「英国政府のCOVID-19回復戦略」と「我が国の緊急事態宣言の緩和」の勝者はどっち?

 

はじめに;

先進国の東西の島国である英国と日本が、ほぼ時を同じくして、封鎖、緊急事態宣言をそれぞれ緩和することに踏み切ったので、その効果等の推移を見守ることとした。国と地方自治体、緊急時の国民の規制等の法制度等の違いがある中での、行政の役割と主役である国民の協力姿勢等を比較したいものです。

英国の首相は、封鎖解除のロードマップの最初の手順の発表を、5月10日のテレビ演説で行った。製造業や建設業など、自宅で仕事ができない人は月曜日から職場に戻り、公共交通機関は避けるべきだとし、政府は7月までの3つの「慎重な」ステップでロックダウン措置を「修正」すると述べた

5つのレベルを持つ新しいCovid Alert Systemは、3月23日に最初に発表されたロックダウンの変更をしています。水曜日から無制限の屋外運動をしたり、公園で座ったり日光浴をしたり、家族とスポーツをしたりでき、異なる世帯の2人が2メートル離れた場所にいる場合でも、公園で会うことができます。

早くても6月1日まで」という2番目のステップによって、段階的に小学校を再開することができ、一部の1,6年の生徒が学校に戻ることができると彼は望んだ。3番目のステップでは、いくつかのホスピタリティビジネスやその他の公共の場所が再開されます。すべてが「条件付き」であることを首相は強調しました。

問題は、先月実施された追加のテストがあっても、ウイルスを抑制する英国の能力に大きな穴があることです。テスト結果が分かるのに時間がかかりすぎる場合があります。場合によっては数日かかります。たとえば、介護施設のスタッフなどは、常にテストにアクセスできないと報告しています。

6月1日までにイングランドの小学校の段階的な再開を開始するという政府の計画について、教師の組合は、その日付は安全であるには早すぎると言い、ウェールズの学校は61日に再オープンしていないだろうと、スコットランド北アイルランドは、夏休み前に再開しない場合があるようです。

首相は、この措置が英国の4か国すべての一般的なコンセンサスであると述べましたが、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの指導者たちは、「警戒を怠らず、ウイルスを制御し、命を救う」というイングランドの新しいメッセージを採用することを拒否し、地域の違いも浮き彫りとなりました

16日現在の死亡者総数は34,466人となる。15日金曜日のイギリスでは136,486件のテストがありました。これは、これまでイギリスで最高の数値でした。ボリスジョンソンは、5月末までに1日あたり200,000テストの目標を設定しています。

 

一方我が国の緊急事態宣言について、安倍総理大臣は5月14日夜、記者会見し、39の県で解除することを正式に表明しました。東京など残る8つの都道府県は今月21日をめどに解除できるかどうか判断する考えを示しました。残る8団体は一体的に判断する構えで、東京や大阪の感染状況が焦点となる。

解除の判断に当っては、新規感染者数が直近1週間で、10万人当たり0.5人以下におさえられていることや、医療提供体制が改善し、検査システムも機能していることなどを基準にされ、39県は今後、徹底的なクラスター対策を講じることで感染拡大を防止できるレベルまで抑え込むことができたとされました。

5月18日現在、これまでの時間、これで国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め1万6340人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて1万7052人となっています。亡くなった人は、国内で感染した人が756人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて769人です。

同じ島国でも、両国の存在地域すなわちヨーロッパと東アジアの違いがあり、現時点では、日本での感染者数の2倍(死亡者数の45倍)の人が死亡している英国とでは大きな差がありますが、コロナへの耐性等に違いがあるのか、リスクへの対応での国家の体制の違い、国民の協力姿勢等の違い、生活習慣の違い等々がどの様に影響するのかにも関心があるので、「英国のCOVID-19回復戦略」の概要(ジョンソン首相の序文は全文)を紹介し、フォローすることとしました。日本との比較をしながらお読みください。

 

出典:

https://www.gov.uk/government/publications/our-plan-to-rebuild-the-uk-governments-covid-19-recovery-strategy/our-plan-to-rebuild-the-uk-governments-covid-19-recovery-strategy

 

再構築の計画:英国政府のCOVID-19回復戦略

2020年5月12日更新

目次

  1. 1。現状
  2. 2。私たちの目的:生命の救済、生計維持
  3. 3。私たちのアプローチ:段階的な回復
  4. 4。制限を段階的に解除するためのロードマップ
  5. 5。14の支援プログラム
  6. 6。あなたが助けることができる方法
  7. 7。付録A:家の外で安全を確保する
  8. 8。付録B:概要表:COVID-19の脆弱なグループ

 

ジョンソン首相の序文

私たちは2020年を、他のすべての国と一緒に、これまで未知で無慈悲な敵に打たれた年と認識しています。

世界の他の地域と同様に、私たちは重い代償を払っています。5月6日の時点で、COVID-19に感染したため、30,615人が命を落としました。これらの死のすべてが友人や家族の悲劇です。子供たちは母親や父親を失いました。両親は彼らの時の前に息子と娘を失いました。私たちはこのウイルスの犠牲者、つまり亡くなった人と残っている人々にお悔やみ申し上げます。

NHSとソーシャルケアワーカーの並外れた努力がなければ、NHSの容量を増やすために迅速に行動しなかった場合,その代償は高くなった可能性があります。英国の断固とした人々は並外れた犠牲を払って、彼らの命を止め、彼らの愛する人から自分自身を遠ざけました。最も脆弱なものをシールドしていなければ、それは必要でした。

3月3 日に計画1を発表し、それ以来、何百万人もの勤勉な医療、医療、介護労働者、軍人、店主、公務員、配達およびバスの運転手、教師、そして数え切れないほどの人々が熱心かつ厳粛にそれを実行しました。

私は、科学に基づいて、適切なタイミングで適切な決定を下すと宣言し、そして、その計画の圧倒的な優先事項は私たちの国を安全に保つことであると述べました。

イギリスの人々が前例のない行動をとることによって、私たちはウイルスを打ち消し始めました。ウイルスがNHSを圧倒すると脅迫したのに対し、私たちの集団的犠牲は、3月末以来、救急医療ベッドの3分の1未満しか空いていなかったことを意味しています。

カーディフのドラゴンズハート病院、グラスゴーのルイーザジョーダン病院、ロンドン、ベルファスト、バーミンガム、エクセター、ハロゲート、サンダーランド、ブリストル、マンチェスターのナイチンゲール病院を作るために一生懸命に努力したすべての人を誇りに思います。これらの新しいナイチンゲールに加えて、英国には5月4日の時点で7,000床を超える救急医療ベッドがあります。1月末の4,000からの増加。

一方、政府は4月中に毎日のテストを-3月31日の11,0​​41から4月30日の122,347まで1,000%以上増加させました。教師たちはGoogleと協力して、わずか2週間でオークナショナルアカデミー(バーチャルスクール)を作成し、最初の1週間で220万レッスンを提供しました。私たちは、630万人の雇用を保護してきたゼロから設計および構築された完全なスキームで企業と労働者をサポートしてきました。全国で、私たちは巨大な創意工夫、意欲、そして無私無欲を見てきました。

今、毎週経過するごとに、ウイルスについてさらに学び、ウイルスを倒す方法について理解を深めています。しかし、学べば学ぶほど、脅威の本当の性質について世界がほとんど理解していないことに気づきます。ただし、それには私たち全員が協力して打ち負かす必要がある共有の脅威であることは含まれていません。

これまでのところ、ウイルスを含む私たちの成功は、懸命に戦われ、勝利しました。そのため、次のフェーズでは細心の注意を払い、達成したことを無くさないようにする必要があります。

この文書は、COVID-19を使用する世界のために英国を再建する計画を示しています。「正常」にすぐに戻るわけではありません。また、簡単な答えも示していません。そして、必然的に、この計画の一部は、ウイルスについてさらに分るにつれて修正します。しかし、それは英国の人々に希望を与えるべき計画です。私たちが再構築できることを願っています。私たちが命を救えることを願っています。私たちが生計を守ることができることを願っています。

私たち全員に多くのことを要求します。最もリスクの高い人々を気遣うこと。私たちはイギリスとして結束しています。私たちはスコットランド、ウェールズ、北アイルランドの分権政権と協力して、英国のどこにいても、誰もがこれらの結果を得られるようにします。

実行可能な唯一の長期的な解決策がワクチンまたは薬物ベースの治療にあることは明らかです。だからこそ、私たちはこれを最初から加速させ、世界的に有名な製薬セクターによってサポートされているオックスフォード大学とインペリアルカレッジの2つの世界で最も有望なワクチン開発プログラムの本拠地であることを誇りに思っています。

オックスフォード大学とアストラゼネカの間の最近の協力は、COVID-19ワクチンの製造を迅速に進めるのに役立つ重要なステップです。また、オックスフォードのジェンナー研究所によって開発されているワクチンが機能する場合、ワクチンができるだけ早く利用可能になり、この病気から何千もの命を守るのに役立ちます。

また、グローバルな問題にはグローバルなソリューションが必要であることも認識しています。これが、英国が5月4日にコロナウイルスグローバルレスポンスサミットを共催し、2億5000万ポンドを含むワクチン、試験、治療の研究のための援助資金として3億8800万ポンドを誓約し、ウイルスに対する国際的な対応の最前線にいる理由です。流行への備えを革新するための連合国は、あらゆる国の中で最大の貢献をしています。

しかし、私たちはブレークスルーを望んでいますが、希望は計画ではありません。大量ワクチン接種または治療は1年以上先に行われるケースがあります。確かに、最悪のシナリオでは、ワクチンを見つけることができません。ですから、私たちが一緒にその結果を回避するためにできる限りのことをしながら、私たちの計画が、長期にわたっている状況を認める必要もあるのです。

私は現在の取り決めが永続的な解決策を提供しないことを承知しています―その代償は私たちの国民生活、私たちの社会、私たちの経済、そして本当に私たちの長期的な公衆衛生にとってあまりにも重いです。そして、ウイルスの蔓延を阻止することは不可欠でしたが、それが社会に大きな打撃を与えた―特に最も脆弱で不利な立場にある―多くの人に孤独と恐怖をもたらしたことを承知しています。

私たちはあなたが愛する人たちを彼らから分離することによって保護するようにあなたに頼みました。しかし、これは難しいことであり、この分離が孤独に変わるのを避けなければならないことを知っています。

したがって、この計画は、安全であり、NHSを保護し続ける方法で、可能な限り多くの人々のために、可能な限り迅速かつ公正に、可能な限り正常な生活に戻すことを目指しています。

最優先の事項は、命を救うことです。

そして、そのためには、少なくとも予見可能な将来において、人生が異なることを認めなければなりません。私はあなたの安全を第一に考えながら、あなたの人生で最も重要なものを取り戻そうとし、あなたの生活を保護しようと努めます。

つまり、NHSとソーシャルケアシステムを強化し続けることで、COVID-19からのプレッシャーに対処できるだけでなく、非COVID-19のヘルスケアとソーシャルケアの品質を向上し続けるという政府のマニフェストのコミットメントを提供できます。

それは、ワクチンを開発、製造、および配布するための世界中の多大な努力を意味し、世界中の友人や同盟国と協力してワクチンを配布しています。

これは、私たちが国に求めた社会的距離の措置を最適化することを意味します。これにより、脅威が変化するにつれて対策も変化し、経済的および社会的影響を最小限に抑えながら、流行の拡大をできるだけ抑えるようになります。

そのためには、広範囲にわたる検査、疾病の拡大の追跡と監視、最も脆弱な人々の保護、介護施設での保護、国境の再導入に対する国境の確保、職場と公共スペースの再設計が必要です。それらを「COVID-19 Secure」にします。

私たちのNHSはすでに、当然のことながら、世界の羨望の的です。しかし、私たちは今、今後数ヶ月で私たちを保護する他の世界をリードするシステムを構築する必要があります。

私は国に、私たちの通常の生活様式の継続的な混乱に耐えなければならないが、私たちが必要とするシステムを構築するという私たちの使命を追求することに執着するように要請しなければなりません。考えられる最悪の結果は、ウイルスが制御不能な状態に戻ることであり、人命へのコストと、厳格な制限の不可避の再課せにより、経済へのコストが伴います。

私たちは注意を払い、ウイルスを制御し、そうすることで命を救う必要があります。

私たちがこれを正しく行うと、COVID-19だけでなく、COVID-19以外のすべての健康ニーズを満たすことによっても死亡を最小限に抑えることができます。これは、私たちの(より大きな)NHSに圧倒されないためです。

私たちは、経済的および社会的跳ね返りを最大化し、より多くの人々がより多くの通常の生活を続け、私たちの経済を再び機能させるようにします。

その後、ワクチンと治療法が利用可能になると、別の新しいフェーズに移行します。このフェーズでは、COVID-19で生活を支配することなく、より長期間にわたって生活することを学びます。

これは、ある世代が直面する最大の国際的課題の1つです。しかし、私たちの偉大な国は以前に巨大な試練に直面し、それを克服しました。これらの前例のない予測不可能な課題への私たちの対応は、同様に野心的で、無私で創造的でなければなりません。

これまでのご尽力に感謝します。今後数か月にわたって英国のすべての人がプレイすることになります。

 

1. 現在の状況

1.1フェーズ1

COVID-19は新しく目に見えない脅威です。それは世界のほぼすべての国に広がっています。

ウイルスの拡散は急速です。英国では最大で、集中治療を受けている患者数は3〜4日ごとに倍増すると推定されています。

政府は当初から科学に導かれ、3月3日に発生を阻止、遅延、緩和するための計画を発表し、研究を利用して政策立案に情報を提供しました。

3月7日、政府の科学者の助言に応じて、症状のある人は7日間自己隔離するように求められました。3月16日、政府は最も脆弱な人々のためにシールドを導入し、イギリスの国民に非本質的な接触と旅行をやめるよう求めた。3月18日、政府は学校の閉鎖を発表した。3月20日、エンターテイメント、ホスピタリティ、屋内レジャー施設は閉鎖されました。3月23日、政府は在宅でのガイダンスを導入するために決定的な措置を講じました。委任された政権と協力して、政府はNHSを保護し、命を救うために抜本的な行動をとらなければなりませんでした。この計画の実施は政府の対応の最初のフェーズであり、イギリス国民の並外れた犠牲とNHSの努力により、この最初のフェーズはウイルスの蔓延を抑制しました。

伝染病では、最も重要な数値の1つはR-再生数です。これが1未満である場合、平均して、各感染者は他の1人よりも少ない感染者になります。新しい感染の数は、時間の経過とともに減少します。数が少ないほど、新しい感染の数は早く減少します。Rが1を超えると、新しい感染の数が加速しています。数が多いほど、ウイルスはより速く集団全体に広がります。

英国では、緊急事態のための科学諮問グループ(SAGE)が、流行開始時のRが2.7から3.0の間であると評価しました。病気にかかった一人一人が平均して他の3人近くにそれを与えました。しかし、政府と委任管理の対応は、SAGEの最新の評価によると、英国全体でRが0.5から0.9に減少したことを意味します。

政府は現在次のように見ています

  • 流行が増加しているように見える国の地域はありません。
  • 5月9日現在、イギリスでは136,000人がCOVID-19に感染していると推定されています。
  • 5月4日現在、英国のCOVID-19の入院患者数は13,500名未満です。4月12日のピークより35%低い。
  • 5月4日の英国のNHS救急医療ベッドの27%は、4月10日の51%と比較して、COVID-19患者によって占められていました。 同時に、政府はこの病気に取り組むための能力に多額の投資を行ってきました。NHS容量は大幅に増加し、1月6日以降、英国全体で3,000の新しい救急医療ベッドがあり、毎日の検査件数は-3月31日の11,0​​41から4月30日の122,347に4月中に1,000%以上増加しました。

しかしながら、悲しいことに、今年のこれまでの死者数は、2015年~2019年の平均よりも37,151高くなっている。政府は、特に登録介護施設におけるCOVID-19の影響(そこでの4月24日までのCOVID-19の登録死亡者数は6934でした)と、COVID-19の少数民族的背景からの死亡した人の割合が高いことの影響に悩まされています。これがなぜ起こっているのかを政府が理解することが重要です。5月4日に公衆衛生イングランドがCOVID-19の健康転帰に影響を与える要因について、民族性、性別、肥満を含めるためのレビューを開始したのはこのためです。これは5月末までに公開されます。

 

政府がこの最初のフェーズで発表した社会的離隔措置に加えて、政府はこの危機を通じて人々と企業をサポートし、経済への長期的かつ長期的な影響を最小限に抑えるために前例のない行動をとっています。5万人の雇用主が5月3日の真夜中に630万人の仕事の賃金を支払う手助けをするためにコロナウイルスの雇用維持制度に申し込みました。

予算責任局(OBR)とイングランド銀行はどちらも、もし政府が彼らが行った行動をとらなかったならば、状況ははるかに悪化するであろうこと  は明らかでした。しかし、それにもかかわらず、人々の仕事と生計への影響は深刻でした。経済活動は、英国経済の大規模な地域全体で停止されました。政府は数百万の家族と企業を支援していますが、すべての仕事とすべての企業を保護することはできません。

失業率は年初の40年ぶりの低さから上昇しています。3月16日から4月28日の間に約180万世帯がユニバーサルクレジットを請求しました。 ザ・OBRは、そのことを示唆している「参照」のシナリオを公開している現在の対策は6月までの場所に滞在し、次の3ヶ月の間に緩和されている場合は、失業率は2020年第2四半期に200万人以上に上昇する OBRのシナリオは、GDPが今年の第2四半期に35%減少する可能性があり、年間の後退が300年以上で最大になる可能性があることを示唆しています。

ホスピタリティや小売業など、最も影響を受ける部門の労働者は、若年層および女性層の給与が低い傾向があります。若い世帯も長期的には不均衡な打撃を受ける可能性が高く、不況に続いて、将来の収入の損失の可能性は若者にとってより大きいことが証拠によって示されています。

 

ウイルスが経済に与える影響が長ければ長いほど、長期的な瘢痕化や永続的な経済活動の低下のリスクが高まり、事業の失敗、継続的な失業率の増加、収益の低下を招きます。これは、公的財政の持続可能性とNHSを含む公共サービスに資金を提供する能力を損なうことになります。また、慢性疾患の有病率が大幅に増加するため、長期にわたる身体的および精神的健康の転帰が悪化する可能性もあります。

 

1. 2次のフェーズへの移行

4月16日、政府は緩和策に関する5つのテストを発表しました。これらは次のとおりです。

  1. NHSの対処能力を保護します。私たちは、英国全体で十分な救急医療と専門的治療を提供できると確信している必要があります。
  2. 毎日の死亡率の持続的かつ一貫的な下落を参照し、それにより我々はCOVID-19からのピークを越えて移動していることを確信できます。
  3. 感染率が管理可能なレベルに減少していることを示すより信頼性の高いSAGEからのデータ
  4. テスト能力やPPEを含む運用上の課題の範囲が手元にあり、供給が将来の需要に対応できることの確信。
  5. 現在の対策を調整し、NHSを圧倒する感染のリスク2番目のピークがないことの確信

政府の優先事項は、国民を保護し、命を救うことです。行われた調整がこれらの5つのテストと互換性があることを保証します。上で述べたように、Rは現在1未満(0.5から0.9の間)ですが、潜在的には1未満です。政府は、これらの条件のいくつかを満たすことで大きな進歩を遂げました。NHSの換気ベッド容量は増加しましたが、COVID-19患者によるNHSへの需要は減少しました(図4を参照)。コミュニティの死は減少しています。ただし、ウイルスの管理に必要な運用サポートには、実際の課題が残っています。政府は、NHSを圧倒する可能性のある感染症の2番目のピークに今は大きな調整が加わらないことを確信できません。したがって、政府は既存の措置の要素を慎重に取り上げる立場にあるだけです。

英国の地域によって、Rの数値は異なります。委任された政権は、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドでの措置の解除について独自の評価を行っています。すべての政府は、英国全体で調整されたアプローチを確保するために引き続き協力します。

 

1.3今後の課題

政府がウイルスへの対応の次の段階に移行するにつれ、英国は、世界中の他の国と同様に現在直面している課題について明確にすることが重要です。

  1. これは短期的な危機ではありません。COVID-19が長期にわたって人間の集団に循環し、おそらく定期的な流行を引き起こす可能性があります。近い将来、何らかの対策を講じなければ、大きな流行波を排除することはできません。
  2. 短期的には、大幅な変更を行う余裕はありません。Rを1未満に保つには、操作の余地がほとんどありません。SAGEモデリングは、学校を完全に開校するか、すべての社会的距離測定を今緩和することにより、ウイルスが再び出現し、最初の波よりも大きな波になる可能性があることを示唆しています。ほとんどの人が免疫力を欠いている集団では、管理策が講じられていなければ、流行は数日おきにサイズが倍増します。
  3. 簡単な解決策はありません。ワクチンまたは効果的な薬の開発のみが、この流行を確実に制御し、何らかの形で社会的距離を離したり、連絡先を追跡したりせずに死亡率を低減できます。中期的には、自然な人口レベルの免疫が達成されるまでウイルスが制御されない方法で広がることを許すことは、NHSに大きな圧力をかけるでしょう。これは政府の戦略の一部ではありませんでした。ワクチンが開発できれば、病気の蔓延を防ぐ可能性があります。治療は拡散を止める可能性は低くなりますが、ウイルスの危険性を減らすことができます。
  4. 国は新しいケースの数を減らす必要があります。Rを1未満に保つと、新しいケースの数が、新しいケースを効果的に追跡できるレベルまで減少します。これにより、毎日の送信の総数を低レベルに抑えることができます。
  5. ウイルスに対する世界の科学的理解はまだ急速に進んでいます。誰が最大の個人的リスクにさらされているか、そしてウイルスがどのように広まっているかについてはまだ学んでいます。特定のシールドと抑制対策の相対的な効果を正確に知ることは不可能です。また、人口の何人が無症候性に感染しているか、または感染している。
  6. ウイルスの拡散を検出することは困難です。一部の人々は無症候性に病気を運びます、それは彼らが感染していることを知らずにウイルスを広めることができることを意味するかもしれません。症状が出た人は、感染した兆候を約5日間示さないことがよくあります。この期間、特に症状が始まる2日前に、かなりの割合の感染が起こります。自分自身に重大な危害を及ぼすリスクがない人でさえ、他の人に不注意で感染する実際のリスクをもたらす可能性があります。これが、政府の対応の次の段階の重要な部分が、新しい感染の監視と対応を改善することである理由です。
  7. 政府は、冬のインフルエンザの季節がもたらす課題に備える必要があります。これは、ウイルスを追跡するためのあらゆる努力の妨げ(COVID-19を持たない多くの人々がCOVID-19に似た症状を示す可能性が高いため)から病院のベッドの需要の増加まで、幅広い影響を及ぼします。
  8. 計画は、継続的な広範なコンプライアンスに依存しています。以下の図5に示すように、これまでのところ人々は対策を順守しています。ただし、Rが1を超えて流行が制御不能に増加するのを回避するには、非常に高い継続的なコンプライアンスレベルが不可欠です。リスクは不均衡なものです。英国が感染拡大の指数関数的増加に逆戻りした場合、すぐに手に負えなくなる可能性があります。

 

これらの課題を反映して、このドキュメントの残りの部分では、ウイルスをうまく制御し、その拡散を監視して対処できることを条件として、既存の対策を安全かつ測定された方法で容易にするための慎重なロードマップを示します。ロードマップは、流行が広まり、世界に対する理解が深まるにつれ、常に見直しが行われます。

 

2. 私たちの目的:人命救助、生計維持

政府の目的は人命を救うことでした。これは引き続き、この計画の中心にある最優先事項です。

政府はまた、現在の制限的措置が人々の健康、生活、そしてより広い健康に引き起こしていることを知っている他の害を最小限にするよう努めなければなりません。しかし、政府がこれらの対策を急いで取り消すと、NHSを圧倒する可能性のある2回目のアウトブレイクが引き起こされるリスクがあります。したがって、英国は新しい現実に適応する必要があります-社会は可能な限り正常に戻ることができるものです。子どもたちが学校に行くことができる場所では、家族はお互いを見ることができ、生計を守ることができ、同時に病気の蔓延を防ぎます。

したがって、この計画の中心となる政府の目的は次のとおりです。

できるだけ多くの人にとって、できるだけ早く、そしてできるだけ公正に、できるだけ通常の生活に戻ります…。…新たな流行を回避し、命の損失を最小限に抑え、健康、経済、社会の結果を最大化する方法で。

これを行うには、政府は現在の社会的距離の測定をその時点でのリスクのレベルを反映する新しいよりスマートな測定で着実に再設計し、人々が仕事に取り戻される間、経済支援スキームを慎重に緩和する必要があります。政府はこれを3つの主な要因を検討することによって行います。

2.1健康への影響

最初の考慮事項は国の健康です。政府は、COVID19によって直接引き起こされるものだけでなく、全体的な健康上の結果を考慮する必要があります。最高医療責任者とNHSイングランドの助言に基づき、政府は次のことを考慮に入れます。

  • 直接的なCOVID-19死亡率、最高の医療を受けているにもかかわらずウイルスで死亡した人々。
  • NHS緊急サービスが圧倒され、それによってCOVID-19のある患者と他の緊急医療の両方に効果の低い医療を提供することから生じる間接的な害
  • NHSが流行を管理するためにリソースを転用している間、または人々が決定するなどの意図しない結果から、重要であるが緊急ではない医療および公衆衛生プログラムの延期含む、私たちが取らなければならなかった措置の結果としての死亡率または他の病気の増加彼らがそれを必要とするときに、そして隔離された増加と精神的健康への影響から治療を求めないこと; および
  • 剥奪は健康状態に強くリンクしているため、経済的影響から生じる剥奪の増加による長期的な健康への影響。

他の多くの呼吸器感染症と同様に、将来このウイルスに感染する人がいないこと、またはこれらの感染症のいずれもが悲劇的な死を招くことがないことを保証することは不可能です。ただし、この計画には「許容可能な」レベルの感染または死亡率を想定する部分がないことを明確にすることが重要です。

生命への最大の脅威は、今冬、医療システムを圧倒する2番目のピークのリスクであり、この圧力がさらに高まり、NHSは緊急ではないケアを提供する必要がまだあります。2番目のピークはまた、最初の発生に関連するより広い健康、経済、社会的危害の回復を引き起こします。この計画は、このリスクを最小限に抑えることを目的としています。

 

2.2経済効果

2番目の考慮事項は、人々の生活を保護および回復し、人々の生活水準を向上させることです。最終的に、強い経済は人々の仕事保護し、政府がヘルスケア対応を含む国の重要な公共サービスに資金を提供できるようにするための最良の方法です。これは政府が考慮に入れることを意味します:

  • 安全な場所で仕事に戻ることができる人々の数、企業や労働組合と協力して人々が安全に職場に戻ることができるようにすることを含む、短期的な経済的影響;
  • 国の長期的な経済の将来。失業や破産により人々が損害を受ける可能性があり、景気回復への投資に投資する。
  • 政府が公共サービスと医療対応に支払うことができるように、公的財政の持続可能性。
  • 銀行や他の人々が経済に資金を提供し続けることができるように、金融の安定 ;
  • 分布の影響、したがって、さまざまな収入と年齢層、事業部門、国の一部に対する政府の措置を慎重に検討する。

政府はまた、英国の国際経済競争力を保護する必要があります。これは、可能であれば、たとえば英国の世界をリードする製薬および医療機器製造部門に、新たな経済的機会を模索することを意味します。

2.3社会的効果

3番目の考慮事項は、社会的距離測定が国民の日常生活に与える影響の拡大です。政府は、社会的距離をとる措置が、人々の精神的健康や孤立感への悪影響から、家庭内暴力やオンライン詐欺のリスクまで、社会的課題を悪化させる可能性があることを認識しています。政府は、可能な限り多くの人々に対して、社会的悪影響(深刻さと期間の両方)を最小限に抑えるよう行動しなければなりません。これは政府が考慮に入れることを意味します:

  • 教育の日数子どもたちが失います。
  • 政府がとる行動の公正さ、特に社会的距離をとる措置によって最も影響を受ける人々への影響。そして
  • 英国が依存している公共サービスおよび市民団体、特に社会の最も脆弱な人々を保護または支援する団体の力を維持することの重要性。

2.4実現可能性

これらの3つの要素を支えることは、重要な実際的な制約です:政府が行うあらゆる行動のリスクと実現可能性を考慮すること。これには、政府が追求するコースの技術的リスク、新しい技術を実装するスケジュール、およびグローバルパートナーと連携する政府の能力を考慮することが含まれます。望ましいことの多くはまだ可能ではありません。したがって、政府の計画では、いつどこでリスクをとるかを慎重に検討しています。「ゼロリスク」アプローチは、これらの前例のない時代には機能しません。政府は実験技術に投資する必要があり、その一部は意図したように機能しないか、価値がないことさえ証明されます。しかし、完全な確実性を待つことは選択肢ではありません。

2.5包括的な原則

上記の要素を支えるのはいくつかの指針となる原則です:

(1)科学によって通知されます。政府は、最良の科学的および医学的アドバイスに引き続き従い、適切なタイミングで適切なことを行うようにします。

(2)公正さ。政府は、常に、すべての人々とグループに対して公正であるよう努めます。

(3)比例。政府は、ウイルスを制御するために講じられたすべての措置が、社会的および経済的影響に関して、提起されたリスクに比例することを保証します。

(4)プライバシー。政府は、この1世紀に一度の出来事を除けば、通常は決して考慮されないような措置をとるとき、常に個人のプライバシーを保護し、人々に透明であろうと努めます。

(5)透明性。政府は、関連する科学的および技術的助言を利用できるようにすることを含め、公衆および国会議員に対して引き続きオープンです。政府は、不確実でリスクのある行動については正直であり、政府が下す判断とその根拠については透明です。これらの原則を満たすために、英国政府はスコットランド、ウェールズ、北アイルランドの分権政権と緊密に協力してこれを英国全体の対応、つまり一貫性のある、調整された包括的なものにします。その英国全体のアプローチの一部は、ウイルスが英国のさまざまな地域でさまざまな速度で拡散している可能性があることを認めるものです。対策は、さまざまな方法でさまざまなタイミングで変更する必要がある場合があります。アドバイスについては、北アイルランドの幹部が設定したガイダンスを参照してください。

さまざまな考慮事項のバランスを取るには、いくつかの難しい選択が伴います。たとえば、政府は、リスクの低い一部の人々が享受する自由の範囲と速度、および他の人々へのリスクの間の選択に直面するでしょう。脆弱性が高い人たちに対するリスクのレベルを高めます。

 

3. 私たちのアプローチ:段階的な回復

英国が政府の対応のフェーズ1を終了すると、政府は抑制、遅延、調査、緩和を求めていたため、さらに2つのフェーズを通過します。

フェーズ2:スマートな制御

英国がフェーズ3に到達できるまで、政府は、既存の社会的制限を、その目的を可能な限り効果的にバランスさせるよりスマートな措置で徐々に置き換えます。

政府は、流行の抑制に最大の効果をもたらすが、健康、経済、社会的コストを最低にする措置を制定する。

これらは、制限が解除されるペースを最大化することを目指して、今後数週間および数か月にわたって定期的な「ステップ」で開発および発表されますが、各ステップから次のステップに移行するための厳しい条件があります。政府は、必要に応じて制限を課すなど、トランスミッションの増加に対応するオプションを維持します。

時間が経つにつれ、政府はこれらの対策の有効性を改善し、病気の広範囲にわたる正確な監視を通じて、より反応的なまたは局所的な対策を導入します。これにより、より多くの人々がより多くの対策をより速いペースで解除できるようになります。一方、政府はNHSとソーシャルケアの能力を引き続き強化し、COVID-19のすべての患者のケアを確保しながら、「通常の」ヘルスケアの提供を回復します。

フェーズ3:信頼できる治療

英国から(そして世界的に)ウイルスが根絶される可能性は非常に低いです。しかし、効果的な治療法やワクチンを導入することで、ウイルスの影響を管理可能なレベルまで低減できる段階に移行できます。

このフェーズをできるだけ早く実現するために、政府は研究に投資し、国際パートナーシップを構築し、大規模な治療法やワクチンを製造および流通するためのインフラストラクチャを整備しています。

3.1フェーズ2:よりスマートな制御

このフェーズ全体を通じて、人々は、手洗い、社会的距離の確保、他の人が触れた表面の定期的な消毒など、適切な衛生習慣を継続することで、病気の蔓延を最小限に抑える必要があります。これらはしばらくの間配置されます。

人々が毎日行う社会的接触の数は制限され続ける必要があり、脆弱なグループの暴露は通常のレベルから減少し続ける必要があり、症候性および診断された個人は依然として隔離する必要があります。時間の経過とともに、社会的接触は以下によって感染力が低下します。

  • 接触ごとに感染の可能性を減らすために、このような接触をより安全にする(公共スペースと作業スペースを再設計すること、および症状を自己隔離するものを含む)。
  • リスクに応じて制限の焦点を絞るために、感染のテスト、追跡、監視を使用して、感染した人々の社会的接触を減らす。そして
  • より局所的なレベルで感染の発生を検出し、対象を絞った対策に迅速に介入することで、ホットスポットの発生を阻止します。短期的には、人口内の社会的接触の程度は、ウイルス感染のプロキシとして機能し続けています。連絡先が少ないほど、リスクは低くなります。

よりスマートな社会的距離測定を開発することは、政府が最も破壊的な測定を緩和し、例えば他の測定を強化することによってリスクを管理するための新しい測定を導入するにつれて、増加する接触のバランスをとる必要があることを意味します。たとえば、物理的な職場に戻る人が多すぎる場合など、1つのエリアでの連絡先が多いほど、他の場所では可能性が低くなります。たとえば、多くの子供が学校に戻ることができなくなります。各時点での感染レベルが低いほど、より多くの社会的接触が可能になります。

現在の測定値への定期的な調整手順

したがって、今後数か月にわたって、政府は現在の社会的距離の制御にさまざまな調整を導入し、ウイルスの現在の拡散と安全を確保する政府の能力の両方に従ってこれらを慎重にタイミング調整します。これらは、次の章で説明する「ステップ」で発生し、各ステップから次のステップに安全に移動するための厳密な条件があります。

 

各ステップでは、既存の制限に新しい調整を追加したり、さらに調整を加えたりすることができます。たとえば、屋外での感染のリスクが大幅に低いため、屋外スペースと活動(社会的距離の継続が前提)の再開はロードマップの早い段階で行われますが、屋内の公共スペースとレジャー施設(ジムや映画館など)の再開は、ソーシャルインタラクション(ナイトクラブなど)、大勢の観客を引き付ける会場(スポーツスタジアムなど)、および密接な接触が本質的に存在するパーソナルケア施設(美容院など)を主な目的とする施設は、感染数。

次の章では、指標となるロードマップを示していますが、これらの調整の正確なスケジュールは、各時点での感染リスクと、連絡先追跡などの政府の緩和策の有効性によって異なります。

今後数週間および数か月にわたって、政府は流行への影響を使用して適切な次のステップを評価し、各調整の影響を注意深く監視します。

最初は、監視のための十分な時間を確保するために、ステップ間のギャップは数週間である必要があります。ただし、国の監視システムがより正確で大規模になり、変更をより迅速に評価できるようになると、この応答時間は短縮される可能性があります。感染のレベル(したがってリスク)が異なるため、スコットランド、ウェールズ、および北アイルランドでは、権限が委譲された行政機関によって異なるペースで制限が調整される場合があります。イギリスでも同様に、政府は一部の地域の制限を他の地域より先に調整する可能性があります。コーンウォールのリスクが高くても、リスクが低い場合、ニューカッスルの不均衡な制限につながるべきではありません。

(以下省略)

 

COVID-19セキュア」ガイドライン

多くの対策では、各タイプの物理スペースを安全に操作するためにどのように適合させることができるかを示す新しい安全ガイドラインの開発が必要です。政府は、関連分野、業界団体、地方自治体、労働組合、労働安全衛生局、イギリス保健省に調査を依頼しており、今週それらを発表する予定です。

また、ウイルスが蔓延して完全な在宅対策が必要であった場合には効果がありそうもない対策も含まれますが、社会的な連絡先の数が増えるにつれて、これは現在、何らかの影響を与える可能性があります。公共交通機関などの閉鎖された公共エリアでの顔の覆いの使用を助言し、国際旅行者に厳しい制限を導入する。

英国中の多くの企業は、オンラインでの移動や配信モデルへの適応など、ビジネスを行うための新しい永続的な方法を開発する上ですでに非常に革新的です。在宅勤務の増加など、これらの変更の多くには、たとえば通勤に伴う二酸化炭素排出量を削減するなど、大きなメリットがあります。政府は、共有スペースのすべての雇用主と運営者に、斬新なアプローチの開発において革新的であるよう引き続き要請する必要があります。UK Research and Innovation(UKRI)は、英国がこのウイルスの影響を緩和するのに役立つ新しい技術とアプローチを開発する提案の助成金申請を歓迎します。

最も臨床的に脆弱な人々を保護する

一部の人々は、NHS、彼らの臨床医またはそのGPから、特定の病状を有する結果として、彼らは臨床的に非常に脆弱であると考えられることを伝える手紙を受け取りました。この期間中、政府はウイルスが蔓延し続ける間、このグループのための大規模なシールドプログラムを継続する必要があります。政府はまた、刑務所や介護施設などの他の脆弱な場所のためにその保護を調整する必要があります。リスクの理解に基づいています。

臨床的に極めて脆弱なコホートの人々は、まだしばらくの間自分自身を守るように助言され続け、政府はこれが影響を受ける人々にもたらす困難を認識しています。今後数週間にわたって、政府はこれらの個人に対してより多くのサポートと支援を導入し続け、彼らがシールドされたままでいるときに必要な支援を得るようにします。そして政府は、シールドを提供する人々を支援するためのさらなる措置を導入するでしょう-例えば、検査と保護装置のために介護労働者に優先順位を付け続けること。

リスクに対するより差別化されたアプローチ

英国がフェーズ2に移行しても、政府は全員またはすべてのグループのリスクが同じではないことを認識し続けます。ウイルスによってもたらされる脅威のレベルは、政府が現在部分的にしか理解していない方法で、人口によって異なります。

政府はこの疾患と関連するリスク要因についてさらに学習するにつれて、リスク評価を着実に微妙なものにして、以前より多くのリスクを取ることができるかもしれないとシールドするように助言したいくつかに自信を与えます。そして、より慎重になりたいと思うかもしれない人々を特定します。政府は、自己へのリスクと他人に伝染するリスクの両方を考慮する必要があります。

軽度ではあるが症状を示している人が、今のように自宅自己隔離し続けなければならず、世帯の検疫規則が引き続き適用されることが重要です。ただし、政府が綿棒検査の利用可能性と速度を高めるにつれて、症状を示している疑いのある症例がCOVID-19であるかどうかをより迅速に確認できるようになります。これにより、COVID-19を持っていない人とその家族の自己隔離期間が短縮されます。

政府はまた、可能であれば、現在よりも正確に将来の規制を対象とすることを期待しています。たとえば、リスクの低い国の一部では対策を緩和しますが、データがこれを保証する場合は、より高いリスクの場所で規制を継続します。たとえば、今後数か月の間に局所的なアウトブレイクが発生する可能性があり、感染の制御を維持するために事後対応策を実施する必要があります。

対応策

ウイルスが再び蔓延していることをデータが示唆している場合、政府はおそらく急に規制を強化する必要があります。目標は、徐々に動き、政府がとる各段階の影響を注意深く監視することによってこれを回避することです。

科学的アドバイスは、後退する余地があることは明らかです。制限が緩和されると、人々が注意を怠らず、それを適切に適用する場合、送信が増加し、Rがすぐに1を上回り、制限を再度課す必要があります。

 

3. 2 フェーズ3:信頼できる治療

人類は感染症の医学的対策を見つけるのに非常に効果的であることが証明されており、COVID-19でもそうであると思われます。しかし、これには時間がかかる場合があります。できるだけ早く、政府はより持続可能な解決策に移行する必要があります。そこでは、上記の継続的な制限を完全に解除できます。これを可能にするために、政府は信頼できる治療法またはワクチンを可能な限り迅速に開発、試験、製造、および配布しなければなりません。

ウイルスが自然に死ぬことはほとんどありません。根絶される可能性も低い。唯一の人間の感染症-天然痘-はこれまでに根絶されてきました。したがって、政府は、他の深刻な疾患と同様に管理できる治療法を開発するか、人々に予防接種によって免疫を獲得させる必要があります。

安全で効果的なワクチンが長期間(またはこれまで)開発されない可能性があるため、政府が可能な場所でこれが迅速に発生する可能性を最大化しながら、この一連の行動に依存してはなりません。現在、世界中で70を超える信頼性の高いワクチン開発プログラムがあり、オックスフォード大学で最初の英国のヒト試験が始まっています。

他の肺炎やヘルペス感染症からHIVに至るまで、他の多くの感染症で行われてきたように、効果的なワクチンを開発できない場合でも、COVID-19に感染することによる影響を軽減する薬物治療を開発することは可能かもしれませんそしてマラリア。

たとえば、薬はウイルス自体を治療して疾患の進行を防ぎ、感染のリスクを制限するために使用されたり、重症の場合に使用されて重篤な疾患への進行を防止し、集中治療の時間を短縮し、死亡の可能性を減らしたりします。

研究者は、既存の薬物の転用などから、いくつかの効果的な治療法をすぐに見つける可能性があります。または、長期間そうでない場合もあります。効果のあるすべての治療法が一変するわけではありません。最良の科学的アドバイスは、死亡率を大幅に低減するか、流行の進路を変えるのに十分な保護力がある薬剤は、特にCOVID-19用に設計および開発する必要があり、これには時間がかかり、成功が保証されないということです。

ただし、これらの多くが失敗するにもかかわらず、成功の経済的および社会的利益は、政府が治療とワクチンの両方を可能な限り最速で開発および展開するためにできる限りのことをすることを意味します。第二段階は、英国がこの点に達するまで物事を管理する手段です。

 

4. 制限を段階的に解除するためのロードマップ

政府は、制限を解除するための慎重に計画された時刻表を持っています。このスケジュールは、ウイルスの拡散をうまく制御することに依存しています。証拠がウイルスの制御において十分な進歩がなされていないことを示している場合、制限の解除を遅らせる必要があるかもしれません。

制限を解除することによる影響を絶対的に確実に予測することはできません。規制を解除した後、政府が感染率の突然の懸念的な上昇を認めた場合、政府はいくつかの規制を再度課さなければならない可能性があります。それは可能な限り限定的かつ対象を絞った方法でそれを行うことを目指します。特定の地理的領域またはそれを行うのに比例する限られたセクターで制限を再度課すことで対応することを含みます。

4.1ステップ1

このステップでのポリシーの変更は、5月13日水曜日からイギリスで適用されます。感染率は英国の地域によって異なる可能性があるため、このガイダンスは、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの地域の公衆衛生および安全要件と併せて検討する必要があります。

仕事

近い将来、労働者は、可能な限り、通常の物理的な職場ではなく、自宅で仕事を続ける必要があります。これは、全国の社会的接触の数を最小限に抑えるのに役立ち、したがって、感染を可能な限り低く保ちます。働くすべての人は、英国が依存している医療規定の支払いに役立つ税金を寄付しています。自宅で仕事ができる人は、交通機関や公共の場所での過密のリスクを最小限に抑えながら、職場に直接行かなければならない人がそうすることができます。

自宅で仕事をすることができないすべての労働者は、彼らの職場が開いているならば、仕事に出かけるべきです。開放が許可されている経済のセクターは開放である必要があります。たとえば、これには、研究室での食料生産、建設、製造、物流、流通、科学研究が含まれます。これに対する唯一の例外は、ホスピタリティや非本質的な小売りなど、この最初の段階で政府が閉鎖されたままでいる必要がある職場です。22 職場は、できるだけ早く、今週発行される前の章で説明されているように、新しい「COVID-19セキュア」ガイドラインに従う必要があります。これらにより、感染のリスクを可能な限り低く抑えながら、できるだけ多くの人々が生活を再開できるようになります。

その場合のまましかし、軽度の症状を持っている、または誰かが症状を持っている家庭にある誰もが、自分の家を残してはならない仕事に行くことに。それらの人々は、彼らの世帯の人々がそうであるように、自己隔離すべきです。

学校

感染率は依然として高すぎて、まだすべての生徒が学校を再開することはできません。ただし、脆弱な子供たち(困っている子供たち、教育、ヘルスケアプランを持っている子供たち、および教育提供者や地方自治体によって他の方法で脆弱であると評価された子供たちを含む)23および重要な労働者の子供たちが学校に通うことができることが重要です。現在許可されています。子供の約2%が、一人で学校に通っている24すべての学校がリモートでレッスンを提供するために努力しているが。

しかし、学校に通う脆弱な子供たちやクリティカルワーカーの子供たちには、大きな社会的利益があります。したがって、地方自治体や学校は、直接参加することで利益を得る子供たちに、そうするよう勧める必要があります。

政府はまた、附属書Aの公衆衛生の原則を満たすことができることを条件として、乳母や保育者などの有料保育を実施できることを明確にするためにガイダンスを修正しています。これは、在宅勤務が不可能な役割であるためです。これにより、より多くの働く親が仕事に戻ることができます。

旅行

仕事へのほとんどの旅は、自転車、車、徒歩のいずれかで移動する人々を含みますが、公共交通機関では、全国、特に都市部やピーク時に仕事をするのにかなりの人数がかかります。より多くの人々が仕事に戻ると、公共交通機関の旅の数も増加します。これが、政府が公共交通機関と協力して、できるだけ早くCOVID-19以前のレベルにサービスを戻すように取り組んでいる理由です。このロードマップは、提案されている段階的緩和策案において公共交通への影響を考慮に入れています。

旅行するときは、(クリティカルワーカーを含む)全員が可能な限り公共交通機関を避け続ける必要があります。可能であれば、代わりに自転車に乗ったり、歩いたり、運転したりして、密接に接触する人の数を最小限に抑える必要があります。より多くの人々が徒歩や自転車で簡単に移動できることが重要です。そのため、政府は資金を増やし、地方自治体が舗装を拡幅したり、ポップアップサイクルレーンを作成したり、都市の一部の道路を通行したりすることを奨励する新しい法定ガイダンスを提供します(バスを除いて)いくつかの議会がすでに提案しているので。

公共交通機関に関する社会的距離のガイダンスは、厳密に従う必要があります。職場と同様に、輸送業者は適切なガイダンスに従って、サービスをCOVID-19で保護する必要があります。これは今週公開されます。

顔面カバー(マスク)

より多くの人々が仕事に戻るので、人々の近所の家の外でより多くの動きがあります。この機動性の向上は、社会的距離が常に可能なわけではなく、公共交通機関や公共交通機関などで通常会うことができない他の人々と接触する閉鎖空間で人々がフェイスカバーを着用することを目指すべきであることを政府が今アドバイスしていることを意味しますいくつかのお店。自家製の布製フェイスカバーは、状況によっては感染のリスクを減らすのに役立ちます。顔面カバーは着用者を助けることを目的としたものではなく、無症候性である場合に他人への不注意による病気の伝染から保護することを目的としています。

フェイスカバーは、ヘルスケアやその他の労働者が個人用保護具の一部として使用するサージカルマスクやマスクなどのフェイスマスクとは異なります。これらの備品は、それを必要とする人々のために引き続き確保しておく必要があります。フェイスカバーリングは、2歳未満の子供、またはそれらを正しく管理するのが難しいと感じる可能性のある人、たとえば、初心者の子供が助けを借りていない、または呼吸器疾患のある子供は使用しないでください。フェイスカバーを適切に使用し、着脱する前に手を洗うことが重要です。

公共スペース

SAGEは、外部からの感染のリスクが内部よりも大幅に低いことをアドバイスしているため、政府は規則を更新し、運動だけでなく、人々が屋外で過ごすこともできるようにしています。あなたの世帯; 世帯外の人々から2メートル(6フィート)離れるように、社会的距離のガイドラインへの継続的なコンプライアンス。特に共有面に関して、良好な手指​​衛生; そして、公共の場所が適切な措置を講じて新しいCOVID-19の安全なガイダンスに従うことができる責任を負う人々。

人々は好きなだけ毎日外で運動することができます。たとえば、これには釣りやテニスが含まれます。プレイグラウンド、屋外ジム、チケットのある屋外レジャー施設など、表面が接触したり触れたりする危険性が高い場所は、引き続き使用できません。運動できるのは、世帯外の1人までです。つまり、ご家族のメンバー以外は、チームスポーツをしてはいけません。

世帯外にいる人との接触を伴わないため、距離関係なく、屋外のオープンスペースに車で行くことができます。

屋外のスペースに移動するときは、人々がスコットランド、ウェールズ、北アイルランドの規則を尊重し、関連する委任された行政によって発行されたガイダンスや規制に適合しない英国の別の場所に旅行しないことが重要です。

これらの対策にはリスクが伴います。大多数がこれまでに行ってきたように、誰もが責任を持って行動し続けることが重要です。人々がこれらの規則に違反し始めた場合、たとえば、公園内でグループを混ぜると、感染率が増加します。これにより、さらに制限が必要になります。

臨床的に脆弱な人の保護

他の人よりも臨床的にCOVID-19に対して脆弱である人もいます。これらには、70歳以上の人、特定の慢性的な既存の状態の人、妊婦が含まれます。 これらの臨床的に脆弱な人々は、世帯外の人との接触を最小限に抑えるために特別な注意を払い続ける必要がありますが、保護する必要はありません。

臨床的に非常に脆弱なグループの人々は、常に家にいるようにして、対面での接触を避けてください。これは「シールド」と呼ばれます。それは、非常に限られた例外を除いて、家を出たり集会に出席したりしないことを意味します。付録Bは、現時点でさまざまな脆弱なグループに適用可能なガイダンスの詳細を示しています。政府は人々がシールドに関するアドバイスを真剣に受け止めていることを知っており、家族や友人から遠ざけるために必要な大きな責任と決意を鋭く認識しています。残念ながら、ウイルスの現在の感染レベルは、政府が引き続きガイダンスに従うよう要請する必要があるレベルです。これらのシールドが直面する課題を認識して、政府は次のとおりです。

  • 家を出られない人に必須の食べ物を提供する。イギリスでは現在、100万個を超えるフードボックスが、食料品の支援を求めたシールドに卸売業者から卸売業者から届けられており、今後数週間で数十万人がフォローする予定です。政府はまた、スーパーマーケットの配達が必要であると述べた人のために、スーパーマーケットへの優先的アクセスを手配しました。
  • ボランティアサポートの促進。20万呼び出し日までが行われました、彼らのサポートの必要性を確認するためにイギリスにシールドと議会が他の方法でそれらをサポートするために支援している-など、いくつかのケースでは、単離されたものへのボランティアから定期的に電話を整理します。シールドしている人は、NHSボランティアレスポンダーのサポートを直接要求することもできます。

政府はまた、やがて社会の他のメンバーが通常の日常生活の側面に戻ると、シールドを求められる人々の課題が深まることを認識しています。政府はこれらのシールドのサポートニーズを引き続き検討し、政府は直接的な支援が必要である限り、個人にサポートを提供し続けます。

政府がこれらのシールドに提供しているサポートに加えて、孤独のリスクがある人々など、他の脆弱な人々に重要なサポートを提供します。政府は、これらの分野で活動する最前線の慈善団体に重要な財政支援を提供するなど、これらのグループをさらに支援するために引き続き取り組んでいます。GOV.UKのウェブサイトは、現地当局および自主とコミュニティ部門から含めて提供されていますサポートの巨大な範囲についての情報を提供します。新しいサービスとサポートが利用可能になると、政府は引き続きGOV.UKを更新します。

英国が回復すると、政府は障害を持つ人々が自立した生活を送れるようにし、疎外されないようにします。これには、彼らが公共サービスにアクセスできることを確認することが含まれ、政府が安全な作業環境を作成し、輸送システムを再開する際に彼らのニーズを検討します。政府は彼らの全体的な健康アウトカムが過度に苦しむことのないようにします。

執行(強制力)

政府は、他の多くの国で見られたように、コンプライアンス違反についてより厳しい執行措置を検討しています。政府は、人々が仕事や学校に戻っているときにルールを破るという他者へのリスクの増加を反映するために、より高い罰金を科すでしょう。政府は、何が許可され、何が許可されていないかを公衆に明確にするよう努めます。

議会

議会が引き続き政府を精査し、政府の野心的な立法議題を検討し、COVID-19対応を立法化することが重要です。議会は、この新しい通常の方法でビジネスを継続できる方法の全国的な例を示す必要があります。そして、公衆衛生指導に沿って、下院でのさらなる物理的手続きに向けた動きを含め、この次のステップの一部として事業に復帰するように動く必要があります。

国外旅行

英国での感染レベルが低下し、政府が社会的接触の増加に備えるため、海外から感染が再導入されるリスクを管理することが重要になります。

したがって、感染の全体的なレベルを低く抑え、他の多くの国と調和させるために、政府は英国との国境に一連の措置と制限を導入します。これは、英国での送信全体の数を可能な限り少なくすることに貢献します。第一に、国境における英国の社会的距離制度に関する情報の増加に加えて、政府はすべての海外到着者に連絡先と宿泊情報を提供することを要求します。また、NHS連絡先トレースアプリをダウンロードして使用することを強くお勧めします。

第2に、政府は、短い免除リストに含まれていないすべての海外到着者に対し、英国への到着後14日間、宿泊施設で自己隔離することを要求します。海外旅行者がどこで自己隔離するかを証明できない場合、政府が手配した宿泊施設で隔離する必要があります。政府は委任された行政機関と緊密に連携して、英国全体での実施を調整しています。

これらの措置に対する小さな免除は、英国への供給の継続的な安全を提供し、国家安全保障または重要なインフラストラクチャをサポートする作業を妨げず、英国の国際的義務を果たすために実施されます。コモントラベルエリア内のすべての移動も、これらの措置から除外されます。

これらの国際旅行対策は5月13日には施行されませんが、できるだけ早く導入されます。詳細とガイダンスはまもなく発表され、免除措置とリストは定期的に見直されます。

4. 2ステップ2

調整の第2段階の内容とタイミングは、ウイルスによってもたらされるリスクの最新の評価によって異なります。最初の章で説明する5つのテストは変更を正当化する必要があり、それらは現在のアラートレベルによって保証されている必要があります。

これらは、次の章で説明するプログラムによって、特にテストとトレース機能を強化し、介護施設を保護し、臨床的に非常に脆弱な人々をサポートすることによって可能になります。これらの条件が満たされない場合、下記の日付が遅れる可能性があります。変更は、有効になる少なくとも48時間前に発表されます。

計画を支援するために、政府の現在の目標は、これらの条件が満たされていることを条件として、6月1日月曜日までに2番目のステップを実施することです。それまでは、以下の活動に関して現在制定されている制限が続きます。政府は委任された行政と協力して、ステップ2以降の変更が英国全体で調整されるようにします。ただし、英国全体の感染率の変動に応じて、さまざまな対策がさまざまなタイミングで解除される場合があります。

イングランドの現在の計画の仮定では、5番目のテストと一致して、2番目のステップに次のメジャーをできるだけ多く含めることができます。組織はそれに応じて準備する必要があります。

  • 初期の環境と学校への段階的な復帰。学校は、6月1日からより多くの子供たちのために開校する準備をする必要があります。政府は、子供たちが初期の設定に戻ることができ、レセプションのために、1年目と6年目がこの時点から小さいサイズで学校に戻ることを期待しています。これは、最年少の子供たちと中等学校への移行の準備をしている子供たちが、先生たちと最大の時間を過ごせるようにすることを目的としています。中等学校および高等教育カレッジは、継続的な遠隔家庭学習を支援するために、来年重要な試験を受ける10年生と12年生と面会する準備をする必要があります。政府の目標は、可能であれば、小学生全員が夏の前に1か月間学校に戻ることですが、これは引き続き検討されます。
  • 安全なときに必要な場所で重要でない小売店を開くこと、およびそれらの小売業者が新しいCOVID-19セキュアガイドラインに従うことができることを条件とします。これは6月1日から段階的に行われる予定です。政府は、各段階で対象となる事業や関連する時間枠など、段階的に実施するアプローチについて、まもなく追加のガイダンスを発行します。ホスピタリティやパーソナルケアを含む、現在閉鎖されている他のすべてのセクターは、これらの環境での感染のリスクが高いため、現時点では再開できません。このようなセクターの開設は、以下に示すように、ステップ3の段階で行われる可能性があります。
  • 大規模な社会的接触のリスクを回避しながら、文化的およびスポーツイベントを非公開で放送することを許可します。
  • これらの通常混雑しているスペースでの感染のリスクを可能な限り制限するための厳格な措置条件として、都市部でより多くのローカル公共交通機関を再開します。

社会的および家族の接触

3月23日以降、政府は人々に非常に限られた目的のためだけに家を離れるように要求しており、これは人々の生活を著しく破壊しています。

特に、これは孤立し脆弱な人々、そして一人暮らしの人々に影響を与えています。規制が続く中、政府は対策をより持続可能にするために最も有害な社会的影響を減らすためのさまざまなオプションを検討しています。

たとえば、政府はSAGEに対し、同じ排他グループに他の1つの世帯を含めるように世帯グループを拡大できるように、規制を安全に変更できるかどうか、いつ、どのように変更できるかを検討するよう求めました。

この変更の意図は、より多くの社会的接触から孤立している人々を許可し、現在の社会的制限の最も有害な影響を減らしながら、感染の連鎖のリスクを制限し続けることです。また、たとえば、2つの世帯が育児を分担できるようにすることで、一部の家族が仕事に復帰するのをサポートします。これは、ニュージーランドの家庭の「泡」のモデルに基づいている可能性があります。この場合、1つの「泡」はあなたと一緒に暮らす人々です。ニュージーランドと同様に、世帯グループを小さく保つ理由は、人々が持つ社会的接触の数を制限することであり、特に、世帯間の感染のリスクを制限することです。

さらに、政府は、人々がわずかに大きなグループに集まり、小さな結婚式をより円滑に行えるようにする方法も検討しています。

今後数週間にわたって、政府は、健康、経済、社会効果のバランスをとるのに最善の方法について可能な限り幅広い見解を検討するために、このステップにおける対策の性質とタイミングに取り組みます。

4. 3 ステップ3

次のステップは、リスクの評価により残りの測定値をさらに調整する必要がある場合にも行われます。政府の現在の計画の想定では、このステップは7月4日までに行われるというものであり、以下の測定の一部またはすべてを正当化する5つのテストと、時間の近くに提供される詳細な科学的助言が対象となる。

このステップの目標は、パーソナルケア(美容院や美容院など)のホスピタリティ(フードサービスプロバイダー、パブ、宿泊施設など)、公共の場所など、閉鎖が必要な残りのビジネスと施設の少なくとも一部開放することです。(礼拝所など)およびレジャー施設(映画館など)。また、COVID-19セキュアガイドラインも満たしている必要があります。設計上、混雑していて、距離を確保することが困難であると判明した一部の会場は、現時点では安全に再開できない場合や、一部のみ安全に営業できない場合があります。それでも政府は、当時のデータや情報が許す限り多くの企業や公共の場所を開くことを望みます。

これらの種類のリスクの高いビジネスおよび公共の場所の可能な限り迅速な再開を促進するために、政府は慎重に段階的に再開し、新しいCOVID-19セキュアガイドラインを採用する能力をテストするためにパイロットします。政府はまた、世界の他の場所で同様の施設が再開された場合、その影響を注意深く監視します。政府は一連のタスクフォースを設置し、これらのセクターの利害関係者と緊密に連携して、これらのビジネスや公共の場所をCOVID-19で保護する方法を開発します。

 

  1. 14のサポートプログラム

私たちの段階的な計画を提供するために、政府は14の作業プログラムを提供します。これらのプログラムはすべて、その範囲、規模、時間枠で野心的です。

5. 1 NHSと介護能力および運営モデル

まず、新しいケースの管理に対する自信を最大化するために、政府はNHSとケア能力を確保し続け、それを持続可能な基盤に置く必要があります。これには、すべてのNHSとケア環境において、スタッフが適切な個人用保護具(PPE)によって保護されていることの確認が含まれます。

  これには、PPEの新しい産業戦略が必要です。アウトブレイクの開始以来、NHS、業界、および軍隊と協力して、政府は11億6,000万個以上のPPEを最前線に提供してきました。5月6日には、1700万以上のPPE品目が258の信託および組織に届けられました。英国全体のアプローチを通じて、政府は委任された行政機関と緊密に連携して、英国全体でのPPEの配布をサポートおよび調整しています。何百万ものPPEアイテムが北アイルランド、スコットランド、ウェールズに届けられています。しかし、やるべきことはまだまだ残っており、デイトン卿の指導の下で、政府は次のことを行います。

  • 海外からの供給を拡大。政府はすでに、世界中から新しい供給ラインを確保するために400人以上のスタッフが配置された政府間PPEソーシングユニットを設置し、購入を行うための厳格な基準を発表しています。政府は緊急に海外市場からの重要なPPEの新しい供給源を特定し、英国の供給源を多様化し、英国のサプライチェーンを長期的に強化するように取り組んでいます。世界中のポストのDITおよびFCOチームは、新しい供給を求めており、政府に輸出規制を撤廃するよう働きかけ、英国への重要な配達を取り戻す手助けをしています。
  • 国内の製造能力を向上させます。デイトン卿は、英国の産業がヘルスおよびソーシャルケアセクター向けにPPEを製造する可能性を引き出すための政府の取り組みを主導しています。これは、政府がすでに特定した製造機会に基づいており、前例のない需要を満たすための全国的な取り組みに貢献します。政府はまた、供給に貢献できる中小企業のためのエンジニアリングの取り組みのスケールアップを支援するために取り組んでいます。政府は現在200を超える潜在的な英国の製造業者と連絡を取り、新しい認定された英国の製造業者からの製品の配送をすでに受けています。
  • 最前線に配送するための物流ネットワークを拡大し、改善します。政府は、NHS、業界、および軍を結集して巨大なPPE配信ネットワークを構築し、一般開業医、薬局、ソーシャルケアプロバイダーを含む58,000の医療施設に重要な機器を提供しています。政府はまた、プライマリーおよびソーシャルケアのために卸売業者に在庫を解放し、緊急の地域の需要に対応するのを助けるために、5,000万以上のPPEを地域のレジリエンスフォーラムに配信しました。政府は継続的にディストリビューションを改善する方法を検討しており、現在、小規模なプロバイダーにより効果的に配信するための新しいポータルをテストしています。

2、政府は英国のヘルスケア環境の革新的な運用モデルを模索し、長期的に強化し、COVID-19がリスクにさらされている世界の患者とスタッフにとってより安全にするためです。たとえば、これには、遠隔医療と遠隔監視を使用して、患者の病院レベルのケアを自宅の快適さと安全から提供することが含まれる場合があります。地域医療とステップダウンサービスの能力も強化され、患者が適切なタイミングで急性期病院から退院できるようになります。この目的のために、政府は、NHSと医療インフラストラクチャがCOVID-19復旧プロセス以降でどのようにサポートされるかを確認するための専門チームを設立します。

3、根本的な健康状態と肥満はCOVID-19だけでなく他の重篤な病気のリスク要因であることを認識し、政府は病気の予防と個別化ソリューションに投資し、個人がより健康でより活発な生活を送ることができるようにします。これには、特に現在検討中のNHSヘルスチェックプログラムを通じて、アクティブな旅行(サイクリングとウォーキング)のインフラストラクチャの拡大と健康診断サービスの拡大が含まれます。

4、政府は、40の新しい病院の建設、社会医療の改革、50,000名以上の看護師の採用と確保、5000万人の新しいGP手術の予定の作成など、マニフェストの提供に引き続き取り組んでいます。

最後に、政府は英国のソーシャルケアセクターを引き続き強化し、それを必要とする人々がNHS外で必要なケアにアクセスできるようにします。政府は、この議会の毎年10億ポンドをソーシャルケアに投資して、セクターに対する需要の増大を支援することを約束しています。NHSは効果的なソーシャルケアシステムを備えているため、専門の医療サポートが不要になった場合でも、病院から効率的に退院させ、NHS能力を最も必要とする人々が利用できるようにすることができます。政府はまた、ソーシャルケア部門の長期的な改革にも力を注いでいるため、ケアのために家を売る必要はありません。ケアにアクセスするすべての人が安全とセキュリティを持っている必要があります。

これらの改革により、政府はCOVID-19からの英国の回復に備えるだけでなく、この発生から教訓を学び、NHSが将来の発生に耐性を持つことが保証されます。

5. 2 介護施設の保護

成人の社会的ケアにおける政府の最優先事項は、COVID-19パンデミック時の感染管理です。高齢者向けの特別養護老人ホームは、その居住者が通常、年齢と併存症のために最大のリスクにさらされているため、また特別養護老人ホームはウイルスが急速に広がる可能性のある閉鎖空間であることが多いため、特に脆弱です。4月、政府は、COVID-19の発生全体を通じて、イングランドの成人向けソーシャルケアの25,000プロバイダーをサポートするための包括的な行動計画を発表しました。これには、テストの立ち上げ、介護施設へのPPEの供給方法の見直し、および広がりを最小限に抑えるための支援が含まれます。人々を安全に保つウイルス。これは、地方自治体への32億ポンドの追加資金によってサポートされています。これは、プロバイダーが直面している高まるコストの一部やソーシャルケアへの追加の圧力を満たすために使用できます。さらに、パンデミック中に病院を去る人々の追加のニーズに資金を提供するためにNHSと地方自治体が協力するためにさらに13億ポンド。

まだ高すぎるが、イギリスの介護施設の人々の毎日の死者数は過去2週間減少している。介護施設の大部分は依然として事件の発生から保護されており、政府は介護施設居住者の感染に対する保護を引き続き強化する。政府は最新の科学的助言に基づいて、これまでの仕事を土台に、介護施設セクターを支援し、協力するためにさらなる措置を講じています。これも:

  • 検査:政府は、すべての対症療法医療在宅者、および介護施設に入る前に病院から退院したすべての患者の広範囲にわたる迅速な検査を提供しています。それは症候性であろうとなかろうと、イングランドのすべての介護施設のすべてのスタッフと居住者にCOVID-19テストを提供しています。6月6日までに、65歳以上のすべての介護施設に居住者とスタッフのための検査が提供されます。
  • 感染の予防と管理:政府は、介護施設へのPPEの供給と配布を支援し、介護施設、ホスピス、住宅のリハビリテーション、コミュニティケア組織に必要な物資を届けようとしています。COVID-19の発生を防止および制御する方法について、オンラインと電話の両方で広範なガイダンスを提供し、介護施設を支援しています。これには、発生後に効果的にディープクリーニングを行う方法と定期的なクリーニング方法を強化する方法の詳細な手順が含まれます。NHSは、5月15日までに希望するすべての介護施設の「トレーナーのトレーニング」を支援するための指名された連絡先を提供することを約束しました。政府は、今後の感染のリスクを制限するために、すべてのケアホームがすべての日常的で重要でないヘルスケアの訪問を制限し、ホーム間のスタッフの移動を減らすことを期待しています。
  • 労働力:政府は、求人キャンペーンを通じてソーシャルケアの労働力を拡大し、迅速な導入トレーニングの費用を集中的に支払い、ソーシャルケアに携わる人々のためにDisclosure and Barring Servicesチェックを無料にし、オンライントレーニングと求人マッチングプラットフォームを開発しています。
  • 臨床サポート:政府は、5月15日までにすべてのケアホームに居住者の臨床ニーズをサポートするための指名された臨床医を確保することを含め、GPおよびコミュニティヘルスサービスによるケアホームの強化されたヘルスサポートの新しいサービスの導入を加速しています。NHSは、仮想病棟のオプションを含むビデオ相談アプローチを取るために、介護施設を支援しています。
  • ガイダンス:政府はGOV.UKを含むさまざまなガイダンスを提供しており、Social Care Institute for Excellenceを通じて、さまざまなソーシャルケア環境でCOVID-19パンデミックを管理するための個別のアドバイスを含む、ケアホーム向けのリソースを案内しています特定のニーズを持つグループ、たとえば学習障害や自閉症の成人。
  • 地方自治体の役割:すべての地方自治体は、地域の各介護施設が、介護施設内の感染や感染のリスクを最小限に抑えるために必要な追加のサポートにアクセスできるようにします。 NHSが提供する感染管理に関する対面式のトレーニング。名前付きの臨床リーダーがおり、スタッフと住民の検査にアクセスする方法を知っており、パンデミック時に住民をケアするためのベストプラクティスのガイダンスを知っています。このサポートへのアクセスに関する問題は、必要に応じて地域レベルおよび国レベルにエスカレーションされて解決されます。

5. 3 最も脆弱な場所のよりスマートなシールド

政府は慎重なアプローチを取っていますが、最も脆弱な部分に対する固有のリスクが残っています。英国全体で約250万人が臨床的に非常に脆弱であると確認されており、シールドするように助言されています。

これらは、COVID-19を発症した場合に最も重症になるリスクがある人です。これは、6月末まで、常に家にいて、お互いの顔を見ないようにすることを勧められていることを意味します。政府や地方自治体は、家族や友人から助けが得られない場合に備えて、食料や基本的な物資の配送、ケア、医薬品へのアクセスのサポートなど、シールドを施している人々に追加のサポートを提供しています。プログラムが開始されて以来、イギリスでは100万個を超えるフードボックスが配達されています。 NHSボランティアレスポンダーと地元のボランティアもこのグループのサポートを支援しています。

英国が政府の戦略のフェーズを通過する間、シールドと脆弱性に関するガイダンスは引き続き検討されます。6月以降、政府は、臨床的に極めて脆弱な人々にシールドを提供するようにアドバイスし続ける可能性があります。シールドはCOVID-19感染のリスクから個人を保護するために重要ですが、政府はそれが人々のより広い健康のために挑戦的であることを認識しています。政府は、シールドされた個人への影響、彼らが受けたサービス、そしてどのような次のステップが適切かを注意深く検討します。

より長い期間シールドする必要がある人のために、政府は彼らのニーズの規模と範囲、そしてサポートプログラムがこれらをどのように最もよく満たすことができるかをレビューします。政府はまた、COVID-19に対してより脆弱である可能性のある他の人々のためのガイダンスと、それが人々が彼らのリスクを理解するのをどのように支援できるかについても検討します。

5. 4 保護対策のより効果的なリスクベースのターゲティング

シールド対策の効果を制限し、社会的制限をより適切に対象とする1つの方法は、集団のさまざまな部分のリスクレベル(自己に対するリスクと他者に対するリスクの両方)を理解することです。

ウイルスが高齢者、男性、太りすぎの人々、およびいくつかの潜在的な健康状態を持つ人々に不均衡に影響することは明らかです。これは複雑な問題であり、そのため、第1章で述べたように、イングランドの公衆衛生は、健康転帰に影響を与える要因について緊急のレビューをリードしています。

3月に、当時のウイルスについて入手可能なデータと証拠に基づいて、SAGEは、高齢者、および特定の基礎疾患を持つ人々は、ウイルスに感染するリスクを減らすために追加の予防策を講じるようにアドバイスしました。臨床的に非常に脆弱であると定義されている人々は、シールドを張り、常に家にいること、そして重要でない顔と顔との接触を避けるようにアドバイスされています。70歳以上のすべての人と妊娠中の女性を含む、臨床的に脆弱な人は、家族以外の人との接触を最小限に抑えるように特に注意するようにアドバイスされています。

ウイルスに対する私たちの理解が高まるにつれ、政府は新たな証拠を監視しており、ウイルスに関連するさまざまなグループの人々に対する臨床リスクのレベルについて、その医療アドバイザーからの助言に耳を傾けていきます。政府がより多くのことを学ぶにつれて、私たちは誰が最大の危険にさらされているかについてより正確なアドバイスを提供できるようになると期待しています。COVID-19による害のリスクが最も高い人に関するNHSからの現在のアドバイスは、ここにあります。

5.5正確な疾病の監視と対処法

流行を管理可能なレベルに維持しながら現在の社会的制限を解放することに基づく戦略の成功は、パンデミックを正確に監視し、発生率の高い部分を迅速に検出して対処する政府の能力にかかっています。COVID-19が一般的な風邪やインフルエンザと多くの症状を共有していることを考えると、これは冬の数か月間に特に困難になります。政府が今後数か月にわたって制限を解除するにつれ、一般の人々は感染の新たな局所的な急増に対処するために迅速に行動がとられることを確信している必要があり、全国的には感染のレベルがどのように変化しているかを明確に把握しています。これを達成するために、政府は現在設立されている新しい共同バイオセキュリティセンターを中心に、新しいバイオセキュリティ監視システムを確立しています。

共同バイオセキュリティセンター(JBC

政府のバイオセキュリティへの新しいアプローチは、英国の世界をリードする疫学の専門知識を結集し、統合されたアプローチで政府全体の最高の分析能力と融合させます。

センターは独立した分析機能を備え、コミュニティレベルで感染の発生をリアルタイムで分析および評価し、発生が拡大する前に迅速な介入を可能にします。地域のパートナーや企業と緊密に連携して、次のことを行います。

  • テスト、環境、職場のデータから地域のインフラストラクチャテスト(スワブテストなど)まで、全国のCOVID-19感染率の全体像を構築するための幅広いデータを収集します。
  • そのデータを分析して、全国の感染率の変化の明確な状況を形成し、全体的な全国状況と、重要なことに、感染率の潜在的なコミュニティレベルのスパイクの両方に関する情報を提供します。そして
  • 首相に通知するCOVID-19警告レベルの変更について最高医療責任者に助言する センターはまた、COVID-19の全体的な流行について助言し、安全な方法で制限を緩和する決定を通知するのに役立つ応答機能も備えています。地方機関と協力して、感染の局所的な急増に対処するための具体的な行動を特定します。たとえば、感染率が急上昇した学校や職場を閉鎖するように大臣、企業、地元のパートナーに助言し、さらなる局所感染のリスクを軽減します。

JBCの分析と評価によって引き起こされるローカルアクションは、COVID-19の科学的な理解に基づく明確なプロトコルのセットと、効果的なローカルアクションがどのように見えるかによって導かれます。

JBCは、国民に明確にリスクの現在のレベルを伝えるために、新たなCOVID-19アラートレベルを設定するための責任を負うことになります。警告レベルは次のとおりです。

レベル1 COVID-19が英国に存在することは知られていない

レベル2 COVID-19は英国に存在しますが、症例数と感染率は低いです

レベル3 COVID-19の蔓延が一般的

レベル4 A COVID-19の流行が一般的に流行しています。透過率が高いか、指数関数的に上昇している

レベル5レベル4と同様であり、医療サービスが圧倒されるという重大なリスクがある

政府は委任された政権と協力して、センターが設立されたら、英国全体で最も効果的に運営できる方法を模索します。今後、政府は、JBCが英国へのバイオセキュリティの脅威に対処するための拡張インフラストラクチャの一部を形成すべきかどうか、COVID-19警告レベルシステムを他の潜在的な感染症に拡大すべきかどうかを検討します。

 

5. 6 テストとトレース(政府は5月末までに1日あたり20万回の試験に能力を増やすことを約束しています。)

 

マステストと連絡先の追跡は、それ自体は解決策ではありませんが、感染の抑制をより正確に対象とすることで、社会的な制限をより迅速に緩和できる可能性があります。英国は現在、1日あたり10万回を超える試験を実施する能力を有しており、政府は5月末までに1日あたり20万回の試験に能力を増やすことを約束しています。

政府はCOVID-19テストおよび追跡タスクフォースを率いるためにBaroness Hardingを任命しました。このプログラムは、誰かがCOVID-19に似た症状を発症したときに、ウイルスに感染しているかどうかを迅速に検査できることを保証します。また、最近密接に接触したことがある人には、警告とアドバイスを提供できます。この意志:

  • 感染した人をより正確に特定し、症状で自己分離しているが実際には感染していない人の数を減らし、感染した人が引き続き厳しい自己分離措置をとることを確実にします。そして
  • 感染者と最近密接に接触している人々が迅速なアドバイスを受け、必要に応じて自己隔離し、感染経路を迅速に遮断するようにします。

他の病気(たとえばSARS)と比較して、COVID-19に罹患している人の割合は、症状が現れる前に他の人にほぼ確実に感染するため、このテストとトレースのサイクルは最大の効果を得るために迅速に動作する必要があります。そして、ほとんどすべての患者は、たとえ症状が最初は軽度であっても、症状が始まるとすぐに他人に最大の感染力を発揮します。

このようなシステムが機能するためには、いくつかのシステムが構築され、正常に統合される必要があります。これらには以下が含まれます:

  • テストを注文し、結果の証明書を安全に受け取るためのデジタル対応の迅速なターンアラウンドタイムを備えた広範な綿棒テスト。
  • 地方自治体の公衆衛生サービスは、自己隔離する必要のある人々に、テスト、連絡先の追跡、およびサポートに貴重な地域的側面をもたらします。
  • 新しいNHS COVID-19アプリを介した自動化されたアプリベースの連絡先追跡により、感染していると特定された誰かとユーザーが密接に接触したときに(匿名で)警告を出します。そして
  • オンラインおよび電話ベースの連絡先追跡。医療従事者とコールハンドラーが配置され、地方自治体と緊密に連携して、最近の連絡先や訪問した場所に関する症状を報告している人々から追加情報を取得し、それらの連絡先に適切なアドバイスを提供します。アプリおよびテストシステムと連携して動作します。

症状のある人は、家族と一緒にすぐに隔離し、検査を申請する必要があります。否定的なテストが返された場合、分離は不要です。識別されると、リスクがあると見なされた連絡先は、陽性テストの時点または48時間後のどちらか早い方で隔離するように求められます。

これらのグループの人々は病気の時に自分自身を隔離する手段を欠いているかもしれないので、社会的に排除された人々の間での発生-貧困またはホームレスによるものかどうかにかかわらず-検出するのは特に難しく、有害である可能性があります。

政府は、人が現在ウイルスに感染しているかどうかを判断する綿棒ベースの抗原検査と、人が以前にウイルスに感染したことがあるかどうかを示す抗体検査で、ウイルスが十分に信頼できるようになれば、さらに拡大するでしょう。

上記の対策には前例のない程度のデータ収集が含まれますが、SARSとMERSの発生後に多くのアジア諸国が実施したように、政府は堅牢な安全対策を制定します。

追跡作業の一部には、スマートフォン用の自発的なNHS接触追跡アプリケーション(NHS COVID-19アプリ、図7)が含まれます。これにより、トレース作業の速度と効率が向上します。

Test and Traceプログラムを通じて収集された情報は、111オンラインなどのソースからの幅広いデータと共に、中核的なCOVID-19データセットの一部を形成します。同様のデータを収集するためにすでに立ち上げられている多くの独立したアプリやウェブサイトの作成者は、NHSとオープンに協力し、この中央の全国的な取り組みの一環として製品とデータを調整することに同意しています。

 

5. 7 科学的理解の向上(拡散を抑え、治療法を改善し、ワクチンを開発するため)

COVID-19の科学的理解が深まると、拡散を抑え、治療法を改善し、ワクチンを開発するために、より正確かつ自信を持って行動できるようになります。また、感染のリスクをより正確に評価できるようになり、政府が過度に用心深く、無謀にならないように社会的制限を調整できるようになります。

政府は基本的な遺伝子研究と臨床研究の両方に全面的に投資しています。

  • 共同NIHR – UKRI迅速な応答呼び出し、ワクチンをテストする治療法を開発し、COVID-19を治療する方法を理解向上のために含めた27件のプロジェクトで、今閉じ、授与£24.6百万ポンド。COVID-19研究のための最初の急速な資金調達ラウンドに基づいて、NIHRとUKRIはCOVID-19の研究のための提案のローリングコールを開催しています。コールは、英国主導の学術、中小企業(SME)、および幅広いCOVID-19ナレッジギャップ/ニーズに対応し、潜在的に国際的、公衆衛生上の利益につながる幅広い業界調査を対象としています。 12か月以内。
  • 政府は他の疾患の治療法を転用できるかどうかをテストするために、9,000人を超える患者を世界最大の無作為化COVID-19治療法対照試験(RECOVERY Trial)に募集しました。これは、上記の呼び出しからの迅速な応答許可によってサポートされています。これについての詳細は以下に述べられています。
  • 英国は、ゲノム配列決定を使用してCOVID-19の広がりをマッピングするために、2,000万ポンドのCOVID-19 Genomicsコンソーシアムを立ち上げました。
  • 保健社会福祉省とUKRIが資金を提供する共同プログラムACCORD(COVID-19研究開発プラットフォームの加速)は、COVID-19で入院している患者のための新薬の開発を加速し、臨床試験の準備にかかる時間を短縮します数ヶ月から数週間の新しい治療法。ACCORDプラットフォームを通じてテストされる新薬と既存薬の最初はBemcentinibです。
  • UKRIはまた、COVID-19の健康、社会、経済、文化、環境への影響に取り組み、緩和する短期(12〜18か月)プロジェクトの募集を開始しました。これは3月31日に開始されました。英国中から適格な組織が適用される場合があり、締め切り日はありません。

 

5. 8COVID-19セキュア」ガイドライン

4月中旬以降、政府、保健安全局、公衆衛生当局、事業代表グループ、労働組合、雇用主、地方自治体の間で、職場の感染性を低減する最善の方法に合意するための広範な取り組みが行われています。

ガイドラインは、世界の他の場所で機能したものからの健全な証拠、および入手可能な最良の科学理論に基づいています。家の外で安全を確保するために人々が従うことができる最も重要なガイドラインは、付録Aに添付されています。次に例を示します。

  • 個人は、可能な限り、家族の外にいる人との距離保つ必要があります。感染は、接触の持続時間と近接性の両方に影響されます。個人が他の人に近づきすぎてはいけません。公衆衛生イングランドは予防策として人々から2メートル離れた場所に保つことをお勧めします。
  • 手と顔をできる限り清潔保つことは依然として重要です。人々は、石鹸と水を使用して頻繁に手を洗い、完全に乾かす必要があります。顔に触れないようにしてください。旅行や家の外で利用できる場所で使用する場合、特に建物に入って表面に接触した場合は、手指消毒剤を携帯する必要があります。ウイルスが布地に留まる可能性があるという証拠があるため、衣服も定期的洗う必要があります
  • 特定の個人が定期的に接触する人の数を制限することにより、職場での伝染のリスクを減らすことが可能です。雇用主は、シフトパターンとロタを変更して、より小さく封じ込められたチームを維持することで、現実的にこれをサポートできます。証拠はまた、ウイルスが換気の良い場所で伝染する可能性低いことを示唆しています

職場向けのCOVID-19セキュアガイドラインに加えて、政府は学校、刑務所、およびその他の公共スペースに関する同様のガイドラインを参照し、公開します。

 

5. 9より良い距離測定

前の章で述べたように、第2フェーズでは、政府は現在の社会的制限を、この文書の冒頭に掲げた3つの目的のバランスを最もよくとった、より的を絞った規制に着実に置き換えます。政府は、設計およびリリースされる調整の新しい各段階の前に幅広く関与します。

 

5. 10生計を維持し、経済を回復するための経済的および社会的支援

政府は、世界で最も寛大で包括的なサポートパッケージの1つを発表しました。これは、病気や仕事ができなくなった人々にセキュリティとサポートを提供し、企業が人々の仕事を守るための架け橋となります。

社会で最も脆弱な人々と最低所得の人々のために、住宅所有者と賃貸人のために、そして公共サービスと重要なセクターのために何百万もの労働者と企業を助けるためのサポートが発表されました。政府のパッケージは、独立したイングランド銀行の行動によっても補完されました。

政府は、雇用主がスタッフを解雇しなくて済むようにするためのコロナウイルスの雇用維持スキームと、適格な単一のトレーダーとパートナーシップをサポートするための自己雇用所得サポートスキームを導入し、 1週間で週20ポンド(これは、請求者が年間1,040ポンド安くなることを意味します)。ジョブリテンションスキームが開始されてから最初の2週間で、800,000人を超える雇用主が600万件を超える仕事の賃金を支払うための支援を申請しました。

政府は、住宅費や自営業者のための給付制度を通じて提供するサポートを増やし、民間賃貸部門の立ち退きにモラトリアムを導入し、新しい苦難基金を設立し、寝坊をしました。貸し手は彼らの財政に苦労していて、COVID-19の結果として返済することができない借り手に住宅ローンの休日を提供しています。

これは、次のようなビジネスのサポートに追加されます。

  • 6月末までのVAT繰り延べにより、7か月から翌年1月までの300億ポンドを超える自己申告による税の繰り延べが可能になり、130億ポンドのキャッシュフローのメリットと、企業や個人と合意した64,000を超える納期調整が提供されます。 ;
  • ビジネスは、ビジネスに110億ポンド相当の休暇を評価します。
  • 小売、ホスピタリティ、レジャーのセクターを含む中小企業向けの総額10,000ポンドまたは25,000ポンドの直接現金交付。総額120億ポンド以上。
  • 革新的な企業に対する125億ポンドのサポート。
  • 最大200万の企業に対して最大20億ポンド相当のSSPコストの一部を中小企業に払い戻すためのリベートスキーム。そして
  • 約3,300億ポンドの保証を利用できる政府支援および保証付きのローンのパッケージ。

政府はまた、ウイルスとの闘いにおいてNHSおよびその他の公共サービスを支援しています。これまでに、COVID-19対応基金から160億ポンド以上がこの取り組みに費やされています。

政府は、ホスピス、市民のアドバイス、家庭内暴力の被害者への支援など、人々をサポートするために多くの慈善団体が最前線で取り組んでいることを認識し、最前線で働いている人々が英国のコミュニティを継続して支援できるように7億5000万ポンドのパッケージを提供しました。

ただし、これらの対策は非常にコストがかかり、長期間維持することはできません。正確なコストは、より広い経済への危機の影響や各スキームの取り込みレベルなど、さまざまな要因に依存します。Office for Budget Responsibilityは、COVID-19への対応に関する政府への直接的なコストは、2020年から21年には1,000億ポンドを超える可能性があると推定しています。これに加えて、約3,300億ポンド(GDPの15%に相当)の保証とローンの形でのサポートがビジネスに提供されています。

したがって、英国が現在の制限を調整するとき、政府はまた、人々が仕事に戻るのを楽にされている間、経済支援策を緩和する必要があります

政府はまた、英国のサプライチェーンに弾力性を持たせる必要があり、英国が世界的に不足しているときでも必要な必須医薬品、PPE、検査機器、ワクチン、治療に十分にアクセスできるようにする必要があります。

COVID-19後、世界は「通常」に戻りません。世界経済の多くは大幅に変化する可能性があります。政府がCOVID-19から回復するにつれ、国全体の生活水準を改善する場合、英国はこの新しい世界への適応と形成に俊敏である必要があります。

5. 11 治療とワクチン

ワクチンや治療法はいくつかの方法で使用して、流行を抑えることができます。広く公衆衛生の用語では、これらは流行修正ワクチン戦略、疾患修正ワクチン戦略、およびウイルスに感染した人や特定の患者グループの病気のリスクまたは重症度を軽減するための治療法に分けることができます。

流行修正ワクチン戦略は、集団レベルで感染に対する免疫を誘導し、したがって流行を止めることを目的としています。ワクチンを流行させるためには、ワクチンが非常に安全で(全人口で使用されるため)、非常に効果的でなければなりません。

病気を修正するワクチン戦略は、たとえワクチンが感染から完全に保護できない場合でも、人口のすべてまたは選択された脆弱な部分を病気の最悪の影響から保護することを目的としています。たとえば、予防接種を受けた人が病気で亡くなる可能性がはるかに低くなるようにすることができます。流行は続くかもしれませんが、死亡率と長期的な健康への影響は大幅に減少します。

フェーズ3にできるだけ早く移行するには、政府は信頼性の高いワクチンまたは治療法の開発、テスト、製造、および配布にかかる時間を可能な限り短縮する必要があります。これは、4つの即時アクションを意味します。

まず、政府はワクチンと治療のタスクフォースを立ち上げました。これはワクチンと治療の開発を加速し、入手可能になった場合に大量に生産され、安全に公衆に投与されることを保証します。

第二に、治療的治療に関して、英国では現在、3つの主要な国内第III相薬物試験が進行中です-回復、原則、およびREMAP-CAP-10以上の異なる薬物の試験、および有望なより多くの実験的薬物を評価する国家プログラム。国内の主要な第III相試験の1つであるRECOVERYは、現在、COVID-19治療に関する世界最大のランダム化比較試験であり、4週間未満で5,000人の患者を募集しており、現在は9,500人を超えています。

第三に、政府は英国のソブリン製造能力に投資して、ワクチンまたは薬物ベースの治療法が開発された時点で、可能な限り迅速に大規模に製造できるようにしています。したがって、政府はBioIndustry Association Taskforceと協力して、英国の国立センターとともに、学術および産業空間に存在する英国の製造能力を検討しています。これには、英国がさまざまなワクチンタイプの既存のサイトを短期的に再利用できる場所、および長期的なソリューションを提供するための能力を持続的に構築できる場所の評価が含まれます。政府はまた、ワクチン製造およびイノベーションセンターの加速をサポートし、その容量を拡大する方法を検討する予定です。これにより、計画よりも早く稼働し、人口レベルの用量を製造できるようになります。

第四に、成功したワクチンが開発された場合、政府がワクチンを最も必要とする人々に、可能な限り迅速かつ安全に提供できることが重要です。COVID-19ワクチンの潜在的な候補は多数あり、時期は未定のままですが、政府は、安全なワクチンが利用可能になり次第、人々に予防接種を行うべきであるという一般原則に取り組んでいます。これは主要な物流業務であり、政府は配備に関するワクチン接種と予防接種に関する合同委員会(JCVI)の助言を求めるでしょう。

5. 12 国際的な行動と意識

COVID-19は国境を認めておらず、英国はそれが地球の四隅すべてから排除された場合にのみそれから本当に自由になります。他の人々が依然としてその影響に苦しんでいる間、私たちの健康と経済のシステムは完全には回復しません。外向きの国として、調整されたグローバルな対応の最前線に立つことは、私たちにとって最善の利益であり、私たちの性質です。

その結果、G7とG20を含め、パンデミックに対抗するためのグローバルな行動を先導しました。5月4日、英国はコロナウイルスグローバルレスポンスインターナショナルプレジングイベントを共同開催し、42か国を集めて65億ポンドを動員しました。英国はまた、とりわけ、世界銀行グループおよび地域開発銀行からの世界的支援の2,000億ドル(USD)パッケージの迅速な実施を要求するG20の行動計画の策定を共同で行いました。これはまた、2021年までの世界で最も開発が進んでいない国々に対する120億ドル(USD)相当の公的債権者への債務返済の画期的な停止を見たものです。

英国の貢献はまた、グローバルな対応に資金が提供され、目的に適合していることを保証する上で重要な役割を果たしてきました。政府は、ワクチン、治療薬、診断薬の世界的な80億ドル(USD)の資金調達に向けて、3億8,800万ポンド以上を誓約しています。これには、COVID-19ワクチンを開発するための取り組みを先導している連合国の流行への備えの革新への訴えに対する、あらゆる国の最大の貢献が含まれます。英国はまた、今後5年間で年間3億3,000万ポンドをグローバルワクチンアライアンス(Gavi)に提供し、英国を世界最大のドナーにして、Gaviが開発途上国にCOVID-19ワクチンを配布する準備をします。将来を見据えて、英国は6月4日にグローバルワクチンサミットも主催し、Gaviの資金を今後5年間補充します。

ワクチンの準備ができるまで、政府は国際開発の世界的リーダーとしての英国の立場を利用して、世界で最も脆弱な人々の福祉を守る手助けをします。政府は、途上国の債務返済を支援するために、国際通貨基金の大災害封じ込め救済基金に最大1億5000万ポンドの英国援助資金を追加拠出し、貧困削減と成長基金への22億ポンドの融資を倍増しました。どちらも、低所得国が差し迫った危機に対応するためのスペースを解放します。政府はパンデミックの影響に対処し、世界で最も脆弱なコミュニティの間で命を救うために2億7,600万ポンドを提供しました。従来の医療サービスの範囲を超えた人々の間で命を救うために、国際機関(国連とICRCを含む)と英国の慈善団体に提供された2億2000万ポンドを含みます。英国はまた、国連と途上国を支援する対応の一環として、技術支援と専門知識を配備しています。

英国は、COVID-19が健康と栄養、社会、経済に及ぼす一次および二次的な影響に焦点を当てています。COVID-19は、西アフリカでのエボラ出血熱で見られたように、ジェンダーの不平等を悪化させることを知っています。英国は、COVID-19の対応を通じて、女性と女児への明確な検討と支援を強く求めています。UNFPAに1000万ポンドを提供し、国連人道支援計画に対する幅広い支援の一環として、救命的な性と生殖に関するヘルスケアとジェンダーに基づく暴力の防止と対応サービスを提供しています。

危機は、自由貿易が英国の国家の幸福にとって不可欠であることを強調しました。政府は、パンデミックに対抗するために必要な動きの制限にもかかわらず、すべての国が医薬品や食料を含む重要な商品にアクセスできるようにするために取り組んでいます。英国が回復し始めると、政府はより強力なサプライチェーンを開発するための取り組みを主導し、重要なセクターのリスクを削減しながら、自由でオープンなグローバルトレーディングシステムの恩恵を継続できるようになります。政府はまた、国際的な経済回復に関する作業を主導し続け、この危機の後、より強く、よりクリーンで、より持続可能で、より回復力のある英国および世界経済を提供するよう努めます。

5.13 公共のコミュニケーション、理解、および執行

政府が遵守しなければならない社会的制限は、すべての人に遵守を要求する必要があり、国民の通常の生活様式への並外れた侵入を表しています。

政府が制限を調整し始めると、政府は困難な選択に直面します。政府が対策をより正確に対象とするほど、より速く移動することが可能になります。しかし、要求が複雑になるほど、人々が措置に従うのが難しくなります。

「Stay at home」はシンプルで明確なメッセージです。しかし、より多くの社会的接触が再開するにつれて、政府は人々に新しい方法で活動するように要請する必要があります。政府が感染の2番目のピークを回避するために必要な高いレベルを維持する場合、これには高度な理解が必要です。

したがって、政府は国民全体の公衆衛生教育の強化に投資して、責任あるリスク判断を行うために必要な情報と教育をすべての人に提供し、自分自身と他者にとって安全な方法で運営するようにします。重要なのは、個人的なリスクが低い人でさえ、他人に感染を伝わらないように規則とガイダンスに従うことを続ける必要があるでしょう。

政府の戦略の多くは可能な限り対策を遵守するためのコストを削減することに重点を置いていますが、英国は次の段階に移行するため、政府は人々がより微妙な社会的規制を遵守することを信頼する必要がありますが、政府はまた、責任を持って行動しないことを選択した少数民族からの脅威を抑止および軽減するための強力な執行措置を確保する。

5. 14 持続可能な政府構造

COVID-19は、おそらく1940年代以来、世界中の政府の最大のテストでした。政府が回復に向かって進むにつれ、政府はこの危機から正しい教訓を学び、政府の構造が2番目の伝染病の発生の見通しを含む将来の伝染病に対処するのに適していることを確実にするために行動する必要があります。パンデミックインフルエンザ-政府はまだCOVID-19に対応しています。

これには、この歴史的な緊急事態に対処し、英国の新しい長期的な基盤を構築し、世界の他の国々を支援するために、政府の構造と制度の迅速な再構築が必要です。

危機は政府の多くの部分を最高の状態で示しています。たとえば、NHSは、データ、分析、調達プロセスを急速に変革する上で、優れた創造性とエネルギーを発揮しています。現在、これらのイノベーションを政府全体に広める機会があります。

ウイルスが攻撃される前に、政府の予算は、科学、技術、スキルへの重要な投資を含む、インフラストラクチャへの投資計画を立てました。以前の世代は、現在国民が依存しているインフラストラクチャを構築しました。現在、英国全体で公衆衛生と政府のインフラストラクチャを構築するのは政府の責任であり、今後数十年にわたって国を保護することになります。

COVID-19は私たちを危険にさらす最後の主要な病気にはなりません。政府は、将来私たちを脅かす可能性のある病気に備えて、今準備し、構築しなければなりません。

 

6. 如何に協力と順守ができるか

今日まで、英国の人々は、COVID-19が私たち全員に課した要求に創造性と思いやりをもって適応してきました。英国は今、ウイルスとの脅威と共存し、その脅威に対処するための長期間の準備をする必要があります。これには引き続き、全員の支持と遵守が必要です。

6.1 集合的な取り組み

脅威は集合的なものです。全員を安全に保つ責任は全員が共有するものです。

政府が社会的制限の調整を開始する場合は、Rを低く抑えるために、誰もが慎重かつ責任を持って行動する必要があり、政府には誤りの余地がほとんどありません。

制限が解除され、誰もが慎重に行動することを選択した場合、改訂されたガイダンスに従ってRは低くなり、感染率はさらに低下し、政府はより多くの制限を解除することができます。

ただし、この取り組みは共有された集合的なものでなければなりません。少数の新しい発生だけが、Rを1より上に傾かせ、いくつかの制限を再度課す必要があります。

それぞれの制限をいつ調整するかを判断する際、政府は可能な限り最良の証拠に導かれ、この文書のように、決定の根拠について透明性があります。

6.2 協力

英国全体の個人、コミュニティ、慈善団体、企業の反応-国家の取り組みを支持し支援するため協力-は途方もないものです。

省略

 

7. 付録A:家の外で安全を確保する

このガイダンスは、家の外で他の人と過ごす時間が可能な限り安全であることを保証するために従うべき原則を示しています(ただし、GOV.UKで個別のアドバイスに従う必要がある、臨床的に脆弱であるか、非常に脆弱である場合を除きます)。政府はまた、企業、労働組合、地方自治体、およびその他の多くの利害関係者との協議の基礎としてこれらの原則を使用し、それらをさまざまな状況でどのように適用して安全を確保するかについて合意する必要があります。 訪問者、従業員、または雇用主は、ウイルス感染のリスクを下げるために変更を加える必要があります。政府は科学アドバイザーに相談し、これらの変更を決定する原則を確立しました。

これが常に可能であるとは限らないことを認識して、あなたの家族の外の人々からあなたの距離を保ってください。感染の危険性は、あなたがウイルスもちの他の人に近づきすぎるのと密着して過ごす時間の量で増加します:あなたが別の人と通り過ぎて歩けば感染することは非常に低いです。英国公衆衛生院は予防措置として人々から2メートル離れた距離を置くことをお勧めします。ただし、これは規則ではなく、科学は複雑です。重要なことは、人とは、できるだけ短時間で近づきすぎないことです。

手と顔をできる限り清潔に保ちます。石鹸と水で頻繁に手を洗い、完全に乾かします。特に建物に入るときや、表面に触れた後は、家の外の利用可能な場所で消毒剤を使用してください。顔に触れないでください。

できれば在宅勤務。多くの人は、適切な設備と調整を行うことで、ほとんどまたはすべての作業を自宅から行うことができます。あなたの雇用主はこれを行うための合理的な調整を見つけるためにあなたをサポートする必要があります。ただし、すべての仕事が自宅からできるわけではありません。職場が開いていて、自宅で仕事ができない場合は、出張して仕事に行くことができます。

家族以外の人と家の外で直接会うことは避けてください。あなたが誰かから2m以内にいて、それらと顔を合わせて接触している場合、誰かが話したり咳をしたりすることで放出される呼吸飛沫に直接さらされるリスクが高くなります。人と向き合うのではなく、左右に分かれていれば感染のリスクを下げることができます。

できるだけ仕事の場所で時間を過ごす人の数を減らします。定期的に接触する人の数を減らすことで、職場での感染のリスクを減らすことができます。雇用主は、シフトパターンと当番を変更して毎回同じチームに一致させ、人をより少人数が含まれているチームに分割することで、サポートできます。。 混雑を避けてください。接触する人の数を減らすことで、感染のリスクを下げることができます。たとえば、公共交通機関のピークの移動時間をできるだけ避けます。企業は、人々が集まるのを防ぐために、たとえばより多くの出入り口の使用を許可し、可能な場合は出入り口をずらすなど、合理的な措置を講じる必要があります。 旅行する必要がある場合(たとえば、仕事や学校へ)、旅行の方法と時期について考えます。公共交通機関のネットワークへの需要を減らすには、可能な限り徒歩または自転車に乗る必要があります。公共交通機関を使用する必要がある場合は、ピーク時間を避けてください。雇用主は、時間をずらして、自転車保管施設の拡大、施設の変更、駐車場の支援を検討する必要があります。

定期的に服を洗ってください。ウイルスが生地に数日間留まる可能性があるという証拠がいくつかありますが、通常はそれよりも短いので、家庭外の人と一緒に作業している場合は、定期的に衣服を洗ってください。職場での着替えは、通常、感染のリスクが高い場所、または介護施設などの非常に脆弱な人々がいる場所でのみ検討する必要があります。着替える必要がある場合は、更衣室に混雑しないようにしてください。

室内の換気をよくしてください。証拠は、ウイルスが換気の良い建物や屋外に伝染する可能性が低いことを示唆しています。天気の良い日には、さまざまな世帯の人々が接触する場所で窓やドアを開けたままにしておくか、できれば屋外で活動を行ってください。外付け換気扇を使用して、換気のよい場所を確保し、換気システムが外気の流量を最大化するように設定されていることを確認してください。冷暖房システムは通常の温度設定で使用できます。

できれば、社会的に離れることができず、普段は会わない人と接するような、閉ざされた空間で顔を覆うものを着用してください。これは、たとえば公共交通機関や一部の店舗など、混雑したエリアの屋内の短期間に最も関連があります。証拠は、顔のカバーを着用してもあなたを保護しないことを示唆していますが、感染していても症状が出ていない場合は、他の人を保護する可能性があります。COVID-19(咳および/または高温)の症状がある場合、あなたとあなたの家族は自宅で隔離する必要があります。顔を覆っていてもこれは変わりません。顔面カバーは、医療従事者やその他の労働者が個人用保護具の一部として使用するサージカルマスクやマスクとは異なります。これらの物資は、医療従事者や粉塵の危険にさらされているような産業環境にいる人々など、職場でのリスクから保護する必要がある人々のために引き続き確保しておく必要があります。フェイスカバーリングは、2歳未満の子供、または正しく管理するのが難しいと感じる可能性のある人、たとえば小学校の年齢の子供が補助を受けていない子供は使用しないでください。または呼吸器疾患のある人。フェイスカバーリングを適切に使用し、着脱する前に手を洗うことが重要です。

フェイスカバーリングは自宅で作成できます。重要なのは、口と鼻を覆うことです。これを行う方法のガイダンスはGOV.UKにあります。

職場では、雇用主から与えられたアドバイスに従う必要があります。雇用主には、職場でのあなたの安全に対するリスクを評価および管理する義務があります。政府は彼らがこれを行うのを助けるためにガイダンスを出しました。これには、社会的距離を維持するために職場を調整する方法が含まれます。証拠は、ウイルスが表面に最大72時間存在する可能性があることを示唆しているため、衛生に関するガイダンスも含まれています。したがって、ドアハンドルやリフトボタンなどの共同の表面や、バスルーム、キッチン、ティールームなどの共同の領域では、頻繁な清掃が特に重要です。あなたはGOV.UKのガイダンスを見ることができ、質問があれば雇用主に尋ねることができます。

 

8. 付録B:概要表:COVID-19の脆弱なグループ

グループ

説明

現在および継続的なガイダンス

政府の支援

臨床的に非常に脆弱な人々(このコホートのすべての人々はNHSから連絡を受けます)

医学的根拠に基づいて定義された人々は、臨床的に極めて脆弱であり、深刻な病気のリスクが最も高いことを意味します。このグループには、固形臓器移植のレシピエント、化学療法を受けている人々、腎透析患者などが含まれます。

常に家にいること、および重要でないすべての対面の接触を回避することにより、シールドのガイダンスに従ってください。このガイダンスは6月末まで実施されます。

食品の供給(フードボックスとスーパーマーケットでの優先配送)、薬局の配送、ケアを含むNational Shielding Programmeからのサポート。NHSボランティアレスポンダーアプリからサポートを利用できます。

臨床的に脆弱な人々

COVID-19により重症のリスクが高いと考えられる人々。

臨床的に脆弱な人々は以下を含みます:70歳以上の人々、肝疾患を持つ人々、糖尿病を持つ人々、妊婦など。

できるだけ家にいてください。外出する場合は、家族以外の人との接触を最小限に抑えるように特に注意してください。

地方自治体によるもの、自発的および地域社会のグループによるものを含む、対策を講じている間に利用可能なサポート NHSボランティアレスポンダーアプリからサポートを利用できます。

脆弱な人々(非臨床)

暴力のリスクがある子供や特別な教育が必要な子供、家庭内暴力の被害者、寝苦しい子供など、非臨床的要因により「脆弱」と分類される人々の範囲はさまざまです。

このグループの人々は、臨床的に脆弱であるか、臨床的に非常に脆弱である場合、上記のガイダンスに従う必要がある場合を除いて、一般的なガイダンスに従う必要があります。

それを必要とする人のために、中央政府、地方自治体、自主的およびコミュニティ部門によるものを含む、公共サービスおよび福利厚生システムにわたる幅広いサポートとガイダンス。

注(省略)

 

終わりに;

COVID-19ではまだわかっていない点が多いばかりではなく、ウイルスが自然に死ぬことはほとんどないと言われており、根絶される可能性も低い。唯一根絶された人間の感染症は天然痘だけだと言われています。したがって、政府は、他の深刻な疾患と同様に管理できる治療法を開発するか、人々に予防接種によって免疫を獲得させる必要があります。規制等の緩和があったとしても、感染のリスクが無くなるまでは、我々自身が、賢く行動するすることを覚悟する必要があるのでしょう。

(つづく)

 

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top