米国による関税と救済措置の経済的影響の分析について

 

はじめに;
体温を超える猛暑と熱帯夜、変則台風、記録破りの集中豪雨等々の異常気象続きの今年の夏季休暇も終りを告げようとしていますが、皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。
これらの異常気象は我国内に留まらず、世界的、全地球的なもののようで、世界中の政治的な不安定、地域紛争の継続等の不安定要因が相まって、将来に対する不安等の拡大要因となっています。そのような中で、G7,G20の国々からも総スカンを食っているアメリカの自国の国益最優先の政策の1つである貿易不均衡の国々への関税等の強硬策等の経済的影響に関する分析の記事が掲載されたので、ご紹介します。1937年に「政府機関の税金と支出政策を監視する」ために有名なビジネスマンのグループによって設立されたシンクタンクの税財団(Tax Foundation)によるものです。

 いま世界を変えつつある3つの潮流として、
①ソ連が 崩壊して冷戦構造が終わり、中国経済が 急速な発展をして世界のパワーバランス は大きく変わりつつあります。日本は昭和の 時代につかんだ世界第二の経済大国の地 位を中国に譲り、また国境に縛られる国に対して、企業はますます国境を越えてグ ローバルに活動するようになり、政府が企業をコントロールすることが難しくなっているなどの変化が起こっている。⓶日本は高齢化先進国となり、遠からず人 生が100年という時代を迎えようとしています。長期化する人生を個人個人がどう過ごし、国や政府がどう支えるのか、持続性を高めるためには制度を再設計することが求められるほどの大きな変化が予想されています。 ③テクノロジーシフトすなわち、AI(人工知能)を使った囲碁ソフトが世界最強とされる棋士に圧勝し、自動車が人やモノを目的地まで文字通り自動で運んでいくようになる日も目前だ。我々の働き方、日 常生活の姿を大きく変えてしまうでしょう。

 それぞ れの変化は単独で起こっているのではなく、 複雑に絡み合っており、例えば、 Fintechで 生まれたビットコインなどの仮想通貨は急 速に成長し、国境を超えて取引され、既存 の通貨や中央銀行の地位を脅かす恐れが出るまでになった。変化は、速度が速いだ けでなく複雑で、社会がどのように変わっていくのか先行きを見通すことが難しい。
企業や家計を取り巻く環境が大きく変化すれば、企業や家計の活動の場である社会の仕組みも大幅に変える必要があります。もちろん、それぞれの制度の中では、変化に対応した変更が行われてきていますが、変化の規模があまりに大きくなってしまったため、修正では間に合わず、日本の経済・社会システム全体の基本設計の変更が必要となっています。この要因は国家間、地域間でも同様であり、米英、EC主要国等のリーダー国が新たな動きを示し始めているのです。トランプ政権の挑戦は、国内の問題を解決するために、民主主義の制度の枠内で、自国の国益を最優先する対外政策等での壮大な実験であるとの見方をしている学者もいるようです。

米国の関税と救済措置の経済的影響の追跡

出典:https://taxfoundation.org/tracker-economic-impact-tariffs/
2018年6月22日
エリカ・ヨークとカイルポメラロー
2011年8月16日更新:トルンプ大統領は、トルコからの鉄鋼およびアルミニウムの輸入関税の倍増を命じました。トルコは22の米国製品に対する関税を倍増させることで対応した。
目次;

前書き
• トランプ政権が制定した関税の影響
• トランプ政権の影響により関税が脅かされる
• 補てん関税の影響
• 制定され公表された関税の総影響
• 最近の更新

終りに

前書き
トランプ政権は2018年に数回の関税を課し、脅かしたが、他の諸国はこれらの措置に同種の対応をしてきた。私たちは、税財団税と成長モデルを使用して、制定された脅威と報復関税の米国経済への影響を分析します。関税は経済的幸福を損ない、生産と雇用の純損失と所得水準の低下につながる。
財団のモデルによると、これまでにトランプ政権によって制定された関税は、長期GDPを0.06%(159億ドル)、賃金を0.04%削減し、49,338人の常勤相当職を排除する。トランプ政権が自動車や部品の付加的な関税と付加的な関税を制定すれば、GDPはさらに0.45%(1114.1億ドル)減少し、賃金は0.29%低下し、フルタイム相当の仕事は345,449人少なくなる。
他の国々も、米国の輸出品への関税を制定する意向を発表している。これらの関税が完全に制定されれば、米国のGDPは0.09%(235億ドル)減少し、72,864件のフルタイムの雇用の追加を失うと推定される。
これまでに発表されたすべての関税が完全に制定されれば、長期的には米国のGDPは0.60%(1506億ドル)減少し、実質的に税制・雇用法の長期的影響の3分の1を相殺するだろう。賃金は0.39%低下し、雇用は466,899人減少する。
関税引き上げによる経済成長の低下
経済学者は、自由貿易が経済成果と収入の水準を高め、逆に、貿易障壁が経済成果と収入を減少させることに一般に同意している。[1]歴史的な証拠は、関税は価格を上げ手数料、低所得、雇用削減、および低経済生産、その結果、米国の企業や消費者のための商品やサービスの利用可能量を削減することを示しています。[2]
関税は、いくつかのチャネルを通じて米国産品を削減する可能性がある。一つの可能性は、関税がより高い価格の形で生産者と消費者に転嫁される可能性があることです。関税は、部品や材料のコストを引き上げる可能性があり、これはそれらのインプットを使って商品の価格を引き上げ、民間部門の生産を減らす。これは、資本と労働者の両方の所有者の所得を低下させる結果となる。同様に、関税による消費者価格の上昇は、労働と資本収入の両方の税引後価値を低下させるだろう。これらの高い価格は労働と資本へのリターンを減らすので、アメリカ人に働きかけて投資を抑え、生産を低下させます。
その代わりに、米ドルは関税に応じて高く評価され、米国消費者の潜在的な価格上昇を相殺する可能性がある。しかし、高価なドルがあれば、輸出業者は世界市場で商品を売ることがより困難になり、輸出業者の収入は減少する。これはまた、労働者と資本の所有者の両方に対して米国の生産量と所得が低下し、労働と投資のインセンティブが低下し、経済がより小さくなる結果となる。

米国が制定した関税
トランプ政権は、輸入ソーラーパネル、洗濯機、鉄鋼、アルミニウム、中国から輸入された様々な製品に関税を制定した。これらの措置は総額220億ドルの増税になると見積もっています。
洗濯機
2018年1月、トランプ大統領は洗濯機や太陽電池パネルの関税を承認しました。最初に輸入された120万台の洗濯機は20%の関税を課され、その後のすべての輸入は50%の関税が課される。[3] 2017年には、米国は270万台を超える洗濯機を4億2,200万ドルで輸入した。これらの水準が同じであると仮定すると、関税は1.5億ドルの増税になる。[4]
スチールとアルミニウム
2018年3月、Trump大統領は、輸入鋼材に25%、輸入アルミニウムに10%の関税を課すと発表した。[5] 2018年の輸入が2017レベルに等しい場合、これらの関税は米国企業に90億ドル近い費用負担となります。例えば、輸入された鋼材の価値は、2017年には290億ドルをわずかに上回っています。25%の関税が同じレベルの輸入鋼材に課せられた場合、税金は約73億ドルになります。同様に、2017年に輸入された168億ドルのアルミニウムに10%の関税が適用された場合、その税金はほぼ17億ドルになる。
トランプ大統領は、2018年8月に、トルコからの鉄鋼およびアルミニウムの輸入に適用される関税をそれぞれ50%と20%に2倍にするよう求めた。[6] 2017年に、米国はトルコから13億ドルの鉄鋼と1億ドルのアルミニウムを輸入した。[7]関税を倍にすると、現在の関税の上におよそ3.35億ドルの増税になります。
中国製品
関税や貿易慣行に関する中米間の脅威の後、トランプ大統領は中国の輸入額500億ドル分の25%の関税を制定した。関税の第1段階は、340億ドル相当の中国輸入品に対して7月6日に始まり、残りの160億ドルはまだ審査中です。[8]両段階が制定されると、これらの関税は125億ドルの増税になる。

モデル結果
財団のモデルによると、これまでにトランプ政権によって制定された関税は、長期GDPを0.06%(159億ドル)、賃金を0.04%削減し、49,338人の常勤相当職を排除する。

表1.トランプ政権が制定した関税の影響
関税収入(2018年の10億ドル)  $ 21.95
ロングランGDP         -0.06%
GDP(2018年の10億ドル)    – $ 15.92
賃金               -0.04%
FTEジョブ           -49,338   

米国が脅かす関税
トランプ政権は現在、中国が制裁関税を制定する場合には、、輸入自動車および部品への関税、ならびに中国製品に対する追加関税を調査中である。これらの脅かされた関税は、1,532.5億ドルの増税になる。
自動車および部品
5月、トランプ大統領は、自動車、トラック、車両部品を含む可能性がある自動車輸入品に対して、25%の関税を要求した。[9] 2017年に、米国は消費のために約2930億ドル相当の車両を輸入したが、これらの輸入品については約34億ドルの賦課がありました。[10]輸入水準が同じであり、車両章(第87章)のハーモナイゼーション料金表内のすべての品目に適用されるとすると、既に課されている関税に加えて、新しい関税は732.5億ドルの増税となります。第87章のいくつかの車両または部品は関税から除外される可能性があり、他の章に記載されている部品が含まれる可能性があるため、正確な増税額は異なる可能性があります。

中国製品
6月にトランプ政権は、さらなる関税を考慮して中国の輸入量を増加させた。大統領は、中国がさらに報復すれば、2000億ドル相当の中国製品に対する10%の関税を課すとし、中国が2,000億ドルへの10%の関税に対して報復すれば、政府は更なる2000億ドル相当の中国輸入品へ関税を拡大すると述べています。これは400億ドルの増税につながり、米国の輸入税の対象となる中国製品の合計を4,500億ドルにするだろう。[11]

7月5日木曜日、トランプ大統領は、中国が米国の関税に更なる報復をすれば、中国の輸入品への追加の関税を再び脅かした。しかし、今回の脅威は、2000億ドルと中国製品2億ドルの追加賦課金から、中国製品2000億ドルと3,000億ドルに増加した。これは、以前に脅かされていたものよりも100億ドルの増税となる。[12]
7月20日金曜日、トランプ大統領は、7月5日に中国のすべての輸入品に関税を課すことを暗示した計画を確認した。これは約5000億ドル分の商品である。[13]これは、5000億ドル相当の輸入に10%の関税を課したもので、これは500億ドルの増税に相当する。

8月1日、トランプ大統領は、行政官に、中国の輸入額2,000億ドルの10%の関税を、中国の輸入額2,000億ドルの25%の関税率まで引き上げることを検討するよう指示した。[14]
ここでは、中国からの輸入への関税の全ての制定された関税て脅しの要約を簡単に要約しています。米国は340億ドル相当の製品に25%の関税を課し、さらに160億ドルを予定している。米国は現在、さらに2000億ドルで25%の関税を脅している。大統領はまた、中国に対する3回目の関税を繰り返して脅しており、これは2000億〜3,000億ドルへの10%で、中国から購入したすべての商品に実質的にアメリカ人に課税している。合計で、制定された(予定されている)関税は125億ドルの税金増額になるが、脅かされた関税が全て課せられればさらに800億ドルの増税になる。

モデル結果
トランプ政権が自動車や部品の追加関税と追加の関税を制定した場合、GDPは0.45%(1114.1億ドル)減少すると見込まれており、賃金は0.29%低下し、フルタイム相当の仕事は345,449人少なくなる。

表2.トランプ政権の脅威となる関税の影響
税収入(2018年の10億ドル)  $ 153.25
ロングランGDP        -0.45%
GDP(2018年の10億ドル)   – $ 111.41
賃金             -0.29%
FTEジョブ          -345,449

報復関税の制定と脅威
いくつかの国が、鉄鋼とアルミニウムの関税に応じて関税を課す計画を発表した。関税は、デンマーク、バーボン、ウィスキー、農産物などの米国製品を対象とし、総税額は32,280億ドルと見積もられている。多くの国が米国に報復関税を課すことを検討しているが、詳細は発表していない。これには日本が含まれる。[15]
中国
中国は、鉄鋼とアルミニウムの関税に対応して、ワイン、ナッツ、スチールパイプなどの120の製品に対する15%の関税、8つの他の製品に対する25%の関税を含む、約30億ドル相当のアメリカ製品に対する関税を発表したリサイクルされたアルミニウムや豚肉など。[16]そして、500億ドル相当の輸入額に対するトランプ政権の関税に応じて、中国は親切に対応した。
トンプソン大統領が10%の関税の脅威を2000億ドルから25%に引き上げるように政権に命令した後、中国政府は、追加で600億ドル相当の米国製品に最大25%の関税を課すと発表した。[17]
メキシコ
メキシコは、スチールとアルミニウムの関税率に応じて、チーズ、スチール、テネシー州のウイスキー、豚肉、リンゴ、ジャガイモなどの商品に対する関税の20%の関税率を25%と発表した。これらの関税対象の輸入額は30億ドルである。[18]
カナダ
カナダは、25%の関税と10%の関税を課される2つの商品表を発表した。これは、スチールとアルミニウムの関税対象となるカナダ産品の価値、すなわち約128億ドルを表す。[19]
欧州連合
欧州連合(EU)は、デニム、バーボン、オートバイ、ピーナッツバターなど、約200の米国製品に25%の関税を課す予定だ。[20]関税の対象となる商品の総額は33億ドルである。
インド
インドは、241百万ドルの収益を上げるために、30の米国製品に対する関税を引き上げる予定である。[21]増加した関税は、アーモンド、クルミ、リンゴ、およびいくつかの化学製品および金属製品をターゲットとする。
トルコ
トルコは、2018年6月21日、石炭、紙、クルミとアーモンド、タバコ、ウィスキー、自動車、化粧品、機械設備、石油化学製品などの商品を対象とする。関税の負担は、米国が鋼とアルミニウムの関税を課すこと、すなわち約2億6,650万ドルに見合ったものとなる。[22]
トルコは、自動車、アルコール、石炭、タバコなど22の米国製品に対する関税を倍増させる計画を発表した。[23]これらの関税引き上げにより、追加収益が533百万ドル増加すると予想されている。[24]
ロシア
ロシアは、光ファイバーやさまざまな種類の機器などの米国製品について、25%から40%の税率での関税の賦課の開始決定を発表した。[25]関税は8,760万ドルを調達することを意図しており、ロシアは、ロシアが鉄鋼およびアルミニウムについて米国が課した関税の影響に見合った最大5億3,760万ドルの追加関税を課すことができると警告した。

モデル結果
これらの外国の管轄区が、発表した関税を制定した場合、税財団モデルは、米国のGDPが0.09%(235億ドル)減少し、72,864人のフルタイムの雇用の追加を失わせると推定している。
しかし、何らかの連邦歳入を上げることになる米国が制定する関税とは異なり、外国の管轄区域で制定された関税は歳入を上げないが、米国の生産量は低下することに注意することが重要である。

表3. 報復関税の影響
関税収入(2018年の10億ドル)  $ 0
ロングランGDP         -0.09%
GDP(2018年の10億ドル)   – $ 23.51
賃金              -0.06%
FTEジョブ            -72,864

制定され公表された関税の総影響
これまでに発表されたすべての関税が米国と外国の管轄区域によって完全に制定されれば、実質的に減税と雇用法の長期的影響の3分の1を相殺して、長期的には米国のGDPは0.60%(1506億ドル)減少します。賃金は0.39%低下し、雇用は466,899人減少する。
長期GDPの0.60%の減少は、長期的にはGDPを1.7%引き上げると見積もられた税制・雇用法の長期的影響の3分の1である。

表4. 制定され公表された関税の総影響
関税収入(2018年の10億ドル)   $ 175.2
ロングランGDP          -0.60%
GDP(2018年の10億ドル)     – $ 150.6
賃金               -0.39%
FTEジョブ            -466,899

結論
これまでに米国と外国の管轄区域で発表されたすべての関税が完全に制定されれば、実質的に税制と雇用法改革法の長期的インパクトの3分の1を相殺して、長期的には米国のGDPは0.60%(1506億ドル)減らします。賃金は0.39%低下し、雇用は466,899人減少します。
追加の関税や現物の救済措置が引き続き取られれば、米国の企業や消費者にもたらされる損害は増加するだろう。トランプ政権は、米国経済の見通しを悪化させるような関税を課す道筋には従わないようにうまく行うだろう。

最近の更新
2011年8月16日更新:トルンプ大統領は、トルコからの鉄鋼およびアルミニウムの輸入関税の倍増を命じました。トルコは22の米国製品に対する関税を倍増させることで対応したは
2011年8月8日の更新:トランプ大統領は、中国の輸入額2,000億ドルで10%から25%への関税率の引き上げを検討するよう、政権に指示した。これに対応して、中国は600億ドル相当の米国製品を最大25%までの関税賦課を脅した。
2010年7月20日更新:7月20日、トランプ大統領は、中国のすべての輸入品に関税(約5,000億ドル)を課す計画を再確認した。制定され発表された関税の総額には、すでにこの最新の発表が含まれています。
07/13/2018更新:ロシアは約8760万ドル相当の米国製品に関税を課す予定。また、四捨五入を修正するために、当社の見積りに若干の調整を加えました。
2010年7月6日の更新:トランプ大統領は、米国が中国の輸入額をさらに2000億ドル、さらに3000億ドル増やす準備ができていると発表した。これは以前の脅威から1000億ドル増えた。

(注)
[1] L.アラン・ウィンターズ、「貿易自由化と経済成果:概要」The Economic Journal 114、no。493(2004年2月)。
[2]エリカニューヨーク、税務財団、2018年3月12日、「2002ブッシュ鉄鋼関税、からの教訓」https://taxfoundation.org/lessons-2002-bush-steel-tariffs/。
[3] Erica York、「トランプ大統領は洗濯機と太陽電池に関する関税を承認する」、税財団、2018年1月30日、https://taxfoundation.org/trump-tariffs-washing-machines-solar-cells/。
[4]米国国際貿易委員会、「Interactive Tariff and Trade DataWeb」、https://dataweb.usitc.gov/ 。ソーラーパネルや洗濯機の部品に関税の影響をモデル化していないことに注意してください。
[5]スコットA.ホッジ、 “新しい関税プランは90億ドルの費用がかかります”、税理士、2018年3月6日、https://taxfoundation.org/new-tariffs-could-cost-states-9-billion/。
[6] Terrence Dopp、「トランプはネクタイが悪化するにつれてトルコの金属関税を倍増させる」、Bloomberg、2018年8月10日、https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-08-10/trump-トルコ・スチール・アルミニウムの関税賦課を認めている。
[7] Chad P. Bown、「トランプの待望の鉄鋼とアルミの関税はまさに始まりです」、ピーターソン国際経済研究所、2018年3月26日、https://piie.com/blogs/trade-investment-policy-待っていた時計/トランプ – 待っているスチールとアルミニウムの関税 – ただいま/。
[8]ビル・チャペル(Bill Chappell)、 “トランプは500億ドルの品物で関税で中国にぶつかります。中国はそれはNPR「、報復であろうと言う、 2018年6月15日、https://www.npr.org/2018/06/15/620259820/trump-levies-50-billion-in-tariffs-as-china-says-それは報復する。
[9] William Mauldin、Timothy Puko、およびKate O’Keeffe、 “トランプの管理は、輸入車の新しい関税に見える” 、ウォールストリートジャーナル、2018年5月23日、https://www.wsj.com/articles/trump – 管理 – 重量 – 新しい – 関税 – 輸入 – 車両 – 1527106235?mod = article_inline&mod = article_inline。
[10]米国国際貿易委員会、「インタラクティブな関税と貿易のデータウェブ」
[11]デイヴィッドローダーとミカエル・マルティナは、「ホワイトハウスは、トランプの関税脅威の後、中国に圧力をかける」と、ロイター通信、2018年6月18日、https://www.reuters.com/article/us-trade-china-trump新商品との関税措置 – 2000億の商品 – idUSKBN1JE2ZQを打ち負かす。
[12] AP通信は、「中国は正式に米国の関税引き上げが正式に発効した後、報復する」とNBCニュース、2018年7月6日、https://www.nbcnews.com/news/world/china-says-it-must-counterattack-アフターセールス・タリフ・ハイキング-n889221
[13] Ana SwansonとKeith Bradsherは、「トランプの怒りが増すにつれて、中国製品は25%の関税率に10%ではないかもしれない」とニューヨークタイムズ紙、2018年8月1日、https://www.nytimes.com/2018 /08/01/business/china-tariffs-trump.html。
[14] Jeff Cox、 “トランプ氏は、米国に輸入された5,050億ドルのすべての中国商品に関税を付ける準備が整っていると述べている。” CNBC、2018年7月20日、https://www.cnbc.com/2018/07/ 19 /全面的に関税引き受けが可能な、5,050億ドルの中国語.html
[15]モトコ・リッチ、「今でも日本はトランプの関税に逆戻りしている」、ニューヨーク・タイムズ、2018年5月18日、https://www.nytimes.com/2018/05/18/world/asia/japan- trump-tariffs-wto-.html。
[16] Chris Buckley、 “Wine、Pork、Pipeを含む128の米国製品に対する中国の関税撤廃” 、New York Times、2018年4月1日、https://www.nytimes.com/2018/04/01/world /asia/china-tariffs-united-states.html。
[17] Keith BradsherとCao Liは、 “中国商品の600億ドルで新たな関税を脅かす” 、ニューヨーク・タイムズ、2018年8月3日、https://www.nytimes.com/2018/08/03/business /china-us-trade-tariffs.html。
[18]クリス・イシドール氏は、「メキシコは米国の輸出額30億ドルに関税を課す」とCNNマネー、2018年6月6日http://money.cnn.com/2018/06/06/news/economy/mexico-us-関税 – 報復/ index.html。
[19]カナダ財務省、「カナダの鉄鋼およびアルミニウム製品に対する関税措置に対応して米国に対して対抗措置をとる意向の通知」、2018年5月31日、https://www.fin.gc.ca/activty /consult/cacsap-cmpcaa-eng.asp。
[20] Alanna Petroffは、「ヨーロッパが鉄鋼関税のために米国を罰する方法はここにあります」CNNMoney、2018年6月1日http://money.cnn.com/2018/06/01/news/economy/trade-war- tariffs-eu-canada-mexico-response / index.html?iid = EL。
[21] Rishi Iyengar、「インドは米国の商品に関税を先導している」、CNNMoney、2018年6月18日、http://money.cnn.com/2018/06/17/news/economy/india-us-tariffs-スチール – アルミニウム – wto / index.html。
[22]ロイターのスタッフ、「トルコは米国に対する報復関税の実施を開始する」とロイター、2018年6月21日、https://www.reuters.com/article/us-usa-trade-turkey/turkey-to-start – 補充 – 補てん – 関税 – 米国 – 対 – 不法入札 – idUSKBN1JH0DY。
[23]ダレン・バトラーとハメイラパムク、「トルコは、いくつかの米国の輸入関税を倍増します。リラ集会、」ロイター、2018年8月15日、 https://www.reuters.com/article/us-turkey-usa-tariffs/turkey-raises-tariffs-on-some-us-imports-including-cars- alcohol-official-gazette-idUSKBN1L00BI。
[24] World Bulletin / News Desk、 “トルコは企業を「不公平な」米国の治療から守ることを約束している」と、World Bulletin、2018年8月15日、http://www.worldbulletin.net/todays-news/205007/turkey-誓いツー保護-企業-から-不公平-US-治療。
[25] Darya KorsunskayaとAndrey Ostroukhは、「米国の輸入に関わるロシアの関税引き下げにより、より多くの報復を約束する」とロイター、2018年7月6日、https://www.reuters.com/article/us-usa-russia-economy-duties / russia-raises-duties-on-us-goods-in-trade-restrictions-restrictions-idUSKBN1JW1SE。

 

終わりに;
トランプ氏が大統領として選挙公約を守るとすれば、アメリカは自らの手で推進してきたグローバリゼーションに幕を引くことになるのです。我々には寿命というものがあるが 国家には、寿命はない。しかし国の生き方は、その国土、国民、資源等に違いから、同じものは1つと言って存在しない。だから、世界国家というものにならない限り、各国は独自の生き方が必要なのだ。より早く、より高く、より遠くへのスポーツでのスローガンは、競争社会を象徴するもので、それが人類の成長をたかめてきたことは確かだ。しかし超高齢化の成熟に近い国家にとっては、競争よりももっと大切な、平和で、穏やかで、持続可能な安定した目標が望ましい。特に島国で、限られた資源と環境の中で、高度な文明を培ってきたご先祖の知恵と努力を思い起こし、世界に玄関は開きつつも、与えられた資源の中での持続可能な国家運営を可能とする方向へ、大きく舵を切るときにあるような気がしてなりません。トランプ政権のチャレンジを興味本位で見るのではなく、何が参考なるのかの観点で眺めてみたいと思っている昨今です。今日も涼しくてよかった。
                                              結び

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top