日本の国家ブランド、昨年の4位から2位に躍進、その訳は?

日本の国家ブランド、昨年の4位から2位に躍進、その訳は?

世界第3位の市場調査会社である、1975年にフランスで設立されたイプソス社は、すべての主要市場で強い存在感を持つ世界的な研究グループに成長しています。イプソスは世界の研究業界で4位にランクされています。アンホルト教授は、英国政府の公共外交委員会の副議長であり、50以上の他の国々の国家元首と政府首脳の独立した政策アドバイザーとして働いています。アンホルト教授は、2005年に、国のブランドの指標および都市ブランドの指標の概念を開発しました。それに基づいた国家ブランドのランク付けを、同社は例年行っており、今年のランク付けの発表があったのでご紹介します。
そのタイトルにもある通り、ドイツが首位にとどまり、アメリカは、上位5位に入れなかったが、日本が昨年の第4位から2位に躍進し、英国は3位にとどまり、フランスが4位になったようです。

出典:Nation Brands Index – October 2018

国家ブランドランキングでドイツはトップにとどまり、
米国は再び上位ファイブに入れず
•日本は初めて2位に入ったが、英国は3位にとどまり、フランスは4番手に移る
•日本の主要な利益は、インデックスの人々とガバナンスのサブカテゴリにあります
•冬季オリンピックと FIFA ワールドカップのホスト韓国とロシアのイメージを改善、韓国で最も顕著に
•米国は6位にとどまる

国   名

2018年:

2017年:

ドイツ

1

1

日本

2

4

英国

3

3

フランス

4

2

カナダ

5

4

イタリア

6

7

米国

6

6

スイス

8

8

スウェーデン

9

10

オーストラリア

10

9

ドイツは再び50の国のうち、2008、2014、2017年と同様にその勝利を繰り返して1位にランクしています。ドイツの主要な利点は、複数の次元にわたって、その一貫した強みにあります。: この国は4つの風評のカテゴリの上位4つの中で、その重要な強みが一貫して横たわっている輸出 (世界のパブリックビュー “ドイツ製” のランク付けされた製品の購入で最高) 及び移民⁼投資、だけでなく重要な文化と遺産のサブカテゴリででも。中国はドイツの輸出、統治、人々および移民または投資に最も確信していました。た (すべてを中国は1位をランク付け)。

米国は後退を続ける
2018の米国の全体的な NBI のランクの調査で測定された50ヶ国中6位 (現在イタリアと同順位)に留まったが、米国は今年最も大きい全面的な NBI のスコアの低下を見た。米国のブランドイメージは、米国のランキングは、カナダと中国において、より否定的な認識によって駆動されるガバナンス、文化、および人々のカテゴリーの3つのポジションにおいて、さらに引き下げられています。1年前よりも少ない消極性の度合いではありましたが、メキシコは、米国への批判を続けました。それにもかかわらず、米国は依然として上位5カ国の間で NBI の6つのカテゴリの中の3つについて: 文化 (米国は5位)、輸出 (2 位)、および移民/投資 (5位) の間でランク付けされます。

日本は、ガバナンスと人々において向上
日本の国のイメージは、主に2つの主要なカテゴリーについての決定を続けている: 輸出 (1位にランク) と人々 (5 位, ここで日本は2018年におけおいて, サブカテゴリ全体の最大の進歩、3つのポジションを獲得).日本は、上位10カ国にランクインにおいて、文化 (第7位)、観光 (7 位)、移民投資 (第9位)です。日本がトップ10にランク付けしない唯一のインデックスカテゴリーは、2順位の上昇によって、それが前進しているガバナンス (12位) です。日本の全体的なランクの進歩は、スコアの改善ではなく、そのブランドイメージの一貫性によって主に駆動され程度ます。日本の総合得点は、南アフリカ (+ 2.84)、ポーランド (+ 2.68)、フランス (+ 2.45) の間での改善された認識によって後押しされています。しかし、これらは異常なスコアの獲得ではなくて、ほとんどの国がスコアの低下を経験した年に、日本は全体的な NBI のスコア (-0.08) の最小の移動を示していました。

英国: 変化にもかかわらず安定したパフォーマンス
英国は、その NBI のパフォーマンスの中で最も安定した指導国の一ついてのにとどまりました。Brexit を巡る不確実性にもかかわらず、国家は、過去3年間、世界のトップ3にランク付けしています。英国は、観光、英国が先の大物イタリア、フランス、スペインに後れを取ったがギリシャのは先行した熱い競争の次元の観光を含む4つの風評のカテゴリでのトップ4の間で上位にランクされました。

オリンピックとワールドカップのホストを獲得
ビッグスポーツイベントは、グローバルシーンでホスト国のイメージを強化する可能性があります。2018の冬季オリンピックのホストとして、韓国は、合計 NBI スコアでがっちりと獲得し、3つのポジションでランクアップしました。FIFA ワールドカップのホストロシアは、合計インデックスでより緩やかに上昇し、ランクに移動していないが、サブカテゴリの人々と観光で大幅に改善されました。

研究について
イプソスによって2018年10月10日に買収されたGfK社会的、戦略的研究は、18歳以上の成人と、20のパネルの国で20,224人のインタビューをオンラインで実施しました。データは、年齢、性別、およびその国の2018オンライン人口の教育を含む主要な人口統計学的特徴を反映するために加重されています。さらに、人種/民族は、米国、英国、南アフリカ、インド、ブラジルでのサンプルバランシングに使用されています。現地調査は、2018年7月7-25日から実施されました。
調査によって測定される50の国は次のとおりである、地域によってリストされる:
北米:カナダ、米国
西欧:オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、オランダ、アイルランド、イタリア、北アイルランド、ノルウェー、スコットランド、スペイン、スウェーデン、スイス、英国
中欧/東欧:クロアチア *、チェコ共和国、ハンガリー、ポーランド、ロシア、トルコ、ウクライナ
アジア太平洋地域:オーストラリア、中国、インド、インドネシア、日本、ニュージーランド、シンガポール、韓国、台湾、タイ
中南米・カリブ海地域:アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、ジャマイカ *、メキシコ、ペルー
中近東/アフリカ:エジプト、ケニア、ナイジェリア、カタール、サウジアラビア、南アフリカ、アラブ首長国連邦。
* これは、2018に新たに NBI に追加された国々を示しています。2つの国 (エクアドルとボツワナ) は、2017ではなく、2018で測定された。
このニュースリリースの詳細については、下記までお問い合わせください。
ヴァディム
イプソス広報担当上級副社長 + 1 212 240-5408
Vadim.volos@ipsos.com

サイモンアンホルトについて
サイモンアンホルト国のイメージとアイデンティティの世界有数の権威として認識されています。アンホルト教授は、英国政府の公共外交委員会の副議長であり、50以上の他の国々の国家元首と政府首脳の独立した政策アドバイザーとして働いています。アンホルト教授は、2005年に、国のブランドの指標および都市ブランドの指標の概念を開発しました。

イプソスについて
イプソスは、研究の専門家によって制御され、管理独立した市場調査会社です。1975年にフランスで設立され、イプソスは、すべての主要市場で強い存在感を持つ世界的な研究グループに成長しています。イプソスは世界の研究業界で4位にランクされています。
89カ国にオフィスを構え、イプソスは、ブランド、広告、メディアの5つの研究分野にわたる洞察力のある専門知識を提供します。顧客ロイヤルティ;マーケティング公務の調査;と調査管理。
イプソスの研究者は市場の潜在性を査定し、市場の傾向を解釈する。彼らはブランドを開発し、構築する。顧客との長期的な関係構築を支援します。彼らは、広告をテストし、様々なメディアに視聴者の反応を研究し、彼らは世界中の世論を測定します。
イプソスは、1999以来、パリ証券取引所に上場されており、生成されたグローバル2017の€17億8050万の収益。

                                 以  上

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top