今年何百万人もの人々が驚きの納税請求書に見舞われている理由

はじめに;
今年は、早期に還付を受けるために確定申告を早めに行っているアメリカの納税者が怒っているとの記事が掲載されていたので、アメリカの納税者は本当にそんなに馬鹿なのかも含めて検証するために、ここにご紹介します。GAOの報告書を読まなくても、「今年の源泉徴収税額は、今までのように多くないので、手取りが多くなった分だけ確定申告での還付の可能性は少ないばかりか、追加の納税額があるかもしれないですよ。」などと源泉徴収義務者が、一言、給与払いの際に伝えれば済むことでしょうと小生は思ううのですが、トランプさんが、昨年の2月以降、給与は増えるよなどと、自らフェイクニュースをツウィートしていることにも責任があるのかもしれません・・・。

出典: https://www.vox.com/policy-and-politics/2019/2/6/18214039/irs-tax-refund-withholding-trump

今年何百万人もの人々が驚きの納税請求に見舞われている理由

納税請求書の見栄えを良くしようとする努力が、見栄えを悪くしました。
Matthew Yglesias @ mattyglesias によって matt@vox.com 2019年2月6日、東部標準時午後2時10分
所得税の払い戻しを受けることに慣れているアメリカ人は、早い時期に(多くの場合、すべての事務処理が利用可能になる1月下旬または2月上旬に)申告する傾向があります

が、今年は、多くの早期の確定申告者が、実際に彼らがIRSに納税の必要があるとの驚きに見舞われています。

ユーザー@smarxistが故意にDonald Trump大統領に増税して怒っている人々を選び出したので、1つのツウィートが、不愉快な早期申告者からの他のつぶやきを駆り立てることが活発になりました。

真実はもう少し複雑です。
新しい税法では、一部の人々がより高い税金を支払うことになりますが(特に長期にわたって)、ここでの具体的な問題は支払われる税金の合計ではなく税金の払い戻しです。あなたが申告時にIRSに払い戻しを受けたり追加料金を支払ったりするかどうかは、あなたが支払うべき総税金だけでなく、給料日にあなたの雇用主があなたの給料からいくら徴収するかの関数です。そしてここでの大きな話は、新しい税法の結果として、財務省が事態を調整して、平均して納税者の源泉徴収額が実際の納税額を上回ったことです。
これは昨年の夏の会計検査院の報告書ですべて説明されていましたが、多くの人々がGAO報告書を定期的に読んでいるわけではなく、源泉徴収状況の確認にGAOの公式アドバイスを受けていません。その結果が?驚きの納付請求書なのです!

源泉徴収の説明
所得税および給与税は、理論的には、4月中旬に年1回徴収されます。
しかし実際には、政府は雇用主に、年末に労働者に課される税金の額を計算させます。その後、各支払い期間ごとに、企業は適切な金額の金をIRSに直接転送し、残された金額をあなたに支払います。あなたが年の初めにあなたの税金を申告するとき、あなたはあなたがすでに支払った税額とあなたが負っている税額を比較し、払い戻しまたはより多くの納税の請求を得ます。そして歴史的には、制度上、ほとんどの人(約75%)が払い戻しを受けています。

それは、政府が、未収の人々から現金を集めることを試みるよりも、未収の人々に払い戻しを払うほうがはるかに簡単だからです。
さらに、源泉徴収が発生した場合、それは通常エラーか、あるいはフルタイムの仕事をしている人のような特別な状況が原因で起こります。事実、政府はあまりにも源泉徴収を嫌っているので、あなたが主にあなたの収入をフリーランスまたは自営業の仕事から得ている場合、あなたは四半期ごとにあなたの税金を前払いしない限り彼らはあなたに罰金を科せます。
このシステムは、歴史的に皮肉なことに、当時は第二次世界大戦の勝利を手助けしようとしていたが、戦後の福祉国家の未熟な英雄であることになったミルトンフリードマンによって有名になりました。当時の議長だったPaul Ryan氏、Steve Mnuchin財務長官、そしてTrump氏は、物事を揺るがすことを決めるまで、すべてのことは平穏に音を立てて進んでいました。

税法が源泉徴収を変更した方法
2017年の減税および雇用法は主に、金持ちの事業主の減税に焦点を当てていました。年間数百万ドルの利益を生み出す「中小企業」を所有する人々と同様に、数百万ドル規模の土地を相続する立場にある人々は莫大な減税を受けました。そしてもちろん、法人所得税率の大幅な引き下げが行われました。そのうち、株式市場の価値の80パーセントが最も富裕な10パーセントの人々によって所有されている国では、大部分の利益が株式所有者に流れます。
しかし、中流階級の労働者にも変化がありました。
最も有名なことに、TCJAは以前に実施された項目別控除の廃止を廃止する一方で、一般住宅税の控除(州の住宅ローンの利子控除および州および地方の税控除を含む)の全額を排除または抑制した。結果として、ほとんどの人の税控除の価値は下がりましたが、何人かの人はもっと控除するようになりました。それからこれらの失われた税額控除を補うために、児童税額控除はより寛大になり、そしてまたより豊かな人々に与えられ、そして標準的な控除はもっと大きくなりました。個人所得税率は、その代わりに、下落しました。

全体として、これは少数の人々のためのより高い税金がアメリカ人の大多数のためのより低い税金を意味する。それはまた、事実上すべての人の税務状況が以前とは少し異なっていることを意味します。多くの場合、紛失や獲得した控除や控除の内外での複雑な方法があります。そのため、全員の源泉徴収額を新たに計算する必要がありました。
その法案もまた非常に不評だった。しかし共和党員は、2017年12月に、新たな源泉徴収が開始された2018年2月に変更される可能性があることを確信しました。

「1月1日、アメリカ人は新しい税法で目覚めようとしています。2月1日に、彼らは源泉徴収が減少するのを見ることになるでしょう、それで彼らはより大きな給料を見ることになるでしょう。」とポール・ハギスライアン氏は言います。トランプは似たようなものをつぶやいた。

これはすぐに、ワシ目のデビッドDayen(この記事の筆者)に、トランプは(IRSを実行するために、珍しい選択で、税の執行プロではなく、政治的な人物であるある)IRSコミッショナーに、中間選挙に先立って、減税が国民の懐に与える影響を誇張するために、源泉徴収を故意に減らさせるように計画していたのではないかと疑わせることとになりました。

14か月前の彼の記事以来、政治的な操作の明確な証拠は現れていません。しかし、7月のGAO報告書は、これが実際に起こったことであることを確認しました – 支払われる税金と源泉徴収の両方が下がりましたが、源泉徴収額が下がり過ぎました。

財務省は、新しいシステムがより正確であると言います
GAOの推計によれば、源泉徴収が全く正しい人々の数は、新しい制度のもとでもほぼ同じままです。変更は、過大に源泉徴収される納税者がより少なくあるべきであり、より多くの納税者が、少なく源泉徴収されるべきであるということです – 言い換えれば、より少ない人々が払い戻しを受け、より多くの人々が支払いを求められるでしょう。

財務省の見解は、これがより良い方向への変化であるということです。古い制度では、納税者の75%が返金を受けていました。つまり、源泉徴収制度の平均的な目標設定は不十分でした。より少ない人々が払い戻しを受け、より多くの人々が余分なお金を借りる新しいシステムに切り替えることによって、彼らはよりバランスの取れた結果を達成するでしょう。

これが共和党員に中期的に後押しを与えることを意図したものであったとしたら、それは明らかにうまくいかなかった。それは部分的には、年に一度の納税申告プロセスは隔週の自動源泉徴収プロセスよりはるかに重要であるためです。実際、彼らは今や、人々が今では受けようとしていない税金の払い戻しを期待していた何百万もの人々を含む怒る大衆からの反発に直面しているのです。
実際には、長期的にはTCJAは多くの労働者階級および中流階級の人々の税金を引き上げだろう。予算の調整規則を遵守するために、共和党は、非逆進的な減税は10年後にほぼ期限切れになる一方、歳入増および法人税減税は恒久的なものとなるようにしました。しかし、これは税務政策の議論の重要な(そして有効な)部分ですが、それはこの冬に起こっていることを表すものではありません。トランプ氏が意外にも増税したように思われるかもしれませんが、ほとんどの場合、それは生じていることではありません。
                                  以 上

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top