アメリカにおける勤労所得税額控除ついて、IRSによる簡易の悉皆調査を議会が提案

アメリカにおける勤労所得税額控除ついて、IRSによる簡易の悉皆調査を議会が提案

アメリカのEITC は、低所得の勤労世帯の就労を促しつつ所得再配分効果を高めることを目的とする税額控除制度であり、就労し所得があることが一つの要件になっており、これにより貧 困世帯の就労を促進する効果が期待されています。しかし、アメリカの給付付き同制度での不正還付は、その手助けをする、悪質な申告書作成業者の管理等で、長年IRS (内国歳入庁)を悩ませてきました。1件当たりの増差所得があまり大きなものではないこれらの案件にあまり過大な事務量を投入ことは、徴税コストの削減と、行政の効率化、納税者の権利の保護等の観点から、IRSに対する厳しい注文が議会等から強くなり、近年の、事務量の増加の中での予算削減等が騒がれてきたところです。

そのような中で、ワシントンポストのサイトに、2017年9月11日付で掲載された記事で、IRS(内国歳入庁)の業務に影響を与える議会のおかしな提案を問題ありと指摘しているので、その記事が参考としたと思われるシンクタンクのレポートと共に紹介するものです。

 

この気の利いた共和党のトリックは、貧困層を罰し、- 同時に赤字を増やします!

この記事のライターCatherine Rampellは、The Washington Postのコラムニストです。

 

2017年9月11日

共和党員たちが非クリエイティブであると非難することでは決してありません。 又や、彼らは貧困層を罰し、同時に財政赤字を増やす革新的な方法を見つけしました – すべて1つのすばらしいトリックによってです!

この印象的な2人分のチケットを引き離すために、彼らは、すべてのアメリカ人が払い戻しを受ける前に、ミニ監査の一種を通じて、勤労所得控除(EITC)の申請をさせます。 これは、貧困層に大きな負担をかけることになり、希少な内国歳入庁の予算を、投資収益率をはるかに上回るものにするであろう大企業などの調査をすることから遠ざけてしまうでしょう。

よく理解できない人のために、EITCは、基本的に、働くことからより大きな報酬を得るために、税金の還付によって低・中所得者の給料を上げる方法なのです。

 

EITCは経済的にも政治的にも優れた実績を持っています。 多くの研究が、例えば、それが労働への参加を増加させることを発見しています。 1975年に導入されて以来、貧困撲滅活動と労働促進活動の両面の目的を持っていることから、それはまた超党派的支持を受けています。 共和党と民主党の両大統領は、主要なEITCの拡大を監督していきています。

しかし、罪のないミスと徹底的な詐欺の組み合わせにより、一部のEITCのお金は誤って支払われます。 そして、2015年に議会はプログラムの完全性を向上させるために超党派の法律を制定しました。 今年実施された改正には、EITC払い戻しの発行を数週間遅らしたことを含んでおり、IRSはW-2や1099などの基本書類を税務申告者の所得と照合することができます。

 

IRSは、これらの改正の完全な効果をまだ分析していませんが、初期の数字は有望です。

しかし、完全な結果が出る前に、下院共和党員は、はるかに劇的なことをすることに決めました。

今後数週間のうちに、下院は2018年度予算決議案に賛成する見通しだ。これは減税の道を開くための手続きです。 もちろん、それはかなりの報道を受けています。 公表されていないのは、予算決議の委員会の報告書での厄介な言葉であり、給付金が支払われる前にすべての所得の検証を要求することによって、「不適切な」EITCの支払いが減少することを提案しているのです。

 

言葉は曖昧ですが、還付を行う前に、IRSに “Form W-2、Form 1099、ビジネスライセンスまたは登録、および関連する請求書の見直しを通じて所得を完全に確認する”ことを要求しているHeritage Foundationの提案を参照しているようです。 そうです、ミニ監査。

予算と政策の優先事項に関するセンターの報告書に記されているように、2,800万人のEITC申請者のミニ監査を実施することは、納税申告者とIRSの両方にとって驚くほど面倒な作業となります。

その多くが、複数の雇用とパートタイム「一過性の・エコノミー」の地位を通しての急ごしらえの生活をしている低所得層の労働者には多大な行政上の負担を強いるでしょう。

共和党が税の簡素化に苦労しているときに、これは税の申告の準備を無限に複雑にするでしょう。 勿論、最終の目的は、貧しい人々が最初にEITCに応募するのを妨げることなのでしょうが。

還付申請にこだわる人たちにとってさえ、EITCの支払いが数ヶ月遅れる可能性があり、大きな苦難を招いています。 受取人の大部分は、その還付金の小切手を、借金の返済のほか、賃貸料、公益事業、住宅ローンの支払いおよびその他の必需品に使っているのです。

しかし、この提案は単なる残酷なこと以上のものです。 それは政府に多くのお金を使わせる可能性も高いのです。

共和党がIRSの予算を着実に削減していることを思い出してください。あなたが本当に「法と秩序」を信じる財政的保守主義者であれば、愚かなことです。IRSは、その予算として受け取るお金よりもはるかに大きなお金を、特に税金詐欺を追いかける仕事で、もたらしているのです。

IRSの予算を削減することは、もしあなたが、税務当局に、より多くの富をもたらすものを含む、他の調査活動を押しのける可能性のある、新たな義務を与えるとしたら、特に愚かなことです。

大金持ちのOverclaim errors are often just a few hundred dollars, compared with the hundreds of thousands or even millions that can be recovered from deep-pocketed corporations and individuals.企業や個人から回収できる数十万、あるいは数百万の金額に比べて、過大還付請求の間違いは、ほんの数百ドルに過ぎません。

間違いなく、IRSはこれらのはした金のケースに既に多くの資源を投入しています。 EITCの調査は 、調査が課すこととなる追徴税のわずか7%を占めるにもかかわらず、個人所得税の全調査の約39%を占めています。

 

共和党が実際にEITCの税の不正行為を減らすことに関心があるとしたら、EITC詐欺の不均衡な分担に責任を負っているフライ・バイ・ナイト(信頼できない)の無免許の税の作成業者を規制するなど、彼らが行うことのできる、より効果的で思いやりのあることが存在します。 トランプとオバマの両政権は、これを行う当局に無駄なことをさせるよう議会に頼んだのです。

 

トランプ大統領は、アメリカが再び勝つのを手伝うと言いました。 彼は同僚の共和党員にこのなんだかわからない提案を破棄するよう説得することから始めることができるのです。

出典:

https://www.washingtonpost.com/opinions/this-nifty-gop-trick-will-punish-the-poor-and-increase-the-deficit–at-the-same-time/2017/09/11/6d6c5e6e-972e-11e7-82e4-f1076f6d6152_story.html?utm_term=.6c9b16fbdabe

 

参考;  

この記事は、非党派の研究・政策研究機関で、貧困と不平等を軽減し、公平で効果的な方法で財政的責任を回復するために設計された連邦政府と州の政策を追求し、予算や税務問題、そして低所得層の人々を助けるプログラムや政策に深い専門知識を適用して、議論を促し、よりよい政策成果を達成するのを助けている予算と政策優先度センター(CBPP)のサイトに2017年9月11日付で掲載されたものです。

 

すべてのEITC(給与所得控除)の申告者の所得を確認するようにとの下院予算委員会の提案は、還付を遅らせ、

行政コストを引き上げ、IRSの資源を転換させます

2017年9月11日

ロバートグリーンスタインとジョン・ウォンチェックによる

7月に下院予算委員会が承認した2018会計年度の予算案では、低所得世帯の何百万人に害を及ぼし、IRSが納税申告を処理する上で深刻な問題を引き起こす可能性のあるEITC(Earned Income Tax Credit)での大きな改正を求めています。IRSがすべてのEITC申告者の所得を確認するまで、EITCの支払いを予算は毎年遅らせるでしょう。議会がIRSの予算を急増しない限り、 これは、IRSが2800万の納税申告の所得情報を確実に確認するのに、毎年ほぼ確実に、数ヶ月の業務を必要とし、他の業務を実行するIRSの能力を妨害する大規模な仕事を引き受けさせることとなります。

IRSは、現在、税務申告が疑問視されることから、調査のために選択された申告者の所得を確認しています。新しい提案の下では、それは裕福な申告者のために残るだろう。しかし、EITCを申請するすべての 低所得申告者は、IRSが還付が間違っていると信じる理由があるかどうかにかかわらず、実質的に準監査の対象となります。IRSがこの非常に困難な課題を達成するまで、申請者へのEITC払い戻しは、潜在的に数ヶ月間保留されます。(以下に説明するように、EITCを申請している約700万人の中小企業オーナーやその他の自営業者にとって、この新しい検証プロセスに必要な所得文書を提供することは特に難しいことが判明する可能性があります)。

 

さらに、この提案は貯蓄を生むように設計されていますが、実際には純歳入の損失につながる可能性があります。IRSは、投資回収率が最も高い業務分野、すなわち、保護または回収された収益が投資された執行資源の1ドルあたり最大の分野に、その執行資源を向けることを目指しています。しかし、議会がインフレ調整後の2010年以降に18%の予算を削減し、2018年の下院調査法案がそれをさらに縮小することから、IRSはすでに過度の要求をされています。IRS予算の急激な増加がなければ、この提案は、2,800万人のEITCファイラー全員のミニ監査を実施するために、IRSが資源をシフトする必要がある他の調査活動を縮小し、高所得世帯や脱税疑いのある企業を対象とした調査やその他のコンプライアンス活動を大幅に削減することを求めています。しかし、EITCは、総課税ギャップのわずか3%から4%、個人所得税ギャップの4%から7%を補うだけです。さらに、EITCの監査は、IRSが実施する個人所得税調査の39%をすでに占めていますが、調査で追徴すると見込まれる追加税額のわずか7%にすぎません。

 

下院予算委員会の提案は、IRSが疑わしいEITC還付のより厳重な調査のために使用されている資源を、EITCを申請するすべての返還時の所得の根拠確認にシフトしなければならないとしたら、EITCの間違いさえも増やす可能性があります。それは、EITCに請求された子供たちの居住に関するEITCの誤り、またはEITCの主張の対象となっている税務申告者との関係が、EITCの最高払い戻しの最大の原因であり、IRSが解決するための所得の報告の誤りによる過大還付よりも費用がかさみもっと複雑であるからであります。IRSは現在、さらなる調査のために児童居住または関係エラーを有する可能性が高いEITC申請を選択するために詐称フィルタの配列を使用しています。(IRSのEITC遵守努力は、これらのデータが入手可能な直近の年である2016年のEITC上訴で、57億ドルを回避または回収しました。しかし、IRSが、EITCを主張するすべての税申告の所得の検証を行うことが必要とされている場合は、そのほぼ確実に、実質的に疑問のある居住や関係情報でのEITCの還付請求の範囲の調査のためのリソースを削減するため、EITCのネットの過払いの増加につながる可能性があります。

 

その結果、提案は 、低所得世帯に課された新たな負担と官僚的形式主義によって、相当数の適格家族がEITCを主張することを阻止しない限り(または監査プロセス中にその一部を諦めるように導いた場合)、歳入を失う可能性があります。あまりにもありうる可能性。しかし、納税者の負担を増やし、正当な適格勤労者世帯が適格税額控除を請求することを阻止することは、妥当な税制上の政策ではありません。

 

この提案はまた、EITCの管理コストを大幅に増加させるでしょう。IRSが指摘しているように、EITCの行政費用は、税金給付とは対照的に、提供される給付の1%未満であり、適格性の決定に関連する行政コストはプログラム支出のかなり高い割合を構成します。IRSの納税者支援局のニーナ・オルソンは、もし、IRSが、給付の同等のシェアに、EITC検証に費やす金額を増やすこととなれば、大幅な行政コストの追加となるために、純貯蓄の可能性はほとんど、あるいはまったくないとみていました。

 

さらに、EITC払い戻しを数カ月間延期することは、多くの低所得家庭にとって高額の費用を負担させることになります。調査によれば、多くの貧困家庭では、毎年EITCが到着したときに、基本的な世帯経費の請求書に追いついて支払いをしています。2015年にEITC申告者を調査したところ、80%がEITCの還付金を、ユーティリティまたは賃貸住宅ローンまたは住宅ローン請求書またはクレジットカード債務の支払いに使用し、およそ半額の高利貸しのペイデイローンを支払うことが判明しました。申告者の過半数が1か月以内に払い戻しのほとんどまたはすべてを費やした。特に、他の研究は、EITCが賃貸契約の解約を避けるために滞納している多くの人を救済し、EITC払い戻しが到着したときに退去率が大幅に低下することを示している。

EITCを受け取るのに数ヶ月の遅れがあると、数百万人にものぼる低所得の労働者の家族にとっては相当な苦労を強いられるでしょう。そのような遅れは、ほとんど確実に、退去率の増加をもたらし、かなりの数の低所得の子供たちに害を及ぼします。これらの家族の大多数が最終的に彼らの収入を正直に報告していることが判明したにもかかわらず、遅れはる多くの低賃金労働者家族を金融危機に置くだろう。この問題は、以下に述べるように、中小企業やその他の自営業ファイラーにとって特に深刻なものとなりうる。

 

この提案はまた、2015年後半に制定されたEITCの誤謬や詐欺に対処するための規定を無視しているようで、オリン・ハッチ上院財務委員会委員長は「20年近くの間に税金コードの廃棄物、詐欺、これらの措置には、EITC払い戻しを行う前の2月15日以降にEITC払い戻しを支給するまで数週間の遅れが含まれているため、IRSはW-2および1099票に基本的な文書照合を行うことができます。下院予算委員会は、2015年の措置(現在発効している)を待たずに、何ヶ月もの遅れが予想されるものを課すよう求めているパイロットテスト。対照的に、2003年から2005年にかけて、IRSはいくつかの場所でパイロットを実施して、EITC申立人に申請している子供の居住に関する書類を事前に提出する必要性をテストしました。パイロットの結果は、これがIRSコンプライアンスリソースを適切に使用するものではないことを示しました。

 

最後に、この提案は、IRSに、訓練されていないもしくは悪質な商業的な申告代理業者によるEITCの間違いを減らすための権限を与えるTrump Administrationの予算要求(オバマ政権の予算にも含まれています)を行うなど、EITCの過払いを減らすための、より費用対効果の高い他の方法を見過ごしています。

商業的な作成者はEITCのすべての還付の60%近くを申告しており、IRSはEITCの過半数がそれらの申告で発生すると判断しています。数年前、IRSは、EITCのエラーが最も高い申請者のグループであるプロフェッショナルな資格情報が不足している申請者に、税務申告を準備するための認定資格試験に合格するよう、イニシアチブを開始しました。少数の有料作成者が、IRSがそれを実施するために必要な法的権限を欠いていたと主張し、裁判所でこのイニシアチブに挑戦しました。(多くの他の作成者がIRSイニシアチブを支持していた)2014年、連邦控訴裁判所は、訴訟を提起した作成者に有利な判決を下し、IRSは議会からこのエラー削減イニシアチブを実施する権限が必要になりました。トランプ大統領の予算はそのような権限を要求しています。

 

EITCファイルの払い戻しを遅らせる

新しい予算決議に伴って下院予算委員会議長のダイアン・ブラック議員が発表した議長証書は、雇用者の情報リターンや、 EITCの申請のその他の資料との照合をする前に、IRSにEITCの支払いを行わないよう要求しています。これは一連の問題を提起するだろう。

 

第一に、IRSはEITC遵守に費やされるリソースを大幅に増やす必要があります。議会の歳出を急増させなければ、IRSは、より高い収益を生み出すことが分かっている他の税務コンプライアンス活動から、相当な資金を借りなければならないだろう。IRSが疑わしいEITCクレームのより厳しい調査のために現在使用されているリソースを、EITCの各還付時の所得の照合にシフトさせなければならない場合、提案はEITCエラーをさらに高める可能性がある。

この提案はまた、IRS処理のバックログが長くなることが不可避になる可能性が非常に高いため、EITCの払い戻しを数ヶ月間遅らせる可能性がある。納税申告書の所得確認が完了するまで払い戻しが遅れることがあります。場合によっては、IRSは追加情報を要求することがあります。そして、雇用者の情報の還付を行うのに遅れていたり、間違っていたりした場合、ファイラーの払い戻しは無期限に延期される可能性があります。

過度の税金払い戻しの遅延は、貧困家庭にとって高額になる可能性があります。調査によると、多くの厳しい低所得労働者家族は、EITCを受けて毎年賃貸料、公益事業費またはその他の法案の払い戻しを受け、これらの債務を払うことが示されています。ハーバード学者のマシュー・デスモンド(Matthew Desmond)の賞を受賞した「Evicted(エビシテッド)」は、毎年冬に多数の退去を回避するEITC払い戻しの役割を文書化している。EITC受領の大幅な遅れは、これらの家族やその子供たちに有害な暴動やその他の行為の大幅な増加をもたらす可能性が高い。このような遅れはまた、償還が遅れている間にファイラーが本質的にEITCの一部を使用して高い金利を支払う、搾取的な「払い戻し予想貸付金」の返済につながる可能性がある。

これらの遅延は、IRSが今年実施を開始した新しいプログラム完全性尺度に起因する遅延の上に来るでしょう。2015年後半に制定されたBipartisan税法は、税金払い戻しを発行する前にIRSが2つのステップを踏むことを認めています。まずIRSは、申告者が納税申告書で提供する所得情報が、申告者とその雇用主が提供するW-2の所得情報と一致するかどうかを確認することができます。第2に、EITCの払い戻し請求は2月15日まで延期されなければならないため、W-2sとのマッチングは税務年度の早期に提出された返品に発生する可能性があります。(IRSは2月15日以降に提出された返品についてもこのマッチングを実施しています。)IRSは今年、この新しい手続きを開始しました。

議会の共和党指導者は両方の措置を強く支持した。オリン・ハッチ上院財務委員会委員長は、 不適切な支払いを減らすために、これらのクレジットに関するプログラムの健全性を向上させるための重要な条項を含めること、そして民主党が合意したこと-を要求した。事実、この法案のプログラム完全性規定は、20年近くの間に税コードの廃棄物、詐欺、虐待に対処する最も強力な改善となるでしょう。

 

IRSは、EITCを申請した申請者またはチャイルド税額控除の払い戻し可能なコンポーネントに対する払い戻し額が、この冬のためこの冬に延期されたことを報告しています。   さらに、GAO(Government Accountability Office)は、2017年2月末までに提出された納税申告のID盗難詐欺が2016年提出シーズンの同じ部分よりも51%少なく、新しい照合手順が明らかに寄与した。 全体として、新しいマッチング手続きにより、IRSは、それ以外の場合に支払うであろう836百万ドルの払い戻しを停止することができた。

 

IRSは、今年の経験に続いて、エラーおよびIRSリソースへの影響を含む、新しい要件の影響を評価することが期待されています。今年の冬に実施された数週間遅延政策の影響を評価する前に、所得確認要件を大幅に拡大し、払い戻しの遅延を大幅に延ばすことは、健全な政策ではありません。

 

予算委員会の提案は、コンピュータ化され、数週間以内の遅延で達成できる新しいW-2マッチングプロセスよりもはるかに長い遅延を生み出すだろう。対照的に、EITCを主張するすべての所得に関するすべての所得情報を調べると、監査を実施するためのプロセスと同様のプロセスが必要になる可能性があります。

提案は、低所得の労働者だけでなく、企業にも悪影響を及ぼす可能性がある。GAOの報告によると、財務省とIRSは、今年の払い戻しを数週間延期しても、地域経済に影響を及ぼし、毎年冬に申告者が払い戻しを受け取ったときの購買に依存する低所得コミュニティの小売業者に問題を提起する可能性がある。 Goldman-Sachsも同様の観察を行った。

 

中小企業オーナーやその他の自営業者のために拡大された問題

提案された新しい検証手続きに関連する問題は、所得確認がかなり複雑な中小企業の所有者を含む自営業者にとっては拡大されるでしょう。

IRSは、自営業ファイラーと事業所得を得ている所得を検証するために、申告者が税金申告書で報告する純所得を調べる必要があります。その総事業所得から事業費を差し引いたものです。スケジュールC、 EITCの払い戻しを発行する前に、IRSがそのような収入をすべて確認することを義務付けることは、煩雑な一連の煩雑な書類の必要条件を辿るためには、自営業労働者と中小所得の小規模事業主が必要です。彼らは、納税申告書を含む多くの文書を含める必要があります。自己雇用や事業所得の高所得者(税率違反率が非常に高い集団)は、供給しなければならない。(また、電子税申告書に別々の書類を添付することは一般的に困難であり、EITC申告の90%以上が電子的に提出されているため、より多くの申告者がより遅く正確ではないペーパーリターンに移行する可能性があり、 IRSはこれらの書類を確認し、その納税申告書ごとに確認し、約700万人のEITC申告者の自己雇用または事業所得による準監査を効果的に実施する必要があります。

 

これは、 “ギグ”経済の出現と伝統的な雇用者と従業員の関係以外に雇用されている労働者の増加を考慮すると、自営業者と中小企業の大規模かつ拡大しているファイラーに影響を及ぼします。 自営業者や中小企業の人々の非常にかなりの数は、EITC範囲に置くささやかな収入を持っています。より多くの中小企業のオーナーは、EITCを所得税控除上限よりも多く受け取ります。

これらの懸念に加えて、多くの低所得の自営業労働者は、彼らを従業させる者によって「独立した請負業者」として指定されているが、これらの労働者を雇用する団体や個人は、1099などの支払い文書を提供しないことが多い。 $ 600未満の支払いのために提供する必要はありません。

 

IRSの監査では、自営業ファイラーは、自営業からの純収入を記録するために、ビジネス収入と経費のログを提示するよう求められます。これはファイラーとIRSの両方にとって非常に労働集約的な取り組みであり、監査には適していますが、大量の税務申告処理には適していません。自営業者および中小企業のファイラーには、納税申告書に収入または費用書類(1099を含む)を添付するよう求められていません。

 

より効果的でない用途へのIRSの資源の転換

この提案は、IRSのリソースを、より大きな価値を持つコンプライアンスの取り組みからはぎとることを必要とするでしょう。財務省は、IRSの税務コンプライアンス活動に費やされた1ドルは、6ドルの追加の税収を生み出すと推定しています。IRSに、既存のコンプライアンス活動からリソースを切り替えることを要求する新たなコンプライアンス命令は、 投資収益率が少なくともそれより高くなければ、お金を失うこととなります。EITCの申請の簡易調査は、次の2つの理由により、その障害をクリアする可能性はほとんどありません。

  問題となっている金額は比較的少ない。平均EITC請求は2,482ドルであり、過大請求の誤りは多くの場合数百ドルです。これとは対照的に、数万または    数十万、数百万㌦の単位でさえ、多くの場合、問題になっているのは、非常に大きな所得の、もしくは大きな利益の法人の申告者からの疑問ある申告書の調査です。 

・  議会の圧力に応えて、IRSはすでにEITCの申告書を、他の申告書よりもずっと高い割合で調査しています。

この提案は、このように、煩わしい新たな要求が、正直な自営業の労働者やその他の低所得労働者がEITCを申請することをまずもって阻止し、提供されるはずのその所得を支援する小切手を彼らから奪うのでなければ、連邦政府の資金を犠牲にする可能性が高いのです。

 

https://www.cbpp.org/research/federal-tax/house-budget-committee-proposal-to-verify-incomes-of-all-eitc-filers-would

 

                                     以上

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top