誰もがCovid-19に失敗しました(アメリカでなぜ?)

はじめに;

年が明けて早々の一月五日、米議会の上院のジョージア州の二名の上院議員の決選投票が行なわれ、その結果が判明する6日には選挙人の投票の最終確認による大統領選挙の勝利者の認可が行なわれようとしていた矢先に、とんでもない事件が発生しました。

 ドナルド.トランプは先月から彼の支持者にワシントンDCで「野蛮」なプロテストに参加するよう呼びかけていました。議会は、今日ジョー.バイデンの勝利を認可する為のプロセスを開始したが、その約一時間後、論議中にトランプ支持者の暴徒は議事堂を侵入する反乱を起こしたのです。議会は安全性のため、ロックダウンされていたものの、トランプの支持者らは違法に議事堂を包囲し、窓ガラスを破り、内側に侵入し、上院及び下院議会を占領した。議会メンバーの一部は暴徒らが包囲した時には避難せず、ソファーの後部に隠れていた。選挙の結果を転覆するための執拗で異常な試みは彼の支持者を使った反乱にまで発展したことは前代未聞の脅威的な事件である。昨夜のジョージア州の選挙結果の報告は完了していない中で、そのニュースは数時間、完全に忘れられてた。しかし、東部時間午後4時半頃、上院議会の二つの議席は民主党の二人が勝利したことが明らかになりました。

 両議員合同の認可の議事進行を司ったペンス副大統領は、粛々と役割をおさめ、議会は昨夜東部時間8時過ぎから7日早朝まで論議と投票を行い、選挙人数306を獲得した次期大統領ジョー.バイデンの勝利を公式に認可した。アリゾナとペンシルベニアの選挙に異議を唱えた議員らが複数いた為、両院はそれぞれ二回論議を行い、二回投票を行った。議会メンバーは深夜から早朝まで長時間働き、認可プロセスを完了させた。反乱での死者は合計5人であり、今朝までに80人以上が逮捕されたと報告されている。この暴徒の中には、11月に選出されたばかりのウェスト.バージニア州の議員が含まれていたことが判明している。専門家や議員らは、親トランプ暴徒の6日の行為は重大な犯罪である国内テロであると見ており、それを扇動したトランプを今すぐ辞職させるべきであると主張し、憲政史上初の任期内での二度目の弾劾裁判をおこなうことが決定しました。

 

その間、TwitterFacebook、InstagramSnapchat先週ドナルドトランプ大統領のアカウントを以下の通りロックしたため、最初のアメリカのソーシャルメディア大統領職は終了しました。

 

参考:Twitter株式会社の声明文

 Twitterの株式会社

2021年1月8日金曜日 

@realDonaldTrumpアカウントからの最近のツイートとその周辺のコンテキスト、特にTwitterでの受信と解釈の方法を綿密に確認した後、暴力をさらに扇動するリスクがあるため、アカウントを完全に停止しました。 

今週の恐ろしい出来事の文脈で、私たちは水曜日に、Twitterルールへの追加の違反がまさにこの一連の行動につながる可能性があることを明らかにしました。私たちの公益の枠組みは、国民が選出された役人や世界の指導者から直接意見を聞くことができるようにするために存在します。それは、人々が公然と説明する力を保持する権利を持っているという原則に基づいています。 

ただし、過去数年前に、これらのアカウントが完全にルールを超えているわけではなく、Twitterを使用して暴力を扇動することはできないことを明らかにしました。私たちは、ポリシーとその施行について引き続き透明性を保ちます。 

以下は、この場合のポリシー施行アプローチの包括的な分析です。

概要

2021年1月8日、ドナルドJ.トランプ大統領はツイートしました。

「私に投票した7500万人の偉大なアメリカの愛国者、AMERICA FIRST、そしてMAKE AMERICA GREAT AGAINは、長い将来にわたって巨大な声を上げるでしょう。いかなる形、形、形態においても、軽視されたり、不当に扱われたりすることはありません!!!

その後まもなく、大統領はツイートした。

「質問してくれたすべての人に、私は120日の就任式に行くつもりはありません。」

米国で進行中の緊張と、2021年1月6日に国会議事堂を激しく襲撃した人々に関する世界的な会話の増加により、これら2つのツイートは、米国でのより広範なイベントの文脈で読む必要があります。大統領の発言が、暴力を扇動することを含め、さまざまな聴衆によって動員されることができる方法、および最近の数週間のこのアカウントからの行動のパターンの文脈で。これらのツイートの文言を暴力の栄光に関するポリシーに照らして評価した結果、これらのツイートは暴力の栄光に関するポリシーに違反していると判断し、ユーザー@realDonaldTrumpは直ちにサービスを完全に停止する必要があります。

評価

私たちは、暴力の美化ポリシーの下で上記の2つのツイートを評価しました。これは、他の人に暴力行為を再現するように促す可能性のある暴力の美化を防ぐことを目的としており、発生した犯罪行為を再現するよう人々を励まし、刺激する可能性が高いと判断しました。 2021年1月6日に米国議会議事堂で。

この決定は、次のような多くの要因に基づいています。

  • 彼は就任に出席しないことを社長トランプのステートメントは、選挙は正当ではなかったことをさらに確認するように彼の支持者の数によって受信されていると、彼は彼の前の請求が2件のツイート(介して行わ否認として見られている12、彼の副による)スタッフのチーフ、ダン・スカヴィーノは、1月20日に「秩序ある移行」があるだろうと述べました。
  • 2番目のツイートは、就任式が出席しないため、「安全な」ターゲットになるという暴力行為を検討している可能性のある人々への励ましとしても役立つ可能性があります。 
  • 彼の支持者の何人かを説明するために「アメリカの愛国者」という言葉を使用することも、米国議会議事堂で暴力行為を行っている人々を支持していると解釈されています。
  • 彼の支持者たちが「ずっと未来の巨大な声」を持っていること、そして「彼らはいかなる形、形、形であれ、軽蔑されたり不当に扱われたりすることはありません!!!」という言及。トランプ大統領が「秩序ある移行」を促進することを計画しておらず、代わりに彼が選挙に勝ったと信じる人々を支援し、権限を与え、そして保護し続けることを計画していることのさらなる兆候として解釈されています。 
  • 将来の武力抗議の計画は、2021年1月17日に提案された米国議会議事堂と州議会議事堂への二次攻撃を含め、Twitterの内外ですでに広まり始めています。 

そのため、上記の2つのツイートは、2021年1月6日に発生した暴力行為を再現するように他の人を刺激する可能性があり、そうすることを奨励するものとして受け取られ、理解されていることを示す複数の指標があると判断します。

Twitter Inc.

さて、今回の投稿のメインテーマである:「誰もがCovid-19に失敗しました」は、世界の民主主義国家の代表国家とも言われるアメリカが、このたびのコロナウイルスでの流行での最大の犠牲国家になってしまった理由についての記事のご紹介です。上記で述べた特異な米国大統領を演じ、国民の約半数の支持者を得ながら、二期目で敗戦に追い込まれたトランプ大統領の特異さと、大統領制度の独裁化の可能性、グローバリズムや民主主義等の機能不全や地球環境問題等が、世界の覇権国家の盛衰の大きな流れの中でうごめいているような気がしてなりません。

 

 主題:誰もがCovid-19失敗しました(アメリカでなぜ?)

 

出典: https://www.vox.com/future-perfect/22176191/covid-19-coronavirus-pandemic-democrats-republicans-trump

 

米国のコロナウイルスの流行は、トランプや共和党の失敗だけでなく、アメリカの失敗です。

ドイツ・ロペス@germanrlopez german.lopez@vox.comを 更新しました    2021年1月2日午前10時58分EST

アメリカのCovid-19流行は本当に全国的なものです。すべての地域でコロナウイルスの症例と死亡が多すぎて、過去2か月間、少なくともしばらくの間、50州すべてとワシントンDCで症例が増加しています。

6月には、わずか3つの州で、10万人あたり12人を超える新しいコロナウイルスの症例が毎日報告されました。今日、ハワイを除くすべての州がそのしきい値を超えています。その一部は検査能力の向上によるものですが、先月全国で過去最高に達した入院と死亡の増加は、これが年のはじめに発見されなかったかもしれない病気の人々の単なる「発覚流行」ではなくて、全米でのCovid-19の波の上昇を示しています。

 

では、アメリカはどうやってここに来たのですか?

主な答えは、ドナルド・トランプ大統領と議会の共和党指導者にあります。彼らは、発生に対処すること、あるいはその深刻さを認めることにおける連邦政府の役割を集合的に放棄しました。Covid-19に関するトランプの国境を越えた否定論者のメッセージから、議会がより広範な経済的救済を通過できないことまで、アメリカという国は、それらのどれもコロナウイルスに対処するためのリソースを持っていない州、地方自治体、および一般市民が自力で身を守る必要がある場所にとり残されてしまっていました。

トランプと彼の同僚達は、積極的に働き、現在彼ら自身で取り残されている州や他の人々にガイダンスを提供する機関である疾病管理予防センターの能力の邪魔をするよう行動することにまで至ってもいたのです。

同時に、国家と国民の行動能力を妨げる深刻な構造的問題があります。専門家は長い間、米国の公衆衛生インフラストラクチャはリソースが不足しており、深刻な危機への準備が整っていないと主張してきました:パンデミックに突入して1年近く、ほとんどの専門家達が必要と考えた、検査と接触経路のフォローに為の能力をどの州も有していませんでした。

そして、経済的救済の欠如は、コロナウイルスの蔓延を緩和するか、住宅ローンやその他の請求書を支払わないという決定に直面して、人々が家に留まり、事業主が閉鎖することをはるかに困難にしました。

「パンデミック全体を通して、アメリカの問題は50人の知事の失敗であるという議論を受け入れたことはありません」とブラウン大学公衆衛生学部長のAshishJhaは私に語った。「それはおそらく正しい答えではありません。正しい答えは、より良い知事が必要なことではありません。正しい答えは、異なる構造とより良い連邦政府が必要だということです。」

それでも、ジャは「知事達を完全に放免したくはありません。」と認めた。特に経済の弱体化が予算を縮小したため、彼らはできることを制限されてきました。しかし、時間の経過とともに、パンデミックの周りの疲労が始まると、知事はコロナウイルスに対して積極的でなくなり、反応性が高まりました。そして、公衆衛生上の懸念よりも短期的な経済的利益をますます押し上げました。

専門家が結果が悲惨なものになる可能性があると警告したとしても、夏から秋にかけて、国全体が学校、屋内ダイニング、バー、その他の危険な屋内スペースを再開したことは明らかでした。今、私たちはその結果を見ています。

これには、民主党が主導する州と共和党が主導する州が含まれます。

  • カリフォルニア州では、民主党のギャビン・ニューサム知事が春に州を早期に閉鎖し、ニューヨークで見られたような急増を回避したことで賞賛得ました。しかし、ここ数ヶ月、州が1日に数万件のCovid-19症例を報告した後でのみ、彼は閉鎖を推し進めました。
  • ニューヨークでは、民主党のアンドリュー・クオモ知事、州を封鎖し、テストを積み上げ、必要な限り物事を閉鎖したままにすることを誓ったとき、巨大な春の急増への対応で賞賛されました。しかし、夏と秋に、彼は州をより積極的に開放し始めました—関係する危険についての専門家の警告にもかかわらず、ニューヨーク市で屋内ダイニングを再開しました。事件が急増し後、ニューヨーク市が再び屋内ダイニングを閉鎖したため、失敗は今や明らかです。
  • オハイオ州では、共和党のマイク・デウィン知事が当初、Covid-19に対して積極的な措置を講じた数少ない政党の一人として際立っていました。これは、専門家への冗談として広く見られている夜間外出禁止令で進行中の急増に対応するためだけでした。(コロナウイルスは、人から人へと広がるために夜間の時間を維持していません。)

これは州の過ちのほんの一例です。カリフォルニア大学サンフランシスコ校の疫学者であるカーステンビビンズドミンゴは、「州全体でこれをうまく行っていないというさまざまなバージョンがありました」と私に語った。

国民も楽になりました。米国は、世論調査に基づいて、一般的にマスキングが上手くなりましたが、社会的および物理的な距離も春よりもはるかに悪くなっています。再開したレストラン、バー、その他の危険な屋内エリアをひいきにしました。公衆衛生当局や専門家が私たちがそうしないと嘆願したとしても、私たちは労働者の日、ハロウィーン、感謝祭の間に友人や家族と集まりました。

その結果、米国は現在、世界でCovid-19で最悪のパフォーマンスを示しています。ヨーロッパや他の場所での最近の急増(主に同様の失敗の結果)にもかかわらずアメリカは先進国の一人当たりのコロナウイルスによる死亡のほとんどで上位20%以内にとどまり、死亡率は先進国の中央値の2倍以上です。米国がカナダと同じCovid-19死亡率を管理した場合、19万人近くのアメリカ人が今日生きている可能性があります。

これらの数字の背後にある物語は、主にトランプと連邦政府の多くが作成したものにありますが、それは米国の他の地域にもあります。大統領から知事、市長、そして一般市民に至るまで、アメリカはCovid-19に失敗しました。そして、それらの過ちから学ぶことによってのみ、二度と起こらないようにすることができます。

 

すべての州がCovid-19で極めて悪い結果を出しています

パンデミックの初めから、私は各州のCovid-19の発生に関するさまざま指標を追跡してきました。まとめると、これらの指標(1人あたりの毎日の新しい症例、感染率、および検査陽性率)は、州がその流行をどれだけうまく制御しているかの感覚を提供します。

現在のところ、うまくいっている州はありません。過去数週間、州ごとのトラッカーで3つのベンチマークすべてを満たした州は1つもありません。実際、過去数週間のほとんどの間、3つのベンチマークのうち2つさえ満たした州は1つもありません。

一人当たりのケースのマップには、以前はさまざまな色がありましたが、現在はほぼすべて紫色になっています。コロナウイルスはすべての州を圧倒しました。最高のパフォーマンスを示しているハワイとバーモントでさえ、流行が制御不能に広がっていることを示唆するケースレベルを持っています。

Covid-19の入院と死亡も、現在、全国で1か月以上着実に増加しています。症例の増加は、より多くの検査の結果だけではありません。コロナウイルスの結果として、より多くの人々が本当に病気になり、死にかけています。米国は、減速の兆候なしに、毎日、9.11攻撃のそれに匹敵する毎日のCovid-19死者数に急速に近づいています.

これは予防可能で予測可能でした。問題の一部は、米国がコロナウイルスを真に抑制したことがないことです。「最良の州でさえ、ケースが本当に低いポイントにまで下がったことは一度もありません」とビビンズ-ドミンゴは言いました。そのため、世間や政府が緩和した瞬間に新しいホストに広がるのを待って、常に多くのウイルスが存在していました。

対照的に、オーストラリア、日本、韓国、ベトナムなど、Covid-19に対してより良い結果を出した国々は、カナダとドイツも、ある時点でウイルスを抑制しました。したがって、ケースの増加が見られたとき、それははるかに管理しやすい増加でした。

そのため、州が今年のある時点ですべての州と同じくらい早く再開するのは非常に危険でした。州とその近隣諸国が、低ケース、広範なマスキング、およびスケールアップされたシステムを通じてコロナウイルスを実際に制御できるようになる前です。テストとコンタクトトレース。再開すると、人々が個人的な集まり、パーティー、レストラン、バーに戻ったときに、コロナウイルスがすぐに制御不能に広がる可能性のある環境が生まれました。

現在、州は別の危機に直面しています。感謝祭、クリスマス、大晦日を中心とした休日の集まりや、寒さのために国の多くの地域で野外活動が非常に困難になっているため、公衆衛生の専門家は、秋と冬に症例が増えると常に予想していました。 。しかし、感謝祭が始まるまでに州はすでに利益を浪費していたため、秋の急増は急増に加えて急増し、春の最初の発生時に設定された記録を打ち砕きました。

 

これは本当に全国的なものであり、州を惜しまない。地理的な利点を利用して他の州からの旅行を制限するためのより強力な措置を講じることができるハワイは、苦しみが少なくなっていると言えます。しかし、それでも平均して1日10万人あたり8例をはるかに超えており、専門家がコロナウイルスを制御している兆候として信頼している1日10万人あたり約4例のしきい値の2倍以上です。米国で最高のものはまだかなり悪いです。

 

トランプと議会の失敗は主に非難すべきです

米国での失敗が全国的な場合、問題は共通の変数に根ざしている可能性があります。それは、全国の指導者の行動に影響を与える体系的な要因です。

特に感染症の場合、国のある地域で大きな失敗が発生すると、通常、他の地域にある程度の広がりが生じます。社会的、法的、政治的問題が関係しているため、州間の旅行を制限することは、不可能ではないにしても、非常に困難です。それが連邦戦略をすべての州にとって非常に重要にした理由ですが、そのような連邦計画は実現せず、パンデミックが進行するにつれて、トランプ政権と議会は実際に州、郡、市への援助の提供をやめました。

問題のリストの一番上にあるのは、12月下旬まで2回目の経済救済法案を可決しなかったことです。民主党は議会で大規模な法案を要求し、下院で複数の法案を可決しました。しかし、トランプ氏は、法案は上院で最高裁判所の候補者を獲得するよりも優先順位が低いことを明らかにした。また、上院の多数派リーダーであるミッチ・マコーネルは、財政上の理由と雇用主の法的保護を推進するための広範な刺激策に絶えず抵抗し、職場でのCovid-19感染の法的責任を負わないようにしました。

その間、議会が春に可決した経済救済措置は減少した。米国の弱い社会的セーフティネットのおかげで、経済の弱体化のために職を失うか、ウイルスの拡散を避けるために家にいるときに収入をあきらめるように求められるため、人々はほとんどまたはまったく安心できませんでした。

これは明らかに人々の経済的安心を傷つけます。しかし、それはまた、Covid-19を制御下に置くために正しいことを実際に行うことをはるかに難しくします。あなたがバーの所有者であるならば、それがあなたがそれを補うために何もせずにあなたの収入源を失うことを意味するならば、あなたはあなたのビジネスを閉鎖することに対してはるかに抵抗するでしょう。同じことが、そのバーの従業員や、家にいて、彼らが働く同じ危険な屋内スペースを避けるように言われている他のビジネスにも当てはまります。彼らの多くは、単にそれをする余裕がありません。

議会は今、2番目の救済法案を可決しました。しかし、それは間違いなく少なすぎて遅すぎます。秋と冬のCovid-19の急増はすでに完全に有効であり、人々は数か月間財政的に苦しんでおり、措置が制定された後でも利益が人々に展開されるまでに数週間かかる可能性があります。国の援助はまだほとんど存在せず、パッケージのサイズはまだ小さすぎます。

トランプはまた、過去数か月にわたって、Covid-19の否認論の拡声器として意図的に行動してきました。その結果、トランプを信じる国の大部分は、地元や州の指導者がコロナウイルスをそれほど真剣に受け止めるべきではないと主張して、彼のすべての言葉に固執しました。

問題は真っ赤な州に限定されません。一つには、テキサスフロリダ、または他のどのよりもカリフォルニアでトランプに投票した人の数が多く、これらの支持者は明らかに、地方公務員に厳しい制限から撤退させるのに十分な声を上げています。特に極端なケースでは、オレンジカウンティの最高保健責任者は、マスク着用の命令に取り組み、殺害の脅迫を含む国民の反発に直面した後、辞任した。

これは、Covid-19に対処することに単にうんざりしていて、パンデミックが長引くにつれて社会的距離のような予防策を緩和した大衆の大部分の上にあります。

「私たちはしばしば、リーダーが正しいと思うことに基づいて物事を決定すると思います」と、ジャは知事との彼自身の議論に言及して言いました。「しかし、彼らが行動する必要のある政治的余地はあります。」

彼の否定論に加えて、トランプは、より良い指導とリーダーシップを提供することができたかもしれない連邦政府の人々を諭しました。これは特に、流行が急速に悪化したにもかかわらず、数か月間独自の記者会見を開催しなかった米国疾病予防管理センターに当てはまります。CDCのような機関が注意深いガイダンスを提供しようとしたとき、トランプ、マイクペンス副大統領、および他の行政当局者はしばしば邪魔をしました—Covid-19が本当の問題でありそしてそれを示唆していると読むことができるものを止める努力大統領はそれを止めるのに十分なことをしていません。

トランプはまた、多くのCovid-19の取り組みから連邦政府を引き離しました。4月、ホワイトハウス、コロナウイルス検査の構築における連邦政府の役割を効果的に放棄する「青写真」を発表しました。代わりに、連邦政府は単に「最後の供給者」として機能するため、地方、州、および民間の組織が責任を負うべきであると主張しました。リゾート。” 実際には、これにより、州はテストのために限られた数の供給品を求めて戦うことになりましたが、サプライチェーンに沿ったチョークポイントを修正するのに十分なほど近くに誰もいなかったため、そもそも不足につながりました。テストの承認プロセスと戦略には最初から欠陥あり、理想的とは言えませ

他の構造上の問題はトランプに先行しました。2019年に、ジョンズホプキンスセンターフォーヘルスセキュリティアンドニュークリアスレットイニシアチブによって発表されたランキングは、米国を病気の発生への備えでトップに置きましたが、「エピデミックやパンデミックに完全に備えている国はない」とも結論付けました。米国および世界の他のすべての国の公衆衛生インフラストラクチャは、コロナウイルスのような大きな危機に対処するための資金が長い間不十分でした。

これらすべての構造的障害と障壁を組み合わせると、すべての州でCovid-19の発生が完全に制御不能になっていることを説明するのに役立ちます。

 

しかし、地方および州の指導者による真の失敗がありました

同時に、専門家は、地方、州、およびその他の連邦以外の指導者をオフフックにすることはできないと警告しました。まだマスクを義務付けていない12の州のような明白な例がありますが、地方および州の指導者がとることができたであろうより多くの物議を醸す行動があります。

一部の専門家は、州は今秋よりずっと早く閉鎖すべきだったと主張しています。完全ではないにしても、少なくともレストラン、バー、カジノ、ジムなどの危険な屋内スペースを閉鎖してください。これは、主に連邦の経済的救済の欠如のおかげで、短期的な経済的苦痛を伴うでしょう。しかし、それは多くの命を救ったであろうし、他の国々の研究と経験に基づいて、実際に長期的に経済を助けたかもしれない。

「命を取り戻することはできません:他のことは出来ます。」コロラド大学の医学史家で公衆衛生倫理学者のダニエル・ゴールドバーグは私に言った。彼は、閉鎖がもたらす短期的な経済的苦痛を認めたが、それは単に一連の悪い選択肢の中ではよい方だと述べた。

「私が公衆衛生倫理で行っていることの多くは、良い選択肢がないことが多いという事実について考えています」と彼は言いました。「だから私たちがしなければならないのは、最も悪さが少ないものを選ぶことです。それは良くない。それは良いことだとは言いません。それはひどいものですが、それでも私たちがしなければならない最も悪さが少ないものではあるのです。」

しかし、カリフォルニアやオハイオのような以前の積極的な州での急増が示すように、ほぼ全員がCovid-19の春と夏の急増に続いて、あまりにも早く再開し、その後の閉鎖するのが遅すぎました。

いくつかの党派的な違いがあります。マスク義務を制定していないの研究は、ますます サポートは、すべての共和党が主導しています。多くの共和党主導の州は、あらゆる種類の制限にまったく抵抗しました。たとえば、サウスダコタ州は、当時世界で最悪のCovid-19の発生に見舞われたにもかかわらず、「個人的責任」戦略固執しました

しかし、それは完全に赤または青の問題ではありません。カリフォルニア、ニューヨーク、その他の民主党の指導者たちも、Covid-19へのアプローチを和らげ、コロナウイルスの症例や死亡で州が新高値に到達または近づくまで、より強力な行動に抵抗しました。New York Timesよると、企業は41の州でほとんどまたは大部分が営業しており、州全体で外出禁止令を持っているものはありません。

知事は構造的な問題を指摘します。ジャは、知事との彼自身の会話の中で、連邦政府の援助の欠如のおかげで、彼らは本質的に公衆衛生と経済のどちらかを選ばなければならないと主張し、「彼らは本当にそれらの選択が好きではないのです。」と彼は言ってました。

それは地方や州の役人が直面する問題をより理解しやすくするかもしれませんが、それはその後のことを完全に正当化するものではありません。秋の前に、ほとんどの専門家は、休日がきて、気温が下がり、州が再開するにつれて、Covid-19のリスクが高まることを警告しました。感染症研究政策センターの所長であるマイケル・オスターホルムは、「この秋はすべての中で最大の急上昇になるだろう」と私語った。このメッセージは、公的および私的に、この分野の他の人々から反響を呼んだ。適切な行動なしにさらに多くの症例と死亡が発生しているという警告を回避することは本当に難しかったのです。

これにより、州にとって明確な選択が生まれました。場所を再開または開いたままにしておくと、数千人が死亡し、新たな急増によって国民がとにかく自発的に封鎖された場合、経済的危害を回避できない可能性があります。または、制限を課し、秋から冬にかけてできるだけ多くの命を救い、ワクチンが一般大衆に届く可能性があり、最悪の場合、経済に短期的な打撃を与える可能性があります。

すべての州は、危険な再開でサイコロを振ることを選択し、事態が悪化せず、経済が落ち込まない可能性について賭けました。今では事態は悪く、記録的な数のアメリカ人が病気になり死にかけています。

その間、Covid-19の流行が渦巻くにつれて、多くの人々が社交と支出を削減し続けているため、経済はとにかく苦戦し続けています。OpenTableのレストランのデータによると、オンライン、電話、実地予約による着席ダイニングは、昨年の同時期と比較して71%減少しています。対照的に、コロナウイルスを制御している場所はより強い経済を持っています:オーストラリアでは、食事は実際に昨年から58パーセント増加しています。米国の指導者たちが再開し、開いたままにすることによって避けようとした問題は避けられていません。

「私たちは両方の世界で最悪の状況にあるように感じます」とビビンズ-ドミンゴはカリフォルニアでの彼女の経験について語った。新しい制限に対する「反発と倦怠感と最新の反応で今それを見ることができます」。

それに応じて、指導者たちは、個人に、拡散のリスクを軽減するための措置を講じるよう、つまり休暇計画をキャンセルまたは削減するよう求めています。それはうまくいきませんでした、ケース、入院、そして死はまだ上昇傾向にあり、そして大いに恐れられたクリスマスと新年の急増はますます起こりそうに見えます。アメリカ国民は単に耳を傾けておらず、急増につながっています。

一部の政府指導者は、このアプローチの失敗を例示しています。ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモは、記者会見の多くを、休日の集まりの危険性について人々に警告し、単にそれらを行わないように人々に忠告してきました。しかし、世間の反発が起こるまで、クオモは89歳の母親と2人の大人の娘と一緒に感謝祭のディナーを開くことを計画していました。カリフォルニア、ロードアイランドその他の場所の指導者は、同様の過ちを犯しました。

そのような失敗は、専門家がより多くの政府の行動を要求した理由の一部です。休日の集まりがCovid-19の蔓延につながる可能性があることは事実であり、個人は大きな冬の計画を再考する必要がありますが、実際には多くの人がこの種のことをやろうとしています。しかし、米国がホリデーシーズンに入る前に、すべてのレベルの政府がコロナウイルスをより適切に管理していれば、リスクは今ほど大きくはなかったでしょう。ークリスマスイブの夕食で拡散するのを手ぐすね引いて待っているウイルスは、そこでははるかに少なかったかもしれません。

そのほとんどはトランプと彼の共和党の同僚のせいですが、全てではありません。Covid-19の流行はアメリカの失敗であり、国全体がそれから学ぶ必要があります。

 

おわりに

ここで紹介したVox com.の投稿者ドイツ・ロペス氏による1月11日付けの「米国のCovid-19の死亡者数と他の裕福な国の死亡者数との比較」と題する投稿記事では、「米国の死亡率が日本と同じであるとすれば、Covid-19で死亡した約363,000人のアメリカ人はまだ生きている可能性が高く、10,000人未満のアメリカ人がこの病気で死亡したでしょう。」として、「ヨーロッパでのCovid-19の急増にもかかわらず、アメリカ合衆国の異常な死者数は、先進国で最悪の状態にあります。Our World in Dataによると、202119日の時点で、米国では373,000人近くがCovid-19で死亡しており、死亡率は1,000人あたり1.1を超えています。死亡率の高い国もありますが、これでも米国は世界の先進国の中で死亡率の上位20%に位置しており先進国の中央値の2倍以上になっています。パンデミックをうまく管理している国がいくつかあります。これには、デンマーク、エストニア、キプロス、フィンランド、ノルウェー、アイスランドなどのヨーロッパ諸国が含まれます。しかし、最大のサクセスストーリーは、オーストラリア、日本、韓国、ニュージーランド、シンガポール、台湾です。これらは、アメリカよりもコロナウイルスに対するより積極的な政府の措置を広く採用しています。」と紹介しています。

 同氏は、「世界中の他のリーダーはCovid-19をより真剣に受け止めており、社会的距離、テストと追跡、マスキング、そして必要に応じて封鎖などのより極端な対策を採用しています。最近のコロナウイルスの急増にもかかわらず、ヨーロッパ中の多くの国が封鎖を課すことによって迅速かつ積極的に反応し、ウイルスの拡散を遅らせています。それに比べて、米国は概してオープンなままであり、一部の州ではまだマスクを必要としていません。明らかに、ヨーロッパや世界の他の地域ですべてが完全に進んだわけではありません。多くの人や場所がコロナウイルスへの反応を台無しにしており、それが簡単な挑戦ではないことを示しています。」と結んででいます。

 要するに、コロナとの戦いは、国、自治体、組織、国民全体が、互いに責任をおしつけのではなく、如何に一体になってコロナに立ち向かうのかなのです。撲滅するまでは、人類が一体となって取り組まなければならないのでしょう。過去の疫病等の経験での対策と、コロナウイリスのワクチン有効性の向上等が最終的に被害者同士での勝ち負けでなく、人類全体対ウイルスとの勝ち負けに向かえるようにするべきでしょう。WHOのその点での役割が果たせないのであれば、国連の存在意義にも関わってくるのでしょう。人類ってそんなに馬鹿集団で、戦争好きだったら、コロナにやられても仕方ないでしょう。

    人類の英知に期待しましょう・・・

 

 

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top