米国と中国の間の戦略的競争(その1)

主にドイツ政府と連邦議会、および欧州連合、NATO、国連などの関連国際機関へのサービスの提供を行っているシンクタンクのドイツ国際安全保障研究所、SWP(Stiftung Wissenschaft und Politik)のサイトに、『米国と中国の間の戦略的競争』と題する研究文書が掲載されているので、コロナと熱中症のダブルのストレスを吹き飛ばすためにも、両国の現在および将来の冷戦が、世界の安全保障と、世界貿易、ひいては世界経済等に重大な影響を与えていると思われるこのテーマについての入門書にもなり、その副題が「原因、軌跡、およびヨーロッパへの影響」であることから、第3国の我が国への影響等の理解にも参考になると思われます。ちょっと長いので、2回に分けて掲載します。

 

出典:https://www.swp-berlin.org/10.18449/2020RP04/#hd-d18124e462

 

米国と中国の間の戦略的競争

原因、軌跡、およびヨーロッパへの影響

出典:SWP Research Paper 2020 / RP 04、2020年4月、53ページ

土井:10.18449 / 2020RP04

地域:アメリカ、 中国

問題:国/地域の外交政策、 防衛・安全保障政策/国/地域の武装勢力、 経済と国/地域の財政、 地域や州間紛争、 外国貿易政策、 政治システム、 展覧会、 欧州連合、 EU外交政策

 ダウンロード(PDF | 1.4 MB

ダウンロード(EPUB | 1.6 MB

ダウンロード(Kindle / Mobi | 5.1 MB

 ■  米国と中国間の対立関係は、過去2年間で国際関係のパラダイムとなっています。それは戦略的な議論と実際との 政治的、軍事的、経済的ダイナミクスの両方を形作る。

■  権力と地位をめぐる中米の競争の側面には、脅威に対する認識の高まりと、ますます重要な政治的/イデオロギー的要素が含まれます。

■  米中貿易紛争は政治的手段であり、世界秩序の展開と密接に結びついています。

 ■  技術的側面の核心は、誰が基準を設定するかではなく、「技術的影響力の範囲」による地政学的な力の予測です。したがって、テクノロジーの開発と使用は、体系的な競争の一部になります。

 ■  トランプ大統領と習総統は、それぞれのリーダーシップスタイルを通じて二国間紛争を助長し、それぞれ独自の方法で国際的なルールや制度にダメージを与えます。

 ■  中米のライバル関係は、世界貿易機関などの多国間機関をも傷つけます。ワシントンは多数の多国間機関から撤退したが、北京は国連のような状況でその影響力を拡大している。

 ■  ヨーロッパは、アメリカと中国の経済/技術分野のどちらかを選択することを要求する両極端の論理を回避する必要があります。欧州連合は、主権(戦略的自治)への道のりのために中国の政策を策定しなければなりません。それには「国境を越えた地政学」が必要です。

 

目  次

1戦略的競争の側面:中国、米国、ヨーロッパの地位

2中米列強の世界紛争

3中国のアメリカについての物語

4中国のアメリカに対する認識

5中米関係における安全保障と安全保障のジレンマ

6貿易、経済、金融:競争、紛争、エスカレーションリスク

(以上第1回分)

7影響力のデジタルスフィア

8価値観と秩序:イデオロギーの対立と課題

9トランプとXi:リーダーシップスタイルの衝突

10多国間秩序に関する米中紛争の影響

11中米ライバルにおけるEUの位置づけ

12付録

12.1略語

12.2著者

(以上第2回分)

 

1 戦略的競争の側面:中国、米国、ヨーロッパの地位

米国と中国の間の競争は、過去2年間で国際関係のパラダイムになりました。それは戦略的な議論と実際の政治的、軍事的および経済的ダイナミクスを形成し、当分の間そうし続けると思われます。それは、ワシントンと北京の間の競争、あるいは一般的な大国の覇権さえもが、他のすべての国際問題と紛争を決定するということではありません。しかし、ライバルは、それを通して他の活動家達が重要な進展やイベントを見るレンズをますます頻繁に形成します。少なくとも米国にとっては、中国との戦略的競争が2001年以来続いてきた「テロとの戦い」のパラダイムを打ち負かしたと言えます。

この出版物へのすべての寄稿は、コロナ危機が始まる前に書かれました。世界的な危機と同様に、パンデミックは国際的なガバナンスと協力のパターン、そしておそらく国際システムの構造に影響を与えるでしょう。危機の結果、実際には、特にグローバルヘルスに関して、個々の政策の領域でグローバルガバナンス構造が強化される可能性があります。

これは、すべてではないにしても、ほとんどの主要国の賛同なしには起こり得ません。しかし、一部の政策分野での協力が強化されたとしても、米国と中国の間の競争は、今後しばらくの間、国際関係の決定的な問題であるとは言えないかもしれません。一部の地域では、パンデミックが実際に競争を煽っています。これはイデオロギーの領域ですでに見られており、中国が最初にウイルスの発生への対処方法について批判された後、そのような危機への対応における自国の権威主義的な統治システムの利点を強調しています。パンデミックはまた、連帯を示すことによってソフトパワーを得ているいくつかの国を目撃するかもしれません。

2017年以降、中国は公式の米国政府戦略文書で「長期的な戦略的競争相手」として扱われてきました。そして、2019年12月のロンドン宣言で、NATOは中国の影響力と国際政策によって提示された課題(および機会)について初めて話しました。1中国の政治エリートは、当然のことながら、米国が少なくとも中国の影響力の拡大を阻止することを少なくとも模索していると確信しています。そして、貿易政策と貿易収支をめぐる紛争は米国大統領の声明で最も顕著に取り上げられ、世界経済に直接影響を及ぼしますが、実際にはそれらは競争の1つの側面にすぎず、決して最も重要ではありません。対立は、ピーター・ルドルフが示すように、多次元的です。

ドイツと欧州連合(EU)が、中―米の覇権への自分の自律的戦略的アプローチを追求しようとする場合には、分析明快さが絶対的な前提条件です;我々が競合領域の多次元性を理解している場合のみ、我々は適切な政治的な答えを見つけて必要な手段を展開できるでしょう。

 1―1 グローバルな覇権競争

目下の問題は、世界的な力の均衡と国際システム内でのそれらの地位です。ドナルドトランプ米大統領は、優越性、とりわけ軍事的優位性を、特定の利益と価値を促進するための手段ではなく、それ自体が目的であると考えていると信じる根拠があります。習近平国家主席は、優位性が手段であり、目的でもある世界秩序に関する中国のビジョンによってさらに動かされているようです。しかし、紛争には、セキュリティに関連した、経済的、技術的、イデオロギー的な側面だけでなく、人格という側面もあります。この巻の寄稿では、これらの各側面とその背景、および国際機関とヨーロッパに対する米中競争の影響を調べます。関連する問題も、他の国々、地域及び社会での既定のおよび発展途上の超大国の影響を含みます。

中国の観点からすると、ハンスギュンターヒルパートとグドルンワッカーが示すように、米国が自発的に中国への重要な国際的影響力を譲ることは決してありません。アメリカは中国に関しては、その長期的な目標は、世界的な覇権にある社会主義者の力とみています。これは、マルコオーバーハウス、ピータールドルフ、ローラフォンダニエルズによる貢献が示すように、米国の主要政党間、ビジネス、政治、社会全体にわたる幅広いコンセンサスの問題です。より考慮されたポジションは存在しますが、それらは排除される傾向があります。本当の議論は、主に紛争を実施する手段の問題に限定されています。

その理由からも、セキュリティ上の困難な課題がエスカレートし、古典的なセキュリティのジレンマが生じています。マイケルポールとマルコオーバーハウスが概説するように、これは特に行動範囲を拡大し、その過程で沿岸防衛の教義から海上の「専守防衛」へと段階的に移行している偉大な力として中国に強く当てはまります。しかし、それは米国にも当てはまり、中国の軍事力の増大は太平洋にある自国の軍事基地だけでなく、アジア太平洋地域におけるパートナーシップと同盟のシステムにも、そして長期的にはその核抑止力での脅威であると見ています。

 1-2 貿易、経済、金融政策に関する紛争

経済競争と貿易、経済、金融政策をめぐる対立は、それ自体でライバル関係の真の側面を形成し、これはトランプ大統領の下で米国が採用した保護主義的コースに先立つものです。中国の貿易慣行、不当な競争、ルール違反に対するワシントンの批判は、ヨーロッパでも広く共有されています。貿易紛争は、Hilpertとvon Danielsの両者の貢献について説明しているように、特にヨーロッパの観点から、非常に重要な世界秩序の問題と密接に結びついています。これは、たとえば、多国間の貿易協定と制度の拘束の未来に当てはまります。これらの問題はまた、世界の動向が特定のセクターの雇用状況に実際に影響する程度には完全には依存しない強力な動員の可能性があり、両国の国内の政治的関連性の問題でもあります。しかし、全体として、Hilpertは、1990年から2015年までの期間と比較して、双方の経済協力から生じる実質的な利益は減少していると主張しています。米国と中国の間の二国間貿易は、もはや対立。代わりに、貿易紛争は政治的に道具化されていますが、それらは米国と中国の競争の複雑な網の中で最も簡単に絡まりにくい結び目を表す場合もあります。または別の言い方をすると:米中間の戦略的な覇権は、たとえワシントンと北京が近づいている米国大統領選挙の前に重要な貿易問題の解決に成功して貿易協定に合意がなされるとしても、期待される将来のための国際政策に決定的影響を与え続けるでしょう。

 1-3技術的側面

ライバル関係の技術的側面はさらに深くなり、貿易紛争の推定上の解決策よりもtouikasi長期化します。絶対的な賞と相対的な賞の両方が問題になっています。たとえば、技術基準を定義することによって、誰が長期的に最大のケーキを確保するかという問題です。また、技術競争も常にセキュリティの問題です。競争の激化と、その間に技術分野での交換と協力が著しく制限されているという不信感の高まりについて、他にもっともらしい説明はありません。Matthias SchulzeとDaniel Voelsenが説明しているように、この競争は伝統的な意味での地政学的な疑問にもつながります:デジタル製品とサービスに基づいて構築された「影響力の技術政治的領域」は、もはや純粋な領土ではありませんが、地政学的な力を投影し、国際的な依存関係を固めることができます。

これに関連して、テクノロジーの開発と使用に関する問題は、政治的およびイデオロギー的側面にますます関連しています。それらは、内部秩序、つまり国家と社会の関係、政府と統治者の関係に関するシステムの反対または体系的な競争の一部になります。ヒルパートは、この政治的/イデオロギー的側面に取り組みます。これは、一方の自由主義と民主主義のパラダイムと他方の権威主義者との間の世界的な競争に位置しています。ヨーロッパを含むあらゆる場所で、これは表向きは内部論争かもしれませんが、それは米国と中国の間の二極化によって共同決定されています。世界秩序における民主的価値観と自由主義的要素を守ることは、明らかに就任の米国大統領の優先事項ではありません。しかし議会にとっては、これらの問題は米中競争の最重要で中心的であり、両院においてこの点でより決定的なポリシーの決定がなされました–最近では、2019年11月に香港の人権と民主主義法が施行されました。

米国での議論は、中国の台頭への恐れと追い抜かれる可能性を特徴としています。おそらくこれが、ヒルパートが概説しているように、中国のエリートたちも依然としてリベラルな価値観と世界観に脅かされ、不安を感じている理由です。中国が西側の経済の発展と繁栄の繁栄を生み出せば、民主主義と法の支配は多かれ少なかれ自動的に現れるという西側の自由な期待に反論したにもかかわらず、それは依然として当てはまります。中国の開発モデルは成功しており、リベラルな価値観は、特に中国社会の教育を受けた、機動性のある若いメンバーにとって魅力的なままです。これは、香港に対する中国の指導部の緊張、色彩革命に対するその誇張された恐怖を説明しています。

技術は、シュルツェとフェルセンが指摘するように、価値に中立ではありません。技術開発が進むにつれて、政治的および社会的秩序、より多くの技術的競争は、データ収集および処理、人工知能、バイオテクノロジーなど、戦略的競争の政治的/イデオロギー的側面に結び付けられます。ドイツと欧州連合はまた、中国の技術投資が個人のデータの大規模な流出を可能にすることであった場合、個人の権利の保護に取り組んでいるヨーロッパの国家と社会のモデルにとってそれが何を意味するかなどの質問に対処する必要があります。中国のハイテク企業による監視技術と社会統制技術の開発と輸出が権威主義的で抑圧的な体制を支援するだけでなく、ガバナンスと社会の違法な概念の普及を促進する方法についての批判的な調査も必要です。

 1-4 異なるリーダーシップスタイル

個人的要因、トランプとシーの特定の特性が、それ自体が米中ライバルの別の側面を表す範囲について議論することができます。いずれにせよ、ギュンターマイホールドは、両者の違いはあるがどちらの場合も非常に個人的なリーダーシップのスタイルが米国と中国の間の関係に影響し続けると主張します。トランプのトランザクションスタイルとXiの外部および内部の変換スタイルは、非常に互換性がありません。彼らは、依然として残っている信頼の基盤を弱体化させ、外交の可能性を制限し、二国間紛争を悪化させる傾向があります。欧州連合を含む他の勢力は、特定のケースでは、独自の操作の余地を得る可能性があります。しかし、彼らは主に、ワシントンと北京の両方によって異なる方法で害されている国際ルールと国際機関を守ることに努力を注がなければならないでしょう。

 1-5 国際的な影響

ここで説明されている紛争と競争の領域は、二国間競争として理解され、ある程度はそのように展開されますが、その重要性と結果はグローバルです:他の大国との関係に影響を与え、ヨーロッパでも地域のダイナミクスに影響を与え、国際組織やフォーラム(G20や国連やその機関など)、そしてローラフォンダニエルズが説明しているように、多国間機関を十分に損なうことがよくあります。これは、世界貿易機関の場合に特に明白であり、そのルールは双方によって違反されており、トランプ政権がその機能を損なわせようとしていた。中国は、特にその独自の地域環境において、独自のシノセントリックな秩序の概念に沿って、新しい国際フォーラムや組織を設立しています。しかし、米国とは異なり、中国は国際機関や多国間機関からの撤退の兆しを見せていません。代わりに、国連でのその影響力とその機関の活動とプログラム内での影響への拡大に積極的に取り組んでいます。これが発生する1つのチャネルは、特に国連平和維持活動の場合、中国がより大きな責任を負い、費用をより多く負担することです。しかし同時に、国連の言葉で独自の政治的条件と価値観を確立しようと努めています。トランプが米国を国連人権理事会から脱退させたのに対し、中国は、たとえば個人の人権の重要性を相対化することによって、その中で独自のアイデアを確立するために取り組んできました。

欧州連合とその加盟国は、中米の競争の影響を直接的および間接的に受けています。中国のヨーロッパの見方はより重要になり、ドイツではおそらく他のEU加盟国よりももっと重要になります。ヨーロッパはもはや中国を、異なる利害関係を持つ交渉相手であり、経済的競争相手であるだけでなく、「統治の代替モデルを促進する体系的なライバル」でもあると考えています。2それにもかかわらず、ヨーロッパの観点から、中国は世界の課題に取り組むための重要な協力パートナーであり続けます。欧州は、議論されている種類の技術的および経済的結びつきを広く切り離すという意味で、またある程度は米国でも準備されているという意味で、「デカップリング」に関心を持つことはできません。他の多くの国々や地域グループと同じように、ヨーロッパも、1つのアメリカと1つの中国の経済と技術の球を選択するためにそれを押しつけながら両極端の論理の抵抗をする必要があります。その代わりに、実際の相互依存性と共有ルールに基づいて持続可能な長期的な関係を築く以外に選択肢はありません。しかし、ヨーロッパの議論の利害関係者によって時折提案されているように、中国と米国との同等性3はオプションではありません。そのため、ヨーロッパと中国の間の価値観の問題、政治システム、ルールに基づく国際秩序のギャップは大きすぎます。そして、どんなに大きな違いが現れても、価値と安全のユーロアメリカ人コミュニティを拘束する結びつきは、米国またはヨーロッパの国々と他のいかなる国際的パートナーとの関係よりもずっと近いままであり続けるでしょう。

 1―6 ヨーロッパの新しい戦略

ヨーロッパは、アネグレットベンディエックとバーバラリッペルトが強調するように、独自の強みを発見し、「国戦略」としてではなく、自己主張の包括的なヨーロッパ戦略の一部として、またはその他の言葉、より大きなヨーロッパの主権または戦略的自治を目指す努力の一部。4特に中国に関連して、これはより多くの超国家性、またはベンディエックとリッペルトが「超国家的地政学」と呼ぶものを要求します。国の法律で補完された外国投資のスクリーニングなど、中国に対する自信を持って慎重なヨーロッパの政策に役立つ可能性のある手段についての作業はすでに進行中です。秘訣は、協力と相互依存性を弱めることなく、社会的および技術的回復力を強化することにより、より厳しい競争に向けてヨーロッパを準備することです。このような戦略は、中国との直接的な関係だけでなく、ヨーロッパ全体の国際的およびグローバルなプロファイルにも適用されます。アジアとアフリカの多くの国々と社会は、中国の経済的関与とそのベルト&ロードイニシアチブを高く評価していますが、一方的な依存を恐れています。ここで欧州連合の接続アジアへの戦略は賢明なアプローチです。同じことは、ヨーロッパがアフリカのインフラのために、例えばヨーロッパ投資銀行を介して提供しているすでにかなりの資金にも当てはまります。最後に、ヨーロッパ諸国は、国連や他の多国間組織やフォーラムへの関与を拡大する必要があります。その過程で、彼らはワシントンの現在の政権の無関心または撤退によって生じたギャップを埋めなければならないことに気付くかもしれません。これは、ヨーロッパの多国間主義と国際ルールの理解が中国中心のシノセントリックな多国間主義と根本的に異なることを実証する機会を提供します。

ピーター・ルドルフ

 

2 中国―米国の世界紛争

米国と中国の間の戦略的対立は、経済的および軍事的危険をもたらす多層化した世界紛争に巻き込まれる危険を冒しています。* 2つの大国間の対立は国際関係を構築し始めており、新しい「地理経済世界秩序」を生み出す可能性を秘めています。過去数十年と比較して、誰が経済交流からより多くを得るか、そして経済的相互依存の問題のある安全保障上の影響に対する懸念は、今やはるかに重要な役割を果たしています。これらの側面の下で経済的および安全上の利益が恒久的に新しい立場に置かれると、統合のレベルは、それが一種の脱グローバル化と見なされる程度まで低下する可能性があります。

 2-1 アメリカの支配に対する脅威としての中国の台頭

米国では、中国の台頭は国際システムにおけるアメリカ自身の支配的地位への危険と広く見なされています。止められない中国の経済と軍事の拡大と米国の相対的な力の喪失の考えは疑わしい仮定と予測に基づいていますが、中国は米国の地位を脅かす可能性のある唯一の国です。支配的勢力と勢力の拡大が国際システムのガバナンスとリーダーシップについての理解に到達できない場合、権力シフトは国際システムの安定を危険にさらす可能性があると主張されている。これは、両国で熱心に議論されてきたパワートランジション理論の含意であり、近年では、「トゥキュディデストラップ」。理論自体に問題があり、その解説値は異議を唱えています。しかし、それは解釈の枠組みとして、米国と中国の両方の認識に影響を与えます。一方では、このフレームワークは移行のリスクを強調し、他方では、より地域的または局所的な性質の個々の対立がグローバルな覇権的対立に合体しているのを見ます。

(注)  トゥキディデスの罠

古代アテナイの歴史家で軍の将軍であるトゥキディデスによる引用に基づいており、アテナイスパルタの間のペロポネソス戦争は、アテナイの勢力の拡大に対するスパルタの恐れから避けられなかったとされている

 

 2-2 中米紛争症候群の構造について

一連の要素が米中紛争症候群を構成しています。その基盤は地域的であり、ますますグローバル化していますステータス競争。中国の増大する力は、唯一の国際的な超大国としての地位に対するアメリカの恐れを呼び起こしました。一部の人々は、社会心理学に基づいたアプローチで仮定されているように、国家(または彼らを代表する主人公)がそれ自体で目的としての地位を求めると主張します。この理解では、より高い地位は他の個人や国家よりも優れているという心理的な満足感を生み、この地位を失う可能性は自分のアイデンティティを脅かします。しかし、ステータスは物質的な利益にも関連しています。長期的には、中国はアメリカの主導権としての地位を脅かすだけでなく、その地位から生じる特権と経済的優位性も脅かしています。中国は、懐疑論者が主張し、支配的な世界的な政治的、経済的、技術的影響力を獲得し、全面的にルールと基準を設定し、そして、一種の「違法な影響力の領域」を確立します。この場合、米国はこれまで享受してきた安全と繁栄を保証することができなくなります。

この影響力をめぐる競争は、イデオロギー的対立と融合しています。もちろん、中国の人権状況は常に米中関係の断続的な摩擦の原因でした。しかし、中国の台頭がグローバルな課題として認識されず、中国が最終的に自由化するという希望が生き残った限り、中国は米国のイデオロギー的敵対者として認識されませんでした。自由民主主義と表現の自由という西側の概念が中国共産党のイデオロギー支配を脅かしていることを考えると、中国の観点からは、このイデオロギーの側面は常により顕著でした。しかし、系統的な対立がアメリカ側でますます大きくなると予想されなければならない。「自由民主主義」と「デジタル権威主義」と呼ばれることもある衝突と解釈されることもあります。イデオロギー紛争を強調することは、経済的コストから解放され得ない中国との権力衝突に対する持続的な国内支援を動員するために採用されるかもしれない。

イデオロギーの対立が最も重要な層ではない場合でも、ますます指摘される「イデオロギーの違い」が脅威の認識を強め、それによって米国と中国の間の安全保障のジレンマを強化することは確かに予想されます。1995/96年の台湾危機以来、双方は(再び)潜在的な軍事的敵と見なし、それに応じて計画を調整するため、安全保障のジレンマが関係の構造を形成しています。どちらの側も、これが生み出す相互的な脅威の認識に特に敏感ではありません。なぜなら、敵対者はそれぞれ、自分を防御的で平和的な力と見なしますが、攻撃的な意図のそれぞれを疑っています。

 2-3 ライバルの次元とダイナミクス

中国と米国は潜在的な軍事的敵であり、単に地位をめぐって競争するシステム的敵対者ではないので、両者の関係は複雑な戦略的競争として理解されなければなりません。これは、競争が軍事的脅威の認識に支配されている中国の周辺海域と、中国が東アジアに排他的な影響力の領域を確立しようとしているというアメリカの見解で特に明らかです。南シナ海において、邪魔されない進入と航行の自由に対するワシントンの主張は、安全地帯を作り、アメリカの介入能力に対抗するという中国の努力と衝突します。さらに、南シナ海をめぐる地政学的な対立は、核の次元と絡み合っています。中国は南シナ海を核武装潜水艦の保護要塞に変え、米国の第2打撃能力を守っているようだ。

 

 2―4 影響力のグローバル競争の技術的側面。

影響力についてのグローバルな競争には、それほど重要ではありませんが、軍事的脅威の認識もあります。その間、北極圏も含まれます。現在の米国政権は、中国の世界的な経済的および政治的プレゼンスの拡大は米国を犠牲にしてもたらされていると確信しています。これに対応して、ワシントンは他の国が中国との経済関係を拡大することを思いとどまらせるよう圧力とインセンティブを与えています。

影響力をめぐる世界的な競争は、デジタル時代の技術的優位に関係する米中競争の技術的側面と密接に結びついています。紛争のこの側面を非常に重要なものにしているのは、技術的リーダーシップが世界的な競争上の優位性を生み出し、軍事的優位の基盤を確保することです。

ファーウェイに対するキャンペーンに反映されているように、私たちは中国との経済関係におけるプラスの論理からの転換を目撃しています。ワシントンが戦略的ライバルの台頭を恐れていなかった限り、経済論理が優勢でした。そして絶対的には、米国は経済交流関係から利益を得ました。中国が比較的大きな利益を生み出したかもしれないということは、実際の役割を果たしませんでした。この絶対的な利益の経済的論理は、経済的相互依存が協力を促進し、平和を安定させる効果をもたらすという期待に結びついていました。現在、中国がグローバルな戦略的ライバルに成長していることを恐れて、経済論理を覆しています。トランプの下では、セキュリティロジックが修辞学と実践の両方を支配します。

 2-5 結果

米国と中国の間の戦略的対立が永続する世界的な紛争の星座に統合されると、これは一種の脱グローバリゼーションを引き起こし、最終的には2つの並行する命令をもたらし、一方は米国が支配し、他方は中国によって支配されます。米中紛争が引き続き激化し、国際システムの二極化を加速させれば、世界的な多国間主義の基礎が消える可能性があります。また、米中世界紛争は、ドイツと欧州連合が中国に対して米国をどの程度、どのような条件で支持すべきかという問題に直面しています。確かなことの1つ:トランプ大統領が再選されるかどうか または2021年1月に民主党がホワイトハウスに入ると、中国との戦略的競争が米国の外交政策を形作るでしょう。

 

2-6 ワシントンは、「中国のレンズ」を通して世界とヨーロッパを眺めています。

ワシントンはおそらく「中国のレンズ」を通して世界とヨーロッパをとりわけ見るでしょう。これにより、米国がインド太平洋と中国との影響をめぐる競争にさらに強く固執するようになった場合、ヨーロッパとヨーロッパ周辺の危機を二次的なものとして扱う可能性があります。米国と中国の対立の激化について明確な立場をとり、米国と明確に対抗するよう求める同盟国へのワシントンの圧力は、衰えるのではなく、拡大する可能性が高い。

ハンスギュンターヒルパート、ガドルンワッカー

 

3 アメリカについての中国の物語

同時に永久的な不安感を表す一方で、米国の力は常に、中国の政治エリートに特別な魅力を発揮してきました。このアメリカへの強迫観念に照らして、政治学者のグラハムアリソンは、中米関係を説明するために「トゥキュディデストラップ」という比喩を適用したとき、神経質になりました。1アリソンの比較歴史的研究によると、勢力の上昇による影響の増大は自動的に地政学的な勢力シフトと調整プロセスにつながり、さらには武力紛争に至る可能性さえあります。彼はアテネの台頭がスパルタとの戦争を避けられないトゥキディデスによって説明された古代ギリシャのプロセスが今日の中国と米国の間の関係における本当のリスクであると主張します。そのような警告は当然、中国自身の平和的台頭の修辞と矛盾している。

 3-1 中国の観点から、経済的および政治的重要性における国の利益は、復活に過ぎません。

中国は自らの台頭を自然で避けられないものと見ています。一方、北京の見方では、挫折したアメリカは、中国を地政学的に封じ込め、経済、技術、軍事の発展を妨げることによって、自らの覇権を維持しようとしている。中国は、過去40年間のサクセスストーリーがアメリカの弱さではなく、そもそも中国人の勤勉さと独創性、そのビジネスの商業的適性、および北京の国家および党指導部。

公式の声明と公共メディアの表現は厳密に管理されているのに対し、学術出版物は自己検閲の対象であるか、特定の政治的メッセージを反対側に伝えることを目的としているため、米国は中国で実際にどのように認識されているかについて推測することしかできません。したがって、以下では、中国の公式および公表された情報源で識別可能なアメリカ関連の物語について説明します。ソーシャルメディアのソースも、中国の研究者との個人的な議論とともに含まれています。

 3-2 「南のチャンピオン」としての中国

中国の観点から、経済的および政治的重要性における国の利益は、復活に過ぎません。18世紀後半までは、中国の1人あたりの所得は西ヨーロッパや北アメリカのそれを上回り、中国はアジアで争われていない主導的勢力でした。西洋の植民地主義と帝国主義の到来後初めて、中国はおよそ1世紀続く衰退に突入し、その間に経済的搾取、政治的屈辱、および軍事侵略(「屈辱の世紀」)を被りました。アメリカと西洋の中国の見方今日も相応に曖昧なままです。一方では、米国は、革新するその能力、その経済力、その大学、その軍事能力、およびその政治システムに魅了を引き起こしています。これらすべては中国で尊敬と称賛を獲得します。一方、過去の否定的な経験は、西洋への距離と不信感を生み出します。ごく最近では、世界的な金融危機、中東へのアメリカの軍事介入、トランプの風変わりな政治スタイルが西側の評判を大きく損ないました。

その経済的成功と大きな力の状態にもかかわらず、中国は依然として自分自身をグローバルサウスの一部と見なしています。今日に至るまで、政治指導部は中国を「世界最大の発展途上国」として語っています。実際、北/南の次元-西洋と世界の他の地域との間の世界的な発展と権力格差を引用して-おそらく中国の言説では東洋と西洋のよりイデオロギー的な格差よりも顕著に特徴付けられます。アメリカと西側の組織的な敵としてではなく、新興経済国と発展途上国の。この観点から、アメリカは近代化のパラダイムを表しています。中国は、アメリカとのギャップを減らし、世界をより公正でより公正な場所にするために追いつく必要があります。この自己評価はまた、北京の再発に常に共鳴する勝利主義を修正します中国の台頭とアメリカの衰退の物語を借りる。

 3-3 アメリカが中国の進歩を阻止

北京は常に深い不信感を抱いてアメリカを見ており、「平和的進化」、言い換えれば内部からの浸透と破壊によって、中国とその他の共産主義世界の内部を腐敗させ、変革させようとしているのではないかと疑っています。これらの恐れは、天安門事件がソビエト帝国の崩壊によってほぼ即座に続いた1989年に衝撃的な急速さで確認されました。それ以来、失われた偉大さを取り戻すための中国の道の障害としての米国の認識は、少なくとも暗黙のうちに、中国の言説における一貫したモチーフでした。

 3-4 ソビエト連邦の運命は中国に米国との開かれた競争を避けるよう警告している。

ソビエト連邦の運命はまた、中国の指導者のすべてのその後の世代の態度に消えない印を残しました。彼らは、軍備の形であれ、他の分野での対立を通じてであれ、米国との開かれた競争は避けられるべきであると結論付けた;本当の紛争は問題外でした。したがって、彼らは、アメリカの封じ込めの試みとして認識したものに、協力のレトリック(「win-win」)と各々の側がほかの側の「中心的な国益」を尊重するといった「新しいタイプの大国関係」などの概念で対応しました。」。

現実的な中国のアナリストは、権力の上昇と減少の関係を避けられないゼロサムゲーム(一方の側の利益が他方の損失である)と理解していますが、それにもかかわらず、中国とアメリカ政府は紛争(そして確かに戦争)が勃発するのを防ぐ責任があると考えています。

2 2000年代のいわゆる「色の革命」と2011年のアラブの春をきっかけに、最終的にワシントンが中国で政権交代を模索していたという北京の懸念は深まった。新しいテクノロジー(人工知能、5G)での役割(西側モデルに基づく民主主義の場合)。アメリカの覇権を維持することはワシントンの最大の関心事ですか、それとも中国が根本的に、つまり民主化するなら、特定の分野でこの役割を放棄することは考えられるでしょうか?

 3-5 米国支配の世界秩序

中国はまた、1945年以降のリベラルな世界秩序と、その上に構築された価値観と制度について曖昧な見方をしています。その秩序とそれがもたらしたグローバリゼーションプロセスにより、中国は市場開放と市場改革を通じて工業化と近代化を実現し、絶対的な貧困を大幅に排除し、国際的な権力と名声を獲得することができました。しかし、結局のところ、中国人は、西側のリベラルなシステムは依然としてアメリカの覇権の顕現であると信じています。北京は米国が中国にその経済的および政治的重要性に値するであろう声を認めることを期待しません。中国の指導者たちは、アメリカと西側が自発的に中国に国際レベルで大きな影響力を与えることは決してないだろうと確信している。これに沿って、彼らは、「責任ある利害関係者」の役割は、2005年に当時の米国務長官、ロバートゼーリックによって北京に最初に要求されたように、主にアメリカの覇権主張を強化するが、中国の経済発展に利益をもたらすことはないとしている。政治的台頭は少ない。いずれにせよ、中国は西側が自由主義的世界秩序と普遍的人権を擁護することを覇権的な言説と見なしている。

 3-6 ドナルドトランプ政権下の米国

2016年の米国大統領としてのドナルドトランプ氏の選挙は公式に歓迎されました。イムの学術的評価二国間関係のためのひだは慎重でした楽観的。トランプ氏は選挙運動で中国に反抗したが、ほとんどの中国人は彼が身近なパターンを模倣しているだけだと信じていた。以前の大統領候補–カーター、レーガン、クリントン、ブッシュjr。–彼らのキャンペーンで中国を競争相手および敵として提示した。しかし、就任した後、いずれに新しく選出された政権も遅かれ早かれ北京への実用的で協力的な政策に戻る道を見つけました。トランプの場合、ビジネスマンとして、実行可能な基盤が見つかるとも想定されていました。その仮定の下で、トランプの攻撃への公式およびメディアの反応は抑制されました(台湾を除いて)。彼の能力とリーダーシップのスタイルに対する世間の批判もほとんどありませんでした。中国のソーシャルメディアでさえ、トランプ大統領の選挙に対する最初の反応は好意的な傾向がありました。彼は主にイワシでした非正統的な性格として行動し、彼の政治的正しさに対する軽蔑はさわやかであると見なされました。4

 3-7 トランプによって提示された危険が過小評価されていたことを公然と認めた。

その間、深い幻滅が始まったようです。5トランプの予測不可能性、エスカレートする意欲、および中国の経済成長に対する彼の危険は、過小評価されていたことが公然と認められています。中国に関する大統領の貿易関連の非難は、根拠のない、非合法であり、実質がないとして拒否されます。6最近、ナショナリストのグローバルタイムズは、ワシントンがインド太平洋戦略に表れている封じ込めの過程を後退したと断言しています。7新聞はまた、中国はもはや封じ込めることができず、これを行おうとすると中国よりもアメリカに危害が及ぶと主張して、新しい自信のムードを示しています。しかし、グローバルタイムズは、米国に対する対立的なスタンスの促進に限定されていません。代わりに、貿易紛争の解決策を見つけることができるという慎重な楽観論を表しています。新しい冷戦は「非現実的」であると言います。8公式および公表された声明の支配的な口調は、経済分野における二国間の緊張に照らして、双方が彼ら自身に害を与えることを避けるために妥協を模索する必要があるということです。しかし懐疑論者は、トランプ大統領がいると永続的で信頼できる貿易平和は実現できないと警告している。

香港での最近の抗議に関しては、公式声明とメディア報道は非常に重要です。ここで米国は激しく攻撃されており、米国議会とCIAは抗議活動を経済的および口頭で支援したとして非難されています。ここでもまた、米国は中国のシステムを弱体化させ、最終的には北京の政権交代を達成しようとしているという話を見ることができます。これは、香港では中国の領土保全などの「中核国益」が危機に瀕しているためです。

 3-8 バック・トゥ・ザ・フューチャー?

中国のアメリカのアナリストは、中米関係の将来の発展に対する期待が異なります。あるキャンプは、トランプとの貿易紛争をめぐる合意に達したか、次の選挙で敗北したかにかかわらず、双方が実際的で建設的な関係に戻ることを期待している。別のキャンプは、中国に対する中国の政策の変化を恒久的かつ構造的なものとして解釈している。彼らは、米国における超党派のコンセンサスが予見可能な将来の二国間関係を決定するだろうと信じています(「後戻りなし」)。9より改革志向の中国の学者は、トランプ政権によって加えられた圧力は、中国の指導部における防御スタンスの強化につながるため、逆効果であると考えています。この観点から、このようなシステムへの基本的な攻撃は主に改革派勢力に害を及ぼします。

公式メディアが進行中の貿易紛争がアメリカのいじめに抵抗し、自身の権利と利益を守るという中国の決意を強化したと書いているとき、これは間接的に確認されます。経済紛争の中国のオブザーバーはまた、貿易と成長の損失の他に、中国にとっての機会も生じることを時々指摘します。たとえば、ワシントンのテクノロジーボイコットは、この分野での自律を実現するための中国の取り組みを加速させる可能性があります。彼らはまた、ワシントンの破壊的な反WTO貿易政策と一連の国際機関や協定からの撤退により、世界レベルでの北京の役割が強化されたと指摘している。10

 3-9 ヨーロッパに対する差別化された認識

中国のヨーロッパに対する見方は、極端ではありません。ヨーロッパ-ユーラシア大陸の反対側にある-は西側の柱であり、米国の政治的同盟国ですが、中国はそれを(米国とは異なり)自分たちの発展にほとんど障害を与えていないと考えており、実際に便利である。中国では、ヨーロッパが多国間主義と自由主義的世界秩序を守るために活動しており、実際にトランプ政権と独自の政治的および経済的問題を抱えていることも指摘されています。

 3-10 多国間国際秩序のチャンピオンとしての中国?

中国は、トランプの国際秩序に対する破壊的攻撃に対する多国間主義の擁護者として自分自身を表現することを好み、他の国々への同盟国としての同盟国としての地位を提供しています。しかし、ドイツとヨーロッパは北京のレトリックに惑わされるべきではありません。実際、中国は利益をもたらすとすぐに多国間ルールを日和見的に破ります。対外経済政策において、中国はフィリピンとの領土紛争における恒久仲裁裁判所の判決を無視したのと同じように、非差別と透明性の基本的なWTO原則を無視します。多国間主義に対するヨーロッパと中国の理解には確かに根本的な違いがあります。11

マルコオーバーハウス、ピータールドルフ、ローラフォンダニエルズ

 

4 中国に対するアメリカの認識

中国に批判的なコンセンサスは、過去15年間にわたってワシントンで合同しており、議会の両方の当事者だけでなく、幅広い範囲の経済的および社会的主体を網羅しています。米国で中国に否定的なイメージを与えるために機能している最も顕著な要因は、積極的であると見なされている南シナ海での活動、その商業主義的な貿易慣行、および権威主義的傾向の強化です。

この展開は、ニクソンが1972年に北京を訪問して以来、米国が追求していた取り組みが失敗したという信念と密接に関連しています。この解釈は、トランプ政権の2017年の最初の国家安全保障戦略に要約されています。1ワシントンではほぼ満場一致の合意があり、中国が「責任ある利害関係者」になるという期待は、2005年に当時のロバートゼーリック国務次官補によって策定されたように、打ち切られています。2

4-1 米国は中国が地域的な課題から世界的な課題へと成長していると考えています。

米国では、中国の台頭は、国際システムにおける中国の支配的地位への危険としてますます見られています。トランプ政権の戦略文書は、インド太平洋で、そして世界的な覇権を目指して長期的に地域覇権を求める本質的に修正主義的な力として中国を説明しています。

近年、米国の政治システムにおける中国の重要なムードを強化するために、複数の要因が集まっています。3 買ってないより政策分野と世界の地域におけるこれまで以上に政策における力と影響力での中国の台頭とそれに付随する利益は、米国での不安や膝反射拒否を強化しています。これらは習近平国家主席の権威主義とナショナリズムのコースによって後押しされた。

アメリカの国内政治に関する限り、中国はドナルドトランプの議題と選挙スローガンに理想的なボギーマンを提供します。しかし、トランプキャンプの外にいる他の人々も、中国の非産業化や米国のその他の経済的および社会的問題を非難する機会があると考えています。

4-2 批判の規範的、安全保障、経済的側面

中国に対するアメリカの批判には、規範的、安全、経済的側面があります。1989年に天安門広場で学生運動が流血で抑圧されて以来、人権と民主的価値に対する中国の脅威である規範的側面は、アメリカの議論の中心となってきました。アメリカのビジネスではなく、感じる彼らの懸念を中国政府が展開するとして確認されているその監視状態をと新疆の自治区では、いわゆる再教育キャンプを構築します。4中国の人権状況は議会で超党派のイニシアチブにつながり、たとえば中国当局に対する制裁を通じてウイグル人の抑圧に対してより強力な対応を示すように政府を説得しようとしました。5

民主主義と人権グループは議会で強力な支持者を持っています:下院の民主党議長であるナンシー・ペロシは、人権への懸念に基づいて、輸入関税を含む中国に対する厳しい経済コースを要求します。6

2000年代初頭までに、米国と中国の間の競争の安全保障の側面が注目を集めてきました。2002年の国家安全保障戦略以来、米国政府は中国軍の近代化の問題を明確に提起してきました。7当初の最大の懸念は、中国が遅かれ早かれこの地域の米国同盟国、とりわけ韓国と日本を威嚇することでした。今日、セキュリティの脅威はグローバルなものと見なされるようになりました。これの1つの理由は、競争の経済および安全保障の構成要素の認識された収束です。この見方は、たとえば国防総省の中国の軍事力に関する年次報告書に表れており、安全保障関連の分野への中国の投資をレビューし、これを大きな懸念事項と見なしています。これはそもそも、軍事に直接利用される技術への投資に当てはまります。しかし、国防総省はまた、ベルトアンドロードイニシアチブの一部である、港湾施設などの外国インフラへの中国の投資の戦略的利益を心配しています。8

米国の民間部門の大部分は、トランプ政権による「略奪的な」中国の経済慣行に対する批判を共有しており、最大の不満は中国企業への国家補助金、外国企業からの技術移転の強制、知的財産の盗難でした。しかし、すべての部門と企業がトランプの保護主義的関税と中国に対する彼の厳しい経済的線を支持しているわけではありません。

トランプ大統領は、鉄鋼やアルミニウムの生産者など、激しい競争に苦しんでいる企業部門からの支援を受け続けています。貿易制裁のエスカレーションは、コンパで対向しているマイナス、直接的または間接的に、影響を受けているNIES 半製品または反上の輸入関税で中国や他の貿易相手国によって課される関税。これは、米国の輸入業者、たとえば小売部門に当てはまり、農業部門、自動車メーカー、ITおよび通信会社などの輸出志向のビジネスにもますます当てはまります。

トランプが2019年末までに2段階で再び関税を引き上げると脅迫した後、米国の企業、議会の共和党、そして労働組合からの批判は、彼さえ無視することができないレベルにまで膨らみました。図9は、代わりに新しい関税を課すのは、管理は中国との限ら「フェーズワンディール」に同意した10別の契約や関税の相互の解体が続く可能性があります。

中米紛争の地理的側面に関する限り、ワシントンは中国をライバルのインド太平洋「コア」の外の地域でさえ、米国と西側の利益への脅威と見なしていることに注意すべきです。これは全面的にアフリカと中東に当てはまりますが、現在北極圏で最もはっきりと現れています。ワシントンは、そこでの資源をめぐる闘争と同様に、中国が軍事的存在を確立することができるかもしれないと恐れています。11

 4-3 中国の討論での議会

米国議会は、中国を管理するのではなく、中国に対する政権の強硬路線を支持し強化する傾向があります。これは両方の当事者に当てはまります。12 2020年の大統領選挙のために議会で指導的な民主党員と予備選挙でほとんどすべての民主党員候補は、トランプ氏の中国と同様の政策を広めた。たとえ彼らがツイートで彼の政治スタイルを批判し、アジアとヨーロッパの同盟国を無視したと非難したとしても。民主党上院少数派指導者のチャックシューマー氏は、2019年5月に次のように述べています。「中国に対する厳しい強力な政策がなければ、何百万ものアメリカ人の雇用と何兆ドルもの米ドルを奪うことになります」13

議会のイニシアチブと立法案は、ビジネス界と社会の変化するムードを反映しています。しかし、トランプが選出される前に、両党の政治家による中国批判的発言はすでに国民のムードに大きな影響を与えていました。

4-4 大統領と議会は、中国については厳しい路線をとっているが、方法論は異なる

一方のトランプ政権と他方の議会の両党の立場の違いは、どの手段が中国との競争に最も適しているかという問題にあります。共和党と民主党はどちらも、関税やその他の措置による大統領の脅迫がヨーロッパとアジアのアメリカの同盟国を遠ざける方法を批判し、それゆえ、ワシントンに対するワシントンの手を弱めました。大統領および議会選挙運動が米国で進行しているので、民主党はこの批判を大声で表明しています。

意見はまた、中国に対するトランプの好ましい手段である一方的な輸入関税について、行政と議会の間で分かれています。民間部門と2つの政党の両方が、とりわけ米国の消費者と農業部門にとって、中国との貿易紛争の否定的な影響についてますます懸念している。2020年11月の迫り来る大統領および議会選挙を考慮して、トランプと共和党は投票で彼らの関税政策の費用を支払う危険を冒しています。たとえば、共和党上院の多数党首であるミッチ・マコーネル氏は、貿易紛争は米国に害を及ぼす可能性があると述べた。14

安全保障政策と経済の「困難な」領域の外では、別の新たな懸念があります。中国の影響は、孔子学院などのチャネルを通じて、およびシンクタンク、大学、メディアへの中国の助成金または投資を通じて米国に広がっています。とビジネス。15議会は、この影響に対して、外国の影響と透明性に関する法律や対抗外国宣伝法を含む、多くの公聴会と立法案により対応しました。16中国の影響力に対する懸念は、スパイの恐れと手をつないで行きます。17貿易紛争を背景に、政治とビジネスにおけるこの反中国のムードも世論を着色しています。18

4-5 ワシントンで前代未聞の穏やかな声

米国には外交政策の専門家と中国の専門家がおり、主に対立する政策の危険性に注意を向け、以前の中国の政策を完全に誤解しているとは考えず、言説の狭まりを打ち消そうとします。ただし、それらは疎外される傾向があります。米国の対中国政策の傾向に対する根本的な不快感は、中国の専門家グループによって開始された大統領および議会への公開書簡で表明され、以前の政権で中国に取り組んだ多くを含むさらに100人の個人によって署名されました。彼らは中国を「経済敵または存在する国家安全保障上の脅威」として扱うことに対して明確にアドバイスします。「世界のリーダーとして北京が米国に取って代わるという恐怖は誇張されている」と彼らは言う、19

この立場の支持者は一種の「賢い競争」に相当し、中国とのすべての協力を放棄し、中国の影響力の増加を防ぐことを求めないよう警告します。この観点から、協力、抑止、圧力を組み合わせた中国に対する米国の政策は、過去数十年にわたって広く成功してきました。しかし、彼らの見解では、中国のより重商主義的な経済政策と増大する外交政策における積極性に対応するために、圧力と抑止に向けた構成の修正、変更が必要です。20

ドイツとヨーロッパの利益に関して、一方的に対立する中国の政策に対する米国の批評家がワシントンでより良い公聴会を得ることができれば望ましいだろう。協力的かつ対立的なアプローチを慎重に検討する米国の中国の政策は、多くの重要な分野で米国と中国の間で選択するようにベルリンと他のヨーロッパの首都に圧力をかけるでしょう。

マイケルポールとマルコ オーバーハウス

 

5 中米関係における安全保障と安全保障のジレンマ

米国と中国の間の軍事紛争は、地域および世界に多大な影響を与えるでしょう。北京とワシントンはどちらも、彼ら自身の意図は基本的に防御的であり、他方は攻撃的な立場をとったと非難していると主張している。1米国政権と議会の両方で、今日、中国はロシアのように、米国の支配に挑戦し、ルールに基づく国際秩序を弱体化しようとする「修正主義勢力」であるという見方が支配的です。

さらに、ワシントンは中国がロシアとは異なり、政治的、経済的、そしてますます軍事的にもその影響力をグローバルに拡大する手段を持っていると信じています。北京は今度は米国を中国を抑圧し、その進展を妨げようと努力していると非難する。脆弱性の歴史的経験と「屈辱の世紀」(1840〜1949年)は、今日に至るまで中国の戦略文化を形成し、国と党をつなぐ中国のナショナリズムの重要な要素を表しています。

このような背景に対して、米国と中国の関係は、安全保障のジレンマという古典的な安全保障の特徴を示しており、両国がより高い安全保障を目指して努力することで、最終的には双方の安全保障がさらに悪化する。この場合、問題は、確立されたものに遭遇する勢力の上昇によって悪化します。

 5-1 北京の展望

中国は、世界で最も難しい1つの地政学的な環境にいます。そこでは米国の「孤立した」安全性に欠けています。2その22,000キロに及ぶ国境は隣接する14の国後に接しており、そのうち4つは核兵器を保有しています(ロシア、インド、パキスタン、北朝鮮の不安定な独裁政権)。18,000 kmを超える海岸線があり、その水域は隣接する他の6つの国々の水域に隣接しており、そのいくつかは米軍基地を担っています。ここ数十年の間に、中国は国境紛争の多くを平和的に解決してきました。しかし、その大国になるためのその向上は、複雑な新しいセキュリティ問題も引き起こします。

 5-2 北京は外国勢力による歴史的屈辱に対して新しい力を約束します。

中国は野心的な外交政策を追求しており、国や党の安全保障のニーズを満たすために軍隊を装備させています。国家の繁栄の拡大は共産党の発展目標です。したがって、政治的安定は、拡張された海軍によって確保される必要がある海上貿易ルートに大きく依存します。しかし、中国の軍事力増強は、平和的な発展の道の公式のレトリックにますます矛盾している。その軍事力により、北京は、そのアジアの近隣諸国と米国をますます悩ませている強力な外交政策を追求することができます。例えば、日本は中国の地域政策を「既存の国際秩序と矛盾し」、「地域の深刻な安全保障上の懸念」としています。

地図1

中国の指導部は国を歴史的犠牲者として描き、外国勢力の手による屈辱を受けました。北京は、外部的にも自国の人口に対しても、新たな力と活力を約束しています。この観点から、南シナ海に対するその主張でさえ、歴史的に正当化されているように見えます。言い換えれば、それは、領土の違法な流用を正当化するために道徳的な例外主義を呼び起こす。

習近平国家主席は、自国の運命を海の利用に依存させるまでに至った。4中国国家の大きなルネサンスの彼の「チャイニーズドリーム」は海で始まります。前進する唯一の方法は、偏狭主義とクワガタ国家の比喩としての黄河から離れ、そして大きな青い海と外の世界。インド・太平洋航路は、中国のために極めて重要です。その海軍の増強はそれらを確保し、世界的に権力を投影するように設計されています。5

このような背景のもと、中国は沿岸防衛から「積極的防衛」への移行を遂げています。これはまず、韓国と日本に接する黄海、台湾と東シナ海の西部、南シナ海を含む「最初の島の鎖」内の空間を支配することを意味します。北京はまた、クリルスから日本を通り、そしてボニンとマリアナを経由してキャロラインに至る「第2の島の鎖」内のさらに東の地域をその支配下に置きたいと考えています。それは北京を東アジアの海路の支配下に置くだろう。しかし、その海軍の考え方はすでにより遠い目標に向かっています。

中国の海軍活動の経済的にもっともらしい拡大は、すでに東半球の力のバランスを変えています。北京はリスク軽減を追求しており、米国と同様に、危機発生時に供給を保護するために戦略的に重要なルートを保護することを懸念しています。商品の貿易の90%と輸入された石油の40%が海上輸送されることを考えると、世界経済における中国の役割は、その海路を確保することを政治的義務および国益の不可欠な側面にします。6その点で、外航海軍の創設は、1980年代初頭に鄧小平が開始した改革政策の海上継続と見なすことができる。

今日、中国軍は最初の島のチェーン内の水を(少なくとも一時的に)制御することができます。米国が中国に撤退を強制するために2隻の空母を配備した1995/1996年の台湾危機は、この能力構築プロセスの引き金と見なされています。台湾危機は、当時の中国軍の弱点を露呈したターニングポイントでした。

その間、中国は数値的に世界最大の海軍を取得しました―意図についてはかなりのことを示唆していますが、能力についてはほとんど明らかにしていません。7 世界中をカバーしている米海軍の艦隊が、近年279と290隻書しているのに対し、中国海軍は、300隻以上を所有している。現在、中国の艦隊はさらに近代化され、公海上での運用に備えています。しかし、それが米国海軍に匹敵するだけでなく、定性的にもなることができるかどうかは疑問です。それには、さらに多くの海軍投資、訓練、演習が必要になります。中国が公海上で、また空母グループが関与する複雑な作戦で米国に対抗できるようになるまでには、2035年に中国の軍事近代化プログラムが終了してから、かなりの時間がかかるでしょう。

 5-3 ワシントンの展望

ワシントンから見ると、中国はまだ米国本土への直接的な脅威ではありません。それにもかかわらず、中国の軍事開発の3つの側面は、アメリカの安全と重大な利益に対する危険と見なされています。第一に、米国はその役割を中国の進行中の海軍の拡大によって挑戦された世界大国と見なしている。アメリカはかつてイギリスがそうであったように世界の海を支配し、海の自由を確保するためにその力を使用してきました。妨げられていないナビゲーションは、空、宇宙、サイバースペースに匹敵する、グローバルな共通の利益です。

中国と同様に、米国も海洋と海路を独自の経済力の基盤と見なしており、長距離国際貿易の90%以上を占め、原材料と工業製品の供給を確保しています。しかし、海は権力射影と軍事介入も可能にします。中国が軍の能力を着実にアップグレードするにつれて、彼らはますます米海軍のアジア太平洋地域へのアクセスを封鎖し、それゆえ世界の大国としてのアメリカの地位に挑戦する立場にある。8

 5-4 ワシントンは中国の軍事力の増大を脅威と見ている。

第二に、米国は中国の軍事力の高まりを日本、韓国、米国のグアム領土の軍事基地に対する脅威と見なしている。トランプ政権がロシアとの中間距離核軍縮条約から撤退した理由の1つは、これが中国の脅威によりよく対抗できるようになるという期待でした。インド太平洋の米軍司令官であるフィルデイビッドソン提督は、2019年に議会の公聴会で、中国の弾道ミサイルの95%はINF条約の下では許可されないだろうと語りました。米国は「そのような能力を持つ陸上コンポーネントが軍に機動を取り戻す」との彼の見解では。9

ワシントンは、中国に脅威を感じている国々との同盟とパートナーシップのシステムを維持しています。たとえばワシントンは、東京によって管理されているが北京によっても主張されている尖閣諸島/ダイアオユ諸島が日本との二国間防衛協定に該当すると宣言しました。中国と同盟国の間の軍事紛争は、少なくともトランプ政権がアメリカの安全保障の信頼性を評価し続けていると仮定すると、ワシントンを窮地に追い込むでしょう。

第三に、中国に対するアメリカの見方は、長期的な発展によって強く形作られています。中国は、第1と第2の島のチェーンを超えて電力を投射できるように、軍事力を拡大しています。10これは、中国が米国を直接脅かすようになる可能性もあるというワシントンの懸念を煽る。

中国はアフリカの最南端に2017年8月に最初の外国軍事基地を開設し、ワシントンは他の人々が続くことを期待しています。11最後に、北京は、定義上、グローバルである軍事作戦の領域である宇宙とサイバースペースに、追加の能力と能力を構築しています。米国の観点からすると、これらの地域における中国の軍事力は差し迫った危険を表している。

 5-5 核の構成要素

核兵器は中国の外交および安全保障政策にとって重要な役割を果たす。12それらはまだ米国と中国の間の安全保障競争の中心ではありません。中国の視点から見ると、彼らは偉大な力の状態を象徴しており、とりわけ他の核武装国への抑止力として機能しています。そもそも、これは米国を意味し、軍事介入や中国本土への直接的な脅威からそれを阻止することを意味します。中国は、最初の使用しない(NFU)のポリシーを正式に追求しています。しかし、米国のミサイル防衛構想と従来型の米軍の拡大により、北京はその二次攻撃能力、したがってワシントンに対する核抑止力の喪失を恐れている。この脅威の認識は、米国が中国に関して相互に保証された破壊の原則を公然と認めておらず、この質問を意図的にあいまいなものにしているという事実によって強化されています。

北朝鮮からの核の脅威は、北東アジアで独自のミサイル防衛を確立するための正当化として米国に役立ちます。しかし、中国の指導部は、北朝鮮のミサイルの存在だけでアメリカの行動を正当化するのに十分であるとは考えていません。北京は、ワシントンの主張が戦略的安定を脅かすことができるシステムを導入する口実であり、特に軍事紛争における中国とロシアの核抑止力を無効にするための言い訳であると信じています。最後に、軍事的に介入するワシントンの能力は、ミサイル防衛システムによってもサポートされます。

北朝鮮による長距離ミサイルのテストの成功は、中国の評価に変化を与えていません。米国にとっては、長距離ミサイルがもたらす特定の脅威が中心です。13そのため、トランプは2019年8月に北朝鮮の短距離弾道ミサイルのテストを非難することを控えました。その一方で、中国の脅威分析は、特に柔軟に展開可能なイージス艦と陸上システムに関する米国のミサイル防衛システムの拡張性に集中しています。 。最終的に、米国、韓国、または日本のレーダーシステムが陸上および海上で北朝鮮のミサイルの軌道を追跡できれば、中国のミサイルに対しても同じことができます。ここで、北京の脅威の認識はモスクワの脅威と一致しています。その合同は、中国とロシアの間の「協調の包括的な戦略的パートナーシップ」の基礎の1つであり、それは武器協力と合同軍事作戦に現れています。

北朝鮮のミサイル問題に対するアメリカの対応の1つは、戦略的従来のシステムの開発です。米国のプロンプトグローバルストライクプログラムは、北朝鮮からの大陸間ミサイルの発射を防止するために、表面的には1時間以内に世界のどこにでも通常のストライキを実行できる極超音速グライドビークル(HGV)を提案しています。しかし、そのような高度な技術は、北朝鮮の原始的な航空防衛を克服するために必要とされていません。したがって、中国の専門家は、中国の核兵器が本当の標的であると疑っています。彼らは紛争の際に米国が恐怖排除の先制攻撃を仕掛けることを恐れている。

その間、中国とロシアはHGV技術を取得しています。中国の観点から、極超音速グライドビークルの利点は、従来の武装であれ、核武装であれ、現在利用可能な防御システムでは検出および破壊できないことです。言い換えれば、中国は、ミサイル防衛システムを配備するというアメリカの決定によって自身の核抑止力に提示された課題に対抗するために、米国が開始した技術を使用しているのです。

中国の核兵器の進行中の近代化もまた米国にとって関心事です。14中国は、新しい大陸間ミサイルを導入し、新しい空中発射弾道ミサイルを開発し、ロシアの支援を得て、ミサイル早期警報システムを確立したいと考えています。これは中国の将来の核戦略に疑念を生んでいます。ワシントンは、それは最早、冷戦のように、二国間の安全保障のジレンマではなく、多国間の安全保障のジレンマであることをますます明確にしています。北朝鮮による長距離核ミサイルの開発により状況は悪化しています。武器規制の代わりに、米国は、第1次的に独自のオプションを柔軟化することに依存しています。これは軍拡競争の危険をさらに増大させます。

ハンス・ギュンター ヒルパート

 

6 貿易、経済、金融:競争、紛争、エスカレーションリスク

中米の対外経済・金融関係はこれまで紛争から解放されたことはありません。しかし、非常に長い間、これらは中米関係の安定の要因と見なされ、そこから双方が莫大な利益を引き出すことができました。米国企業は、中国市場への輸出と投資から素晴らしい利益を上げ、資本、管理の専門知識、技術を移転しました。物資を吸収する能力が無限に見える米国市場に輸出することにより、中国は莫大な余剰を積み上げ、それを米国財務省証券に再投資し、それにより米国の消費主導の経済ブームに協調融資しました。その共生関係は、「チャメリカ」と呼ばれることもあり、もはや存在しません。1むしろ、中米のライバル関係は現在、経済レベルほど公然と対立するものではない。さらに、双方は、彼らの技術競争、ならびに外交政策および安全保障の目的で貿易政策を道具化しています。

 6-1 米国と中国の経済衝突コース

協力から対立へのこの移行の背後にある客観的な経済的原因を特定することができます。経済協力による双方のメリットは小さくなっている。しかし、新たな大国のライバル関係の中での地位競争と、双方のますます重要性が高まっている認識も、大きな役割を果たしてきました。

中国の気象経済および技術の台頭は、今日​​のアメリカと中国の間の経済関係が、はるかに補完的でなく、はるかに競争的である状況を作り出しました。米国の企業が中国市場で売り上げを伸ばして利益を上げることは困難になり、特に行政規制が緩和ではなく増大しているため、米国の企業が競争上の優位性を有する多くのサービス支店は依然として閉鎖されています。逆に、米国は技術移転に消極的になっています。そして、経常収支の黒字が縮小した結果、中国の米国国債の購入が減少したため、中国の貯蓄は、米国の国内経済への資金提供に大きく貢献しなくなった。

 6-2 米国は中国を不公正な競争で非難している。

相補性は低下していますが、特に製造業では競争が激化しています。世界有数の産業の製造業者および輸出業者になるために、中国の台頭は、特に米国では、構造変化が加速しており、かつtrigのいるアメリカの「ラストベルト」、でgered社会的動乱を特定の分野や地域に集中しています。この「チャイナショック」の影響は、ドイツなどよりもアメリカではるかに強く感じられました。マサチューセッツ工科大学(MIT)による実証済みの調査によると、中国からの輸入は、1990年から2007年にかけての米国の製造業の減少の約4分の1を占めています。2中国が提起する競争上の課題は現在、ハイテクの領域にまで広がっています。北京はその産業政策戦略「メイド・イン・チャイナ2025」により、10の主要な高付加価値セクターで世界市場でリーダーシップを発揮する意向を示しました。すでに今日、米国と中国の企業は、通信技術と人工知能の分野で、標準とシステムの開発と設定の両方で主導権をめぐって激しく競争しています。米国は、中国を不当な競争であると非難します。たとえば、保護主義的措置で市場を閉鎖し、外国のサプライヤーを差別し、市場および重要なビジネスに直接かつ恣意的な影響を及ぼします。

 6-3パワーシフトと新しい米国貿易政策

米国に対する中国の挑戦は、産業競争だけにとどまらず、世界の主要な貿易と経済大国としての地位と地位にも及んでいます。購買力平価の点では、中国はすでに世界最大の経済国です。そして、市場価格では、中国の国内総生産はすでに最大の総固定資本形成と最大の工業的価値創造を示しています。絶対的には、中国は世界の経済成長への最大の貢献国であり、最大の輸出国であり最大の貿易国です。4現在の成長傾向が続く場合、中国は2030年までに世界最大の経済として米国に取って代わるでしょうが、これは決して確実な結論ではありません。人民共和国が不公正な貿易慣行を採用しているという非難は封じ込めの外交政策の口実にすぎないと主張して、この経済力のシフトに関して、中国の公式声明は米国の批判に反対しています。5

 6-4 貿易紛争は、システム間の紛争として理解されています。

この地理経済的変化が問題となるもう1つの理由は、アメリカと中国が国際秩序について異なる考えを持っていることです。ワシントンは、中国の経済モデル(政治的権威主義者、介入主義者、重商主義国家資本主義)が、自由主義の原則に基づいて構築された世界貿易金融システムと両立できるかどうか疑問に思っています。中国が経済的、政治的に自由になるという西側の期待が失望したため、この問題は緊急に高まりました。何よりも、世界貿易機関への加盟に関連する期待です。実際に、習近平政権下では、政党や国家が経済に及ぼす影響が高まり、権力の行使がより権威主義的かつ教義的なものになった。したがって、貿易紛争はシステム間の紛争としても理解されます。6

同時に、アメリカの貿易政策は保護主義へのパラダイム的および政治的転換を目撃しました。今日の米国の貿易政策の指針となる原則は、もはや自由貿易ではなく、「公正かつ相互的」であり、二国間の貿易収支が決定的な基準になっています。ドナルドトランプ米大統領は彼の発言と行動の中で、確立された貿易理論の信条と貿易政策の経験的経験を脇に置いています。7政治的慣行では、彼のモットーは「アメリカファースト」であり、国際条約および多国間ルールから派生する義務よりも米国の利益を優先します。そして彼は、貿易相手国に圧力をかけるために一方的な保護主義的措置を課すことについて何の自信もありません。彼は国際ルールの侵食または破壊さえも払う価値のある代価として受け入れ、場合によってはこれを積極的に追求することさえします。

貿易政策はトランプの大統領の中心的な問題となっています。ここで、政権の関心は国内の価値創造と雇用だけでなく、とりわけ国家安全保障の包括的なカテゴリーにもあります。ワシントンは、国益を保護するために、アメリカの戦略的産業は中国から独立したサプライチェーンを所有する必要があると考えています。8一般に、戦略的ライバルである中国の経済的および技術的台頭は、確かにアメリカとの経済交流によってさらに加速されてはならない。中国人民解放軍の近代化を抑制するために、トランプ政権は、中国からの経済分離の戦略を追求する必要があると信じている。関税、投資統制、サプライヤーのボイコットは、そのような分離の効果的な貿易政策手段です。9

 6-5 統合からデカップリングへ

トランプ政権は、アメリカのすべての主要な貿易相手国に一方的な要求と措置に直面してきました。しかし中国は貿易対立の矢面に立たされています。2017年12月に発表された新しい米国の国家安全保障戦略は、中国の貿易および経済政策をアメリカの主要な外交政策および安全保障の課題と脅威の1つとして特定しています。10 2018年3月に米国通商代表が発行した1974年の通商法の第301条に基づく調査報告書は、中国の産業および技術政策を「不公正かつ不公正」と述べています。11これら2つの政府文書は、中国に対するアメリカの関与政策の決定的な終焉を示しています。中国に対するアメリカの貿易政策は、現在、確実に「デカップリング(切り離し)モード」になっています。トランプ政権は、中国との不公平で不利な貿易、金融、技術交流と見ているものを修正するために、中国に対して一連の措置を課しました:12

  • 米国からの中国からの輸入の約半分について、最大25%の段階的かつ段階的に拡大する異常な関税。
  • 安全保障関連セクターへの外国直接投資に関する州の規制は、行政措置と法律を使用して強化されており、米国への中国の投資が大幅に減少しています。
  • 商務省は、セキュリティ関連技術の中国への輸出およびライセンス供与を管理しています。
  • 公共調達の分野では、ワシントンは特定の中国製品(通信、視覚監視)の使用を制限しています。
  • 商務省の「事業体リスト」に記載されている中国の企業および個人は、米国または米国企業からの購入を禁止されています。中国のテクノロジーサプライヤーであるHuaweiは、2019年5月中旬にエンティティリストに追加されました。

これらの措置に対する中国の対応は、これまで比較的抑制されてきた。中国は追加の石油を火に注ぐことを控えているが、これはおそらく、自国の経済に悪影響を与えるさらなる拡大を避けるための懸念からである。したがって、中国は米国からの輸入に「唯一」の相互報復関税を課している。同時に、それは一方的に第三国からの輸入に対する関税を引き下げ、これは米国からの輸入をさらに不利にする効果を持っています。また、中国企業は米国からの輸入品を代替できるサプライヤーを積極的に求めています。13北京はまた、ハイテク製造にとって重要なレアアースへの輸出禁止を設けることを検討しています。中国は、Huaweiがエンティティリストに含まれることに対応し、Huaweiに対する米国のボイコットコールに準拠するすべての企業、組織、個人の独自の「信頼できないエンティティリスト」を作成すると発表しました。上場企業は中国市場で不利な状況に直面するでしょう。中国の消費者14人も、アメリカの商品のボイコットを求めるキャンペーンを開始しました。

 6-6 関税と貿易戦争の別の拡大は排除できません。

2019年12月13日、双方はフェーズ1の部分合意に合意しました。その中で、米国(および中国)は発表された特別関税の引き上げを放棄し、中国は2020年および2021年に米国からの追加の輸入額を2,000億ドルと約束しています。中国はまた、知的財産の保護の強化を約束しています。金融サービスにおける強制的な技術移転とより良い市場アクセス。ただし、以前の特別関税は引き続き適用されます。そして、補助金、国営企業、技術に関する論争は未解決のままです。米国大統領選挙前の第2回部分合意で計画された通り、これらの点を解決することは不可能だろう。しかし、これが起こったとしても、根本的な政治紛争は未解決のままであり、新しい貿易政策のエスカレーションはいつでも可能です。さらに、中国の追加の米国からの輸入は、ブラジル、EU、日本などからの輸入の減少につながり、新たな論争を引き起こす可能性があります。さらに、米国経済が中国からどの程度分離されるべきかについて、ワシントンはまだ決定していない。また、中国もアメリカ大統領の信頼性と誠実さへの信頼を失い、譲歩する準備ができていないようです。ワシントンは、米国経済が中国から切り離されるべき範囲についてはまだ決まっていない。また、中国もアメリカ大統領の信頼性と誠実さへの信頼を失い、譲歩する準備ができていないようです。ワシントンは、米国経済が中国から切り離されるべき範囲についてはまだ決まっていない。また、中国もアメリカ大統領の信頼性と誠実さへの信頼を失い、譲歩する準備ができていないようです。

 6-7 結果とエスカレーションのリスク

予想される紛争の継続、さらにはその潜在的なエスカレーションは、世界の貿易と金融システムの制度的基盤を脅かしています。中国とアメリカの貿易、経済、技術、競合が既に第三者だけでなく、拮抗薬そのものに影響を与え、かなりの経済的被害をもたらしています。

米国と中国によって課された定額の特別関税は、二国間貿易の大幅な削減につながり、場合によっては、それぞれの輸入のコストを大幅に増加させました。輸入業者は、ベトナム、メキシコ、欧州連合などの国の利益のために、代替サプライヤーに切り替えました。ある程度、生産も移転されました。全体として、貿易の供給と販売のリスクは世界中で増加しています。投資家は時間をかけてプレイし、投資はリスクを最小限に抑えるために削減されています。この不確実性は、2019年の経済減速に大きく貢献しています。

中国と米国の両方が、貿易政策を通じてWTOと多国間世界貿易システムに損害を与えています。中国は、非差別と透明性のWTOの基本原則を無視しているため、米国は、中核的な条件の繰り返しの違反を通じて、 WTO条約、特に懲罰的関税を通じて。WTOルールに対する世界の2つの最大の貿易大国の無関心は、多国間システムとしての組織の将来の実行可能性と正当性に影を落とします。憎悪感を催させる見通しは、独断的な政治的権力のおかげで合意、施行、破られる二国間および多国間貿易協定を通じて、WTO貿易枠組みが徐々に切りくずされることです。その種の新しい世界貿易は主要政権の米国と中国の何らかの便益をもたらすでしょうが、その他の全ての国々は傷つけるでしょう、

事実とは言えないかもしれませんが、テクノポリティカルな影響力をめぐる闘いにより、米国は他の中国企業に対して制裁とサプライヤーのボイコットを課し、第三国に同じことを迫る圧力を強める可能性があります。第3国の15企業は、すぐにアメリカまたは中国とビジネスを行うという不快な選択に直面する可能性があります。重要な技術の場合、これは中国と米国の標準とシステムの間で分割された世界を作成します。

 6-8 欧州連合は、ルールに基づく多国間主義のパラダイムを守るべきです。

貿易戦争も金融市場に拡大する可能性があります。2019年8月、米国財務省は、1年を通じて人民元が大幅に切り下げられた後、中国の通貨操作を非難しました。経済成長率が低下したり、景気後退さえ進んだ場合、中国と米国(および他の州)は通貨切り下げを通じて国内経済を刺激しようとする可能性があります。より広い意味で、中国が米国に与える害にもかかわらず、米国のすべての国債(1兆ドル以上)を売却するという脅威はまだあります。それはアメリカの主要な金利を厳しい圧力下に置くでしょう。より具体的なのは北京のは、米ドル(およびユーロ)の国際的な支配に挑戦できるデジタル通貨の導入を計画しています。ワシントンは今度は米国の金融市場から中国の企業を除外し、特定の中国の企業や個人に対して金融制裁を課す方法を模索しています。

 6-9 ヨーロッパの位置付け16

中米紛争の結果、世界貿易と世界的な分業は後退している。生産、収入、革新は世界的に悪化しています。アメリカと中国の貿易慣行と紛争によって引き起こされた福祉の損失は、ドイツとヨーロッパにも直接的および間接的に影響を及ぼします。中国と米国はそれぞれ、欧州連合と欧州の企業がそれぞれ要求する立場をとらない場合、不利益をもたらすと脅しています。

欧州がアメリカや中国と等距離の立場を取ることができないという外交政策や安全保障上の理由があるとしても、EUは貿易紛争における独立した立場を維持し、ルールに基づく多国間主義のパラダイムを守るべきです。アメリカと中国のルールと原則の違反を考慮すると、党派主義はヨーロッパの単一市場の原則(非差別、ルール指向、多国間主義)に反することになります。欧州連合は、第三国に対する貿易政策の信頼性を失うだけです。敵対者間の正直なブローカーとしてのヨーロッパの交渉の立場は、不必要に弱められるでしょう。そして、たとえそれが片側になったとしても、EUは自分の利益が常に2番目に来るジュニアパートナーにすぎません。

リベラルな価値観と多国間主義への志向は、ヨーロッパの経済的利益のための活発な擁護を妨げるものではありません。ブリュッセルは、将来の日米貿易協定が欧州連合に差別的な不利益をもたらさないことを主張しなければなりません。現在行われている米国との二国間協議(貿易と関税に関する協定)および中国との(投資協定に関する)交渉では、欧州連合は適切な譲歩を要求する必要があります。また、中国に対しては、既存の貿易および投資防衛手段を拡大して、ヨーロッパの企業が中国国有企業の活動や過剰な中国の補助金による不利益を被らないようにする必要があります。これに加えて、EUは、志を同じくする貿易パートナー、例えば日本,東南アジア諸国連合(ASEAN)、オーストラリア、メルカドコムデルスル(メルコスール)との協力に投資すべきです。これにより、EUは交渉の重要性を強化し、世界貿易におけるシステミックリスクに対するヘッジを行うことができます。

マティアスシュルツェとダニエル フェルセン

続く

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top