専門家による今後10年間のデジタル改革の予測(ピュー研究所のファクトニュース)

 

はじめに

2001年1月に当時の森喜朗内閣が発表した「e-Japan戦略」である。「我が国が5年以内に世界最先端のIT国家となることを目指す」とぶち上げたものの、同年4月に森首相は退陣してしまう。e-Japan戦略は小泉純一郎内閣へと引き継がれたが、ネットバブル崩壊の余波もあり、徐々に推進力を失っていく。

 その結果、目標にした「世界最先端のIT国家」の実現は夢のまた夢となった。「変化の速度が極めて速い中で、現在の遅れが将来取り返しのつかない競争力格差を生み出すことにつながる」とは、e-Japan戦略の中に記されていた警鐘だが、まさに今、その「取り返しのつかない競争力格差」を目の当たりにしているわけだ。先進国の中でも、我が国のデジタル化での立ち後れは、政府の公的部門にとどまらず、民間部門においてもしかりのようで、お題目だけのデジタルが20年近くも続いており、OESDからも、生産性の向上の指摘がなされて久しいのが哀れな我が国の現状でした。

2020年7月17日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2020」(骨太方針)は、まさに「デジタル一色」に染まった。例えば「感染症対応策の実施を通じて(中略)特に行政分野でのデジタル化・オンライン化の遅れが明らかになった」と述べた上で、「デジタル・ガバメントの構築を、早急に対応が求められる、言わば一丁目一番地の最優先政策課題として位置付ける」とした。このほか企業や社会全体のDX(デジタル変革)の推進やデジタル化推進に向けた規制改革などについても明記した。

骨太方針では省庁や地方自治体のシステムの標準化や相互連携を推進するとあり、新政権の元での、「デジタル庁」構想の実行がスタートしていますが、実現のためには強力な指導力が必要であるのは周知の通りだ。規制改革もしかり。例えば、新型コロナ禍により初診患者にもオンライン診療が認められることになったが、感染収束までの特例措置にすぎない。日本医師会などの慎重論を押し切って恒久化するにも強い指導力が不可欠だ。

 新政権にはそうした強力なリーダーシップを期待したいものです。しかし政治家からは、ITは票にならない」との話が聞こえてくる一方、経営者、労働者からも、デジタル化による人員整理や勤労体制の変革等へ不安感等からの抵抗も大きいことは確かでしょう。

 欧米でデジタル人材を育てるリカレント教育(再教育)への公的支援が広がっている。新型コロナウイルスで世界的に雇用不安が広がるなか、失業リスクが高い産業からニーズが拡大するデジタル分野へ雇用シフトを進められるかがコロナ禍後の成長に直結する。産官学連携が乏しく、再教育で欧米に遅れる日本にとって喫緊の課題だ。 1つ目の焦点であるIT調達予算の一元化は、政府が2020年度予算から既に始めている。背景には、国の行政手続きを原則電子化すると定めた「デジタルファースト法(デジタル手続き法)」と、同法に基づき2024年度中に9割を電子化するための工程表である「デジタル・ガバメント実行計画」がある。

 そのような中で、アメリカのファクトタンクの主要調査機関であるピュー研究所から、「専門家による、今度10年間でのデジタルイノベーションの予測」と題するレポートが、発表されているのでここにご紹介します。大作なので、ここでは概要部分だけにとどめます。

 

 

出典:https://www.pewresearch.org/internet/2020/06/30/experts-predict-more-digital-innovation-by-2030-aimed-at-enhancing-democracy/

2020年6月30日

専門家は2030年までに民主主義の強化を目指してより多くのデジタルイノベーションを予測する

大多数は、次の10年で、民主主義制度と代表での問題を修正することを目的とした重要な改革を期待しています。多くの人は、これが公共の利益にプラスの結果をもたらすと言います; 他の人はあまり確信していません

エミリー・A. VOGELSリー・レイニーJANNAアンダーソン

 

この調査方法;

専門家やアナリストの大部分は、人々のテクノロジーの使用が主に今後10年間の民主主義と民主主義の代表のコアな側面を弱めることを心配しています。しかし、彼らはまた、今から2030年の間に、新たな問題に対処しようとする重要な社会的および市民的イノベーションを予測しています。

この新しいレポートでは、最近のピューリサーチセンターで民主主義について深刻な懸念共有した技術専門家が、今後数年間に発生する可能性のある変更や改革についての見方を検討しています。

 

質問と回答の概要;

全体として、697名の技術革新者、開発者、ビジネスおよびポリシーリーダー、研究者、活動家が次の質問に回答しました。

社会および市民のイノベーションとデジタル時代の新たな困難への影響: 産業革命が社会を席巻したとき、人々は結局、出現した虐待や害を軽減するための措置を講じました。たとえば、職場をより安全にし、子供たちを保護するために新しい法律が制定されました。製品の安全性と有効性に関する基準が作成されました。新しい種類の組織が、労働者(労働組合など)を支援し、都市生活をより意味のあるものにする(たとえば、集落の家、男の子/女の子クラブ)ために生まれました。新しい教育機関が設立された(例:職業学校)。家族の世帯の役割が再構成されました。

今日の「techlash」は、デジタル時代に表面化した問題を明らかにしています。これらの問題や他の問題を緩和するための改革が展開されるかどうか、またどのように展開されるかについて、私たちはあなたの洞察を求めます。

質問

回答者

現在から2030年の間に、重要な社会的および市民的イノベーションが発生しますか?

「社会的および市民的イノベーション」とは、新しいテクノロジーツール、法的保護、社会規範、新しいまたは再構成されたグループやコミュニティ、教育の取り組み、およびデジタル時代の課題に取り組むための他の戦略などの作成を意味します。

84:現在から2030年の間に重要な社会的および市民的イノベーションがあると答え

16%:時間枠内に重要な社会的および市民的イノベーションないと述べています

 

人間によるテクノロジーの使用が重要な社会的および市民的イノベーションをもたらすか防止するかについてのフォローアップの質問に対して

69は、テクノロジーの使用が問題の大幅な軽減に役立つと期待し、

20がテクノロジーの使用が効果的になると予測しました問題の大幅な緩和 を防止し

11が、テクノロジーの使用は社会や市民のイノベーションに影響を与えない可能性が高いと回答しています。

これは、ランダムではないサンプルに基づいた、専門家による非科学的な調査です。結果は、質問に応答した個人の意見のみを表しており、他の人口には投影できません。このキャンバス処理の基礎となる方法論については、ここで詳しく説明します。このレポートの大部分は、これらの専門家の回答を説明する書かれた回答をカバーしています。

 

テーマ毎の回答の概要と2つのコメント

この広範にわたる回答者は、変化するテクノロジーランドスケープと、それが市民の政治的および社会的活動にどのように影響するかについて、3つの幅広いテーマを提示しています。

第1、人々が情報を作成、共有、観察できるデジタルアプリケーションが増えるにつれ、人々とデバイス間の全体的な接続性が高まると予測しています。この傾向は、人々がスマートエージェントやボットを使用して他の人々または他の人々のアバターと対話するときに加速する可能性があります。これらの専門家は、持続的で拡張された人的つながりは、市民としての人々のお互いの関わり方に影響を与え、政策や政治に影響を与えることを目的としたグループを構築するために働く方法に影響を与えると述べています。これにより人々が民主的な制度と対話する方法が変わると主張する人もいます。

次に、ここで対応する専門家は、ウェアラブル、家電、自動車などの接続デバイスの急激な増加を予測しており、人々と環境をさらに深く結び付けることができます。実際、一部の人々は、環境自体が「スマート」になると、接続性の追加の側面が拡大すると信じています。建物、通り、土地の区画、さらには水域でさえ、データを分析システムに送るセンサーが搭載されるようになると信じています。これは、人々が自分自身と環境について持っている知識のレベルに影響を与えます。それは、世界についての証拠に基づく洞察が急増するにつれて、今度は政策変更を推進する可能性があります。

第三に、これらの専門家のほとんどは、人、ガジェット、環境センサーによって生成されたデータの爆発的増加が、いくつかの潜在的な方向での社会的および市民的イノベーションのレベルに影響を与えると考えています。彼らは、増え続けるデータの存在とその収集に関する人々の知識の存在がプライバシーの問題により多くの注意を向け、人々の規範と行動に影響を与える可能性があると主張しています。さらに、データの分析方法により、特にデータ使用の結果が公正で説明可能なものであるかどうかに関連する問題を中心に、アルゴリズムと人工知能システムのパフォーマンスがさらに精査されると言う人もいます。

2つのコメントは、これらの傾向がどのように一致し、社会的および市民的な変化を促すことができるかを示しています。

エリッサマイケルソンメンロカレッジの政治学教授であり、「動員インクルージョン:投票権獲得キャンペーンによる市民権の再定義」の著者である「2030年までに、新しいテクノロジー、日常のアメリカ人によるより多い事実確認とより多くの懐疑論の形でのデジタル時代のネガティブに対する拒絶が高まると予想しています。私がすでに気づいているのは、人々はより冷笑的ですが、オンラインとオフラインの両方でさまざまな形の政治への参加の可能性が高いということです。市民がオンライン情報に精通している必要性に対する認識が高まり、教育者が真実と事実を区別するために必要な重要なツールを生徒に提供する取り組みが増えています。ソーシャルメディア企業は、信頼できない情報や不適切な情報を報告または削除するように強く求められています。若い人はこの方法でオンライン情報を批判的に分析する能力がはるかに高く、高齢者はシステムから取り残されるでしょう。その間、だれもが偽情報に対する反発を支援するために利用できるツールがますます増えています。」

 アレクサンダーB.ハワード、独立した執筆者、デジタルガバナンスの専門家、そしてオープン政府の擁護者は、次のように述べています。「モバイルコンピューティングデバイス、ワイヤレスブロードバンドインターネット接続、プライベートおよびパブリックセクターのソースからのオープンデータ、成熟したジェスチャーおよび音声インターフェースによる情報へのアクセスが改善されることを期待しています。人工知能と個人データによって駆動される仮想アシスタントは、今日の初歩的なチャットボットの子孫とともに、個人の情報ニーズを予測して増大させます。自動化できるものになります。つまり、アクセスと公平性、およびサービスや情報の提供におけるアルゴリズムによる差別のチェックは、データ収集の増加に伴う市民の自由の課題とともに、公民権の問題となります。党派の二極化と増大する経済的不平等は、立法上の大幅な変更によって緩和される可能性がありますが、気候変動によって引き起こされる環境悪化と相まって、自動化の増加による混乱と失業は、近い将来のインバウンド課題の規模に対する改革の実施にプレミアムをもたらします期間。中央政府への企業の影響力は、その発生に重大な課題を提示し続けます。市民の情報エコシステムを汚染するますます洗練された偽情報は、検証された情報源へのより多くの信頼の体系的な開発によって軽減されるかもしれませんが、非合法な政治運動は、独立したメディアと報道の自由の検閲をもたらすだけではない微妙な介入の開発のための困難な条件を作り出します。」しかし、自動化の増加による混乱と失業は、気候変動によって引き起こされる環境悪化と相まって、短期的にはインバウンドの課題の規模に対する改革の制定に重きを置きます。

 

予測の回答の10の改革分野毎の期待されるイノベーションの例 ;

これらの予測を整理すると、このキャンバスに関する専門家の回答全体でいくつかの主要な種類のイノベーションが繰り返されました。以下は、これらの専門家がイノベーションを見ることを期待している、最も一般的に言及されている10の改革分野の3つの表の概要です。このリストは、合意ではなく、この提案で回答者が2030年までに予想する一連の進歩のカタログです。これらのステートメントは、一般に、この調査で見つかったテーマを表しています。多くは、キャンバスに入れられた専門家のいかなる種類の主要な見解も表していない。

表1 : 専門家は、ソーシャルメディア、プライバシーの問題、および誤報に対する闘いにおいて、2030年までに社会的および市民的な革新が見込まれることを期待しています。

エリアと説明

期待されるイノベーションの例

ソーシャルメディア

一部の専門家は、大規模な変化につながる可能性のあるソーシャルプラットフォーム企業やリーダーにとって生じる未来を予測しています。

  • 規制により、ソーシャルメディア企業はユーザーのデータのプライバシーと安全性について責任を負うことになります。
  • 2020年のソーシャルプラットフォーム企業は、分割されるか、消滅します。
  • 監視資本主義とターゲットを絞った広告に依存しない新しいプラットフォームが進化します。
  • ソーシャルメディアでの誠実さと正確さへのより大きな焦点が出現します。
  • 党派的利益に焦点を当てたソーシャルメディアプラットフォームが開発されます。

プライバシー問題

ユーザーのプライバシーをオンラインでより適切に保護するための措置が講じられます。

  • デジタルプライバシーを施行し、虐待者を罰するための規制が施行されます。
  • 公共の規範はオンラインでのプライバシー保護により焦点を当てるように変化し、メディアの科学捜査はプライバシー侵害の追跡に適用されます。
  • スマートコントラクトとプライバシーバイデザインテクノロジーの利用が拡大します。
  • サイバー保険は、サイバー犯罪の犠牲者である人々をカバーするために作成され、プライバシー保護のためのより効果的なテクノロジーツールが存在します。
  • 無料のツールのユーザーは、個人情報がアクセスの代価である状況に直面したときに、自動的に通知され、選択肢が与えられます。
  • プライバシーを保護するために、政府が支援するツールが作成されます。
  • 忘れられる権利は受け入れられます。
  • ターゲットを絞った広告は少なくなります。

誤報

オンラインで出会う情報の正確性に対する懸念が高まっているため、誤った情報を特定して対処するための取り組みが行われています。

  • デジタルリテラシーに焦点を当てたより多くの教育があります。
  • サイトやアプリには、情報を即座に事実確認する方法があります。
  • より大きな社会的圧力は、より多くの正確さと真実を要求します。
  • 社会規範は変化するため、懐疑論は情報検索の出発点となります。

·       人々がオンラインで見つけた情報を事実確認するのに役立つより良いツールがあり、検証者の信頼されたグループが情報の質を評価するために結成されます。

  • 情報を確認するために、より多くの面談が行われます。

表2 : 専門家は、2030年までに政治、社会的つながり、健康、人工知能に社会的および市民的な革新が見込まれることを期待しています

エリアと説明

期待されるイノベーションの例

政治/政府の改革

民主的な活動と政府の政策立案は、より多くの市民の参加を受け入れるようになり、公共の活動が成長するでしょう。

  • オンライン投票システムにより、投票がより簡単になります。新しいオンラインツールにより、市民は自分の意見を政府に直接伝えることができます。
  • 公的資金がどのように費やされ、キャンペーンやロビー活動が行われるかがより明確になります。
  • 関係者が懸念を直接表明できるようになるため、ポリシーの変更はデジタル市民参加によって推進されるようになります。
  • 多国籍フォーラムは、デジタル条約および利害関係者のイニシアチブを通じて、地球規模の問題に取り組みます。
  • 民事訴訟を決定するために、オンライン裁判所システム/仮想陪審が作成されます。
  • 幅広い審議プロセスと公聴会をオンラインプラットフォームで公開できます。
  • 一部のコミュニティは、税金の代わりにボランティア活動を受け入れます。

社会的つながり

多くのイノベーションが人々を結び付け、共通の目的のためにそれらを結びつけるのに役立ちます。

  • 世界中の志を同じくする人々は、原因をより効果的に擁護します。
  • 人々はオンラインの社会的/財政的サポートネットワークを形成します。
  • クラウドファンディング/小額の資金調達は成長し続けます。
  • 地元のコミュニティは、よりアクセスしやすい情報やリソースを通じてオンラインでつながります。
  • 地域のビッグデータは、コミュニティの生活を改善するために使用されます。
  • 仮想コラボレーションはより一般的になります。
  • テクノロジーは利用可能な援助を特定し、それを必要とする人々に提供するよう調整します。
  • オープンソースのソフトウェア、データ、コードが急増し、オンラインリソースと政府のプロセスへのより平等なアクセスを保証するのに役立ちます。

健康的な生活

イノベーションは、身体的および精神的健康に対処します;ヘルスケア部門に大きな変化が生じています。

  • ユーザーはスクリーン時間の監視と制限にさらに重点を置き、全体的なヘルスモニタリングが拡張されます。
  • ハイテクフリーのレジャー/休暇が一般的になります。
  • 健康コミュニケーションが改善されます。
  • 遺伝子編集が主流になります。
  • 個別化された遺伝子ベースの癌治療が作成されます。
  • 医療はますます人権と見なされるようになります。
  • 遠隔医療とオンラインカウンセリングが増加します。
  • 社会規範は、精神疾患のより多くの受け入れと治療へのサポートを生み出します。

人工知能

人工知能(AI)は継続的に改善され、オンラインおよびオフラインで人間の生活を改善するために適用されます。

  • 仮想アシスタントとアバターは、個人の欲求とニーズを予測して対処します。
  • AIは誤った情報を特定して阻止するのに役立ち、誤った情報を作成するために使用されます。主要な戦場はディープフェイクビデオになります。
  • 倫理的なAIが発生します。
  • AIはますます健康問題に対処するために使用されます。
  • AIは、技術プラットフォームを受動的に監視して、操作が行われているかどうかを識別するように構築されます。
  • 統治する人々が利用できる情報の質を向上させます。彼らは政策決定のためにそれに依存するでしょう。

表3 : 専門家は、2030年までに教育、労働、雇用、環境問題において社会的および市民的な革新が見込まれることを期待しています

エリアと説明

期待されるイノベーションの例

教育改革

教育システムは、多くの多層的な社会の変化に対応して進化します。

  • 学校は、科学、技術、工学、数学(STEM)のスキルとSTEAM(「芸術」をSTEMに追加)に焦点を当てます。
  • 人々は、人生の早い時期からデジタルリテラシーを教えられます。
  • オンラインでさらに知識にアクセスできるようになります。
  • レッスンプランは、一人一人のニーズを満たすために個別化されます。
  • 従来の学校の環境ではなく、オンライン/リモートで多くの人々が教育を受けます。
  • リスクのあるグループや疎外されたグループの教育へのアクセスが改善されます。
  • 倫理、思いやり、多様性、道徳的行動は、カリキュラムでより大きな役割を果たすでしょう。

労働と仕事

ビジネス慣行、個人の仕事生活、およびより大きな経済は、2030年までに大幅に変化します。

  • 市場資本主義は変革する
  • 自律型テクノロジーは、より多くの仕事とスキルを引き継ぎます。
  • 労働時間と「労働週」の期待は変化します。
  • 仕事はより専門的になります。
  • 継続して雇用されるためには、労働者は生涯教育を必要とするでしょう。
  • ユニバーサルベーシックインカムが発生します。
  • コモンズベースの経済モデルが出現します。
  • より良いワークライフバランスが可能になります。
  • テクノロジーワーカーとギグエコノミーワーカーは統合し、デジタルツールはワーカーの組織を改善します。
  • 労働者は雇用主に有害な活動の責任を負わせます。
  • 少なくとも一部の取引では、お金が制限または廃止されます。
  • 協力的なビジネスイニシアチブが発生します。これは不平等と仕事の転職を減らすかもしれません。

環境問題

気候変動やその他の環境問題は必然的にイノベーションを刺激するでしょう

  • 気候学は改善するでしょう。
  • 新しいツールは、環境問題、あらゆる形態の環境悪化に対処します。
  • より多くの環境関連の起業家精神と自発性があります。
  • 「グリーンニューディール」が打たれるでしょう。
  • テクノロジーの環境への影響に対する認識が高まり、対処されます。
  • 新しい社会政策や市民政策は、より環境に配慮したものになります。

出典:2019年7月3日〜8月5日に実施された、技術専門家の非科学的調査。N= 697。

「専門家は2030年までに民主主義の強化を目指してより多くのデジタル革新を予測する」ピューリサーチセンターとELON大学によるインターネットセンターの想像、2020

 

専門家の思慮深い回答例 ;

ここでは、民主主義の将来と今後10年間に出現する可能性のある改革についての議論を支配するだろうと彼らが考える問題について、思慮深い専門家の回答をいくつか示します。

MITのCivic Mediaセンターのディレクターであり、Global Voicesの共同創設者であるEthan Zuckerman氏は、次のように述べています。「今後10年間で、さまざまな市民の行動を呼び起こすように意図的に設計された新しいプラットフォームの波が見られることを期待しています。私たちは、断片化と二極化の橋渡しをし、メディア環境に多様性をもたらし、異種グループ間の共通基盤を見つけるのに役立つソーシャルツールの設計に大規模な革新を必要としています。これらを意識した設計目標として、テクノロジーは市民の変革にとって強力な前向きな力になる可能性があります。この課題を真剣に受け止めずに、大衆市場のツールに行き詰まっていると想定すると、テクノロジーツールからの市民の肯定的な結果は得られません。」

Way to Wellvilleのインターネットのパイオニア、ジャーナリスト、起業家、およびエグゼクティブの創設者であるEsther Dysonは次のように書いています。「テクノロジーがそれによって生じる問題の解決に貢献しなければ、私たちは無くなる運命にあります。うまく利用すれば、教育、実生活での人々のつながり(Meetup、あらゆる種類のマッチング/検索プラットフォーム)など、多くの良いことをより幅広く、より安価に行うことができます。しかし、これらのサービスの背後にある動機を認識し、代謝/お金が人間のつながりを圧倒しないことを確認する必要があります。」

Microsoftの主任研究者であるJonathan Grudinは、次のように述べています。「社会や市民の活動は、テクノロジーの使用に応じて変化し続けますが、その軌跡は変わりますか?…密接なコミュニティに対する私たちの基本的な人間の必要性を回復することができますか、それとも私たちはより孤立し、不安になり、操作の影響を受けやすくなりますか?社会的および市民的イノベーションは、社会的コンセンサスを提供し、おそらく増幅または妨害するテクノロジーで、人々によって推進されるでしょう。」

デビッドウェインバーガーハーバード大学バークマンクラインインターネット&社会センターの上級研究員は、次のように述べています。「現在の状況が変わると考える理由は何もありません。テクノロジーは革新的なソリューションを必要とする問題を引き起こし、テクノロジーはそれらのソリューションの一部になります。現在、機械学習(ML)がその一例であり、技術開発のペースを考えると、MLにはさらに10年以上の真剣な革新があります。私たちがかつて(誇らしげに)フリーウィルゾーンであると考えていた領域のパターンを識別するMLの能力は、予測を超えて、望ましくない制御の源であり、バイアスの隠れた影響を検出し、より公平なシステムを設計するためのツールです。たとえば、現時点では、MLが既存のバイアスを増幅するのを防ぐことに焦点を当てています。しかし、これらのバイアスを回避するために結果を測定および調整するためのツールにもなります。(MLの結果に対する警戒を緩めることができるとは思いません。)」

これらの専門家はまた、民主主義と民主主義の代表に関連するこれらの分野で2030年までに起こると思われる変化と革新の程度についてコメントするよう求められました:

  1. 大手テクノロジー企業の力を調整する
  2. アルゴリズムの使用における倫理的進歩につながる
  3. ニュースメディアの経済的安定を改善する
  4. 民主的な制度への信頼を高める
  5. 有益な自己表現、つながり、事実に基づく情報が支配的なソーシャルメディアプラットフォームを確立する
  6. 主要な政策問題の解決の進展につながる政治活動を可能にする
  7. 個人のプライバシーと公共の安全との間の許容できるバランスを確立する
  8. 技術的混乱に関連する労働者の脆弱性を減らす
  9. 体の健康を改善する
  10. デジタルライフに関連する精神的および感情的な健康問題を緩和します。

民主主義生活のこれらの側面のそれぞれについてのこのキャンバスでの専門家の自由回答は、レポートの残りの部分のテキストに織り込まれています。多くの場合、これらの専門家の回答は、1つの拡張応答でいくつかの問題に対処します。たとえば、ジャーナリズムの将来についての予測とともに、人々の肉体的幸福を改善する革新についての予測について話します。継続性と一貫性のために、これらの複数の被験者からの応答の多くを、複数のトピックに分散するのではなく、レポートの単一のセクションにグループ化しました。主要な専門家の回答のいくつかには、この包括的な掃討がありました。

Doc Searls、インターネットジャーナルの先駆者でかつ元Linux Journalの編集長は、インターネットがさらに分割され、ビジネスモデルが変化すると予測し、次のように書いている。「ソーシャルメディアやその主要プラットフォームが続くことを期待しないでください。彼らのビジネスモデル–追跡ベースの広告–は道徳的に腐敗しており、広告主にとっても広告のターゲット集団にとっても実際にはあまり機能しません。仲介業者への支払いだけがベストです。監視に基づくロボットアルゴリズム駆動の行動ターゲティングよりもはるかに優れた需要と供給を結び付ける方法を見つけます。最もポジティブな変化は、顧客と企業をつなぐための新しい技術的手段が導入され、新しいチャネル全体でより良いシグナリングが行われるようになると、市場にもたらされます。最もポジティブでない変化は政治と統治であり、しかし、それはそれらがデジタル条件下でよりゆっくりと改善するからです。ニュースに関しては、昔ながらの印刷および放送ベースのシステムがストリーミング、ポッドキャスティング、そしてネット上で他に何を知っているかによって置き換えられるので、まったく新しい機関が出現する可能性があります。変わらないのは、ゴシップへの人々の傾向、ゴシップによって引き起こされる部族主義、および誰かが誰かに何かを、間違って含むことを知らせる能力です。ニュースが偽造を歪めない唯一の場所は、自然界の地域です。これが、デジタルとフィジカルが最もよくつながる場所です。また、インターネットがバラバラになり、米国、ヨーロッパ、中国がさまざまな価値体系やネットワークに対するガバナンスアプローチとそれらで実行されるものによってますます孤立するようになることも予想されます。」

ロバート・エプスタインアメリカ行動研究技術研究所の上級研究心理学者は、次のように述べています。「大手テクノロジー企業は、いわば自社のデバイスに任せられており、世界中の社会にすでにマイナスの影響を与えています。現在、これらの企業がもたらす3つの大きな脅威、積極的な監視、コンテンツの恣意的な抑制(検閲の問題)、思考、行動、投票、購入、態度、信念の微妙な操作は、世界中でチェックされておらず、かつての仲間のグーグルとフェイスブックさえもが、そのような企業が民主主義を弱体化させ、「心を乗っ取る」ことについて警告している。私がテクノロジーについて長期的に楽観視している理由は、大手テクノロジー企業がオンラインで人々に見せているものを受動的に監視する2つのシステムの構築と展開に成功したからです。そして私は2020年にはるかに大きなシステムを構築し、最終的にはそのようなシステムの世界的な生態系を構築する上で他の人を支援することを期待しています。また、最終的にオンライン操作を特定できるスマートアルゴリズムも開発しています。偏った検索結果、偏った検索候補、偏ったニュースフィード、プラットフォームで生成されたターゲットメッセージ、プラットフォームで設計されたバイラリティ、シャドウバニング、メール抑制など–リアルタイム。技術は急速に進化し、法律や規制で管理できませんが、監視システム技術であり、GoogleやFacebookなどの企業の破壊的で危険な力を継続的に削減するために使用できます。モニタリングシステムに関するセミナーペーパー「Taming Big Tech」は、https//is.gd/K4caTWでご覧いただけます。」

ダナ・ボイドData&Societyの創設者であるMicrosoft Researchの主任研究員は、次のように書いています。「テクノロジーは、社会のイノベーションについて思慮深い人々によって使用されますが、実際には推進力とはなりません。社会イノベーションの機会について話すときは、文化的に文脈化する必要があります。私は米国から始めます。米国のテクノロジーは、収益性が目標ではない米国の後期(または金融)資本主義に追い込まれています。永続的な投資収益率です。これを踏まえると、企業が開発していると見られるツールは、資本主義的なアジェンダを強化します。イノベーションには、米国で機能する社会的利益と市民のイノベーションを実現するために、この資本主義インフラストラクチャを押し進める必要があります。中国はまったく別のワックスの球です。あなたがそこに行きたいなら、私と一緒にフォローアップしてください。淘宝網センター。まだひどいピークには達していません。私は社会的および市民的イノベーションが長期的には有益である可能性があると確信しています(ただし、気候変動のダイナミクスがそのすべてを台無しにする可能性があると私は思います)。 2030年までに大きなプラスの変化。物事が良くなる前に、事態はさらに悪化すると思います。多くのプレイヤーが何が展開されるかについて責任を負っているとは思わないことにも注意する必要があります。はい、ハイテク企業は事態が問題になる可能性があることに気づき始めていますが、それは表面的なものです。ニュースメディアは、不和を増幅する上でのその役割(またはその財務ダイナミクス)をまったく認めていません。この経済の主要な投資家は、何が展開されるかについて責任を負いません。

バリー・チュダコフSertain Researchの校長は、次のように述べています。「私たちは、注目すべき社会的および市民的な実験の真っ只中にいます。デバイスによる民主主義です。モノのインターネットに接続されたデバイスの合計インストールベースは、2025年までに世界中で754.4億に達すると予測されています。当社のデバイスは、ユビキタスなデータのベクトルです。私たちの社会および市民の革新は追いついていません。「Techlash」は実現のうめき声です。データが私たちの日常生活の中でますます重要な役割を担っているため、命令が浮かび上がってきます。これらの中で最も重要なのは事実です。データの合計は、原子時計のようになります。共同時計を設置しました。社会的および市民的イノベーションの成功は、データ主導型で依存型になります。徹底的な透明性を示すツールにより、民主主義は、広範なデバイスの使用によって引き起こされるミーム戦争や情報戦争を乗り越えることができます。新しいグループとシステムが必要に応じて出現します(レイ・ダリオの言葉で)過激な透明性に依存する過激な真実性。私たちは皆、情報がどのように提示されているか、誰がそれを提示しているか、そしてそれが真実であるか誤っているかを確信している必要があります。この透明性と、ほのめかし、非難、中傷にまつわる真実への取り組みにより、民主主義は存続します。今後10年間の社会および市民のイノベーションに対するテクノロジーの最大の貢献は、倫理的な人工知能とデータプロトコルを維持しながら、正確でユーザーフレンドリーなコンテキストと問題、問題、および潜在的なソリューションの正直な評価を提供することです。気候変動、社会的移動、汚染、移民、資源問題のさらなる加速に直面しています。私たちの問題は複雑なものから邪悪なものへと変化しました。私たちは、説得力があり、関連性があり、事実に忠実である明確な回答と議論が必要です。テクノロジーは、ターゲットを定めたカオスを可能にする、つまり、テクノロジーを難読化および操作する手段として使用するためのプラットフォームになることを防ぐ必要があります。私たちは皆、シムシティに住んでいます。デジタルの世界は、現実の各側面のシム、つまりデジタルミラーを示しています。2030年までに私が期待する最も成功した社会的および市民的イノベーションは、新しく出現するミラーデジタルの世界に基づく教育システムの大規模な再構築です。次に、情報プレゼンテーションを拡張して、デジタルプレゼンテーションが物理的現実に忠実かつ正確に一致することを保証する検証可能な事実を含める必要があります。…医学が流血やヒル、ロボトミーから開胸手術や義肢に至るように、テクノロジーが中心的な問題に関する情報の流れを現代化し始めます。緊急の必要性、将来の影響、正確な評価。テクノロジーは、人類を非難の幻想から集中的な注意と実用的な解決策に移行するために重要な役割を果たすことができます。」

私たちは注目すべき社会的および市民的実験の真っ只中にいます;デバイスによる民主主義です。バリー・チュダコフ

ジェニファー・ジャラットLeading Futurists LLCの共同校長は、次のように述べています。「新しいソーシャルテクノロジーの開発は、社会の変化を引き起こします。2030年までに、人々に新しい方法で影響を与えることができるようにするために、これまでにないデータが手に入ります。アイテムのランク付けを求められるセクションで行われている仮定に同意しません。社会や人々は、より理想主義的になることも、「良い結果」をサポートすることもありませんが、自分たちの生活に利益をもたらすと思われる場合は、変化に対応します。そして、新しいテクノロジーが登場すると、新しい犯罪や犯罪者が生まれます。複雑な社会を統治する日常のビジネスを管理することで、はるかに効率的になると思います。少なくとも理論的には、デジタル時代に対応する新しいモデルで社会を再構築する意欲が高まる可能性があります。

ストウ・ボイド、技術の進化と仕事の将来について未来の専門家に相談すると、「技術の変化は加速剤であり、ガソリンを火に注ぐなどの社会的問題に対処します。制御されていない超資本主義社会では、過去30年間のテクノロジーの爆発は、不平等を拡大し、富を集中させ、より大きな社会的分裂をもたらしました。そしてそれは人工知能の台頭とともに加速しており、それはグローバリゼーションのように西側の産業経済を不安定にしている一方で、明らかに何億もの他の場所を貧困から救っています。そして、この一連の力の沸騰する排気ガスは、地球を気候災害に押しやっています。世界は、ペストの場合と同様に、数億人の気候難民にとって準備ができていません。しかしながら、ソーシャルメディアのいくつかのバリアントは、狂気(私が人間の春と呼んでいます)を止めるための世界的な動きの台頭をもたらす可能性があります。これは、伝統的な政治よりも占領や黄色いベストに似ています。私は、ゼネスト、政治的行動、抗議、そして広範囲にわたる経済の混乱を特徴とする草の根運動が西側の経済的および政治的システムに直面することを期待しています。若い世代が主導し、最終的にはこれにより、ユニバーサルヘルスケア、直接民主主義、個人の新たな一連の権利、企業や政党の力に対する大規模な一連のチェックなどの大規模な政治改革がもたらされます。たとえば、政治キャンペーンへの企業の貢献を排除し、独占に対抗し、炭素などの経済的外部性を効果的に説明します。」

ベス・ノベックNYUのガバナンスラボとオープニングガバナンスに関するマッカーサー財団研究ネットワークの責任者は、次のように述べています。「新しいテクノロジーが将来の仕事に与える影響、特に労働者の移動とその結果としての賃金の低下については、かなりの理由で心配しています。自動化の分野では、労働条件を改善し、作業をより安全でより人道的にするための新技術の使用にも期待できる進歩があります。場合によっては、ロボット工学などの新しいテクノロジーにより、繰り返しの多い退屈な組立ラインのタスクが不要になります。場合によっては、自動化は、労働者の健康を危険にさらす危険な作業の実行に役立ちます。場合によっては、人工知能技術により、労働者を彼らに最も適した新しい教育および雇用機会に適合させることが可能になり、労働者が仕事を見つけやすくなります。ある場合には、機械学習ツールは、職場の状態を監視して労働者の安全性を向上させることができます。ただし、これらのプラスのメリットは、単に人件費を削減するための新しいテクノロジーの使用ではなく、そのようなツールへの投資と使用を奨励する適切なポリシーなしではほとんど実現されません。未来は確かではありませんが、可能性はそこにあります。…また、職場の状態と労働者の安全を改善するための新しい種類のツールを使用した実験の増殖も見られます。私がそれほど楽観的ではないのは、大規模なハイテク企業の力を上げたり、政治的および経済的制度における資本の役割を覆したりするための土木および社会的技術自体の力についてです。不平等に対処するためには、広範囲にわたる立法および政策措置が必要だと思います。不平等の原因はテクノロジーでは解決されません。」

エレクトロニックフロンティア基金の元会長であるインターネットのパイオニアで未来派で活動家のブラッドテンプルトンは、次のように書いています。「革新がないと想像すると、非常に厳しい見方になるでしょう。それで十分かどうかという問題が残っています。最大の障壁は、法的および民主的な制度が意図的に変化に抵抗し、改善がそれらの外側にしか及ばないようにすることです。現在、これらの問題に対する認識が高まっているため、相当な努力が期待されます。取り組みは、イノベーションがより人気のあるプライベートエリアでより成功するでしょう。通常、成功については楽観的です。その楽観主義に対抗するために、これらの分野のいくつかでは成功に向けて積極的に戦っている当事者がいるので、勝つ可能性だけでなく、誰が勝つかという問題です。」

GenderAvengerの創設者であり、政治戦略家であるGina Glantz氏は、次のように述べています。「通路の両側で小額の資金調達が急増するのを見ることは、ジャーナリズム、特に地元のジャーナリズムにとって有望なモデルになる可能性があります。ガーディアンとウィキペディアは、国民の熱意と支持を生み出すことが可能であることを示しました。ユニバーサルヘルスケアが存在する世界では、さまざまなツールを使用して個人の健康を改善する技術を開発する能力は確かに可能性があります。」

 

以上

 

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top