7周年を迎える東日本大震災について(3月11日午後2時46分に黙とう)

はじめに;
東日本大震災の発生から、3月11日で7年を迎えます。震災の犠牲となられた多くの方々に、改めて哀悼の意を表すとともに、現在も避難を余儀なくされている被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。国では、3月11日午後2時半に「東日本大震災七周年追悼式」を開催することとしています。
その際、地震発生時刻の午後2時46分から1分間の黙とうを捧げることとしていますので、一般財団法人日本税務協会では、役職員一同この時刻に黙とうを捧げることとしております。同協会の賛助会員の皆様におかれましても、この時刻にそれぞれの場所で黙とうを捧げられますようお願いいたします。

さて、私の家族だけに残すつもりで書いている自叙伝(副題「7回も生死の境となる災い等に直面したが、『災い転じて福となす』の精神で現在に至る…』」
は、私の失敗、災いの克服物語と言ってもよいくらいのものなので、他人様に読んでいただくわけにいかないのが残念です。その中には、札幌での勤務時の北海道奥尻の大地震、隣からのもらい火による東京の自宅の全焼、クモ膜下出血による12時間の大手術等が含まれています。

1.東京都の地震に関する地域危険度測定調査(第8回)
私が今住んでいる東京都から2月15日に、地震に関する地域危険度測定調査(第8回)として、「あなたのまちの地域危険度」というパンフレットが公表されました。東京都では、東京都震災対策条例に基づいて、1975年11月から、概ね5年ごとに地域危険度を公表していて、第8回目の公表だそうです。
その要旨は;
危険度ランクとは?
 地震の起きる場所は予め分かりませんから、特定の地震を想定せずに、堅い基盤(「工学的基盤」と呼ばれる建物の杭を支持できる程度の硬さの基盤)での揺れを同じ強さにしたときの地域ごとの相対的な被害度の違いを評価しています。
 そこで、町丁目単位ごとに、地盤の硬軟による揺れやすさの違い、建物の構造による耐震性の違い、建物密集度による火災の延焼危険度の違い、避難や救助に必要な道路や公園の広さなどを考慮して、建物の倒壊危険性、火災の危険性、災害時の活動の困難度を分析し、さらに、これらを組み合わせて総合危険度を評価しています。ランク1~5の存在割合は、すべての指標について同じになっています。
総合危険度
 総合危険度は、建物倒壊危険度と火災危険度に災害時活動困難度を加味して求められています。結果として、地盤が軟弱で揺れやすく、耐震性の低い建物が密集し、広い道路や公園が十分に整備されていない場所の危険度が高くなっています。
 このような危険度を知ることで、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」を実践できます。可能な限り、「君子危うきに近寄らず」と危険を避け、それが無理なら「転ばぬ先の杖」で対策を進める必要があります。そうすれば、「備えあれば憂い無し」で地震後にも普段通りの生活を続けられます。すべての人がそのような行動をとれば、地震被害を大きく減らすことができます。
                                        というものです。

ところが、普通の人間は、これらの分かっていることを、気まぐれに、一時的には実行できても、それを忘れたころに起きるのが災害であるとは、今村明恒著『地震の国』(1929年発行)によると、「天災は忘れた時分に来る。故寺田寅彦博士が、大正の関東大震災後、何かの雑誌に書いた警句であったと記憶している。」とされているとおりです。
特に、人のうわさも75日(A wonder lasts but nine days.)去るもの日々に疎し(Out of sight, out of mind.)相当の英語はあるが、熱しやすく冷めやすいと言った日本人に特有の格言が見当たりないのも、日本人の特殊性であるような気がします。そこで以下の通り、アメリカのwikiHowは、世界をリードするハウツーウェブサイトです。 このサイトでの「地震への備え」の記事を掲載します。リスク管理をはじめ、外敵がいなかった島国日本のまーまー主義での対策よりは、より合理的であるような気がします。家族全員で参加してみましょう。

 

出典:https://www.wikihow.com/Prepare-for-an-Earthquake

2. 地震に備える方法

3つの方法:緊急計画の準備;緊急地震キットの準備;あなたの家の損害を最小限にするための準備;?コミュニティQ&A
地震は、特に環太平洋地域の非常に破壊的な自然災害です。地震の後、あなたの家は混乱しているかもしれません。あなたは水の供給とエネルギーなしで残されるかもしれません。地震が起きる前にそれを準備し、家の中や周辺の怪我や損傷の可能性を最小限に抑えるためにできることはいくつかあります。

方法1 緊急計画の準備
1 あなたの家や職場のための災害準備計画を作成してください。地震が起こる前にあなたとあなたの家族が何をするのかを知ってください。あなたの計画を一緒に作り、それを定期的に乗り越える。最も重要な第一歩は、地震が襲う瞬間をどうするかを理解することです。[1]この計画は、
• あなたの建物のカバーのための最良の場所を特定する。頑丈な机とテーブルの内側と内側の強いドアフレームは良い場所です。他のカバーがない場合は、内壁の横の床に置き、頭と首を保護してください。大きな家具、鏡、外壁と窓、キッチンキャビネット、そしてボルトで締め付けられていない重いものは避けてください。
• 捕まえられたら助けを知らせる方法を誰にも教えてください。倒壊した建物を捜索している救助者は音を聞いているので、繰り返しノックを3回叩いたり、緊急の笛を吹くようにしてください。[2]
• それが第二の性質になるまで練習してください。この計画を頻繁に実践してください。実際の地震では数秒しか調整できません。[3]
2 それが第二の性質になるまで、 “落として、抱きしめて”練習する。実際の地震では、これはあなたの最大の防御です。床に落とし、頑丈な机やテーブルの下に覆い、しっかりと握ってください。揺れると落下する物体に備えてください。あなたは、地震が当たったときにどこにいても、あなたの保護区域を知って、家の各部屋でこれを練習するべきです。[4]
• あなたが外にいる場合は、木や建物のように落ちたり倒れたりする可能性のあるものから、開いた場所に移動してください。落下物から頭を落としてカバーしてください。振動が止まるまでそこにとどまります。[5]
3 基本的な応急処置とCPRを学ぶか、少なくとも1人の人がそれを知っていることを確認してください。応急処置の緊急事態に対処する方法について、あなたとあなたの家族を教育するためのリソースが地域社会にあります。あなたの地元の赤十字は毎月のクラスも持っていますので、最も一般的な怪我や状況に対処するための基本的なスキルを教えてくれるでしょう。
• クラスに参加できない場合は、基本的な応急措置の本を購入して、緊急用品を各家に入れておきます。また、救急箱を持っていると助けになります。
4 地震の後にあなたの家族の集まりポイントを決めてください。それは建物から離れるべきです。家族全員が集まる場所に行かなくても、あなたの家族は何をするべきですか。市民防衛安全会議のポイント(あなたの町が指定した通り)を持っている場合は、家庭、学校、仕事に最も近い場所を家族のすべてのメンバーが知っていることを確認してください。
• 州外の叔母やおじさんのように、あなたの家族が電話してお互いに連絡を取ることができる地域外の連絡先を特定します。なんらかの理由でお互いに電話をすることができない場合は、ミーティングを調整するのに役立つように電話をかけてください。お互いに連絡を取るには、FRSおよびGMRSサービス(GMRSは米国FCCのライセンスが必要です)を使用してください。電話回線は災害時に混雑します。一部のFRSとGMRSラジオは最大40マイルの電波を送信できます!
  (訳者注:外国規格の無線機で「FRS」または「GMRS」と言われている物がありますが、日本国内では電波法令に合致していないため、使用が認められておりません。使用すると放送事業用無線や防災行政無線などの重要          無線通信に妨害を与えるおそれがあります。これらの無線機を使用した場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられることがあります。)

5 あなたの家の公益施設、特にガスラインをオフにする方法を学びます。壊れたガスラインは可燃性ガスを宇宙空間に漏れさせ、放置すると非常に危険な爆発を引き起こす可能性があります。漏れたガスの臭いがある場合には、すぐに問題を止めることができるように、ユーティリティの操作方法を学ぶべきです。[6]
6 緊急連絡先リストを書き留めて共有する。これにはあなたの家やオフィスなどのすべての人が含まれていなければなりません。あなたは、誰が説明されなければならないのか、見つからなければ連絡する方法を知る必要があります。通常の連絡先情報に加えて、各自に提供し、緊急連絡先にもお尋ねください。[7]また、
• 隣人の名前と数。
• 家主の氏名と番号。
• 重要な医療情報。
• 火災、医療、警察、保険の緊急番号。[8]
7 地震が発生した後、家に帰るためのルートと方法を開発してください。地震が襲う可能性のある正確な時刻がないので、職場、学校、バス、列車に乗っていることがあります。道路や橋梁が長期間閉塞される可能性があるため、家に帰るにはいくつかの方法を知っておく必要があります。ブリッジのような潜在的に危険な構造物に注意し、必要であればそれらの周りのルートを見つけてください。

方法2 緊急地震対策の準備

1 事前に災害用品を準備し、家全体がどこを見つけるかを知っていることを確認してください。地震は、最悪の場合のシナリオで一度に数日間、家の中の人々を捕獲できるので、あなたは家の中で生き残るためのすべてを必要とします。
• 大規模な家や家族、4〜5人以上の人がいる場合は、余分なキットを作って家の別のセクションに取っておくことを検討してください。

2 少なくとも3日間、十分な緊急用の食べ物と水を購入してください。各家族のために1ガロンの水を用意する必要があります。また、緊急時にはもう少し多くの水を用意してください。あなたは、手動で缶切りを持って、緊急配給を受けるようにしてください。次のような、腐敗しにくい食べ物を購入することができます。
• 果物、野菜、豆、マグロのような缶詰食品。
• 加工されたクラッカーと塩辛いスナック。
• キャンプフード。[9]
3 ソーラーまたはマニュアルクランクの懐中電灯とラジオ、または余分なバッテリーを備えた通常の懐中電灯を購入してください。お住まいの各個人に1つずつ設定することをお勧めします。携帯用の電池式ラジオも手に入れましょう。あなたがバッテリーについて心配する必要がないので、投資の価値がある可能性がある、太陽光または動力学的に駆動されるいくつかのモデルがあります。
• バックアップオプションとしてグロースティック、マッチ、キャンドルを購入して使用する必要があります。
4 応急処置キットを作成します。これはあなたの緊急キットの中で最も重要なものの1つであり、次のものをすべて揃えておく必要があります。[10]
• 包帯とガーゼ
• 抗生物質軟膏およびアルコールワイプ
• 鎮痛剤
• 広範囲の抗生物質ピル
• 抗下痢薬(緊急時の脱水と戦うために不可欠なもの)_
• はさみ
• 手袋とダストマスク
• 針と糸
• スプライン材
• 圧縮ラップ
• 最新の処方箋
• 水浄化錠[11]
5 緊急時に家から出るのを助ける基本的なツールキットをまとめてください。仲間を救助したり、家に閉じ込められた瓦礫を動かす必要があるかもしれません。あなたは、
• ガスライン用のレンチ
• ヘビーデューティハンマー
• 作業用手袋
• クローバー
• 消火器
• 縄ばしご。[12]
6 緊急事態をより快適にするために雑貨品を保管してください。上記のすべてが優れたサバイバルキットに不可欠ですが、時間とお金が許せば、次の資料も切り上げる必要があります:
• 枕と毛布
• 閉じたつま先の靴
• ビニール袋
• 使い捨てカトラリー、プレート、カップ
• 緊急現金
• トイレタリー
• ゲーム、カード、子供の好きなおもちゃ、筆記用具など[13]
• スキャナ(何が起こっているのか、警察/消防署のサポートを見るのに役立つでしょう)

方法3  あなたの家の損害を最小限に抑えるための準備
1 大きな物は壁や床にしっかりと固定してください。あなたの家には、地震が発生する前に対処できるいくつかの特定の危険があります。最大の危険は、実際にあなたの家の中の落下物からです。幸いなことに、これらの種類の怪我は、いくつかの事前の考えによって防止することができます:
• すべての棚を壁にしっかりと固定します。[14]
• ブラケットを使用して、ウォールユニット、本棚、およびその他の背の高い家具を壁スタッドに取り付けます。標準的なスチールブラケットは、細かく適用しやすいです。
• 大きくて重いものは、棚の下や床に置いてください。地震の際に落下する可能性があり、降りなければならない距離が短いほど良いでしょう。また、机のようなものにオブジェクトをねじ込むこともできます。[15]
• 重心の低いものが摺動しないように、滑り止めマットを使用してください。たとえば、魚のボウル、花瓶、花の手配、彫像など
• 目に見えないナイロンコードを使用して、壁に転倒する背の高い重い物を固定します。壁にアイスクリューを置き、オブジェクト(花瓶など)の周りに糸をつなぎ、アイスクリューにつなぎます。[16]
2 破損したガラスから保護するために、破片に安全な窓フィルムを取り付けます。最後の一瞬で、ウィンドウの対角線(「X」)にマスキングテープを置くことで、マスキングテープが壊れないようにすることができます。[17]地震が発生しやすい地域では、すでにこれらの窓が必要ですが、必ず確認してください。
3 ラッチが付いている閉じたキャビネットに破損しやすいアイテム(ボトル、ガラス、中国など)を置く。キャビネットのドアが開かないように、ロックまたはラッチアップしてください。装飾品、置物、ガラス製品を棚や壁に貼られた状態に保つには、ポスタータック/プラスチックパテを使用します。
• 特別な商業用地震パテもあり、飾りなしで物体を固定することができます。
4 座席や寝室の上から吊り下げた物を外したり、固定してください。重い写真、照明器具、鏡は、ベッド、ソファ、そして誰かが座っている場所から離れているべきです。従来の画像フックは地震時に写真を保持しませんが、簡単に修正できます。単にフックを閉じたままにするか、フィラー材を使用してフックとバッキングの間の隙間を埋めます。他の選択肢には、特別なアートフックを購入し、重い絵に適切で強力なフックとコードが付いていることを確認することが含まれます。[18]
5 専門家、あなたの家主、またはゾーニングボードに、あなたの家が地震保護に関して最新であることを確認してください。天井や土台に深い亀裂がある場合は、直ちに修理してください。構造的弱点の兆候がある場合は、専門家に相談する必要があります。あなたの基礎が適切に補強され、すべての現代の法律が遵守されていることを確認してください。
• フレキシブルな継手をガスパイプに設置してください。プロの配管業者がこれを行う必要があります。あなたの水道管に柔軟な艤装品を持たせることも良い考えですので、これらを同時に固定してください。
• あなたの家に煙突がある場合は、上部、天井、ベースに亜鉛めっきされた金属の角度と帯を使用して家の壁に固定します。あなたが家にクラッディングを施している場合、角度は壁や天井の梁や垂木にボルト止めすることができます。屋根の上に座っている煙突の部分については、屋根に支えてください。[19]
• 電気配線、電化製品、およびガス接続を評価します。必要に応じて修理を行います。地震時には、フィッティングと配線の不良により火災の危険があります。器具を固定するときは、既存の穴を使用するか、皮革などでループを作って器具に貼り付けることはできません。
6 ミーティングポイント、準備ワークショップ、およびサポートグループを見つけるためにあなたのコミュニティと協力してください。あなたの地域に地震対策に焦点を当てた市民団体がいない場合は、一緒に作業してください。皆を安全にするための第一歩は教育です。

コミュニティQ&A
• 地震の中で最も重要なことは何ですか?
最も重要なことは、「落として、カバーしてホールドオン」を実行することで自分を守ることです。この手順は、実行しないように強制し、地球が揺れを止める瞬間に行動計画をまとめる時間を与えます。
• 地震の後に何をすべきですか?
余震もあるかもしれないので、あなたは安全な場所にとどまるべきです。
• 地震の準備には何をすべきですか?
地震が起きる可能性のあるほとんどの学校では、地震訓練があります。最も重要なことは、机の下に乗って保持することです。
• 地震の原因は何ですか?
地殻プレートの場合、地殻の巨大な断片は、一緒にこする、引き離す、または互いに衝突します。
• 地震とは何ですか?地震の強さはどのように測定されますか?
地震は、地震プレートの動きによる突然の揺れです。地震の強さは、リッチャースケールを使って測定することができます。
• 構造プレートとは何ですか?
それらはマントルの上層部に浮かぶ私たちの下のプレートで、地震や断層を引き起こします。
• 私の家が破壊されたら、テントに留まるのは良い考えですか?
ある場合は、地元の避難所に行くべきです。それがオプションでない場合、テントは機能しますが、建物、動力線、樹木、または余震の有無にかかわらず簡単に落下の在りそうな所から遠ざけてください。
• 私が遊び場にいたら、どうすればいいですか?
遊び場から離れて、すぐに安全に走りましょう。
• 地震時に隠れる場所はどこですか?
最善の場所は落下物から離れていることです。可能であれば、テーブルの下に隠そうとするべきです。
• 地震の準備にはドアラッチを取り付ける必要がありますか?
いいえ。

ヒント
• 上のウィキハウの記事読んで地震を生き延びるする方法を、地震時に屋内であることに対処し、どのように地震の際に反応するように earthquake.It時に何をすべきかの詳細については、常にことが有用である自然災害のために準備されます
• すべてのガスラインが完全に締め付けられていることを確認してください。そしてません震災後の任意のライトを回します!
• 可能であれば、地震の発生しやすい地域の断層線や大きな山の近くでは避けてください。あなたの家の被害はより深刻なだけでなく、離れていると家に帰ることができなくなる可能性が高くなります。
• あなたが自宅を修復する知識や能力を持っていない場合は、援助を求めてください。あなたの隣人に手を貸してもらうか、他の家族に手渡すか、合理的な価格で物事を修正するのに良いハンディーマンの会社にダイヤルしてください。すべての電気および配管工事には、認定された評判の高い配管工と電気技師を使用してください。
• あなたのベッドの下に一対の靴、懐中電灯、エネルギーバーを置くことを検討してください。類似のアイテムは、職場や学校の机の上に保管してください(作業のために、快適な歩行靴を用意してください)。

警告
• ペットを飼っている場合は、奇妙なペットの行動に注意してください。これは、走り回ったり、隠れていたり出てこないことに無関心に歩くことができます。
• どんな状況下でも、家を地震で去らないでください。振動が収まりまで待ってください。

以上です。当然のことばかりですが、どこで何をしているときに地震に遭遇しても、命だけは助かるための行動がとれるよう日頃から心がけておきたいものです。

 サイトの不具合で掲載が遅れましたが、地震で亡くなられた方々も、残された者たちが同じ目に合わないことを望んでおられるに違いないことにお役に立つつもりで、投稿することとしました。災害復旧での税金が果たす役割の大きさを考える時、本年の確定申告を皆様が滞りなく終わられますことをお祈りするとともに、改めて先の震災の被災者の皆様の一時も早い復旧をお祈りをして結びとします。

                     以上

 

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top