パラダイスペーパーの衝撃

パラダイス・ペーパーの衝撃

はじめに;

11月上旬、世界に衝撃が走った。アメリカのウィルバー・ロス商務長官による新たなロシア疑惑、F1界のスーパースター、ルイス・ハミルトンによる巨額の税逃れの疑惑。世界各国の指導者や富裕層が、不透明な資産運用や税逃れを行っている実態が浮かび上がってきたのだ。きっかけとなったのは、「パラダイスペーパー」と名付けられた文書。バミューダ諸島の法律事務所などから流出した膨大な内部資料で、去年「パナマ文書」報道を手がけたICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)が新たに入手した。

パナマ文書の衝撃から1年半あまり。新たな秘密が再び、世界で一斉に報じられた。「パラダイスペーパー」。世界67カ国の記者たちが加わる国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)はこの1年、文書をもとに取材を重ね、タックスヘイブン(租税回避地)に隠された事実に迫ってきた。

 昨年のパナマ論文は、2.6TBとサイズが大きかったのに対して、パラダイスペーパーは 1.4TBでした。しかしパラダイス論文に記載されている情報の規模や、その難解さは、これまでには見られなかったほど、洗練されており、解読は困難を極めたと、ICIJの調査担当者は語っているようだ。それだけ隠匿性の高いサービスを提供していたことがうかがえます。

 ここでは、英国BBCのサイトの記事を翻訳しています。調査に従事した記者たちが、320名を超え、うち日本の記者が19人(パナマの時は3名)を大幅に増えています。今後どのような企業、個人の金額等が明らかになるか世界中が注目しているようだ。それらの記事を読む上での基礎知識として、この3つの記事をご覧いただければ幸いです。

 税を考える週間に、脱税や租税回避に関する記事は、あまり好ましいものではありませんが、税の正義のための努力が世界中で行われていることを理解することも重要です。

ではどうぞ・・・。

 

パラダイス・ペーパー(その1): 漏洩についてのハイライト

  • 2017年11月10日

メディアキャプションParadise Papers:オフショア現金を隠す方法

 

パラダイス・ペーパーとは何ですか?

パラダイスの論文は、オフショア金融の世界の頂端部に光を投げる財務書類の巨大なリークです。

政治家、多国籍企業、有名人、高額所得者が複雑な構造を使って現金をより高い税金から守る方法を一週間に渡って明らかにするストーリーが数多く現れています。

昨年のパナマ・ペーパーの漏洩と同様に、この文書は、調査を監督するために国際調査院(ICIJ)のコンソーシアムに助けを求めたドイツの新聞SüddeutscheZeitungによって入手されました。BBCパノラマとガーディアンは、論文を調査しているほぼ100のメディアグループの1つです。

Paradise Papersの名前は、主な会社Applebyの本部であるBermuda、を含む、業務内容が明らかにされたオフショアの管轄区域の多くの牧歌的なプロフィールのために選ばれました。それはまた、タックスヘイブン – 金融の天国のためのフランスの言葉とうまく適合します。そしてやはり、マン島は大きな役割を果たします。

 

誰が暴露されていますか?

何百人もの政治家、多国籍企業、有名人、高額資産家の財政問題が明らかになりました。同紙はまた、法律事務所、金融機関、セクターで働く会計士、そしてオフショア税制を採用して資金を集める管轄区域にも光を当てています。これまでに明らかになっているのは以下の通りです:

 

    チャールズ皇太子は、彼が推進していることにオフショアの金融上の利害関係を持っている自分のプライベート不動産を開示せずに、気候変動協定を変更するキャンペーンをしていました

                Appleはジャージー島のChannel Islandを使用して低税制を保護しています

                フォーミュラ1チャンピオンのルイス・ハミルトンは、1650万ポンドの贅沢なジェットに税金をかけられることなく、とペーパーは示唆

                女王の私有財産は、無責任な貸し出しで告訴されたチェーン、BrightHouseの背後にある会社に少額を含めて約10百万ポンドを拠出した

                ドナルド・トランプ大統領の最高幹部職員の一人が、主要パートナーに、ウラジミールプーチン大統領の義理の息子が所有するロシアの会社を含んでいる企業に財政的な

関与を続けていました

                アフガニスタンのアンゴラ国家の石油資源を管理する起業家はわずか20ヶ月で4100万ドル以上を支払った

                U2スターボノが部分的に所有しているリトアニアのショッピングモールは、潜在的な脱税について調査中です

                ヒットしたBBCシッコムの3人のスター、ブラウン夫人のボーイズは、2百万ポンド以上をオフショア税回避スキームに向けられました

                世界最大の企業の1つは、以前に腐敗の告発を受けたビジネスマンに$ 45mを貸し出し、コンゴ民主共和国の鉱業権の交渉を依頼しました

                マン島は、脱税者をを助ける法律を可決したことを、文書が示しています

                カナダの首相の主要補佐官は、税金が何百万ドルもかかるオフショア・スキームと関連しており、ジャスティン・トルドーを当惑させています

     元保守党の副会長で重要な援助を受けたアシュクロフト卿は、オフショア投資の管理の仕方を巡ってのルールを侵しているかもしれない。他の文書は、彼が英国の居住者

になっていたと主張するにもかかわらず、上院にいる間、彼の非居住の税ステータスを保持していたことを示唆しています。

                誰がエバートンFCを制御しているかについての疑問はどのように提起されたのか

                クレムリンとの密接なリンクを持つオリガルは、ロシアの現金でのマネーロンダリング防止チェックを担当する会社の秘密を密かに取得している可能性があります

                英国の会社が実際に税金を節約するためにどのように租税回避法を利用したか

                英国の大富豪は、オフショア企業に資産を売却するだけで、その企業の投資顧問になれば税金を回避できます

                プライベートエクイティ企業ブラックストーンは、グラスゴーとロンドンの不動産取引に関する英国での何千万ポンドもの税を回避しました

                億万長者Dermot Desmondの独占的な民間ジェット会社は、税金を回避するためにオフショアのタックスヘイブンを使用しました

 

これは決してすべてではありません。今後数日間でさらに多くのものが出てくるでしょう。

 

パラダイス・ペーパーはどこから来たのですか?

1,400GB以上のデータがあり、約1,340万のドキュメントを含んでいます。オフショア法的サービスプロバイダーのApplebyと企業サービスプロバイダーのEstera から約680万人が集まっています。この2社は、エステラが2016年に独立するまで、Applebyの名前で共同運営されていました。さらに6つの文書はカリブ海諸国の19の管轄区域の法人登記所からのものです。シンガポールに本拠を置く国際的な信託および企業のサービスプロバイダーであるAsiaciti Trustは、より少ない金額を提供しています。漏洩されたデータは、1950年から2016年までの70年間を網羅しています。

 

Applebyとは何ですか?

法律事務所は、法人、金融機関、および高額所得者を対象に、オフショア管轄地域の企業を設立および登録するのに役立ちます。

バミューダに設立され、1890年代の起源を持ち、専門分野に携わる約10社の大手企業の中でも最も広く知られています。このリークは、米国がApplebyの顧客登録簿を支配していることを示しています。顧客には31,000以上の米国の住所があります。14,000を超える英国の住所と、バミューダには12,000を超える住所がありました。

 

Appleby と何ですか?

今回のリークの中心の会社です。

構成員

人数

事務員 

470

弁護士等

200

パートナー

60

〇 企業、金融機関及び富裕者へのアドバイスを行う最大のオフショアの法律事務所の1つです。

〇 設置場所;マン島、ガーンジー島(イギリス海峡のシャネル諸島の第2の島)、ジャージー島、バミューダ島、英国領バージニア島、ケイマン島、上海、香港、セーシェル諸島、 モーリシャス諸島(インド洋南西部)

〇 125年以上の事業活動の沿革

  1890年代にバミューダにおいてスタート⇒ 合併と買収を通じて2016には世界中で事務所を開設

 

Applebyは誰ですか?

誰がパラダイス論文を漏らしたのですか?

2016年のパナマ論文と同様に、ドイツの新聞SüddeutscheZeitungも元の資料を入手し、この調査のための踏み台になった。パナマ論文の場合、公開されたリークの創始者は、公開されてから1ヵ月後にマニフェストを発行した。今回の簡単な声明は、「SüddeutscheZeitungは彼らの保護のために、一般的な方針として、その情報源についてコメントしていない」と述べている。

 

誰が漏れに取り組んでいますか?

パナマ論文と同様に、調査ジャーナリストの国際的なコンソーシアムがプロジェクトに取り組むことが求められました。BBCのフラッグシップパノラマプログラムに加え、ガーディアンやニューヨークタイムズなど、67カ国に約100のメディアパートナーが参加しています。

 

なぜ公共の利益になるのですか?

メディア関係者は、オフショアの世界からのデータ漏洩が何度も不正行為を行っているため、調査は公的な関心事であると述べています。この漏洩事件は世界中の何百もの調査につながり、政治家、閣僚、さらには首相まで就任を余儀なくされました。

 

なぜこのリークは違うのですか?

あなたがタックスヘイブンやオフショア金融センターにいる場合は、業界がそれを利用するのを好むので、$ 64m( 1950年代のクイズ番組のスキャンダルに巻き込まれた1955年から1958年までのアメリカのゲームショー放送です。$ 64,000のチャレンジ(1956-1958)がスピンオフ・ショーでした。)、またはおそらくより多くの質問があるでしょう。それは確かにある過去4年間における金融の文書の第五の主要なリークで、はい、昨年のパナマ論文は、2.6TBとサイズが大きかったのに対して- 1.4TBでした-しかしパラダイス論文に記載されている情報の規模や、それが世間に多くの英国に関連する洗練されたさかさまのオフショア取引を暴露の方法は、これまでにないものです。

 

パラダイスペーパーのリークはどれほど大きいのですか?

 

過去のリークとの比較

データの比較

パナマペーパー、2016年

2.6TB

パラダイスペーパー、2017年

1.4TB

オフショアリークス、2013年

260GB

バハマリークス、

38GB

ルクセンブルグリークス、2014年

4.4GB

スイスリークス、2015年

3.3GB

ウィキリークスケーブルゲイト、2010年

1.7GB

     出典:ICIJのデータでBBCが作成。

ICIJのメンバージャーナリストを監督しているジェラール・ライル(Gerard Ryle)氏は、「このリークは重要なのはそれが都会の洗練された客向けものだからだ。人々は誰かを取る不正な選手だからモサック・フォンセカ・リークを却下するかもしれない。世界はまったくそうではありません。ここに金メッキされた会社があります。」

文書はパナマ論文よりも厳しいものでした。Ryle氏は、「彼らはさまざまなフォーマットで提供されており、解読には長い時間がかかりました。途中ですばらしい驚きがありましたが、はるかに困難なデータセットでした」

 

タックスヘイブンは正確に何ですか?

正確な定義を明確にするのは難しいです。税務上の避難所は、一般的にメディアで一般に使用される用語ですが、業界ではオフショア金融センター(OFC)という用語を使用します。それは本質的に、会社や個人が利益や資産に対する税金を引き下げるために使用する自国の規制の外にある財政上の管轄です。彼らは通常秘密で安定しています。彼らはしばしば小さな島でもあり、その多くは英国のクラウン依存地または海外領地ですが、排他的ではありません。スイス、アイルランド、オランダなどの国は同様の減税メカニズムを有しており、英国と米国はOFCの利用を促進するサービスを提供している国々です。

 

この文書は、主にオフショア法律事務所のApplebyからの漏洩文書の膨大な一群であり、政治家、有名人、企業の巨人、ビジネスリーダーの金融取引を明らかにする税務管轄の法人登記所と一緒になっている。

1340万件のレコードがドイツの新聞ズドゥトゥチェツァイトンに渡され、その後、国際調査院(ICIJ)のコンソーシアムと共有されました。パノラマは67カ国のガーディアンを含む約100の他のメディア組織を含む世界的な調査の一環としてBBCの研究をリードしてきました。BBCは情報源の身元を知りません。

パラダイスペーパー:フルカバレッジ。#ParadisePapersを使ってTwitterで反応を追跡する。BBC Newsアプリでは、タグ「Paradise Papers」に従ってください

BBCのiPlayerでパノラマを見る(英国の視聴者のみ)

 

出典:http://www.bbc.com/news/paradisepapers

 

 

 

パラダイス・ペーパー(その2):漏洩の中心にある弁護士のApplebyは誰なのですか?

  • 2017年11月5日

法律事務所のApplebyの業務は、数百万件の文書がParadise Papersのリークで開示された後、脚光を浴びています。

何らかの理由でオフショア企業を設立したいと思っている人は、問題の地域の法律や規制を辿る必要があります。そしてそのためには弁護士が必要になります。

主要な国際的な “オフショアの法律サービスプロバイダー”のひとつであるApplebyを入力してください。

 

その事業は、金融機関、グローバル企業または高純資産の個人であるクライアントが、税率が低くまたはゼロで財務上の機密性が高い海外の法域における企業および信託の設立および登録を手助けすることです。

それは必然的に、背景をチェッカーしている人、論争の的になっている評判、または不透明な動機と接触することにつながる仕事のようなものです。そのようなクライアントの目的が掲示板の上にないというわけではありません。

Applebyは、この分野のすべての法律事務所と同様に、そのような顧客および潜在的な顧客(政治的に公開されている人物またはPEP)の言葉を使用します。PEPとは、政治的、外交的、軍事的、司法的な世界の著名な人物であり、著名な立場や影響を受けて、贈収賄や腐敗の影響を受けやすい人物です。PEPの親族は、PEPでもあります。

 

これらのPEPと、Applebyがどのように処理したかは、多くのParadise Papersの焦点です。リークに含まれている「政治的に暴露された人々の登録」には、Applebyの顧客である世界中の150人以上の政治家やビジネスリーダーがリストアップされています。

 

危険なビジネス

法律上の指導者はApplebyを、法律慣行のいわゆる「オフショアマジックサークル」に選出します。

The Lawyer誌のデータベースによると、 Applebyの企業顧客にはBarclays Group、Citibank、Credit Suisse、Goldman Sachs、HSBC Bank、JPMorgan Chase、KPMG、Lloyds Banking Group、PwC、Royal Bank of Scotland Group、Santander UK、Standard Chartered 。

Applebyのウェブサイトでは、受賞した賞と、法的ディレクトリからトップレベルのオフショア法律事務所に与えられた “Band 1″ランキングの勝利を掲載しています。

Applebyは、2015年にLegal 500 UKによって今年のオフショア企業に選ばれました。

そのような評判は難しいです。最初のApplebyの練習は、1890年代にReginald Appleby大佐によってバミューダで設立されました。約120年後、それは専門分野の中で最も大きく知られている法律集団の1つになっています。

アップルビーには、世界中の10のオフィスに60のパートナーを含む約470名の従業員がいます。その支店はバミューダ、マン島、ジャージー、ガーンジー島、英領バージン諸島、ケイマン諸島、モーリシャス、セイシェルにあり、香港と上海にも存在します。

その評判は部分的には厳しいものであり、Paradise PapersにはPEPを扱う際に従業員が従うと予想されるコンプライアンス手順を詳述した長いApplebyの文書が含まれています。

しかし、法律事務所のビジネスを公開しているこの膨大な文書が漏洩する前でさえ、Applebyはその基準に懸念を抱いているようです。Paradise Papersのリークで発見された2012年のバミューダのスタッフへのプレゼンテーションは、マネーロンダリング防止政策を含む規制義務の「不遵守」に関する懸念を指摘しています。

バミューダの金融規制当局からの文書によると、Applebyのマネーロンダリング対策や反テロ資金調達のチェックや信託規制の遵守に関する懸念も2015年に提起されたことを示しています。

2014年8月、Applebyは、英領ヴァージン諸島金融サービス委員会によって、顧客の小切手に関する規則に違反していると警告されました。

1ヶ月後には、中国、ロシア、ギリシャなどの国々で、政治上またはその他の公的な役割を持つ人々を指名しているApplebyの英領ヴァージン諸島のオフィスの文書に、「ハイリスク顧客登録簿」が掲載されています。彼らの仕事は受け入れられ、クライアントの査定プロセスである「デューデリジェンスの強化」が実施されました。ここまで

 

ロンドン支店閉鎖

Applebyが不正行為や腐敗の疑いに直面している潜在的な顧客からの事業を辞退したことを示す別の記録がある。

2013年、Applebyを含む業界団体は、英国の首相デービッド・キャメロン(David Cameron)が、オフショア「シェル」企業の所有者の正式登録をパブリック・レジスターに置くことを求める声明を発表した。

Applebyは、「新製品の開発とその多くの国際顧客への効果的なサービスの提供に焦点を当てている」と述べている。

近年、企業の変化に驚きました。2016年には、会計および資金管理サービスを含む信託業務の経営権をEsteraと改名したと発表しました。

 

それは一連の合併買収に関わっており、パラダイス・ペーパーの文書のいくつかは、もともと他の業務によって始めた取引に関連しています。

2015年にはロンドン支店を閉鎖し、弁護士の雑誌スタッフはガーンジー、ジャージー、マン島のオフィスから英国の首都で簡単にビジネスを行うことができると話しました。同社はまた、近年バーレーンの事務所を閉鎖した。

実際、この漏洩は、米国がApplebyの顧客登録を支配していることを示している。ドキュメントリストには、クライアント用の31,180の米国の住所が含まれています。バミューダには14,434の英国の住所と12,017の住所がありました。次に高い数字はケイマン諸島で、続いて香港、中国、中国、カナダ、マン島、スイス、英領バージン諸島と続いています。

 

アップルビーはパラダイス・ペーパーのリークに関する声明で、「徹底的かつ精力的に訴訟を調査し、自分自身や顧客のどちらかに不正行為の証拠がないことを確認しています。」と述べた。同社は規制の厳しい管轄区域で働いており、「合法的かつ合法的な事業運営方法について顧客に助言する。違法行為を容認しない」と述べた。

 

「間違いが起きた場合、迅速に対応し、関連当局に必要な通知をする」と付け加えた。

 

Appleby法律事務所の顧客の分布

1950~2014年のマスタ―データベースの住所

アメリカ

31,180

英国

14,434

バミューダ

12,017

ケイマン諸島

8,640

香港

7,065

中国

5,924

カナダ

3.176

マン諸島

3,054

スイス

2,363

英国領バージンアイランド

2,166

 

この文書は、主にオフショア法律事務所のApplebyからの漏洩文書の膨大な一群であり、政治家、有名人、企業の巨人、ビジネスリーダーの金融取引を明らかにする税務管轄の法人登記所と一緒になっている。

1340万件のレコードがドイツの新聞ズドゥトゥチェツァイトンに渡され、その後、国際調査院(ICIJ)のコンソーシアムと共有されました。パノラマは67カ国のガーディアンを含む約100の他のメディア組織を含む世界的な調査の一環としてBBCの研究をリードしてきました。BBCは情報源の身元を知りません。

 

出典: http://www.bbc.com/news/business-41878881

 

 

 

パラダイス・ペーパー(その3):パラダイス・ペーパーの調査について

パラダイス論文は、世界で最も強力な人々や企業のいくつかのオフショア活動への世界的な調査です。

調査ジャーナリストの国際コンソーシアムと95のメディアパートナーは、オフショアサービスプロバイダーと世界で最も秘密の国々の企業登録会社からの1340万件のファイル漏洩を調査しました。

 

このファイルは、ドイツの新聞SüddeutscheZeitungによって入手されました。

パラダイス・ペーパーの文書には、バミューダ以後に拠点を置くオフショア法律事務所であるアップルビーに約50年間にわたり、約700万件の融資契約、財務諸表、電子メール、信託証書およびその他の書類が含まれています。

この文書には、家族所有の小規模な信託会社、Asiaciti、および19の秘密管轄区域にある会社のレジストリからのファイルも含まれています。この記録は、企業の株主や役員の名前を公表していない複雑な100ページの企業取引シートやドルごとの支払い元帳から、アンティグアバーブーダなどの国の単純な企業登録までの範囲です。

 

全体として、Paradise Papersファイルは、秘密裏に行われた取引を通じて税金を削減する家庭用企業と同様に、政治指導者とその金融業者のオフショア保有を公開しています。億万長者と有名人の金融取引も文書に明らかにされている。

 

 

パラダイス・ペーパーのファイルには、ICIJの以前の調査(少なくとも31,000件)よりも、米国市民、住民、および企業に関するさらに多くの情報が含まれています。

ICIJは、6大陸で30の言語で働く380人以上のジャーナリストと協力しました。多くのチームメンバーは、オンラインプラットフォームを使用して通信し、文書を共有するために1年を費やしました。ジャーナリストは裁判所の記録を追跡し、アフリカ、ヨーロッパ、ラテン、北米の政治家の財務情報を入手し、情報の要求を自由にし、税務専門家、政策立案者、業界関係者に何百回ものインタビューを行った。

特別な感謝に行くレポーティング危機にピューリッツァーセンター プロジェクトの視覚的な要素をサポートするために、のNeo4j とLinkuriousデータベースのサポートのために。

 

チーム:

ICIJ監督: ジェラール・ライル

プロジェクトマネージャー: Marina Walker Guevara

編集者: Michael Hudson、Dean Starkman、Martha M. Hamilton、Gerard Ryle、Marina Walker Guevara、Tom Stites

研究エディター: EmiliaDíaz-Struck

最高技術責任者(CTO): ピエール・ロメーラ

オンラインエディタ: Hamish Boland-Rudder

エンゲージメントエディター: Amy Wilson-Chapman

データエディタ: Mar Cabra

アソシエイトエディタとファクトチェッカー: Richard HP Sia

ファクトチェッカーとコピーエディタ: Joe Hillhouse

Consulting Digital Editor:カルロス・モンテイロ

レポーター: Scilla Alecci、Simon Bowers、Sasha Chavkin、Ryan Chittum、Will Fitzgibbon、Martha M. Hamilton、Cecile S. Gallego、Spencer Woodman

データと研究ユニット: Matthew Caruana Galizia、Rigoberto Carvajal、Miguel Fiandor Gutiererz、Julien Martin、Delphine Reuter、Manuel Villa

記者:

リアス・ハラス(アルジェリア)

マリエル・フィッツ・パトリック(アルゼンチン)

ヒューゴ・アルコーナダ(アルゼンチン)

イヴァン・ルイス(アルゼンチン)

マイア・ジャストレブランスキー(アルゼンチン)

リカルド・ブロム(アルゼンチン)

エミリアデルフィーノ(アルゼンチン)

サンドラ・クルシアネリ(アルゼンチン)

インガティン(オーストラリア)

リサ・メイン(オーストラリア)

マリアン・ウィルキンソン(オーストラリア)

マイケル・ジャンダ(オーストラリア)

Sashka Koloff(オーストラリア)

スチュワートワシントン(オーストラリア)

カルロス・モンテイロ(オーストラリア)

ジェラール・ライル(オーストラリア)

Hamish Boland-Rudder(オーストラリア)

Rocco Fazzari(オーストラリア)

Edmund Tadros(オーストラリア)

フィオナ・バフィー(オーストラリア)

Geoff Winestock(オーストラリア)

Neil Chenoweth(オーストラリア)

Anne Davies(オーストラリア)

ベン・ドハーティ(オーストラリア)

Christopher Knaus(オーストラリア)

Nick Evershed(オーストラリア)

Amy Wilson-Chapman(オーストラリア/アメリカ合衆国)

Florian Klenk(オーストリア)

Josef Redl(オーストリア)

Bernt Koschuh(オーストリア)

GünterHack(オーストリア)

Jakob Weichenberger(オーストリア)

Kaspar Fink(オーストリア)

ペトラ・ピヒラー(オーストリア)

Ulla Kramar-Schmid(オーストリア)

Delphine Reuter(ベルギー)

Kristof Clerix(ベルギー)

アラン・ラレマン(ベルギー)

ザビエルカウンサーズ(ベルギー)

LarsBové(ベルギー)

オーブリーベルフォード(ボスニア)

Ilya Lozovsky(ボスニア)

Miranda Patrucic(ボスニア)

アナ・クルーガー(ブラジル)

ダグラス・ペレイラ(ブラジル)

フェルナンド・ロドリゲス(ブラジル)

ルイス・フェリペ・バービアン(ブラジル)

マテウス・ネットゼル(ブラジル)

Yacouba Ladji Bama(ブルキナファソ)

Anne Panasuk(カナダ)

Benoit Michaud(カナダ)

チェルシー・ゴメス(カナダ)

Claudine Blais(カナダ)

Dave Seglins(カナダ)

フランシス・プルード(カナダ)

フレデリックザラック(カナダ)

GaétanPouliot(カナダ)

Gil Shochat(カナダ)

ジリアン・フィンドレー(カナダ)

ジノ・ハレル(カナダ)

Harvey Cashore(カナダ)

Julian Sher(カナダ)

Luc Tremblay(カナダ)

Rachel Houlihan(カナダ)

ValérieOuellet(カナダ)

ザック・ダブリンスキー(カナダ)

アンドリュー・ベイリー(カナダ)

Marco Oved(カナダ)

ロバート・クリブ(カナダ)

アルベルト・アレッラーノ(チリ)

JuanAndrésGuzmán(チリ)

Carlos Eduardo Huertas(コロンビア)

デビッド・タラソナ(コロンビア)

アレクサンダー・マリン(コロンビア)

ピラール・クルタス(コロンビア)

アレハンドラ・フェルナンデス・モレラ(コスタリカ)

Rigoberto Carvajal(コスタリカ)

アンドレア・ロドリゲス(コスタリカ)

エミリアーナガルシア(コスタリカ)

マリアフェルナンダクルス(コスタリカ)

パブラ・ホルコワ(チェコ共和国)

ボーエルキエール(デンマーク)

ソレンクリステンセン(デンマーク)

ジョン・ハンセン(デンマーク)

Per Thiemann(デンマーク)

モニカ・アルメイダ(エクアドル)

PaúlMena Mena(エクアドル)

ヒシャム・アラム(エジプト)

エフレンレムス(エルサルバドル)

ジミー・アルバラド(エルサルバドル)

ホセ・ルイス・サンス(エルサルバドル)

JyriHänninen(フィンランド)

ミナ・クス・ガラン(フィンランド)

セシル・シリス・ガレゴ(フランス)

Julien Martin(フランス)

ピエール・ロメラ(フランス)

アン・ミシェル(フランス)

Benoit Vitkine(フランス)

セシール・プリュール(フランス)

クリストフ・アヤド(フランス)

フランク・ヨハネス(フランス)

フランソワ・ブーゴン(フランス)

フランソワ・ピレ(フランス)

Jean-Baptiste Chastand(フランス)

JérémieBaruch(フランス)

Maxime Vaudano(フランス)

Nicolas Bourcier(フランス)

サミュエルローラン(フランス)

セルジュ・ミシェル(フランス)

ヤン・ブーシェ(フランス)

エドワーズ・ペリン(フランス)

エマニュエル・ガニエ(フランス)

Romain Verley(フランス)

SolènePatron(フランス)

Abdelhak El Idrissi(フランス)

AdèleHumbert(フランス)

BenoîtCollombat(フランス)

ジャック・モニン(フランス)

ベネディクト・ストランツ(ドイツ)

BridRösner(ドイツ)

ChristophLütgert(ドイツ)

エレナ・クフ(ドイツ)

Jan Strozyk(ドイツ)

Jochen Becker(ドイツ)

Philipp Eckstein(ドイツ)

バスティアン・ブリンクマン(ドイツ)

バスティアン・オーバーマイヤー(ドイツ)

Christoph Giesen(ドイツ)

エリザベスガンペール(ドイツ)

Frederik Obermaier(ドイツ)

Hannes Muzinger(ドイツ)

Katrin Langhans(ドイツ)

 

ローラ・ベルベル(ドイツ)

モーリシャスマッチ(ドイツ)

ニコラス・リヒテル(ドイツ)

ラルフ・ウィーガンド(ドイツ)

トビアス・ジック(ドイツ)

ヴァネッサ・ウォーマー(ドイツ)

アンドレアス・ブラウン(ドイツ)

フランク・コノパッツキ(ドイツ)

ゲオルク・ウェルマン(ドイツ)

JochenTaßler(ドイツ)

ルイザ・シュミット(ドイツ)

Martin Suckow(ドイツ)

ペトラブラム(ドイツ)

ペトラ・ナーゲル(ドイツ)

ハリー・カラニカス(ギリシャ)

サナシストロブアキス(ギリシャ)

AngélicaMedinilla(グアテマラ)

ダニエル・ヴィッラトーロ(グアテマラ)

エンリケナベダ(グアテマラ)

スシット・チャベス(グアテマラ)

調査報告チーム(香港)

Andras Petho(ハンガリー)

ブランダ・ゾルディ(ハンガリー)

Adalstein Kjartansson(アイスランド)

バルディ・ステファンソン(アイスランド)

ヨハネスKr。クリスチャンソン(アイスランド)

Jay Mazoomdaar(インド)

Ritu Sarin(インド)

Sandeep Singh(インド)

Shyamlal Yadav(インド)

Vaidyanathan Iyer(インド)

アゴン・ウィジャヤ(インドネシア)

ムスタファ・シルラヒ(インドネシア)

Stefanus Pramono(インドネシア)

Wahyu Dhyatmika(インドネシア)

コルム・キナ(アイルランド)

ジョン・マクマナス(アイルランド)

ダニエル・ドレフ(イスラエル)

ウリ・ブラウ(イスラエル)

Scilla Alecci(イタリア)

Alessia Cerantola(イタリア)

Gloria Riva(イタリア)

レオ・システィ(イタリア)

Paolo Biondani(イタリア)

Cataldo Ciccolella(イタリア)

エリサマリンクロラ(イタリア)

ジュリオ・ヴァルシーニ(イタリア)

栗原信夫(日本)

佐和康(日本)

上水大輔(日本)

松田淳(日本)

水戸純子(日本)

橋本加奈美(日本)

ケニア下平(日本)

吉田耕太郎(日本)

加戸雅(日本)

森内貞夫(日本)

板橋俊介(日本)

北村陽次(日本)

野上秀史(日本)

石田宏(日本)

北川啓一(日本)

木村健一(日本)

吉田道子(日本)

高野亮(日本)

奥山利志(日本)     

Alia Ibrahim(レバノン)

Diana Moukalled(レバノン)

Hazem al Amin(レバノン)

モハナド・ハーゲ・アリ(レバノン)

ビルトゥ・ダビドニーテ(リトアニア)

Dovydas Pancerovas(リトアニア)

ŠarūnasČerniauskas(リトアニア)

コ・ジュン・リン(マレーシア)

Lu Wei Hoong(マレーシア)

マシュー・カルアナ・ガリジア(マルタ)

ジェイコブ・ボルグ(マルタ)

キースミカルレフ(マルタ)

マークウッド(マルタ)

ダニエル・リザラガ(メキシコ)

ラウール・オルモス(メキシコ)

ヴァレリア・デュラン(メキシコ)

ホルヘ・カラスコ(メキシコ)

マチュー・トゥリエール(メキシコ)

Alejandra Xanic von Bertrab(メキシコ)

イグナシオ・ロドリゲス・レイナ(メキシコ)

マゴトーレス(メキシコ)

Lkhagva Erdene(モンゴル)

ノミン・チンバット(モンゴル)

アリ・アマル(モロッコ)

Salma Refass(モロッコ)

Ndanki Kahiurika(ナミビア)

シンナベネ・イマヌエル(ナミビア)

Gaby de Groot(オランダ)

Jan Kleinnijenhuis(オランダ)

Karlijn Kuijpers(オランダ)

Martijn Roessingh(オランダ)

Joshua Olufemi(ナイジェリア)

Musikilu Mojeed(ナイジェリア)

アンドレアスBakkeフォス(ノルウェー)

Henning Carr Ekroll(ノルウェー)

Nina Selbo Torset(ノルウェー)

Per Anders Johansen(ノルウェー)

Umar Cheema(パキスタン)

マベル・レーフェルト(パラグアイ)

マリアナ・ラディアガ(パラグアイ)

アラムス・カストロ(ペルー)

ゴンザロ・トリコ(ペルー)

ミラグロス・サラザール(ペルー)

オスカー・リボン(ペルー)

デイビッド・イダルゴ(ペルー)

ファビオラ・トーレス(ペルー)

ネリー・ルナ(ペルー)

ÓscarCastilla(ペルー)

カロル・イラガン(フィリピン)

マロウマンガハス(フィリピン)

Danuta Pawlowska(ポーランド)

マリウス・カニア(ポーランド)

Vadim Makarenko(ポーランド)

ミカエル・ペレイラ(ポルトガル)

カーラミネット(プエルトリコ)

オマヤソサ(プエルトリコ)

Paul Radu(ルーマニア)

ローマン・アイン(ロシア)

Mika Velikovskiy(ロシア)

オレシア・シュマグン(ロシア)

ローマ・シュリーノフ(ロシア)

 

DraganaPećo(セルビア)

ステバン・ドジチノビッチ(セルビア)

AnuškaDelić(スロベニア)

ミカ・レディ(南アフリカ)

ボン・インム(韓国)

インボ・シム(韓国)

金Jiyoon(韓国)

金ヨンジン(韓国)

ユンウォン・チェ(韓国)

アドリアン・ブランコ(スペイン)

Daniele Grasso(スペイン)

JesúsEscudero(スペイン)

マルコス・ガルシア・レイ(スペイン)

Mar Cabra(スペイン)

Miguel Fiandor(スペイン)

ホアキン・カステリョン(スペイン)

Nacho Bernaldo deQuirós(スペイン)

Nacho Calle(スペイン)

VerónicaRamírez(スペイン)

ナミニ・ウィゼダサ(スリランカ)

フレドリック・ローリン(スウェーデン)

Joachim Dyfvermark(スウェーデン)

カリン・マチソン(スウェーデン)

クリスティーナ・ラガーストローム(スウェーデン)

Linda Larsson Kakuli(スウェーデン)

スヴェン・ベルグマン(スウェーデン)

Ola Westerberg(スウェーデン)

Alexandre Haederli(スイス)

キャサリン・ボス(スイス)

クリスチャン・ブロニマンマン(スイス)

Hannes von Wyl(スイス)

Julie Jeannet(スイス)

Marie Parvex(スイス)

Mario Staeuble(スイス)

オリバー・ジフルマン(スイス)

タイタスプラットナー(スイス)

Prangtip Daorueng(タイ)

ペリン・ウンカー(トルコ)

Vlad Lavrov(ウクライナ)

アンナ・バビネツ(ウクライナ)

アンドリューヘッド(英国)

Andy Verity(イギリス)

アンナ・マイゼル(英国)

Calum McKay(イギリス)

クリスソーントン(イギリス)

ダニエル・デ・シモーネ(英国)

デイヴィッド・ランガン(英国)

デイヴィッド・トンプソン(英国)

ガイ・グランジャン(英国)

イアン・ベンデロウ(英国)

ジェームズ・メリー(英国)

ジェームス・オリバー(英国)

ジョナサン・コフィー(英国)

ジョナサン・ダフィー(英国)

マーク・デイリー(英国)

Michel Schammel(イギリス)

Naomi McCafferty(イギリス)

リチャード・ビルトン(英国)

スティーブ・スワン(英国)

ティム・ロビンソン(英国)

Simon Bowers(イギリス)

リチャード・ブルックス(英国)

ヘレナ・ベンゲソン(英国)

ヒラリー・オズボーン(英国)

Juliette Garside(イギリス)

ルーク・ハーディング(英国)

マットヘイウッド(英国)

ニック・ホプキンス(英国)

Ed Pilkington(英国/米国)

Ewen MacAskill(英国/米国)

Jon Swaine(イギリス/アメリカ合衆国)

Alexander Mierjeski(アメリカ合衆国)

Giannina Segnini(アメリカ合衆国)

Inti Pacheco(アメリカ合衆国)  

Jeremy Blackman(アメリカ合衆国)

Keenan Chen(アメリカ合衆国)

Manuela Andreoni(アメリカ合衆国)

Micah Maidenberg(アメリカ合衆国)

Susanne Rust(アメリカ合衆国)

Sylvia Varnham O’Regan(アメリカ合衆国)

Dean Starkman(アメリカ合衆国)

Joe Hillhouse(アメリカ合衆国)

Manuel Villa(アメリカ合衆国)

Marina Walker(アメリカ合衆国)

Martha Hamilton(アメリカ合衆国)

Michael Hudson(アメリカ合衆国)

Richard HP Sia(アメリカ合衆国)

Ryan Chittum(アメリカ合衆国)

Sasha Chavkin(アメリカ合衆国)

スペンサー・ウッドマン(アメリカ合衆国)

Tom Stites(アメリカ合衆国)

Will Fitzgibbon(アメリカ合衆国)

Amy Walters(アメリカ合衆国)

Emily Harris(アメリカ合衆国)

Matt Smith(アメリカ合衆国)

Michael Montgomery(アメリカ合衆国)

Susanne Reber(アメリカ合衆国)

Jesse Drucker(アメリカ合衆国)

Michael Forsythe(アメリカ合衆国)

Mike McIntire(アメリカ合衆国)

Scott Shane(アメリカ合衆国)

Stephanie Saul(アメリカ合衆国)

AlejandroFernández(アメリカ合衆国)

Antonio Cucho(アメリカ合衆国)

DamiàBonmatí(アメリカ合衆国)

David Adams(アメリカ合衆国)

Gerardo Reyes(アメリカ合衆国)

JoséFernandoLópez(アメリカ合衆国)

Juan Cooper(アメリカ合衆国)

マルガリータ・ラビン(米国)

PenileyRamírez(アメリカ合衆国)

ロニー・ロハス(アメリカ合衆国)

Tamoa Calzadilla(アメリカ合衆国)

Alfredo Meza(ベネズエラ)

Ewald Scharfenberg(ベネズエラ)

ファビオラ・ゼルパ(ベネズエラ)       

Joseph Poliszuk(ベネズエラ)

ロベルト・デニズ(ベネズエラ)

ロナ・リスケス(ベネズエラ)

バレンティーナ・レレス(ベネズエラ)

エミリア・ディアス・ストゥルク(ベネズエラ)

レイ・ショト(ジンバブエ)

 

英:30人

米:42人

日本:19人

ドイツ:28人

フランス:24人

カナダ:20人

オーストラリア:18人

イタリア:8人

ロシア:4人

 

出典: https://www.icij.org/investigations/paradise-papers/about/

 

                             続く         免出拝

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top