が大幅に改善されていることを示していることは確信しています。

.私たちは個人的なレベルから、人々はそれらの利点を見ると思います。 らは手頃な価格の住宅に滞在することができるでしょう、彼らは経済的理由から追い出されることはないでしょう。彼らはたぶん食糧銀行に行くことをやめることができます – 彼らはより健康に暮らせるでしょう。

 Q:あなたの行事で予定されていることを教えていただけますか?

A: It’s . A: 中央図書館では月曜日の夜です。 午後7時頃から午後9時頃までそれを開催しています。ハミルトンの市民にとっては、プロジェクトについてもう少し詳しくお聞きになり、ご説明しようとしている地方の役人の話を聞き、そして質問をする絶好の機会になります。

 

 

 

オンタリオ州、カナダ:政府が最低収入パイロットの詳細を発表

 

2017年4月25日 ケイト・マクファーランドの ニュース

  オンタリオ州知事のキャスリーン・ウィン氏は、2017424日(月曜日)に地域、時期及びその研究の概要を含む最低所得保証に関するパイロット研究の詳細について、待望の発表を行いました。

 オンタリオ州政府は、ハミルトン市(オンタリオ州南東部、人口537,000人)、サンダーベイ(オンタリオ州北西部、人口約108,000人)、リンジー島(オンタリオ州南東部、約20,000人 )の3地区での最低所得保証の3年間の試行の準備をしています。

 4月24日に発行されたプレスリリースによれば、18歳から64歳までの4,000人が研究に参加することになります。  Wynneによると、参加は任意であるが、参加者の選択に関するその他の詳細は現在利用できます。いくつかの最初の推測とは対照的に、研究には人口集中地域は含まれていないようです。

研究の参加者は、管理グループまたは治療グループのいずれかに割り当てられる。治療グループの人は、現金で支払われる以下の給付を受ける資格があります:

 

  • 1人の独身当たり年間最大16,989ドル(148万円)まで(給付額の全所得の50%を減額された金額で)。
  •  1夫婦当たり年間年間最大$ 24,027まで(給付額の全所得の50%を減額された金額で)。
  •  障害のある人のために年間最大6,000ドル追加額。

オンタリオ州政府を含む、一般的に「ベーシック・インカム・パイロット」と呼ばれていますが、テストされる計画には 、BIENで定義されている「基本所得」 との大きな違いがあり ます。  第一に、移転額は家計の構成とは無関係ではありません。カップルは2人の個人よりも少ない金額を受け取ることになります。  さらに、移転金額は平均額にもかかわらず一定ではなく、収入所得によって減少します。

 しかし、その仕組みは、給付の受領が、あらゆるタイプの参加や就労の必要性(例えば、受給者は自分が働いているか、仕事を探しているかを証明する必要はない)を条件としていませんし、受取人が受け取った金額をどのように費やすかということでの制限がないことで、重要な点で、ベーシックインカムと同じです。

 

オンタリオ州政府が、州がハミルトン、サンダーベイ、リンゼイと提携してそのパイロットが「公平で効果的で科学的に有効である」ことを保証すると述べていることから、正確な調査の詳細が分かるでしょう。新聞発表は、追加しています。 :「”調査を評価する第三者研究コンソーシアムはまもなく発表される予定です。 同州は、パイロットが最高の誠実さ、厳格さ、倫理基準で確実に遂行されるように、研究と評価の専門家との諮問グループを結成する予定です。」

 

試行は、春の終わりにはハミルトンとサンダーベイで、秋にはリンゼイで始まります。

 オンタリオ州の保証所得のパイロット研究計画 は、予算で「ベーシックインカムパイロット」に 資金を供給する計画を発表した2016年2月以来、ベーシックインカムコミュニティにおける議論のテーマとなっています。  元カナダの上院議員であったプロジェクト・アドバイザーのヒュー・シーガル(Hugh Segal)は、 2016年11月にパイロットの設計に関する議論の焦点となる「オンタリオ州の基本的な収入パイロット・プロジェクト」を発表しました。すべての被験者が一様な金額の現金補助金を受け取る「デモグラント」(通常は「基本所得」と呼ばれる)よりもむしろ負の所得税の形を取る可能性が高い。 大規模なディスカッションペーパーのリリース後、州政府は一連の公開の協議を行い、 その結果は 2017年3月 に発表されました。

 

 現在、オンタリオ州は ケベック州 や プリンスエドワード島 などの他の州の政府もかなりの関心を示していますが、保証された最低所得の試行を行う予定のカナダの唯一の地域である 。

 

 

州政府のニュースリリース

より多くの人々に先取りして前向きな機会を与える

サンダーベイ、ハミルトン、リンゼイでオンタリオ州の基本的な収入パイロットを開始

April 24, 2017 9:15 AM 2017年4月24日9時15分

州政府

オンタリオ州は、基本所得が脆弱な労働者をより良く支援し、低所得者の健康と教育の成果を向上させ、オンタリオ州の経済成長を誰もが共有できるようにするパイロットプロジェクトを開始します。

キャサリン・ウィン(Kathleen Wynne)知事は今日、ハミルトンのリウナ(LiuNA)駅でオンタリオ州基礎収入パイロット(OBIP)プロジェクトの詳細を発表した。  3年間の調査では、基礎収入が低所得者の生活の機会と仕事の見通しをどのように拡大し、その家族とその家族の安全を確保することができるかが検証されます。

オンタリオ州の経済は比較的強い立場にありますが、州内の多くの人々は日々の生活の中でその成長を感じていません。 人々は、生計費の上昇に追いつくために苦労しており、雇用の安全や便益はほとんどなく「不安定な雇用」に直面しています。このパイロットは、ベーシックインカムがそのギャップを埋めることができるかどうかを研究し、人々に潜在的な利益をもたらすために必要なセキュリティと機会を人々に提供します。

 3つの地域が研究に参加します。 パイロットはBrantfordとBrant Countyを含むHamiltonの晩春に始まります。サンダーベイとその周辺地域にあります。 3回目のパイロットはリンゼイで今秋に開始されます。

:オンタリオ州が開発したベーシックインカムモデルは、資格のある参加者が以下を受け取れるようにします

  • 1人の場合年間最大$ 16,989、所得の50%未満
  • 夫婦で年間最大$ 24,027、所得の50%以下
  • 障害のある人のために年間最大6,000ドル。

基本的所得は、人々が就労を開始したり継続したり、教育を進めることを支援します。パイロットの参加者は、ベーシックインカムと彼らが働いて所得の半分を組み合わせることによって、彼らの総収入を増やすことができます。

.このパイロットを通じて、雇用によって基本所得額を下回る人々は、住宅や食糧などの基本的なニーズをより良くするために定期的な支払いを受けることになります。3つのテスト地域では、18歳から64歳の間に基本所得を受け取る資格のある4,000人の参加者がホストされます。春の終わりまでに、これらの地域の人々はパイロットに関する情報と参加方法を受け取り始めます。 州はこれらのコミュニティおよび他の専門家と提携して、オンタリオ州の基本的所得パイロットが公正で効果的で科学的に有効であることを確認します。

オンタリオ州はまた、First Nationsパートナーと共同で設計された、別々の、並行したFirst Nations Basic Income Pilotの計画の初期段階にあります。

ベーシックインカムへのアプローチは、状況にかかわらず誰も落ちることのできない階を提供する所得サポートを提供する簡素な方法です。 このデザインは、11月に報告書を送付したヒュー・シーガル・ベーシック・インカム・スペシャル・アドバイザーからのアドバイスに基づいています。私たちの州全体の協議中に聞いた何千人もの人々や組織からも情報が提供されました。

誰もが潜在能力に到達する機会を確保することは、雇用を創出し、経済を成長させ、人々の日常生活を支援する私たちの計画の一部です。

概要

  • オンタリオ州は、フィンランド、ケニア、オランダなど、ベーシックインカムプログラムを開始した、または考えている多くの場所の1つです。
  • オンタリオ州の基本的所得パイロットに適格な人は、基本的な収入を受け取るか、それを受け取っていないコントロールグループの一員になるようにランダムに選択されます。
  • パイロットに入るオンタリオワークスによるサポートを受けている人は、オンタリオ州の薬品給付を引き続き受け取り、オンタリオ州の障害者支援プログラムの人々は、オンタリオ州の薬品給付と歯科給付を引き続き受けます。
  • アルバイトから1年に1万ドルを儲ける1人の個人は、基本所得で11,989ドル(16,989ドルから所得の50%=5千ドルを引いた金額)の追加収入を得て、21,989ドルの収入を得ます。
  • .調査を評価するサードパーティの研究コンソーシアムは、まもなく発表される予定です。 州は、パイロットが最高の誠実さ、厳格さ、倫理基準で確実に実施されるように、研究と評価の専門家との諮問グループを形成する。

 

 

参考1

 

基礎収入実験の目的と実施(フィンランドの社会保険機関Kela)

基礎収入実験の目的

基本所得は、すべての市民が経費に対して定期的かつ無条件の金額を受け取る社会保障の一形態です。これは、財政援助を求める仕事の量を減らし、働くことや就職を求めるなどの他の活動のための時間と資源を解放することを目的としています。

フィンランドは、2017-2018年に基本所得をテストする実験を行います。この実験は、フィンランドの社会保険機関Kelaによって実施されます。

基本的所得の実験は、以下の質問に対する答えを求めている:

  • 社会保障制度は、仕事の変化する性質にどのように対処するために再設計されるのだろうか?
  • 積極的な参加を促し、人々に働きかけを促すような形で社会保障制度を改革できるか?
  • 官僚主義を減らし、複雑な福利厚生制度を簡略化できるか?

基礎収入実験の実施

実験の性質上、フィンランドの市民はすべて基本給を支払うわけではありません。 研究集団は、2016年12月に無作為に選ばれた2,000人で構成されます。

 

彼らは2年間(2017年1月1日から2018年12月31日まで)の基本給を支払われます。月額560ユーロに設定され、基本所得は無条件で、手段テストなしで支払われます。 受信者は自動的に1か月に1回入手します。

実験の影響を検討する

.研究集団を対照群と比較する基本的収入実験についてフォローアップ研究を行う。 対照群は、研究集団に選択されていない全ての人を含む。 .彼らは基本的な収入を支払われません。

この調査の目的は、基本所得の影響を調べることです。 調査されたトピックの1つは、受給者と基本所得を受けていない人の雇用率に差があるかどうかです。

 

概要; 基礎収入試験の第1段階2017-2018

  • 目的:基本的所得の影響を、参加者の雇用状況とより一般的に調べること。
  • 基本所得の水準:月額560ユーロ(128円)=7,2万円(年間86万円)、免税
  • 対象グループ:フィンランドの25歳から58歳の居住者で、2016年11月現在の基本失業手当または労働市場の補助金を払っている。サンプル:対象グループから無作為に2,000人が選択されます。 偏った結果を生み出さないために参加することが義務付けられています。残りのターゲットグループはコントロールとして機能します。

 

出典: https://translate.googleusercontent.com/translate_c? depth=1&hl=ja&prev=search&rurl=translate.google.co.jp&sl=en&sp=nmt4&u=http://www.kela.fi/web/en/basic-income-objectives-and-implementation&usg=ALkJrhidLU37s7D0ZScS3agTBQk4saJkDQ

                          以上

 

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top