ダボスの非常に人気のある人物:金持ちに税逃れの中止を語る作家:に面談

はじめに;
広く浅く、世界中の出来事を紹介する、比較的新しいサイト、Voxは、創設者のEzra Klein、Melissa Bell、Matthew Yglesiasによって、2014年にVox Mediaで発表されました。
そのサイトの記事の中に、「ダボスの非常に人気のある人物に会いましょう」なる表題の記事があったので、読んでみると、ダボス会議への参加者としてはみすぼらしい人だったので、なぜこの人物が、みんなの関心を集めたのかを含めて、ここに紹介します。
  先ごろ、ピケテイをはじめとする、世界中での不平等の拡大等に関する本、研究論文が発表されてきています。しかし、その多くは、富の偏在の実情等を示すものが多く、その解決のための具体的な提案はと言えば、非現実的で、おおざおっぱで、当たり前と言ってよいような提案が多かったような気がします。
しかし、今年のダボスで注目を浴びている人物、オランダ人ジャーナリストで歴史家のルトガー・ブレグマンが書いた、「現実主義者のためのユートピア:そしてどうやってそこに着くことができるか」と題する本には、“非常に面白くて挑発的だと思いました!” 、「革命的」、「この本はあなたの考え方を変えるでしょう……」といった読後感が寄せられているではありませんか。
  Bregmanは、実際には完全に実装可能な先見の明のあるアイデアで社会を構築できることを示しています。 奴隷制の終わりから民主主義の始まりまで、文明のあらゆるマイルストーンはかつてはユートピア的な幻想と見なされていました。 普遍的な基本所得(ユニバーサル ベーシック・インカム)や15時間の週労働といった新しいユートピア的なアイデアは、私たちの一生の間に現実のものになる可能性があります。
革命的でありながら達成可能なユートピアへのこのガイドは、複数の研究、活気に満ちた逸話、そして数多くのサクセスストーリーによって支えられています。 かつて完全に貧困を根絶したカナダの都市から、リチャード・ニクソンが数百万人のアメリカ人のための基本収入のほぼ実行まで、彼は時が来たアイデアを紹介するので、伝統的な左右の仕切りを越えて歴史を通して旅をします。
が本のはしがきです。

Vox社の、ディラン・マシューズ記者が、そのルトガー・ブレグマンを直撃した記事が以下のもので、吾輩の取り急ぎの翻訳です。

出典:https://www.vox.com/future-perfect/2019/1/30/18203911/davos-rutger-bregman-historian-taxes-philanthropy

ダボスの非常に人気のある人物:金持ちに税逃れの中止を語る作家:に面談
「税金、税金、税金。私の考えでは、外すべてが馬鹿げてます。」

投稿者 Dylan Matthews @dylanmatt dylan@vox.com 2019年1月30日午後6時EST

先週スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムから出た最大のスターの1人は、CEOでも国家元首でもベンチャーキャピタリストでもありませんでした。それは、オランダ人ジャーナリストで歴史家のルトガー・ブレグマンでした、彼は、ダボスに行くような人たちのために増税するという:富の不平等と戦うことができると私たちが知っている一つのことについて語ろうとしない金持ちの参加者たちを非難するために、会議で語る時間をつかいました。

「消防隊の会議に参加していて、だれも水について話すことを許可されていないようです」とBregmanは述べました。「慈善事業について話すのをやめて、税金について話すのをはじめましょう…もう一度Bonoを招待することができますが、我々は税金について話しているはずです。それだけです。税金、税金、税金。私の考えでは、それ以外はどうでもいいのです。」
彼の主張を証明するかのように、1人のダボスの出席者 – ケンゴールドマン、ヤフーの元CFO – はBregmanとオックスファムインターナショナルのエグゼクティブディレクターでもあるWinnie Byanyimaを非難するために質疑応答期間を使った。そして、彼らはより高い税金に加えて不平等に対する解決策を提供することを要求した。
普遍的な基本収入(UBI)に対する私たちの共通の関心のために、私はしばらくの間Bregmanの仕事に従ってきました。彼の著書 『Utopia for Realists』は、重要かつ達成可能な目標として、UBI、オープンボーダー、そして15時間の週刊誌への情熱的な議論です。しかし、UBIはシリコンバレーのサークルで非常にファッショナブルであり、グローバル資本家は右翼のポピュリストによって開かれた国境を模索する道具として非難されることが多いので、彼はダボスにとって安全な左翼のアイデアだと思いました。
明らかに、私は間違っていました!私達は水曜日にSkypeについて彼のバイラルな瞬間、エリート資本主義とエリート慈善事業の問題、そして福祉国家の不可欠な役割について話しました。わかりやすくするために、会話は編集および要約されています。

ディラン・マシューズ
どのようにダボスで話をするのですか?

ラトガー・ブレグマン
私の本はだいたいダボスへのチケットだった。ご存知のように、基本収入はシリコンバレーで非常に人気のあるテーマであり、彼らが私にそれについて話して欲しいと思います。
会議中に、部屋の中の象について誰も話していないように、私はこの不快な気持ちになりましたね。だから、それは教育、気候変動、そしてフェミニズム、そして包含と何とか、何とか、何とか。正直なところ、解決策はとても哀れです。それは、「私たちは透明性に関する別のワークショップを組織するつもりです」、または「ビルアンドメリンダゲイツ財団とこの素晴らしいイニシアチブを持っています」。

それに、大きな慈善活動があるのでしょう。しかし、慈善事業は民主主義や適切な課税、あるいは福祉の良い状態に代わるものではありません。それで、私は考え始めました、私は金曜日に私の本を宣伝することに行くことができないだけです。それはできません。私は自分と同居できません。私は明白なことを述べる必要があります。
それで木曜日に、私は基本的に私の部屋に行き、スピーチを準備し、そして私はそれを心から学びました。翌日、Time誌の編集長であるEdward Felsenthalから質問がありました。そして彼は私に基礎収入と貧困と何とか何とか何とか何とかについて質問しました。私は多かれ少なかれそれを無視し、ただ私のスピーチをしました。

部屋の中での反応はかなり複雑でした。若い参加者の何人かは本当にそれが好きで、何人かのジャーナリストはそれが本当に好きでした、しかしあなたがビデオで見ることができるように、Yahoo CFO – そして彼のような他のかなりの人たちがいました – が本当にそれがいやでした。そして月曜日と火曜日に、それは完全に爆発しました。

ディラン・マシューズ
あなたはその本についてとても良いTEDの話をしました。TED会議での態度はダボスと似ていましたか、異なっていましたか?

ラトガー・ブレグマン
私はTEDもかなり奇妙な経験だと思いました。誤解しないで、それができることが大好きです。立ち上がるのは素晴らしいステージです。一緒に仕事をするのは本当に良いチームです。そして、2017年のその会議で見たTedの講演の大部分は、自分の主題をよく知っていてすべてを1つの話にまとめるために最善を尽くした人々からのものでした。
しかし同時に、それは実際にはそれが裕福で力強い人たちのためのネットワーキングイベントであることに気づくでしょう。だからステージ上にはこの進歩的な左翼的なものがあります、それからホールで、あなたは何人かの会話を聞き、何人かの人々に話しかけて、「おお、あなたは別の惑星から来ました」と実感します。政府は常に失敗し、我々は基本的にそれを廃止しようと試みるべきであると解説する人を覚えています。それはすべて私にとってばかげて聞こえました。

ディラン・マシューズ
慈善事業についてのあなたの考え方が近年どのように進化してきたのでしょうか。あなたのスピーチが爆発した理由の一部は、それがAnand GiridharadasやRob Reichのような人々による最近の本で表現されたこの感情を捕らえたことです。慈善事業は成功を収めました。

ラトガー・ブレグマン
Bill Gates、またはBill and Melinda Gates Foundationのような人を連れて行きます。私は彼らについて非常に複雑な感情を持っています。彼らが多くの善を成し遂げているという驚くべき証拠があります。彼らは基本的に何百万もの命を救っています、そして誰がそれに反対できますか?
しかし、私はそのようなことのために私たちが一人の男と彼の妻の慈善団体に依存している社会に住みたくありません。それは私の心の中で公正な社会がどのように見えるのかではありません。いかなる社会においても、慈善事業は非常に小さな役割を果たすべきであり、あなたは強い福祉国家、強い政府を持つ必要があります。そうすればあなたは民主的にあなたが何をしたいのかを決めることができます。
それはアナンドが非常にうまくいっている点であり、この慈善活動は言い訳、本当の問題について話すことから注意をそらすことになる可能性があるということです。ダボスでは、搾取、家賃探求を通じてお金を稼いだこれらすべての人々にあなたはそれに名前を付け、それからそれらのすべてから気をそらすために少しの慈善活動をします。あなたがそれに多くの注意を払うならば、それは本当のダメージを与えることができます。

ディラン・マシューズ
私は自分自身がこれで分裂しているのを見つけます。私は億万長者の慈善事業を見ていますが、その多くは単なるごみです。たとえば、アメリカのヘッジファンドマネージャーであるSteve Schwarzmanは、エールの新しい舞台芸術センターに1億5000万ドルを寄付しました。
しかし、これは無駄であり、生の権力の反民主的行使であるという私の確信は、Gatesのような人々の存在によって挑戦されています。私たちは億万長者が彼らの贈り物をすることによってそのような影響を及ぼさない本当の民主主義を持つべきであるという私の信念は多くの人々をマラリアで死なせないという私の欲求と衝突します。
あなたが少数の慈善家があなたのより広い批評と共に提供するそれらの本当の利益を調整するならば私は興味があります。

ラトガー・ブレグマン
ビル・ゲイツ氏のような億万長者が存在しない、アメリカでは格差がはるかに少ない、そしてそれがどのようになるのかという仮想世界について考えるのは興味深いことです。世界にはどのくらいのマラリアがありますか?
もっと悪い世界になるとは思わない。私はあなたがそれがより良い世界であると主張することができると思います – あなたは慈善家の前ではなく政府役人の前であなたは効果的な利他主義についてのあなたの話をしているのではないでしょう。それが私が住みたいと思う世界だと思います。
さて、明らかに短期間で、私たちは自分の持っているものを使って取り組まなければならないことを私は理解しています。だから私はビルとメリンダゲイツ財団が廃止されるべきか、あるいは何とかするべきだと言っているのではありません。彼らは素晴らしい仕事をしています。しかし、私は彼らが必要ではない、彼らが仕事をしている人々ではない社会に住みたいと思います。
また、Bill Gatesが大多数ではないことも忘れないでください。ほとんどの億万長者はそのような基盤を持っていません。そして確かに、彼らは多くの愚かなものに資金を供給しています。以下のようブランコ・ミラノービックはそれを置く、彼らはフィルハーモニー管弦楽団に資金を供給し、その後、再び彼らの労働者を搾取します。

ディラン・マシューズ
あなたの本の特に説得力のある部分は、父親主義的な政府プログラム(例えば、現金ではなく食べ物を与えること)に対する批判と、基本所得の地方分権化の力のための、市民の利益をよりコントロールする能力を市民に与えるというあなたの主張です。
私は、シリコンバレーやダボス生態系の多くの人々にとって、そのような推論は彼らの役割の正当化として役立つことができると思います:政府がマイクロマネージするのを信頼することはできません。政府が介入する場合には、ユニバーサルなベーシックインカムのように最小限に規制的なやり方であるべきで、世界の他の部分は、私たちを動揺させること無しに、私たち自身のために整理するために、独立した資本家として私たちにゆだねられるべきです。明らかに、あなたはそれが間違った結論だと思います。

ラトガー・ブレグマン
多くの場合、私たちは議論を資本主義と共産主義、あるいは市場と国家の間の何か、あるいはその他のものとして組み立てます。そして、私は実際にそれを回避する方法があると思います。それが私がアナキスト国家と呼ぶものです。国家はアナキストのように考えるべきだと思います。あなたが必要としているのは、再分配という点で大きな国家です。あなたは周りに富を分散し、彼ら自身の選択をするために基礎収入の形で皆に少しのベンチャーキャピタルを与えることができるようにするのに、比較的高い税の水準を持つ必要があります。しかし、どの程度具体的に提供されているのかを決定するそのヘルスケアでは、大量の官僚を必要としません。
オランダの良い例は、Neighborhood Care、またはBuurtzorgと呼ばれる組織です。彼らはすべての自発的なチームに1万人の従業員を抱えており、明らかに納税者のお金で州から資金を供給されています。
しかし、それからこれらの専門家はすべて自分でやります。彼らは、自分が採用したい人、必要な教育の種類を自分で決めます。彼らは競合他社よりも比較的安価であり、彼らは顧客に非常に人気があり、そして同様に彼らの従業員により高い賃金を支払っています。それはほとんどアナキスト組織のようですが、その後政府によって資金を供給されます。
そのようなモデルを大規模化できるのであれば、それが私の関心事です。しかし、欧州の観点からは、普遍的な医療のようなものにとって、それはここでの議論ではありません。我々はそれがうまくいくことを知っています。とても人気があります。私は本当に基本的な所得がそれらの偉大な業績への補足としてあると思います。

ディラン・マシューズ
基本収入の急進派から私が聞いた一つの批判はそれが政治経済を欠いているということです。伝統的には、左派政治の基盤は労働組合と大量労働者組織化であり、彼らはその後彼らが望むものを下から上に向けて扇動している。対照的に、基本的な収入は上から課された考えであるという認識があります、それがそれが多くの人々に利益をもたらすとしても、それは彼らを搾取しないための無産階級への支払いのトップダウンの試みとして、Mark Zuckerbergのような数字から、シリコンバレーから来ますとの認識です。
ダボスとTEDでの訪問者としてのあなたの経験は、基本的な収入がどのように達成されることができるかについてあなたの考え方を変えましたか?

ラトガー・ブレグマン
良い考えが上から来たとしても、必ずしも悪いことではありません。本当のリーダーシップの歴史の至る所に良い例があります – アメリカの歴史では、世論が彼らの後ろにいないとしても大統領は前進します。参加型の民主主義と参加型の予算編成で始まったブラジルの都市、Porto Alegreの例を見てください。それは本当に上から実行されましたが、それからボトムアップから同様に非常にポピュラーになりました。
労働組合の基本収入にもたくさんあります。一部の自由主義者やシリコンバレーが望んでいるように、あなたが福祉国家全体を廃止して人々に1つの小さな現金補助金を与えるバージョンではないことは明らかですが、それが実質的な基礎収入であるならば、それはまた普遍的なプール基金です。あなたはいつでもストライキにいけ、仕事をやめることができます。労働組合はそれを好むべきです。
それは政治的討論の周辺で完全に忘れられた考えであり、そして今ダボスのような場所に招待されています。私が最初に話したのは、少人数のアナキストグループのためのものでしたが、今はこのような場所です。それは私が私の本の中で見せようとしたもう一つの例です:新しいアイデアは周辺から始まり、それらは中心に向かって移動します。
エリザベス・ウォーレンの税制と[Alexandria] Ocasio-Cortez の周りで起こっていることと同じです。Overtonウィンドウが正しい方向に動いています。

ディラン・マシューズ
15時間の週労働について話すとき、そのようなエリート群衆はあなたに異なった反応をしますか?それはあなたの本の中でもう少しエリートなカシェを持った考えです。

ラトガー・ブレグマン
CEOにとって非常に快適になることができる短い仕事の週の考えのバージョンがあります。あなたが言うだけでは、 “私たちは5日間の勤務時間から4日間に移動しないのはなぜですか?我々はもっと生産性を上げ、もっと創造的であり得ます。彼らは、「ああ、それはおもしろい」と同じようなものです。しかし、明らかに、私の主張はもう少し基本的なものです。私たちは仕事とは何かを再考する必要があります、そして今私たちは膨大な量のでたらめな仕事を持っています。
この最近の論文を見ましたか?それは社会的に無用な仕事についての2人のオランダのエコノミストによるものであり、それはDavid Graeberが述べた現象に関して行われた最初の適切な世論調査です。37カ国の27,000人の従業員が質問をされました:あなたの仕事は公益に何か貢献していますか?8%がノーと答え、17%が疑った。それを合計すると、労働者の約4分の1が彼らが何かに貢献しているかどうかわからない。
そして、この論文の素晴らしいところは、彼らが職業や分野ごとに分けているということです。財務が非常に高く、マーケティングが非常に高く、警察官、消防士、または教師にとって、文字通りゼロ、ゼロパーセントです。それで、私は仕事中に、そしてより短い労働週について欲しかった議論です。しかし、それは明らかに彼らがダボスで興味を持っていたものではありません。

ディラン・マシューズ
トランプ/ギアート・ウィルダーズ主義は、あなたのものやGiridharadasのものとはまったく異なる別の批判の主義です:これらは、オープンボーダーや、アメリカとオランダの誠実で優秀な(白人)働く人々を破壊するための計画です。あなたはオープンボーダーのための声高な支持者です ― あなたはオープンボーダーのための有用な同盟者としてエリートを見ますか?

ラトガー・ブレグマン
実際にはありません。彼らが持っているのは特権的な少数のための開かれた国境です。私は皆のためのオープンボーダーを主張しています。それは明らかに私の本の最もユートピア的な考えです。Geert WildersやDonald Trumpのような人々は、これを言うとき部分的に正しいです。私はチャタムハウスの規則の下でジャーナリストが許可されていないプライベートパネルにいました。そこで一人の男が言った、「ああ、あなたは増税することができます、しかし私はただ動くでしょう」。そして私は、フランスで起こった黄色いチョッキの動きのようでした、そして彼らは、「あなたは自分の国にも、忠実じゃない。ならばすぐに怒りなさい。」のようなので、人々は非常に怒っています。だからその批評は部分的に正しいです。
しかし、「ああ、私はただ別の国に引っ越すつもりだ」というその脅威を余りに真剣に受け止めるべきではないと私は思っています。彼らが住みすぎる国が好きなので、人々がそうしないケースがたくさんあると思います、そして、とにかく彼らがとにかくそれをするならば、多分私たちはとにかくそのお金を持ちたいと思うべきでなく、あるいはグローバルレベルで協力するべきです。

                                                                                           以上

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top