米国議会はIRS改革法を可決

はじめに;
議会が内国歳入庁への変革的な改訂を検討した最後の年は1998年でした。今、20年後、彼らはそれにもう一度打撃を仕掛けています。HR 1957、2019年の納税者優先法は、4月上旬に下院で超党派の支持を得て可決されました。それは4月11日に上院の立法カレンダーに置かれていました。

AccountingToday.comの編集長であるMichael Cohnは、6月11日付の「HouseはIRS改革法案を再び可決し、今回はFree Fileの提供なしで」の投稿で、次のように報告していました。

下院は、内国歳入庁が運営する方法のいくつかの重要な側面を見直すために超党派的な立法を承認するために2度目の投票をしました、しかし今回はFree File Alliance規定が除かれていました。

下院の議員たちは上院の同僚たちに立法案を取り上げ、トランプ大統領の机に送るよう求めた。「これらの歴史的な改革は、IRSを真に納税者サービスに焦点を当てた機関に変えるでしょう20年ぶりに、個人情報の盗難や詐欺に対する納税者の保護を強化しながら、政府機関の執行ツールを徹底的に見直しています。」と、R-Texasのケビン・ブレイディ議員、下院歳入委員会のトップ共和党員は語っていました。

「下院法案には、私が昨年カーディン上院議員と共に導入した私の納税者保護法、IRS改革法案の規定の多くが含まれています。特に、この法案には、私が上院で作成した1998年のIRS改革法で最初に制定された重要な納税者権利である、独立控訴院を設立し、納税者の控訴権を強化する規定が含まれています。この法案はまたIRS監督委員会を保護し、IRSと議会が当初の目的を達成するために取締役会を活性化する機会を与え、機関の取締役会としての役割を果たします。この法案は、20年間でIRSへの最も重要な改革を表しており、政府の最も重要な機関の1つへの完全な信頼を回復するための重要な第一歩です。それがアメリカの納税者により良いサービスを提供するために政府機関を近代化し強化するために私たちにできることはまだたくさんあります。私の上院の同僚たちが、この超党派の二院制の法案を可決するために私に加わることを勧め、それが彼の署名のために大統領の机に送られることができるように」とポートマン上院議員は声明で述べていました。

上院財政委員会でランク付けされた民主党のロン・ワイデン上院議員は、月曜日の改正法案パッケージの下院の通過を歓迎し、彼も上院で可決されることを望んでいるとして、「納税者により良いサービスを提供するためにIRSを近代化するための法案が作成されてから数年が経ちました。超党派納税者第一法は、顧客サービスを改善し、個人データを保護し、低所得納税者を政府機関の問題のある個人債務回収プログラムから保護するための重要な規定を含んでいます。私は、上院ができるだけ早く修正法案を可決することを願っています。」と付け加えていました。

今年の上院では、党派的な言い争いの中で実質的な立法案はほとんど可決されていないが、法案の強力な超党派的支持がその通過を助けるかもしれない。とコーエン氏はむすんでいました。その2日後の朗報をご紹介します。

米国議会はIRS改革法を可決

出典:https://www.accountingtoday.com/news/congress-passes-irs-reform-legislation?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=ACT_DAILY%2B%27-%27%2B06142019&bt_ee=TGGRnZe5yOiHj5wwzlfAo2ioBqrEYoYwTaRsqQt9HoNhbePvsbAvgV3BzUONdnpC&bt_ts=1560506816338

マイケルコーン による
公開済み2019年6月13日午後6時32分EDT
上院は、木曜日に納税者優先法として知られるIRS改革法の広範なパッケージを、下院が2回目の通過を行ったわずか数日後に、通過させ、トランプ大統領の署名を求めてそれを送付しました。
下院は、Free File Allianceをコード化する物議を醸す規定を削除した後、月曜日に2度目の広く支持された超党派法を可決しました(「HouseはIRS改革法案を再び可決し、今回はFree Fileの提供なしで」を参照)。
その多くの条文の中で、この法案はIRS内に独立した上訴局を設立しています。また、効率性の向上、技術システムの近代化、サイバーセキュリティの強化、および納税者のニーズへの対応を強化するために、IRSが議会に計画を提出することを要求しています。

この法案には、納税者をID関連の個人情報の盗難から保護し、IDの盗難の被害に遭った場合のIRSとのやり取りを改善するための多くの規定も含まれています。この法案はまた、現在、納税者番号窃盗の被害者が自分の身元をより確実に保護する個人用PINを取得することのみを許可するIRSプログラムをすべての納税者に拡大しています。同法案は、納税者が銀行報告要件を回避するために1万ドルを下回る金額で銀行預金を行っているように思われる場合には、政府が納税者の資産を民法上の没収手続で没収することを可能にしたいわゆる「取引構築法」のIRSの最近の強制執行に対しての納税者の保護のための新たな安全装置を設けました。

この法案はまた、請求の処理中にIRSが内部告発者と連絡を取ることを承認するとともにIRS内部告発者プログラムを改善すると同時に、納税者のプライバシーを保護するとともに、現在他の法律の下で内部告発者に与えられているIRS内部告発者への報復防止規定を拡張しています。さらに、低所得のアメリカ人がターゲットにされないように民間の債権回収プログラムを修正します;そして、IRSが適格な納税準備サイトに最大3,000万ドルのマッチング助成金を提供することを可能にする、ボランティア所得税援助(VITA)プログラムを体系化します。

しかし、調査ニュースサイトProPublicaによる一連の報告が、IRSが独自の無料の納税申告ソフトウェアを開発することを妨げると主張した後に、この法案はFree File Allianceを成文化する条項を取り下げました。

R-Iowaの上院財務委員会委員長、チャック・グラスリー委員長は、声明の中で「この超党派、二院制の法案は長年の努力と合意形成を表現したものです。納税者保護を強化し、IRSを本来あるべき顧客サービス組織に変えるための大きな第一歩です。トランプ大統領が法案に署名し、IRSが納税者を最優先にするような長年の懸案であった改革を実施できるようになることを楽しみにしています。」と述べた。

Grassleyは今年上半期、上院での上院財政委員会の民主党員であるRon Wyden上院議員と共に、納税者最優先法を導入していました。
「アメリカ人は他のどの連邦機関よりもIRSと対話している。納税者優先法の成立により、同機関は近代化され、納税者へのサービスが向上します。我々の法案には、顧客サービスの向上、個人データの保護、納税準備サービスの保護、および低所得納税者への民間徴収業者の悪用を防止するための重要な規定が含まれています。今後は、Free FileプログラムのIRSによるレビューを綿密に追跡し、IRSが運営する公的申告プログラムの実現に向けて取り組んでいきます。」とWydenは声明の中で述べた。

税務上の下院歳入委員会の民主党と共和党のトップも納税者最優先法の成立を賞賛しています。
「長年の誠意のある超党派的な仕事の後、私たちのIRS改革はついに法律になるでしょう。下院歳入委員会委員長のD-MassリチャードニールとR-TexasのKevin Bradyは木曜日の共同声明の中で述べています。「私たちの改革は、納税者により良いサービスを提供するために、IRS全体の再編を承認するものです。私たちはIRSに顧客サービスに焦点を合わせ、政府機関のいくつかの執行ツールを統治することを要求します。そして私たちは、そのITインフラストラクチャを21世紀に持ち込むために必要なツールを当局に提供します。IRSは納税者の権利を優先させるべきであり、支援の供給源であるべきです – この法律はそれらの目標を満たしています。」

「我々は、過去5年間にわたって監視委員長のJohn Lewisの指導者に拍手を送りたいと思います。そして、この法律をフィニッシュラインにもたらすことを手助けしてくれたMike Kelly議員に感謝したいと思います。我々は、トランプ大統領が、我々の税務の執行当局はどこでもより納税者に奉仕することができるように、これらの歴史的な改革に直ちに署名されるよう奨励します。」と彼らは付け加えました。

その他の規定
この法律の一部の規定は、昨年、R-Ohio州Rob Portman上院議員とD-MD州Ben Cardin州によって導入されました。IRSの監督委員会を維持し、議会が委員会を再構成し、当初の意図したとおりに機能させることができるようにします。機関の長期的な戦略的方向性の設定を支援します。この法案はまた、IRSに独立した控訴院を設立し、全通知および異議申し立て手続きならびに事件ファイルへのオープンアクセスを含む、控訴に対する納税者の権利を強化します。それはIRSにその機関でより強い文化を育みそして納税者の権利を強化するためにその職員のための包括的な研修計画を開発するよう指示しています。それはIRSが電子署名の使用のための統一されたガイダンスを発行するよう求めています。

この法案はまた、IRSの電算システムを見直すために必要な最高の技術スタッフをより簡単に雇えるようにするために、IRS情報技術の従業員のための合理化された重要な支払権限を再承認しています。法案は、ボランティア所得税援助プログラムを恒久的に承認し、追加の資金を承認することによって、低所得の納税者を保護しています。IRSの納税猶予プランに関連する手数料の免除および一時金の支払いからの低所得納税者の例外を体系化しています。同法はまた、IRSに対し、直接税金還付金が誤った口座に送金された場合の手続きを定めるよう指示しています。さらに、指名召喚状、または納税者のための法令制限を凍結する召喚状を発行するIRSの法的権限を、この権限が非協力的な納税者に対してのみ利用できることを保証するように変更しています。

「この超党派的立法は私が昨年カーディン上院議員と共に導入した私の納税者保護法、IRS改革法案からの多くのイニシアチブを含んでいます」とポートマンは声明の中で述べました。特に、この法案には、私が上院で作成した1998年のIRS改革法で最初に制定された重要な納税者権利である、独立控訴庁を設立し、納税者の控訴権を強化する改革が含まれます。この法案はまたIRS監視委員会を保護し、IRSと議会が当初の目的を達成するために機関を再活性化する機会を与え、機関の取締役会としての役割を果たす」と述べた。

その他の規定はIRSの民間債権回収プログラムに関連しています。これは、将来の民間回収機関への紹介に適さない2つの新しいカテゴリーの事例を定めています:(1)収入が実質的に生活保護の追加給付または障害補償給付の支払いからなる納税者と、(2)該当する貧困レベル以下200%の調整後の総所得の納税者。この規定により、低所得納税者を含む事例はIRS内に留まり、PDCプログラムには言及されないことが保証されます。

この法律はまた、PDCプログラムに割り当てることができる非アクティブな未収税金の定義を、税金の賦課決定から2年以上が経過したものに変更し、納税者とPDCプログラムの間の割賦契約の期間を7年に延長しています。この変更により、IRSにPDCプログラムの柔軟性が与えられ、それによって納税者はより管理しやすい納税計画を通じてその租税債務を納めるより多くの時間が与えられます。

この法案はまた、IRSが、新たなIRS徴収要員の採用、IRSのソフトウェアや技術の改善、IRSや他の政府機関への適格な徴税プログラムの管理費用の返済など、さまざまなプログラム費用のために特別遵守担当者プログラム基金のPDCプログラムによって生み出された資金を使用できることを明確にしています。 このように、PDCプログラムのコストと監視の100%は、プログラム自体によって集められた歳入によって賄われています。
IRSと契約を結ぶ民間債権回収機関を擁護する団体である税務コンプライアンスパートナーシップのスポークスマン、クリスティンウォルター氏は、次のように述べています。 「納税者は、IRSの顧客サービス能力を拡大し、より柔軟な分割払いオプションの選択肢を広げるために手を差し伸べるというプログラムの能力から恩恵を受け続け、PDCプログラムを通じて集めた追加の税金は、予算の強化のために役立ち、今後数年間で、連邦政府による重要な努力のために支払われます。」

自営業の納税者を擁護する別の団体も法案を賞賛した。全米自営業者協会会長兼最高経営責任者(CEO)であるキースホール(Keith Hall)は、次のように述べています。「米国議会が、税法の合理化と簡素化、内国歳入庁の効率化に向けて取っているステップはアメリカの小規模事業者と自営業者のための勝利です。「近代化され、顧客サービスを重視した内国歳入庁は、アメリカの起業家にとって時間とお金の節約につながります。自営業者のコミュニティにとっては、内国歳入庁で回答を得たり、待たされたりしたりするのに費やす時間は、中小企業の成長と拡大に専念できない時間です。私たちは、納税者優先法の成立のために共同された両党の国会議員のリーダーに感謝し、トランプ大統領の早期の署名を願います。」

法的擁護団体である法務研究所も、IRSが私法的没収により納税者の資金を差し押さえることを妨げる条項を盛り込んでいるこの法案を賞賛しました。納税者優先法には、銀行の報告要件を満たす可能性がある10,000ドルの限度以下に粉飾したとの疑いからその資産を押さえられた法務研究所のクライアントJeff HirschとRandy Sowersに由来するClyde-Hirsch-Sowers RESPECT法と呼ばれる初期法案が含まれています。

この法案は、問題の資金が違法な資金源から調達された場合、または違法行為を隠蔽する目的で使用された場合にのみ,通貨の積み上げの没収を制限し、それによって2014年に法務研究所の訴訟によって促されたIRS政策変更を成文化しています。法案はまた、財産の所有者が迅速な差押後の公聴会で差押に異議を申し立てることを可能にします。 以前は、構築法の対象となっていた財産の所有者は、自分のケースを裁判官に提示するために数カ月から数年待つ必要がありました。

おわりに;
長い間議会において検討に検討を重ねてきた、アメリカの税務執行機関のIRS(内国歳入庁)の20年ぶりに、大改革の途に就いたもようです。デジタル化等への対応で、大きく遅れを取った巨艦IRSが、やっと大きく舵を切りつつあるようです。納税者最優先法の名前が示すように、税務執行当局の役割の最大、最優先のものが、納税者サービスであることの宣言であると言えるようだ。納税者が自ら正しく、申告し、納税するための指導、支援をするのが税務当局の最優先の仕事であることは、これまでと大きな違いがあるわけではないにも拘わらず、最優先が強調されるのは、国家の在り方、民主主義の在り方等の税を取り巻く政治、経済、社会等の、外部環境の変化によるものでしょう。IRSの対応ぶりが見ものであることに違いは無いでしょう。

追伸:

  出典:https://www.accountingtoday.com/news/trump-signs-irs-reform-bill-into-law?

トランプ大統領は、7月1日(月曜日)に納税者優先法を成立させ)ました。この法案は、内国歳入庁の主な側面、特に控訴院を全面的に見直すとともに、IRSがその技術を近代化し、その運営を全面的に見直すために議会に計画を提出するよう奨励しています。20年ぶりの大改革がスタートします。

良かった、よかった!!!

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top