グリーンニューデイ―ル物語

はじめに;
ご案内の通り、ニューデイールの語源はと言えば、新規まき直し政策の意で,1933~39年にアメリカの F.ルーズベルト大統領が大恐慌の経済危機を克服するために実施した政策の総称といわれ、1929年の大恐慌により機能停止状態に陥った米国経済の危機打開のために,1933年以後F.ローズベルトがとった一連の政策。伝統的な自由主義経済の原則を大幅に修正し,連邦政府が積極的に経済に介入することを基調とした。金本位制の廃止,銀行救済,管理通貨制の導入をはじめとし,全国産業復興法,農業調整法,労働者保護のためのワグナー法,および社会保障法などが制定され,公共事業としてのTVAが設立され、世界的な金融危機の夜明けに、フランクリンD.ルーズベルトが77年前にアメリカの大恐慌から抜け出した労働改革とインフラへの歴史的支出と軍備を正当化するるために考案した「ニューディール」の概念は魅力的であることがわかった。

ニューデイールの元祖国たるアメリカで最初にグリーンニューデイール(以下「GND」という。)という用語が使われたのは、ニューヨークタイムズのコラムニスト、トーマス・フリードマン氏が、2007年のコラムで グリーングローバリズムの一種として呼んだのに始まるらしいのです。

ここでご紹介するのは、現時点で吾輩が気づいた、GNDに関する解説記事で、もっとも幅広く集大成されていると思われる記事です。ほぼ完訳していますが、冗長過ぎて我が国に参考になるとは思われない部分は省略しました。興味のある方は、下記のサイトを開いてください。情報源が多岐にわたっているので、今後フォローするうえで参考となることは確かです。

グリーンニューディール、解説

反対運動が、野心的な気候変動解決策を後押しするよう民主党員をたきつけています。
投稿者David Roberts @ drvox david@vox.com 更新しました EST、2019年1月7日、9:02

出典:https://www.vox.com/energy-and-environment/2018/12/21/18144138/green-new-deal-alexandria-ocasio-cortez

気候変動に関する政府間パネルからの最近の報告が信じられるとすれば、人類は、壊滅的な気候変動の影響が避けられないようになる前に炭素排出量を管理するのに10年ちょっとかかっています。
共和党は一般的にその問題を無視するか否定します。 しかし民主党はそれを受け入れ理解するべきだと主張しています。そうだとすれば、民主党が気候変動に取り組む計画を持っていないのは奇妙です。
彼らの最後の大きな計画 – アメリカのクリーンエネルギー安全保障法 – は2009年に下院を通過しましたが、上院の階に到着する前に突発的な死を続けました。 それ以来、それに代わるものは何もありません。
再生可能エネルギー税額控除、燃料経済基準など、多くの民主党の政治家が気候汚染を減らす政策を支持していますが、これらの政策は包括的な解決策にはならず、確かに気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が提案するような大したものでない提案が必要です。
気候変動の被害と共存することを余儀なくされる若い活動家は、この動揺を見つけます。それで彼らは彼ら自身の計画を提案しました。 これは、Green New Deal(GND)と呼ばれ、1930年代のFranklin Delano Rooseveltの元のNew Dealを彷彿とさせる言葉です。そして、それは町の話題となりました。 これが過去数ヶ月のGoogle検索です。

GNDの概念は新しいものではありません
米国で最初に「GND」という用語が使われたのは、ニューヨークタイムズのコラムニスト、トーマス・フリードマン氏が、グリーングローバリズムの一種として2007年のコラムで (そして彼の著書であるホット、フラット、およびクラウド )で呼んだものです( Kaufman がこの歴史の物語の中で指摘しています。)
同じ頃、2007年にイギリスのエコノミスト、リチャード・マーフィーがGNDについて話し合い、 グリーンニューディールグループを創設しました。 国連もまたこの考えを取り上げ、2009年に世界規模のGNDを求めました 。
しかしその後、2009年に英国ではトリーズが勝利し、米国では共和党が2010年の中期を席巻し、少なくとも政治家の間では、その考えはほとんど鳴りを潜めていました。

2016年に、GND はジルスタインのグリーンパーティー大統領選挙キャンペーンの中心的存在となりました。 実際、GNDは10年以上にわたり、米国グリーンパーティーのプラットフォームの一部となっています。 (それはまたヨーロッパの緑の党のプラットホームの中心でもある – ヴッパータール研究所からのこの研究を見なさい。)
Bernie Sandersの2016年キャンペーンには、GNDが含まれていました。 そして、2018年の中頃には、現在は代表選挙のAlexandria Ocasio-Cortezがそれを取り上げました。
しかし、そのカプセルの歴史そのものというブランドの歴史は、知的系統をいくらか短く売ります。 GNDの多くの部分は長年にわたって多くの人々によって取り組んできました。構成概念 – 100%クリーンエネルギー。 新しい、より良い経済へのただの移行。 大規模な公共部門への投資 – 新しいものではありません。公共インフラ投資と新たな雇用を中心に構築された、労働と環境保護主義者の間の「青緑色の同盟」の話は、2000年の大統領候補ラルフ・ネイダーにさかのぼります。 実際の作業は、少なくとも2006年のブルーグリーンアライアンス設立以来、現在進行中です。AFL-CIOには独自の大きなインフラストラクチャ計画があります。右翼のスミアキャンペーンが政権から彼を追いやる前に、Van Jonesは2008年にグリーンジョブについての本を書き、さらにオバマグリーンジョブアドバイザーとして一時的に働いた。 グリーンエコノミーの枠組み全体がほぼ根付き始めましたが、2010年にデムが防衛策を講じた後は、その背景は薄れました。ワシントン州では今年、活動家たちが炭素税とGNDスタイルの投資計画を組み合わせた投票イニシアチブを実行したが、3000万ドルの石油マネーに直面して、それは敗北に向かった。それにもかかわらず、基本的なGNDの考え方は消えずに残っています。 そして、彼らの魅力は、気候に関する警告がより厳しくなるにつれて大きくなっただけです。 彼らは、過飽和溶液のように集合した水の中にいて、周りで結晶化する粒子を待っているだけでした。その粒子は11月に来ました(米国議会の中間選挙での下院での民主党の逆転劇のこと。訳者注)。

GNDが直面している3大課題:それに対する支払い、大衆への納得、そして民主党に対する勝利
GNDは過去数十年の間にワシントンDC周辺で跳ね上がってきたほとんどの政策思想よりはるかに野心的です。アイデアから立法へと移行することは、リストにするにはあまりにも多くの障害を克服することを含むでしょう。
GNDは根本的に根本的な変化に対する議論であるため、反応を促すことは確実です – 現状の防御。アルバート・ハーシュマンは、彼の1991年の本に書いたようにし、反応のレトリックを、議論は(3つのコア反動のテーマを中心にクラスタ化されますハーシュマンを引用):「無益 -ソーシャルエンジニアリングのすべての試みは、物事の自然な順序を変更するには無力であることを主張。逆境 – 介入が実際に裏目に出て、意図された効果の反対を持つという議論。そして、危険 – 新しい、おそらくもっと急進的な改革が、より古くて困難を勝ち取った自由主義改革を脅かすだろうという考え。」

GNDはワシントンに来る
2016年のレースの後、サンダースのキャンペーンに取り組んだ人々の中には、400人の新しい顔を集めて議会を引き継ぐという大胆な目標を掲げて、 Brand New Congressという組織を設立しました。 共有プラットフォームの一部は、野心的な第二次世界大戦スタイルの気候変動の動員でした(ただし、まだブランドGNDではありません)。
その努力は議会による買収をもたらさなかったが、実がなかったわけではなかった。Brand New Congressは、Rashida Tlaib、Ilhan Omar、Ayanna Pressleyのようないくつかの受賞候補者を募集するために続いている正義民主党というグループをスピンオフしました。その中には、ニューヨークの第14地区小学校で現職の中心主義者である民主党のジョー・クロウリーと対戦した若いバーテンダー、オカシオ・コルテスがいた。 Brand New Congressの共同創設者であるSaikat Chakrabartiが、Ocasio-Cortezの共同キャンペーンマネージャになりました。 そして、気候変動を最優先課題に掲げているOcasio-Cortez氏は、グリーン動員計画を積極的に受け入れ、GNDブランドの採用を開始しました。
それから会議の新しいメンバーのためのオリエンテーションの最初の週が来ました。
Alexandria Ocasio-Cortezと彼女のキャンペーンマネージャ、Saikat Chakrabarti。AP
その週にいくつかのことが集まった。 地球規模を制限するという(すでに不十分な)国際目標に打撃を与えることが期待されるならば、IPCCはその直前の報告を発表しました。気温は摂氏2度以下に上昇します。
選挙のおかげで、すでに左側には膨大なエネルギーと動員があり、若い活動家たちは気候変動を議題のトップに押し込もうと熱心でした。
それからHillの作品は、House Democratsが優先順位のリストのどこにも現れていない気候変動に動く計画がないと報告しました。 その間、ハウスマイノリティリーダーのナンシーペロシは、選挙の翌日から「 超党派のアイデアの市場 」について話し始めました。
Pelosiは、エネルギー独立と地球温暖化に関する選択委員会( 2007年から2011年、RIP )を復活させることを計画していたが、活動家や社会民主主義の次期クラスにはもっと大胆なものが欲しいと述べた。
彼らは共和党との協力を追求することに何の意味も見なかった、これは10年間無益であることが証明されている戦略である。 そして、彼らは、聴聞会を開いて地球温暖化が本当のことを話し合う以外に何もしないであろう委員会に気候政策が隠されることを望まなかった。
しかしそれは彼らに何かを求めるものを与えました。 彼らは、新しい議会が宣誓される前に完全なGNDをそれほど要求することができませんでした。しかし、彼らは誓約を求めることができました。
そのため、GNDを中心に組織された若者主導の組織であるSunrise Movementは、Pelosiのオフィスに座り込み、歯のある委員会を要求する計画を立てました。 IPCCの報告
SunriseはOcasio-Cortezに、おそらくはつぶやきで、イベントの宣伝に役立つかどうか尋ねるように依頼しました。 代わりに、彼女は現れることを誓った。 彼女と彼女のチームは、GNDを公衆の意識にそして民主的なアジェンダに押し上げるための早い方法を模索していました。Sunrise、Ocasio-Cortez、そしてJustice Democratsが協力して、 グリーンニューディールに関する選択委員会の提案を速やかにまとめ、そのような委員会が生み出す計画の種類に対する彼らのビジョンを概説しました。
11月13日、Sunriseは200人近くの若手活動家をPelosiの事務所に連れて行った。オリエンテーションから休憩を取ったOcasio-Cortezは、集まって彼女の支持を示すために立ち寄った。 メディアは群がった 。振り返ってみると、それはその場で一緒に来ましたが、タイミングは偶然でした。 選挙は終わった。 大統領選挙はまだなかった。 トランプはほんの数分でツイートしていませんでした。 政治報道は退屈した。 IPCCは気候変動をニュースに載せました。 そして、若く、新しく選出された、まだ宣誓されていない進歩的な代表が彼女の指導者に対する若者の抗議を導く見込みは魅力的ではないと証明された。
その後数週間のうちに、Ocasio-CortezとSunriseは次期議員にGND Select Committeeの計画へのサインオンを促しました。 12月10日、ペロシのオフィスにもう1人の座り込みがありました。今回は活動家たちがドアを広げました。 最後には、Booker、Sanders、Jeff Merkleyなど、 著名な上院議員 40人を含む40人の議員が、委員会を支持するために署名しました。それは深刻な気候行動のための勢いを増す活動家キャンペーンであり、それは見出しを作っていました。

民主党のリーダーシップは、活動家のタックルを防ぐ
議会の委員会での衝突劇(大した中身がないので省略)

GNDのための次のもの
委員会の戦いは落胆していましたが(そして誰もがその戦術的な知恵に同意しているわけではありませんでした)、その反響はDCをはるかに超えていました。 それはその動きに大きな衝撃を与えました。
〈中略〉
「彼らが計画を立てようとしていないのであれば、」とウェーバー氏は言います。 “私達はします。 科学者、エンジニア、コミュニティリーダー、市長、市議会議員が集まり、自分たちで計画を立て、次の2年間でそれを実現するために外出して公的および政治的支援を構築します。」
Weberが認めているように、「GND」は現時点ではほぼ何でもを意味します。 今や競争は、それが特に何かを意味するようにすることです – 活動家と疑問が同意することができる、政治家が走ることができる、そして公衆が集まることができるという何かを生み出すことです。

新しいシンクタンクがGNDを政策プラットフォームに変える
現在のところ、この運動の唯一の「公式」版のGNDはOcasio-Cortezの文書です。 それは広くて野心的であるように、それは一連の高レベルの目標よりも政策的プラットフォームではありません。 それぞれ(例えば、「交通機関やその他のインフラの脱炭素化、修理、改善」)は、政府のさまざまなレベルで何十もの政策を必要とするでしょう。
政策面を埋めるための最初の、そしてこれまでのところ唯一の深刻な努力は、新興のシンクタンクData For ProgressでGreg Carlockからの報告でもたらされました。 しかし、そのレポートでさえも、広範なポリシーメニューよりも特定のポリシー選択のセットではありません – プログラムの大規模な目標のそれぞれに対する、標準の構築から農業における新しい技術、トランジットへの投資までのすべてのオプション。 それは政策立案者の詳細なスナップショットのようなもので、そこから建築家は計画をまとめていくことができます。
それはまたそれらの目標を結びつける物語であり、そしてその中心的テーマ – 現代のすべてのGND研究の中心的テーマ – はGNDが単なる気候変動政策ではないということです。 それは、新しい社会経済関係の周りに構築された、新しい種類の経済のビジョンです。 それは単に排出量を減らすだけでなく、後期資本主義経済の他の症状や機能不全を改善するための方法でもあります。
「気候変動は、悪い経済システムの新たな特性です」とCarlock氏は言います。 その時代遅れの経済システム – 「新自由主義」という名前の下にある漠然とした一連の仮定と権力関係 – が、GNDの真の目標です。
GNDは、その核心において、社会民主主義的ポピュリズムの一形態です。 その目的は、21世紀への適応という共同プロジェクトに市民全体を巻き込むことであり、そうすることで貧困層および中産階級の生活の質を大幅に向上させることです。 それは、公共財と公共目的についてのより寛大な見方に向かって、民間財への単なる狂信的な焦点から離れて、経済と政治体制を再調整する試みです。
1935年、FDRは社会保障法に署名しました。ウィキペディア
少なくともそれがアイデアです。 しかし、その考えから、多様な支持者が集まることができる(そして幅広い民主党員が支持することができる)具体的な政策プラットフォームに到達することは、繊細で有難い仕事になるでしょう。 これらのあふれた政策選択をすることは、私があなたがもっともっと聞いていると思う名前を持つ若い政策アナリストの肩に大部分落ちるだろう:Rhiana Gunn-Wright。
ミシガン州でのAbdul El-Sayedの反乱的な国際選挙運動の政策責任者を務めたGunn-Wrightは、New Consensusと呼ばれる比較的新しい政策店に勤めています。 少なくとも2020年まで、その唯一の焦点は、2020年に民主党が理論的には法案にすることができる政策プラットフォームをまとめることである(NortheyはNew Consensusについての良い話をしている)。
主催者のDemond Drummerがエグゼクティブディレクターを務めますが、Gunn-WrightがGNDの取り組みを主導します。
明らかに、世界最大の経済を根本的に変革する方法を考え出すことは、一人の人間にとって引き受けることがたくさんあります。 私がGunn-Wrightに何が入ったのか知っているかどうか尋ねたところ、彼女は笑いました。 “それは本当にエキサイティングです!”私はこれらの問題に取り組んできた多くの人々や組織ではなく、新しい店にポリシーが与えられる責任について、あちこちで困惑していると聞きましたが、Gunn-Wrightは彼女が着手していないと説明するのは苦痛です自分でGNDを書く。
「これには、驚くべき量の政策知識、複数のグループ、間違いなく複数の人が持ち込むことができることが必要です」と彼女は言います。
そのアイデアは、専門家や活動家を招いて、いくつかの事項を規範とした共有ビジョンをはっきりさせるが、他のものにはオプションのメニューを提供することです。 その結果、プラットフォーム、つまり「組織化の一形態としての政策決定」を使用することができるようになり、個々の戦いに集まっている活動家や活動家たちが深い仕事をすることさえ「より大きな枠組みと計画に結びつく」ことができます。彼女が言います。
何よりも、ニューコンセンサスは「コミュニケーションと連携を進めていく」ことに熱心です。
これまでのところ、GNDの交通機関の目標はかなり幅広く意欲的であると述べたとき、Gunn-Wrightは最近これらの問題が頭に浮かんでいることを明らかにしました。
「小型電気自動車にとってそれはどういう意味ですか?」と彼女は尋ねました。 私たちはどのように航空を取り扱っていますか? 配送はどのように扱っていますか? 水素燃料電池はどこに適合しますか? どのようにしてこれらの展開を実行するのに十分な状態に州を集めて十分な艦隊を得るのですか? (私たちはスクールバスをどのように扱っていますか?)(これは数分間続いた。)
それとも電気はどうですか? 現在、Gunn-Wright氏は、New Consensusは一部のアナリストと提携して、「 再生可能なポートフォリオ基準 」と炭素税がある場合の見た目をモデル化していると述べています。 これら二つのことはどのように相互作用しますか? 排出量への影響は? (これも数分間続きました。)
私はこの不思議を喜んだが、Gunn-Wrightはまた、このプログラムが一般の人々、特に貧しく脆弱な人々に与える影響について何度も何度も会話を繰り返した。 「私は(ユーザーエクスペリエンスの)研究者として少しの時間を費やしました」と彼女は言います、「私のチームもエンドユーザーについて考えます。」平均的な市民はどのようにして適切な仕事を見つけますか。
「あなたがより多くのお金または権力へのアクセスを持っているならば、あなたはそれをより簡単にするためにオプトアウトまたは支払うことができます」と彼女は言います。「すべての混乱を経験しなければならない人々は、一般に貧しい人々であり、権力へのアクセスが最も少ない。」
Gunn-Wrightのこの問題に対する指揮は、公共部門に対する「市場の形成と直接的なイノベーション」に対する無礼な信念、そして低所得層および労働者階級に対する明白な懸念と相まって、New Consensusが生み出すものを見ることに興奮させた。

経済変革を導き、あらゆる経済部門を脱炭素化し、すべてのアメリカ人に恩恵を受けた給与の高い仕事を保証し、その国の最も強い回復力を強化することができる首尾一貫した政策プラットフォームを調整し開発すること。脆弱なコミュニティは、国のあらゆる地域からの政治家の支援を指揮し、そして活動家の間での熱意と行動を刺激する。

しかしガンライトは楽観的だ。 「私は、私がそれほど多くの善意、情報を共有する人々、彼らの才能を活かして会話をすることを望んでいる人々と出会った政策問題に取り組んだことは一度もありません」と彼女は言います。 “それは私に多くの希望を与えます。”それでもまだ特定のGNDを打ち破ることは残っています。 しかし、それはまったく内容がないという意味ではありません。 少なくともSunriseとOcasio-Cortezを巡る動きの間では、中心的な要素についてかなりの程度のコンセンサスがあります。

GNDの3つのコア原則:脱炭素化、雇用、そして正義
私が話したすべての人に同じ質問をしました。あなたの収益は何ですか? それが名前GNDを獲得するためにそれが政策プラットフォームに何がなければなりませんか? 答えは細部と強調においてかなり異なっていました、しかし、彼らは3つの基本的な原則のまわりに集中しました。
1)計画は経済を脱炭素化しなければならない。
気候変動の影響を受けながら生活しなければならない若者は、政治的に可能であると考えられるものではなく、必要なものから始まる計画を望んでいます。 「我々は、政策がIPCC報告書の調査結果と一致するように、つまり問題の規模と一致させることを望んでいます」と、正義民主党員のWaleed Shahidは述べています。 ガンライトが言っているように、「私たちはずっと前進する必要があります」。
それは、米国経済の脱炭素化を意味します:電力セクターをできるだけ早く炭素ゼロにし、その後すぐに他のセクターをゼロにすることです。 それはすべてのアメリカ人の生活に影響を与えるだろう壮大な約束です。
Ocasio-Cortezのプラットフォームは10年以内に100%の再生可能エネルギーを要求しますが、それが可能であると信じている政策専門家はほとんどいません。 Carlock氏は、この分野での他のほとんどの疑問と共に、100%の「クリーンで再生可能なエネルギー」で撮影することが望ましいと考えています。あるいは炭素の捕獲と隔離。 そして彼らはまた、ターゲットを少し押し出すことが最善だと考えています。 (Carlockは2035年にそれを持っています。)
他のエネルギー用途は電気よりさらに挑戦的になるでしょう。 脱炭輸送には、おそらく2030年までにガソリンとディーゼル車の販売を禁止し、航空輸送と重輸送をどうするかを考え出すことによって、電気自動車の普及を急激に加速させることが含まれます。
ビルは、米国の年間二酸化炭素排出量の約40パーセントを排出します。 建物を脱炭素化するには、すべての新しい建物にゼロカーボン基準を導入し、既存の建物を大規模に改装するための資金を調達します。既存の建物の何百万もの暖房や冷房に天然ガスなどの化石燃料を使用します。
それから、脱炭素化が謎のままである重工業があります、仕事はほとんど始まっていません。
そして何度も。 Ocasio-Cortezの計画は実際には10年以内に電気だけでなく米国経済全体を脱炭素化することを要求しており、これはアメリカ人のエネルギー消費の根本的な削減、緊縮財政のようなものを除いてほぼ確実に不可能である。 Carlockの報告が要求するように、2050年までに経済を脱炭素化することでさえも、それぞれが独自のジレンマと根強い利益に直面している何百もの個別の政策問題を含む、非常に困難な挑戦です。
2)計画には、連邦雇用保証と大規模公共投資が含まれなければならない。
繰り返しますが、GNDは単なる気候政策ではありません。 それは経済を変革し、貧困層や中産階級を引き上げ、そしてより筋肉質で活発な公共部門を創造することです。
GNDは「公共部門、民間部門、そして人々の間の権力関係を再交渉する機会を開く」とガンライトは述べています。 「我々は、我々の経済においてより民主的な構造を生み出す解決策に興味を持っています。」
Weber氏は、「非常に多くのアメリカ人がいまだに感じる経済的苦痛に表裏一体の関係を結びつけ、気候変動への取り組みを通じてより良い経済を築き、生活を向上させる方法があることを人々に示す」ことが重要です。
そのためには、連邦政府による雇用保証とともに、10年間で数兆ドル規模の大規模な投資が必要となります。 1時間に少なくとも15ドルを支払う仕事は、良い恩恵を受けて、希望する人なら誰でも利用できるでしょう。
政治的には、これがGNDへの鍵です。 それは、全員を巻き込み、全員を助けることができ、そして理論的には、気候変動を気にかけていない赤の州の人々でさえも、全員から支持を得ることができるプログラムです。 投資と雇用保証は、環境政策の領域からGNDを取り除き、それを変革的な経済政策の領域に移します。
しかし、ポリシー面では、これも多くの点で、最も調理されていない部分です。 連邦の雇用保証は、不思議の中でかなりの支持を得ていますが(ここでは、Levy Economics Instituteの学者からの支持を得ている議論ですが)、かなりの反対意見もあります。(Matt Bruenig は、いくつかの異議を申し立てる 。経済政策研究所のJosh Bivensは、 完全雇用に達するための他の方法を主張している 。)
基本的な問題について考える方法は、次のとおりです:現時点で仕事を求めているすべての人を訓練し、雇用しようとしている – スキルが異なる人々は常に変動しています。 あなたは大規模な投資プログラムを通してそれらの仕事を提供しようとしています。 しかし、どのような種類の投資が、絶え間なくスキルと構成を変えるという労働力のための仕事を提供しますか? 具体的には、これらの投資のどのサブセットが「環境に優しく」、モーフィングや反循環的な雇用に適しているのでしょうか。
見かけほどお金を使い、人々を雇用するのは容易ではありません。 Carlockは、彼のレポートに多数の投資アイデア(ブラウンフィールドの修復や植樹など)を書いていますが、十分なアイデアが見つかったとしても、全国の州の事務所やコミュニティセンターで広められる管理は困難なままです。
「全国の何千もの政権が、ランダムな期間にランダムなスキルのセットを使ってランダムな労働フローを有効に活用できるという考えは、かなり信じられない」とBruenigは主張する。
Gunn-Wright氏は、雇用保証には多くの道がありますが、それを少しずつ増やしていきます。 仕事と投資の両方が段階的に行われ、テストと実験を通じて拡張される可能性があります。 「パイロットとスケール」、Carlockは言います。
それでも、少なくとも、計画のこの(政治的に中心的な)要素を実行可能な法律にするためには、かなりの量の政策作業が進められています。

3)計画には公正な移行を含める必要があります
私が話した何人かの人々は、元々のニューディールの過ちを避けたいと強調しました。その多くの要素が人種的不平等を根付かせたり悪化させたりしました。 歴史的差別による最も大きな打撃を受けた人々および気候変動の影響を最も受けやすい人々に対する保護がこの計画に含まれるようにしたいと願っています – Ocasio-Cortezの文書「低所得コミュニティ、色彩コミュニティ、先住民コミュニティ、 』気候変動、汚染、その他の環境被害の影響を最も受けている最前線のコミュニティ。

その一部は労働力の訓練と雇用保証であり、その一部は強い労働力、環境、および差別のない基準をすべての仕事に取り入れることを確実にすることです。すべての投資 – GNDのすべての部分 – が強い環境正義の基準に従うことを確実にしています。

これらの3つの基本原則を超えて、GNDはまだ多様な好みと展望を含むのに十分な能力があります。 ジャーナリストAronoffは、公的資金による仕事、育児給付、そして高齢者介護を備えた家族ののどかな絵を描いて、 最大の、自称社会主義的なバージョンを最もよく表現しています。 シエラクラブはやや控えめなバージョンを持っています 。
GNDブランドが広まるにつれて、従来のアドボカシーおよびポリシーグループは同じルーブリックの下で管理しやすいチャンクを分割する可能性があります。 結局のところ、GNDは非常に広いので、事実上あらゆる気候政策がその一部であると主張することができます。
微妙なダンスは、人々と興味の広い連合がそれ自身でそれを見ることができるようにGNDをファジーに保つことです – それは、それに濡らされるのを避けるのに十分にそれを指定しながら、多少奇跡的に、これまでに起こったように思われます気持ちいい流行語。そして、それはすべての素晴らしい挑戦を先に進めながら行わなければなりません。

GNDが直面している3大課題:それに対する支払い、大衆の納得、および民主党に対する勝利

GNDは過去数十年の間にワシントンDC周辺で跳ね上がってきたほとんどの政策思想よりはるかに野心的です。アイデアから立法へと移行することは、項目を掲げることには、大変多くの障害を克服することを含むこととなります。GNDはその中心において、根本的な変化への議論であるため、反対を引き起こすことは確実です – 現状の防御。アルバート・ハーシュマンは、彼の1991年の本に書いたようにし、反応のレトリックの議論は(3つのコア反動のテーマを中心にクラスタ化されますハーシュマンを引用):「無益 -ソーシャルエンジニアリングのすべての試みは、物事の自然な順序を変更するには無力であるとの主張。逆境 – 介入が実際に裏目に出て、意図されたのと反対の効果を持つという議論。そして、危険 – 新しい、おそらくより急進的な改革が、より古くて困難を勝ち取った自由主義改革を脅かすだろうという考え。」

それらの議論は無数の形をとるでしょう。私は運動が答えなければならない一つの重要な質問とそれが勝たなければならない二つの重要な支持者に焦点を当てます。
「どのように支払うつもりですか?」
米国の社会改革が直面している最初のそして最もしつこい問題は、それがどのようにしてそれ自身のために支払うかということです。アメリカでは、いくつかの重要なことを説得することを目的とした宣伝キャンペーンを行うために、権利は半世紀以上にわたって米国で費やされてきました。1)連邦政府予算は均衡しなければならない。インフレが私たち全員を破壊しないように。2)税金は高額で煩わしいものであり、増税しようとする努力は事実上悪いことです。3)政府は無能であり、その支出は常に無駄である。4)アメリカは債務不履行で破産し、もうすぐ破綻します。
明らかに、4つすべてが偽です。それは、進歩的な社会改革を阻止したいという願望によって動機付けられた、有害な神話です。彼らは、専門用語を使えば、でたらめです。それでもなお、それらは米国の政治経済を形作る広く受け入れられているでたらめです。確かに、それら両党の施設に浸透し、平均的なアメリカ人の民俗政治理論を形作ったように、とても長い間、とても頻繁に繰り返されてきました。路上でランダムに人をに立ち止まらせ、彼らは政治について多くを知らないかもしれませんが、彼らは,国が借金をしていて、素晴らしいものを買う余裕がないことを確信しているでしょう。
「それに対する支払い」の問題に対抗するには、いくつかの方法があります。

Ocasio-Cortezが自分で実行したことの1つ目は偽善を指摘することです。議会が何兆もの軍に資金を提供したり、富裕層のために税金を削減したりするとき、だれもが彼らにそれをどのように支払うのか尋ねません。支払い要求は民主党にのみ適用され、社会的支出にのみ適用されるようです。
2つ目は、気候変動の影響はとにかく気候の緩和よりもコストがかかるということです。GNDは大きいですが、「大きなことが起こります」とChakrabarti氏は言います。「2つの選択肢は、私たちが意図的に大事なことをするのか、望まない大きなことが私たちに起こるかのどちらかです。」
3つ目は、収益を上げるための選択肢があることを指摘することです。明らかに炭素税があります – GNDの動きは炭素価格設定のみの戦略とは反対ですが、それらはすべて価格設定の役割を認めています – しかしGunn-Wrightは金融取引税についても言及し、大きな政府投資のリターンの一部を引き下げています歳入として。さらに最近では、60分のインタビューの中で、Ocasio-Cortezは収入を増やす方法として超富裕層の最高70パーセントの所得税率を回復することを述べました。「それは1000万ドルすべてが非常に高い税率で課税されることを意味するわけではありませんが、それはあなたがこのはしごを登るにつれてあなたがより多くを貢献するべきであることを意味します」と彼女はアンダーソンクーパーに言いました。
4つ目の、そして最も大胆なのは、質問を完全に拒否することです。
現代の貨幣理論とそれに関連するアイデアや学者たちには、今すぐ左上に大きな熱意があります。(VoxのDylan Matthewsは、数年前のModern Monetary Theoryに関する優れた説明者と、最近の別の Bernie Sandersによるアイデアの採用についての説明を書きました。)コアとなるアイデアはかなり単純です。
米国が投資する余裕があるかどうかという問題であれば、それを考える方法はその国がどれだけのお金を持っているかという点ではありません。それは文字通りそれが望むのと同じくらい多くのお金を持っています。それはそれ自身のお金を印刷します!(米国では、「不換紙幣」が使用されています。)
米国政府は必要な資金をすべて使うことができます。最終的にアメリカの投資能力に限界を設定するのはその資源です。それは、労働力、天然資源、製造能力などを非常に多く持っています。物資の支払い、経済への資金注入によって、政府はそれらの資源を機能させることができます。
経済が過熱し、それらの資源の1つ以上がその限界に近づくと、不足が価格を押し上げ、インフレが起こる。それをやめるには、政府はプログラムを縮小するか増税することによっていくらかのお金を引き出すことができます。税金は単に経済からお金を引き出す方法です。ストーニーブルック大学教授のステファニーケルトン(近代通貨理論の第一人者、サンダース顧問、そしてある点ではある意味でGND顧問)は、それを経済の自然な速度制限と呼んでいます。経済がその限界の下に留まり、インフレを回避する限り、政府はより多くのお金を使うことができます。赤字は悪いことではありません、それはアクセラレータの足だけです。ステファニーケルトン、ストーニーブルック大学の経済学と公共政策の教授ストーニーブルック大学ケイトン氏は、オバマ氏の下で民主党員が不合理な「PayGo」規則を使って独自に採択し、次の会期で再び採択する見込みがあるというバランスの取れた連邦予算の概念を述べています。私は、経済に投入するつもりであるあらゆるドルのために、通常は経済からの税金を手に入れます。」

しかし、なぜあなたはそうしますか?あなたがそれを後押しした少しのためになぜあなたは経済を少し遅くするであろうか?
「完全雇用、低インフレ、そして貧困の鈍化を背景に、望みの経済を創出するために、赤字がGDPの4.7%にならなければならない」と彼女は言う。私たちが2.1%の赤字で欲しい経済を創出することができれば、それも大丈夫です。予算の結果は重要ではありません、それは真の経済状況です。」
GNDにアプローチする方法が、彼女は言う、彼の本の中で経済学者ジョン・メイナード・ケインズの方法を採用することである戦争のためにお金を払う方法:経済の利用可能なリソースをモデル化。何を展開してもインフレを回避できるかを把握します。必要な戦争支出のための場所を空けるためにあなたがどれだけの個人消費支出を排除しなければならないかを考え出す。そして最後に、公正な移行を確実にしなさい。すなわち、彼らの個人消費支出を延期する貧困層と中流層が彼らの犠牲のために報われることを確実にしなさい。(それこそが、米国の戦争債権の問題なのです。)
バランスをとる必要があるのは、予算ではなく経済であるとアメリカ人に納得させるというその議論を勝ち取ることは、控えめに言っても、歴史的な手荷物をたくさん持ち上げるのは困難な戦いです。
どういうわけか、GNDの支持者は通路の両側から容赦なくその問題:その資金はどうするの?彼らの答えがどうであれ、攻撃はすでに到来しているので、うまく解決したほうがよいでしょう。:に直面するでしょう。
2.一般市民に勝つ
GND支持者たちは世論調査で大多数の人々がグリーンな雇用保証とその他のGNDの要素を支持していることを示している。
Progress for Dataは、グリーンな雇用保証について広範な調査を行っています。特に若い人々の間では、グリーン雇用の保証がストレートな雇用の保証を上回ることがわかった。それはトランプ有権者を過半数の承認までほとんど(しかし完全ではない)までもたらします。
つい最近、この動きは、気候変動コミュニケーションに関するエール計画の最近の調査に興奮しています。これは、共和党からの支持でも大多数が支持を得ていることを示しています。YPCCC
「グリーン雇用は有権者に圧倒的に人気があります。これが未来です」とData for Progressの共同創設者Sean McElweeは言います。「問題は、私たちがグリーンニューディールを手に入れるかどうかではありません。グリーンニューディール判決あります。問題は、私たちがブルードッグと格闘した後、どれほど美しい社会主義的ながたつきから抜け出せるかということです。」
それは本当です:世論の点では、これは始めるために信じられないほど強い立場です。GNDサウンドの見出しの機能は大胆で前向きであり、人々は一般にそれらによく反応します。
それにもかかわらず、数え切れないほどの世論調査が何年にもわたって出入りしているのを見たので、私は経験則をいくつか持っています。まず、人々は良いものが好きで、世論調査で彼らに前向きに反応します。エールの調査質問を見てください。「生産する」、「強化する」、「アップグレードする」、「提供する」。これらは良いことです。もちろん人々はそれらを望んでいます!彼らはより多くの健康、より多くの利益、より良い賃金、よりクリーンなエネルギーを求めています。
逆に、税金、コストの増加、官僚制、私的決定に対する政府の管理、無駄な支出など、悪いことを投票した場合、人々はひどい反応を示します。(Data for Progressは、これがネガティブなフレーミング表現に対するグリーンジョブの保証をテストする過程にあると述べています。)
人々はほとんどの事柄について深くまたは定まった見解を持っておらず、一般的にアイデンティティの手がかり、協会、そしてとりわけメッセンジャーに反応します。世論調査では、あなたは方程式からメッセンジャーを取り出して、慎重に精巧な手がかりを提供します。それは現実の世界で人々が情報を得たり決定を下す方法についてあなたにほとんど何も伝えない。
現実の世界では、GNDが現実のものとなる可能性があるように見える場合、それは、保守的なメディア、シンクタンク、および政治家にわたって調整された巨大な右翼の中傷キャンペーンに直面するでしょう。右翼はあなたの生活様式を破壊し、違法な移民のような民主的な支持者たちにあなたの納税者のお金を注ぎ込むことを意図した愚かで、ばかげて、素朴で、手ごろな価格の政府の不況としてGNDを定義するために急ぐでしょう。
そして、覚えておいてください、右翼機はそのメッセージングの戦いに勝つ必要はありません。それは、論争を巻き起こし、問題を偏らせ、他の米国の政治を窮地に陥らせるのと同じようにそれを凍結するのに十分なだけ、猛烈に戦わなければなりません。
以下のようClimateProgressのジョー・ロムが指摘する、調査の中で最も重要な発見は、このいずれかになります:YPCCC

事実上誰もGNDについて聞いたことがありません。今のところ、アメリカ人の大多数の心の中で、「GND」はほとんど何も意味しません。それを彼らのために定義する仕事は完全に先にあります。
支持者はそれをポジティブなイメージで定義するように働きます。しかし、彼らには自分自身の分野がありません。そして、彼らは化石燃料がそれらを粉砕するために費やすことができる種類のお金にアクセスすることは決してないでしょう。彼らが来るメッセージングの戦いに勝てば、それは人々の力とメディアに精通したものになるでしょう。
3. 民主党に勝つ
PelosiやHoyerのようなベテラン民主党員は、民主党員が防御的だった時代に生まれました。ビル・クリントンは「第3の方法」で勝利し、市場への忠誠と大政府の終焉を約束した。それ以来、民主党員は進歩し始め、筋肉の社会民主主義に関する基本的な保守的な批判を受け入れながら、徐々に前進してきた。

そして共和党が保守的かつ腐敗的になるにつれて、議会民主党員は特定の文化を発展させてきました。彼らは彼ら自身を善人と見ています、それでも善い政府、財政的責任、そして超党派主義を気にかけている人たちです。彼らはGOPが日常的に行っているやり方で規範を破ることに憤慨している。彼らは汚い戦いをしたくない。

何よりも、それは注意の文化とGND支持者が取り組むべきマナーです。大胆な政策を採用するという考えは、超党派的な支持を得るかどうかは議会民主党と深く相いれないので、何の注意も払わないことを誓います。彼らは共和党の攻撃を恐れて暮らしており、それはDCメディア全体に忠実に反響しています。彼らは、「頭を突き出したい」や「共和党に弾薬を与えたい」のではありません。頭を下げたまま誰も紛らさなければ、彼らがどれだけトランプが嫌いであるかに有権者が焦点を当てることを望んでいます。
「最も進歩的な進歩主義者でさえ、40年間の新自由主義の下での生活からある種のストックホルム症候群を患っています」とChakrabartiは言います。
しかし、GNDのようなものを控えめに言う方法はありません。それが増加しているかもしくは十分賄われているふりをするつもりはありません。GOPのリーダーシップが化石燃料の資金調達に深く関わっているため、その一部を何らかの形で支援するつもりはありません。
GNDはアメリカ人に、、圧倒的な新しい選択肢、前進に躊躇しない者- 共和党の教義と化石燃料エネルギーの拒絶、彼らとの妥協しないこと―を提案しています。その背後にいるアメリカ人を集めるために、民主党員は「絵とビジョンを描く」必要があるでしょう、「それを可能にするためにはこれが可能であることをアメリカの人々に売らなければなりません。」とChakrabartiは言います。

いかなるプロセスや所管の問題よりも、これは今後数年間で民主党が直面する選択である:普通の政治への復帰を約束することによってトランプに対応するか、真に新しくより良い何かを求めることやくそくすることによってトランプに対応するかです。
「民主党員が2020年に権力を握った場合、アメリカは何を得るのですか?」チャクラバーティは尋ねます。「それは、だれもが興奮させないような退屈で厄介なビジョンになることも、人々が参加して投票したくなる刺激的なビジョンになることもあります。」

このありそうもない動きをキックスタートした活動家たちは、彼らがこの戦いの中で卑劣な存在であることをよく知っています。「世界で最も裕福で最も強力な大企業の一部に直接打撃を与えることになるでしょうし、彼らは甘んじてそれを受け入れようとはしないでしょう。」とウェーバー氏は語ります。
彼は、大量の化石燃料のお金が、この動きに拍車をかけ始めていることを知っています。そして彼は、民主党員が喚起するのが難しいことを知っています。彼は民主党員は2020年に権力を取る場合でも、いずれの法律も、最終的にウェストバージニア州のジョー・マンチンが運営するであろう―地獄だった文字通り最後の気候法案( GNDよりもはるかに野心的ではありませんでした)を乗り切ったエネルギー・天然資源委員会の上院、と論争しなければならないことを知っています。、
「たとえ我々が政治的権利を得たとしても、2020年の選挙後できるだけ早く、大規模な抗議行動、長期にわたる勤労停止、そして一般大衆のストライキが必要になるだろう」とウェーバーは言う。「これは絶対的な道徳的、経済的必要性であり、それを妨げるものは政治階級だけであることをアメリカ国民に納得させることになるでしょう。」

ロングショットです。しかし、IPCCが明らかにしたように、ロングショットは,残っている唯一のショットです。気候科学者たちによる大混乱の予測に沿って生きるのは議会の年配のメンバーではなく、彼らの玄関口やオフィスで集まっているのは若い活動家です。これらの若い活動家たちは次の選挙サイクルよりも先を見据えています。彼らの家族はこれらの選択の結果に苦しむでしょう。
しかし彼らは歴史が彼らの側にあると信じています。「人間に知られている最も強力な力はイデオロギーです」とMcElweeは言います。共和党員は、「イデオロギーへの取り組みのために根本的に不人気な政策」を推し進めてきました。しかし今日、彼は、「若者は人々が仲間に加わるようにしたいという考えを持っている。私たちはイデオロギーを形作っており、それは信じられないほどパワフルです。」
気候政策は、今も変わらず、ありえないと思われる変化と考えられないような未来との間の選択です。何年もの間、米国の政治はその選択を否定し、避けてきました。彼ら自身の方法で、民主党員 – これらの決定をするために権力を予約したい「成人」 – はまさに共和党員と同様にそれを避けました。
それに真っ向から向き合うことは過激主義を意味します。現在、気候変動への真の対応、危機が要求するものの規模での対応が表になっています。それはオプションです。名前があります。
アメリカが偏見、麻痺、そして構造的障壁を乗り越えてその選択肢を実際に捉え、新たな未来への飛躍を遂げることができるかどうか、まだ多くのことがわかっていません。しかし、これ以上選択を無視することはできません。

                                                               以上

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top