トランプ大統領は、コスキネンIRS長官の後任候補としてカウター財務相補佐官を指名

トランプ大統領は、コスキネンIRS長官の後任候補としてカウター財務相補佐官を指名

ドナルド・トランプ大統領は、26日木曜日、デビッド・カウター財務省財務相補佐官を内国歳入庁の長官に指名する意向を明らかにした。

 

Kautterは、以前は会計事務所のRSM USとErnst&Youngに勤務し、8月の財務省での補佐官就任の際に地位の確証手続きをクリアしています。

Dave Kautterは米国財務省の税務政策担当補佐官として、Top 5 Firm RSM USのWashington Tax Tax Practiceのパートナーを務めています。

ドナルド・トランプ大統領は5月10日にKautterの名を冠した(「トランプはRSMのDavid Kautterを推薦する」を参照)。彼の指名は7月20日に上院財政委員会から26-0の全会一致で採択された。彼は木曜日、上院の夏休みの直前に、政権の他の重要な財務大臣の数と一緒に確認された。

コスキネンの任期が11月12日に終わると、彼はジョン・コスキネンの後を継ぎ、その指名は11月13日に発効する。

 

スティーブン・ミンチン財務長官は、Kautterを称賛する声明を発表した。「私はデイビッド・カーターをIRSの委員長に就任させることを楽しみにしている。のコミッショナーを確認するのを待っている間に、デビットは重要な指導力を発揮するでしょう。カウター補佐官は40年にわたる税制面でのキャリアを有しており、IRSと米国の人々は彼の経験と洞察から利益を得ると確信しています。」

 

彼がトランプ政権に加わるまで、KautterはRSM USのワシントン国税業務のパートナーであった。2014年にRSMに入社する前は、Kogod Tax Centerのマネージングディレクター、American UniversityのKogod School of Businessで執行役員を務めました。その前に、彼はBig Fourの会社でErnst&Youngに30年以上勤め、13年以上にわたって国税課長を務めていました。彼はまた税法の弁護士として議会議事堂で働いた。

 

コスキネンは先週の記者会見で、後継者が誰であるかについて尋ねられ、セキュリティ保護のために審査された人物でなければならないと指摘して、次のように答えていました。

「私がどれくらいの期間生き延びるかという問題がありましたが、昨年の12月に始まったことを常に維持していた。本当の疑問は、審査プロセスと確認プロセスを通じてそれらを得るのに十分な時間を見つけることだった」とコスキネン氏。「私は、これについて大いに心配しており、これに取り組んでいるミンチン財務長官と何度も話し合いました。後継者を見つけることに政権が本当に重点を置いています。トップシークレットセキュリティクリアランスを取得し税金を監査するために、バックグラウンドチェックとセキュリティチェックが約6週間かかるため、誰かがすでにそのプロセスに参加している可能性は非常に高いです。彼らがそれらをすべて終えるまで、あなたはそれらを発表することはできません。」

 

Kautterは、上院の財務長官補佐として確認される前に審査されたので、必要な安全性を確保しているはずです。彼は代理長官として務めている間、財務長官補佐としての職務を引き続き実行します。Kirsten Wielobob副長官とJeff Tribiano副長官はIRSの役職に就いていますが、コスキネン長官が残りの任期を終えた後に代理長官に就任する際にKautterに報告することとなります。

政治献金がらみの、共和党極右のテイーパーテイとの訴訟等にふりまわされ、議会による歳入庁の予算の削減圧力と戦ったコスキネン長官の、最後のご奉仕は、納税者の身分の盗用の防止策になりそうです。ご苦労様です。後任の長官の経験の豊富さは、IRSの復活にも役立つこと間違いないようです。

                               フレーフレーIRS‼

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top