アメリカ議会でのIRS改革法案の審議について

アメリカ上院においては、内国歳入庁の、予算の削減等による納税者サービスの低下や、実長率の低下等によるコンプライアンスの低下等が懸念され、同庁の組織のある方等の再検討が指摘されてきたところであり、上下両院で、IRSの改革の法案が提出されているので、その動き等の一端をご紹介し、今後の動向等の観察の参考としたい。立法手続き等の我が国との違いから、正確な翻訳の自信はありませんが、審議事項の論点等は各国共通であるものも多いので、ご紹介する次第です。

1.上院議員がIRSの責任を強化するための法案(ポートマンとカルダンの法案)を提出

https://www.accountingtoday.com/news/senators-introduce-bill-to-make-irs-more-responsive-and-accountable?tag=00000158-da05-deda-afdc-fb35d4140000

〜によってマイケル・コーン
発行済み2018年7月26日、EDT午後1時32分
上院議員のロブ・ポートマン(R・オハイオ州)とベン・カルダン(D-MD)は、税務専門家のパネルが、IRSの税務行政改善に関する小委員会で証言したので、内国歳入庁に納税者の責任を強化し、税務申告作書作成者のIRS規制を復活させるための超党派の法案を提出しました。
納税者保護法は、IRSの顧客サービスを改善し、控訴手続を見直し、納税者保護を強化することを目的としています。法案はまた、IRSの組織体制と経営陣を変え、執行手続を変え、中小企業や退職制度の税務行政を強化し、低所得層の納税者へのサービスを改善し、IRSの技術基盤を強化するだろう。
ポートマン氏は、「アメリカ人は毎日自分や家族を養うために頑張り、納税者としては、連邦政府が彼らのために働いています。」と述べた。「しかし、しばしば、連邦政府はそれが担当する人々のニーズに対応しておらず、IRSは必ずしも納税者の利益にはならなかった。最後の重要なIRS改革以来すでに20年が経過しており、いまやもう一度同庁を更新する時期です。超党派の納税者保護法は、納税者のニーズに対応し、責任を持つ執行当局に対するアメリカ人の信頼を回復するために、IRSを再構築し改革する予定です。」

この法案は、最近提出されたオハイオ州のオリン・ハッチ上院財務委員会委員長とオレゴン州のロン・ワイデン上院議員の民主党議員の法案を補完するものです。(参照:上院理事会のIRSコミッショナーを昇格し、IRSを改革法案)。当該法案は、納税者保護と電子申告の強化、内部通報者保護の強化、IRS従業員に関する方針の改革、IRS監査基準の精査の強化、個人情報の盗難や税金還付詐欺の防止を支援することを目的としています。

Portman-Cardinの法案は、IRSの監督委員会を改革し、IRSの執行委員会の名前を変更し、メンバーシップ構造を合理化して、最近活動していない執行委員会を迅速に再建する定足数を増やす。この法案は、執行委員会の予算要請プロセスへの執行委員会を高め、当庁の全体的な戦略的方向性を推進するための幅広い戦略および業績計画の承認を要求し、当庁の他の監督機能との調整を増加させる。

この法案はまた、より強固な業績インセンティブを創出し、当庁の使命と全体的な戦略的方向性を持つIRSの職員研修を再編成するために、当庁の上級幹部に対する報酬と賞与の承認を求めています。IRSには包括的な職員研修戦略を提出することを求めており:職員研修に対する当局のアプローチにおける納税者の権利章典、顧客サービス、およびITの進歩を強調し:異なる部門間の対面トレーニングのためのIRSの柔軟性を大きく高めることとしています。
カルチン氏は、「われわれの税制は複雑であり、納税者保護法は、IRSがより効率的に事業を運営し、納税者への改善されたサービスを提供できるように、税務行政の近代化を継続します。すべての所得層のアメリカ人は、敏感で有能的なIRSを持たなければなりません。この超党派法案に含まれている更新は、IRSをその道にのせるのに役立ちます。」と述べた。
Portman-Cardin法案は、納税申告書の作成者を「バランスの取れた方法で」規制するIRSの権限を復活させ、コンプライアンスを促進し、納税者が徴税に回されるのを少なくすることを確実にします。法案は、IRSに、納税者に対し、電子資金送金または払い戻しが誤って届けられた場合や、指定された召喚状を発行または納税者のための法令を凍結する召喚状を非協力的な納税者にのみ発行するする権限を変更した場合の事例を報告するように納税手続を設定するよう指示しています。さらに、誓約した証人への尋問の禁止を含むIRS以外の職員の申告書や申告書の情報へのアクセスを制限しています。

税金およびIRS監視聴聞会についての上院財政小委員会で、登録エージェントの全米連合会(NAEA)代表Phyllis Jo Kubeyは、IRSのさらなる改善の必要性について証言しました。「過去10年間で、私たちはIRSサービスのレベルの低下を見てきました。優秀な顧客サービス― 税務実務家も顧客です―は、 すべてのIRSの機能を改善します。」
と証言に先立って述べました。
彼女は、IRSは税法を執行するための高級幹部とスタッフを募集する指揮権と財源が必要であると指摘した。今年の初め、彼女の組織であるNAEAはIRS改革白書を発表し、クービー氏はNAEAの優先事項のいくつかを記述しました: IRSに改革された合理化された重要な給与執行権限を与え、研修プロセスを合理化し、税法と執行政策が一貫して教えられ、サポートされることを保証する、IRS内の専用トレーニング部門に資金を提供すること。「この集中部門の一環として、州、地方、国際レベルで最先端の税務行政技能を研究し、研修と実践に組み込むのです。」と彼女は付け加えた。

NAEAのロバートカー(Robert Kerr)次長は、アカウンテイング・トゥデイに、クービー氏の証言は、NAEAのIRSに対する優先事項の一部を反映していると語った。「当庁には、必要な数の異なる顧客がいることを覚えておく必要があります。明らかな顧客は個人と企業です。しかし、それほど明白でないものが税務専門家です。私たちは、年間80,000,000の申告書を作成する70万人の税務専門家といったような数字を抱えています。それは、当局が活用でき、活用すべき大きな梃子です。その存在では、申告書作成業者の最低基準に大きな関心を寄せており、それには誰も驚かないでしょう。私たちは15年の間、この分野の研究に携わってきました。そして、弁護士のための電子署名を提供するためにそこにいくつかの動きがあります、様式2848と8821。現在、納税者を代理することができるメンバーは、人々に署名してIRSにファックスするために、厄介な紙を送る必要があります。それは非常に面倒で非論理的な手順です。なぜ私たちはそれをファックス機に置いてしまうならば、その紙にインクが必要なのでしょうか?そして、ああ、ところで、今日誰がファックス機を持っていますか?とにかく彼らの半分はスミソニアンにあるはずです。

国立納税者擁護者の弁護士のニーナ・オルソン氏は聴聞会で、IRSが納税者のサービスにどのように不足しているかについて議論しました。「2018年のファイリングシーズンには、納税者通話の約37%(約1300万)が職員に回されたに過ぎず、63%(約2260万コール)が自動化または納税者のハングアップを反映していました」 。このように、ベンチマークレベルのサービスは、IRSの職員向けのコールの少数のみを反映しています。その結果、IRSはベンチマークレベルのサービスを80%報告していますが、IRSの職員は3570万通のコールのうち、口座管理ラインでわずか1040万コールに答えました。それは29%だ。発信者が一般的に生の援助のために従業員と話したがっていると仮定した場合80%ではなく29%が納税者の経験をより正確に反映しているのです。どのプログラムに優先的な注意が必要かを評価しようとしているIRSのリーダーにとって、この結果の違いは大きい。」

また、納税者保護法には、中小企業や退職年金の税務行政を改善するためのその他の条項も含まれています。雇用者が特定の従業員教育およびIRSの従業員監査プログラムに従うならば、それは雇用主だけのために、チップ監査のための避難場所を作ります。この法案は、チップが一般的な特定の業界でのチップ収入の報告要件を明確にするものでもあります。さらに、企業がS社の選挙を行うプロセスを合理化します。また、IRSは、ビジネス経済の苦境を引き起こす企業に対して連邦税金を払うよう指示します。さらに、中小企業向けの推定納税額の四半期報告を再調整する。この法案は、規制に別段の定めがある場合を除いて、退職制度の管理者が、RSへの追加的な提出無しにすべての不注意なプランを自ら正すことを認めます。

低所得層の納税者をより良く奉仕するために、この法案は、特定の低所得層の納税者を民間債権回収プログラムへ差し向けるのを妨げるための所得閾値を設定します。また、VITAを支援するための応分の負担金に関する特定の許可を与え、複数年度の補助金の授与を認可するボランティア所得税援助プログラムを成文化しています。それは、IRSの職員が所在地や連絡先情報を含む低所得納税者相談所の利用可能性と適格性要件に関する情報を納税者に提供できるという事実を明確にしています。また、妥協案に関連するユーザー手数料や前払いの部分支払いに関する現在の低所得者の例外の法令化も行っています。
Prosperity Nowの納税者機会ネットワークのプロジェクトディレクターであるRebecca Thompsonは、VITAプログラムについての聴聞会で証言しました。彼女はNorthern Virginia CASH CoalitionのVITAボランティアサイトコーディネーターです。「半世紀近くにわたり、IRSは、年間税務申告シーズン中に低所得層のアメリカ人に対して無料の税務の準備と申告を提供するために、数万人のボランティアの人手、技能、親善を活用したコミュニティためのパートナーの支援を得てきました。彼女は言いました。「VITAのボランティアは、あらゆる職業の中から発生し,低所得層、高齢者、障害者、限られた英語圏の納税者が正確な納税申告書を提出することによって彼らの義務を履行し、彼らが受けることができる連邦および州のクレジットを申請し、彼らの確定申告時期の家計の金銭的な安寧を強化するためにほかの金融能力のビルサービスに接近するため厳しい訓練と認定プロセスにたえています。
納税者保護法は、納税者の独立した控訴権を強化し、控訴事務所での納税者の行政審査の機会を詳しく説明した更正決定通知を送付するようIRSに要請しています。また、IRSに詳細な説明と、控訴手続へのアクセスが拒否されている納税者の限られたイベントで抗議する権利を要求しています。さらに、IRSに対して,納税者に、控訴手続きの前に、非特権のケースファイルすべてにアクセスできるように命じています。この法案は、納税者の直接の同意なしに、IRSの調査担当者が控訴手続に参加することを防止することにより、不当な影響から保護し、控訴手続の独立性を保つことを目的としています。

さらに、IRSによって提起された訴訟のために指定された、税の論争のための十分な通知と争いの手続きも提供しています。

この法案のその他の条項は、2023年9月30日までIRSの情報技術職員の募集と保持に関する合理化された重要な納税権を再認可することによって、IRSのITインフラストラクチャを強化することになる。また、財務省に、は、納税者の商業的に提供された電子形式で行われた署名の受諾のためにための統一基準を確立する指針を発表することを求めています。

IRSの電子税務行政諮問委員会の議長を務めるジョン・サップ氏は、IRSの技術に関する聴聞会で証言しましたた。「伝統的なIRSのサービス提供チャネル(電話など、個人的に)を補完するものの必要性は明らかです。オンラインではあるが、ますます携帯になる電子サービスは、IRSの全体的なサービスチャネルを強化するための不可欠な要素です。消費者と事業者の両者は、ビジネスの多くを電子的に行うことができると期待していますが、必要なときに誰かと話をすることができることも期待しています。」
Sappは、IRSに申告書を提出している納税者に対するサイバー犯罪の脅威についても、『この戦いは決して終わらないでしょう。一方の扉を閉じると、犯罪者は別の扉を探します。私たちはサイバーセキュリティゲームを全面的に展開する必要があります。』と議員に話しました。

2.上院のパネル、IRSコミッショナーを進め、IRS改革法案を提出

https://www.accountingtoday.com/news/senate-panel-advances-irs-commissioner-and-introduces-irs-reform-bill

〜によってマイケル・コーン
発行済み2018年7月19日、午後5:45 EDT
密接に分割された上院財政委員会は、次の内国歳入庁サービス委員のチャールズ・レッティッヒ(Charles Rettig)の候補者を14から13の投票で進めたが、全上院の投票を待っている。
Rettigは、ビバリーヒルズの法律事務所のHochman、Salkin、Rettig、Toscher&Perez(税務弁護士)です。彼が全上院によって確認されれば、税務財務省の補佐官でもあるデイビッド・カーター氏の後任になるだろう。Kautterは、昨年11月のJohn Koskinenの任期の終わり以来、委員長を務めてきました。Rettigは、IRSが議会が去年12月に通過した大規模な減税法を扱っているときに入ってくるだろう。

「IRSが世代間で最大の税制改革を実施するには、当局が完全にスタッフを務め、強力で実力のある委員によって率いられていることが不可欠です」とオリン・ハッチ議長は声明で述べています。”コミッショナーの仕事は、当庁の何年もの不信や不祥事によってさらに複雑になっている。Chuck Rettigは、税制改革を実施し、IRSの信頼を回復するための正しい選択です。私は委員会が彼の指名を進めたことを嬉しく思う。彼が指名手続きを迅速に行うことを期待しているので、彼は大統領の指揮官として任命される重大な任務に取り掛かることができる」

しかし、委員会の民主党は、501(c)4の非課税団体に政治集団などにドナー(ドナーを報告する必要のない多くの政治的免税を参照)の氏名の報告を避けさせる今週IRSと財務省の決定に対する抗議としてRettigを信任することに反対しました。

「トランプ政権は、資格のある候補者を獲得し、暗いお金の政治的な暴風の真っ只中に彼を投棄した.透明性と開示に関する税法の根本的な変更は、IRSと財務省を、大統領の外国の財政上の競争と動機についての渦巻き状態の問題に引きずり込みました。結果として、この指名は、もはや文脈なしに始めることができる孤立した議論ではありません。」
と同委員会のロン・ワイデン(D・オレ)上院議員は述べた。

その違いにもかかわらず、ハッチとワイデンは、木曜日に国会議事堂を通過した法案の共鳴して、IRSの行政慣行の一部を改革することを目的とした超党派立法を木曜日に導入することに合意した。
納税者第一法は、財務委員会を満場一致で2016年に通過させた第114回議会法案(S. 3156とS. 3157)にも基づいています。それは、納税者保護と電子申告を増やすこと;内部通報者の保護を強化し;IRS職員に関する政策を改革し;IRS監査基準の精査を強化し;個人情報の盗難や税金還付詐欺の防止をサポートしすることを目指しています。

「IRSの柔軟性を高め、21世紀に持ち込むことが最優先事項であり続けており、とりわけ30年以上にわたり税制の改正が行われている。「われわれは、新しい政策の適切かつシームレスな実施を確実にするために行政と協力してきました。この法案は、納税者を詐欺や虐待から保護し、電子申告を増やし、IRSの職員を支援する方法で当局を合理化すると確信している。」ハッチは声明の中で述べました。

「毎日、ハッカーや詐欺師が納税者のドルと個人情報が盗まれていますという新しい見出しがあります」とWyden氏は述べています。議会は、アメリカの納税者を詐欺や金銭的虐待から守るために、もっと多くのことをしなければならない。この超党派法は、納税者を助けるための常識的な変更を行い、IRSの行政ルールを合理化し、それらにより税務管理と当局が財政捕食者に対してアメリカ人をより良く保護することができるのです。」とワイデンは述べていました。

法案のテキスト、S. 3246は、ここで見つけることができます。
https://www.finance.senate.gov/imo/media/doc/7.19%20IRS%20reform%20bill.pdf
(a) SHORT TITLE.—This Act may be cited as the 4 ‘‘Taxpayer First Act of 2018’’

3.下院はIRS改革法案を承認

https://www.accountingtoday.com/news/house-approves-irs-reform-bills?feed=00000158-20c2-d6a2-adfb-70eb85460000

マイケル・コーンによる
発行済み2018年4月18日
下院は、水曜日に、内国歳入庁の情報技術システムを近代化するための超党派の法案を可決すると票決した。申告期限に納税申告の処理が一時的に中断されたコンピュータークラッシュの翌日でした。
法案はまた、IRSと納税者のアイデンティティ保護のサイバーセキュリティを向上させるだろう。関連法案は、IRSの納税者サービスを改善し、411対0で通過した。彼らは、議会が火曜日に議決を開始し、そのほとんどを圧倒的多数を承認した、超党派の法案の一部であった。納税者優先法は414票対0の投票で通過したが、21世紀IRS法は414票対3票で通過しました。

この法案は、IRSに独立した控訴事務所を設置することにもなります。IRSのボランティア所得税援助プログラムを永久的にするための法案は全会一致で通過しまた。全会一致で合意した別の法案は、納税者支援センターが閉鎖される予定の場合、財務省からの通知が必要となるものでした。同じく全会一致で合意されたのは、IRSと財務省の職員が低所得国の納税者相談所に関する情報を納税者に提供できるように、税コードを修正する法案でした。さらに満場一致で同意したのは、税金コードを改正して財務省による民間資産の没収を大幅に制限する差し押さえ財産の即時売却を生鮮食品のみに制限する法律です。

要求に応じて身分証明保護個人識別番号(IP PIN)を発行するプログラムを財務省に要求する法案も、全会一致で下院を通過した。別の法案は、税金関連の個人情報盗難の犠牲者である納税者のために、IRSに一つの連絡窓口を提供するもので、満場一致で通過しました。最後は、税コードを修正して、免税組織の年間の申告書の電子申告を要求し、その申告書を公開審査に利用できるようにする法律で全会一致で通過しました。

「新しい税法では、新しい税務管理者が求められており、私たちはIRSを「納税者第一」という組織に変えることができるように協力してきました」とケヴィン・ブラディ氏(House Ways and Means Committee)テキサス州、声明で述べています。「このパッケージでは、IRSを20年ぶりに再編成し、質の高いサービスの使命に焦点を当てなおし、今後の濫用を防ぐために執行権限を強化するという重大なステップを踏み出しています。
同代表は、この法律は顧客サービスに重点を置いていると述べました。法案は、IRSが、効率改善、納税者サービスの改善、サイバーセキュリティの向上のために、組織を再編する計画を議会に提出するよう求めている。IRSは、電話回線が混雑している場合のコールバックオプションなど、通常民間部門で利用可能な顧客サービスオプションを採用する必要があります。この法律は、IRSの強制執行の手段を改ため、家族や中小企業が公正な通知と正当な手続きなしに財産を押収しないようにする。
「IRSは税の調査機関だけではありません。彼らは行政官でもあるのです。」と、下院のBradyは述べています。

最終票決は、通常の期限にコンピュータクラッシュが処理を中断した後、IRSが申告期間に追加した日に行われました。
CPAでもある議員がパッケージを賞賛した。「私は公認会計士として、IRSの技術が陳腐化しており、納税者のニーズに応えられていない、多くの直接的な事例を見てきました。IRSの昨日のウェブサイトの失敗は、IRSを近代化し、納税者の経験に焦点を当てる必要性への緊急性を高めた。」と、カンサス州共和党のLynn Jenkins下院歳入委員会の監督小委員会の議長は語った。
.
同氏は、「道徳的手段監督小委員会」の民主党員であるジョン・ルイス(John Lewis)議員、およびその超党派支援に対する同僚に感謝した。ルイスは、昨年12月の税制上の控除および雇用法など、議会におけるより党派的な取り組みと、法案の超党派性を対比した。彼は小委員会が1年以上にわたり審問を行ったことに気付いた。

「私たちは納税者や提唱者に手を差し伸べ、交渉しました。私たちは時間をかけました。議長は、私たちが正しいことをしたと信じています。私たちは一緒に、独立した控訴手続きと納税者サービスを改善する法案を作成しました。」と述べた
.上院はやはり法案を制定しなければならないが、先週、上院財政委員会のオリン・ハッチ議長(共和党アイオワ)は、民主党の上院議員、民主党オレゴン州のロン・ワイデン上院議員と、上院での立法代替案を検討するのを楽しみにしていると語っています。

                                      以上

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top