バイデン政権の選挙公約:「米国救済計画法」の成立と第2議題たる「回復パッケージ」について

はじめに

ご案内の通り、南北戦争以来とも言われる深刻な分断の中で迎えた異例尽くしの第46代アメリカ大統領選挙は、バイデン氏が8000万票、トランプ氏が7400万票とそれぞれの党で史上最多の票を獲得し、2つに割れる国民の実相を象徴する結果となりました。

期日前投票

一億票以上(史上最多):(うち6,500万票以上の郵便投票)

投票率(推計)

66%(過去100年間で最高)

得票数

バイデン氏:8,000万票以上:史上最高

トランプ氏:7,400万票)

選挙費用(推計)

140億ドル:過去最高(上下両院の議会選挙を含む)

大統領選挙のみ:66億ドル(前回の3倍近くで過去最高)

バイデン米政権が提案した1.9兆ドル(約200兆円)規模の新型コロナウイルス経済対策法案が3月11日に成立しました。公約の筆頭に掲げていたもので、1兆9,000億ドルの予算規模となる。バイデン大統領は同日夜に国民向けに演説を行い、5月1日までに全ての成人をワクチン対象者とするよう各州に指示する方針を示した。7月4日の独立記念日までに、社会活動の一定の正常化を目指すというものでした。

 以下、出典元のサイト記事の引用により、一連の動きを整理してみました。

 

1.新型コロナウイルス対策のための「2021年米国救済計画法の成立

バイデン氏は、20日の正式就任前の1月14日、新型コロナウイルス対応と経済再建に関して1兆9,000億ドルの経済対策案記者会見で発表し、米議会に早期の法案可決を呼び掛けた。バイデン氏は「米国救済計画(American Rescue Plan)」と名付けた今回の案に、ワクチン普及費用や個人向け現金給付の増額、失業保険の拡充・延長、州・自治体への支援金などを含めた(添付資料参照)。上下両院とも民主党と共和党の勢力が拮抗(きっこう)する中、バイデン氏の提案どおりに法案が成立するのかは不透明な状況でした。

バイデン氏は、新型コロナウイルスの感染抑制が最重要とし、政権発足100日目までに1億人分のワクチン接種を完了し、中学校までの学校の大部分を安全に再開させることを目標に掲げた。また、感染者が自己隔離しながら給与を受け取れるようにするとし、これらの予算として4,000億ドルが必要とした。さらに、2020年末成立の法律で1人当たり600ドルとされた個人向け現金給付を、1,400ドル上乗せし合計2,000ドルとする案や、失業保険の追加給付を現行の1週間当たり300ドルから400ドルに拡充し、期限も3月から9月まで延長する案を盛り込んだ。そのほか、家計向けの税額控除や連邦最低賃金の時給15ドルへの引き上げ(現行は7.25ドル)なども含めており、個人・家計向けの支援が約1兆ドルと、主要な部分を占める。

米国救済計画法は、その後、連邦議会で審議が行われていたが、共和党から反対があり、上院で議事妨害を抑え込むのに必要な60票を得られる見通しが立たなかったため、「財政調整措置」と呼ばれる特別な法案審議の手続きが利用された(2021年2月8日記事参照)。法案は最終的に上院で50対49、下院で220対211と、ほぼ党派構成に沿った投票結果となった。法律の内容は1月発表時とほぼ同一となるが、民主党内の中道派の意見なども踏まえて、主に次の点が変更された。

  • 国民1人当たり1,400ドルの現金給付について、年収が7万5,000ドルを超える場合は段階的に給付額が減少し、年収8万ドルを超える層には給付額がゼロとなる(当初は年収10万ドルまでを対象としていた)。
  • 失業保険の上乗せ給付について、当初は月当たり400ドルを想定していたが、300ドルに減額(給付期限は9月6日まで)。
  • 連邦最低賃金を時給15ドルに引き上げる(現行:7.25ドル)条項を削除(上院の議事運営専門家が、「財政調整措置」を用いた法案に最低賃金に関する条項を含むことは規則違反と判断したため)。

バイデン米国大統領は3月11日、新型コロナウイルス対策のための「2021年米国救済計画法(H.R.1319)」に署名し、同法が成立した。公約の筆頭に掲げていたもので、1兆9,000億ドルの予算規模となる。バイデン大統領は同日夜に国民向けに演説を行い、5月1日までに全ての成人をワクチン対象者とするよう各州に指示する方針を示した。7月4日の独立記念日までに、社会活動の一定の正常化を目指すことが表明されました。

 

今回の法律成立により、新型コロナウイルス対応への連邦政府・議会の財政出動総額(注1)は約6兆ドルに達する(添付資料表参照)。議会予算局(CBO)は、米国救済計画法は2021年度に1兆1,600億ドルの財政赤字を追加的に発生させると推計している。CBOの中長期財政見通しでは、本対策を反映前の2021年度の財政赤字は2兆2,580億ドルと推計されていた(2021年2月15日記事参照)。米国救済計画法の成立により、2021年度の財政赤字は、過去最悪だった2020年度の財政赤字3兆1,320億ドルを超える公算が大きくなっており、金利が上昇している局面の中で、さらなる財政悪化が懸念される。

 

2.共和党の批判

共和党が来年下院の過半数を奪還した場合の次の発言者と推定されるカリフォルニア州の下院少数派リーダーのケビン・マッカーシー氏は、米国は致命的なコロナウイルスの克服に大きな進歩を遂げたと述べた。マッカーシー氏は、この法律は公立学校を再開するのに十分ではなく、納税者に新たな「負担」を生み出す破滅的な国債を追加していると強調した。

マッカーシー氏は声明のなかで、「 『Covid救済』としてブランド化されているにもかかわらず、この法案の資金の9%だけが実際にウイルスを打ち負かすために使われている」と述べた。「教育資金の95%以上を含むほぼ半分のお金は、2022年以降まで使われません。」

アメリカの救助計画が群衆を喜ばせる人生を始めるということは、議会の共和党員による試みの欠如のためではありません。党の役人は立法をくまなく調べ、コロナウイルスの救済に独自に関連しているのではなく、長年の民主党の政策の優先事項である法案のいくつかの要素の詳細を有権者に提示しました。たとえば、共和党は、州政府への3500億ドルの援助が、パンデミックに先立つ財政の管理ミスを解決するために使用されると述べています。

時間が経つにつれて、共和党は、民主党が拍車をかけると約束した回復が実現しない場合、バイデンの「救済」の費用が利益を上回るというメッセージで前進する可能性があります。経済への連邦現金の洪水はインフレを引き起こす可能性があります。すでにバイデンにとって挑戦であった公立学校の再開のペースは、遅すぎる可能性があります。景気回復は停滞する可能性があります。そのような展開になれば、有権者をアメリカの救助計画に反対し、2022年に民主党に反対する可能性もあります。

 

共和党は現在、このメッセージを公の場で訴えるために積極的に取り組んでおり、アメリカの救助計画が議会で法制化されるのを阻止できませんでした。法案が上院を通過した直後の準備された発言の中で、マイク・リー上院議員は法案が「民主党のために書かれた」と述べた。

「5回、私たちは超党派のプロセスで主要なCOVID救済法案を作成し、圧倒的な超党派の支持を得てそれらを可決しました」とユタ共和党員は言いました。「民主党はそのアプローチを放棄し、代わりに病気と戦うという名目で特別な関心のある配布資料のパーティザングラブバッグを渡しました。」 共和党は、コンセンサスの代替案を提案したことがないため、新法に関する終末の警告の受け手を見つけるのに苦労している可能性があります。

その場合、1,400ドルの刺激策が何百万人もの人々への直接支払いをチェックし、ヘルスケアを購入するためのオバマケア補助金を拡大し、中小企業のための数十億ドルは言うまでもなく、児童税額控除を拡大しました。この国は、50万人以上が死亡し、企業が閉鎖され、失業率が6%を超えているという致命的なパンデミックから、いまだに動揺しています。

 

3.議会の1.9兆ドルのcovid法案の内容:小切手、失業保険など

下院は水曜日にアメリカの救助計画を承認し、広大なパッケージをバイデン大統領の机に送った。

出典:https://www.washingtonpost.com/business/2021/03/10/what-is-in-the-stimulus/

レイチェル・シーゲル

2021年3月11日

下院水曜日に1.9兆ドルの刺激策を可決し、経済を後押しし、パンデミックを終わらせることを目的とした民主党の立法上の大勝利を記録しました。

American Rescue Planとして知られる広大な救援パッケージは、ほぼ完全に政党の方針に沿って220対211の投票で承認されました。バイデン大統領は金曜日に法案に署名することが期待されています。

この法律は、ほとんどのアメリカ人に1,400ドルの小切手を送り、失業保険を延長し、コロナウイルス検査に数十億ドルを割り当てます。これは、米国史上最大の経済刺激策の1つです。

American RescuePlanの概要は次のとおりです。

主要なバケツ

失業手当:

  • このパッケージは、既存の毎週300ドルの失業手当を、9月6日まで延長するとともに、10,000ドルの失業手当の減税を提供します。
  • 以前の提案では、週ごとの利益が週あたり300ドルから400ドルに増加していました。しかし、上院での長いスタンドオフの後、その金額は300ドルに引き下げられました。
  • $ 900十億刺激策12月に渡された失業者に給付の週余分$ 300に提供しました。そのプログラムは3月中旬に期限切れになります。

誰が3回目の刺激チェックを受けますか、そしてその理由は何ですか?

経済的刺激または経済的救済:コロナウイルス検査の次のラウンドの対象となる可能性のある人と、彼らが得る金額について私たちが知っていることは次のとおりです。(モニカ・ロッドマン、サラ・ハシェミ、モニカ・アクタール/ワシントン・ポスト)

刺激チェック:

  • この法案は、12月に可決された刺激法案を通じて発行された600ドルの支払いに加えて、1,400ドルの刺激小切手を送付します。パッケージの約4,000億ドルは、別の小切手に充てられます。
  • バイデンは、より穏健な民主党員をなだめるために、1,400ドルの支払いの新しいラウンドの資格狭めることに同意した。新しい構造の下では、バイデンの最初の提案と下院法案の公式と比較して、より高い所得レベルの人々の小切手はより早く段階的に廃止されます。
  • 年間75,000ドルを稼ぐ個人と、150,000ドルを稼ぐカップルは、1人あたり1,400ドルの全額を受け取ることになります。ただし、年間80,000ドル以上の収入がある個人や、160,000ドル以上の収入があるカップルの場合、このメリットはなくなります。
  • たとえば、シングルが80,000ドルから100,000ドルの間で稼ぎ、カップルが160,000ドルから200,000ドルの間で稼ぐことは、改訂された構造の下での利益の表示から新たに除外されることを意味します。

拡張された児童税額控除からどれだけの収入が得られるかを計算します

児童税額控除:

  • 法律の下では、ほとんどのアメリカ人は、6歳から17歳の子供1人につき年間3,000ドル、6歳未満の子供1人につき3,600ドルを受け取ることになります。
  • 法案の規定は1年間続き、「定期的」に直接預金で送られます。これは既存の児童税額控除の大幅な拡張であり、出生から16歳までの子供に年間2,000ドルを提供します。
  • より 定期的な支払いは、家族に1年ごとの支払いを送るのではなく、家族が日々直面する費用を相殺するのに役立つことを目的としています。

州および地方政府への援助:

  • このパッケージは、州、都市、部族政府、および米国領土に3,500億ドルを指定しています。
  • 地方自治体の資金提供は、刺激策交渉の最大の引火点の1つとして浮上しました。穏健な上院民主党員は、これらの資金の一部をインフラストラクチャに投資し、ブロードバンドネットワークを拡大するためにリダイレクトすることを推進しています。左側の他の人々は、一部の州がコロナウイルスの救済にお金を使う代わりに地方税を削減するために連邦援助を使用することを懸念するようになりました。
  • 政府データのワシントンポストの分析によると、深刻な予算不足に直面して、州政府と地方政府は、昨年のパンデミックが始まって以来、130万人の雇用を失いました昨年、一部の州で税収が増加しましたが、大多数(少なくとも26州)は減少に見舞われました。

1,400ドル(またはそれ以上)のコロナウイルス小切手からどれだけの金額が得られるかを計算します

パンデミック対応

  • 数百億ドルがコロナウイルスのテストとコンタクトトレーシングに資金を提供します。公衆衛生の労働力の規模を拡大し、ワクチンの流通とサプライチェーンに資金を提供します。
  • 今週、バイデンは、5月末までに「アメリカのすべての成人」に十分なコロナウイルスワクチンの投与量があると述べました。これは、7月の彼の以前の予測の2ヶ月の加速です。

住宅支援

  • この法案は、ホームレスのための緊急賃貸支援やその他の救済のために200億ドル以上を確保しています。
  • さらに100億ドルが住宅ローンと住宅所有の支援に使われます。

学校支援

  • この法案は、幼稚園から高校までの学校の再開を支援するために、約1,300億ドルを確保しています。そのお金は、換気システムの改善、クラスの人数の削減、個人用保護具の購入、社会的距離の拡大に使われます。
  • 大学やその他の高等教育機関は、ほぼ400億ドルを受け取ることになります。そのお金は、パンデミック中の学生の飢餓、ホームレス、またはその他の課題を防ぐための財政援助助成金を支援するのに役立つ可能性があります。
  • 追加の資金は、チャイルドケアアンドデベロップメントブロックグラントプログラムを通じてチャイルドケアプロバイダーに送られます。この法案はまた、低所得の子供と家族に幼児教育、健康、栄養サービスを提供するヘッドスタートプログラムのために10億ドルを確保しています。

複数雇用者年金制度への援助

  • この法案には、年金の失敗に対する860億ドルの救済が含まれています。
  • 民主党は、この規定は、苦労している年金制度に、今後数十年間に数十万人の退職者に全額年金を支払うのに十分な資金を与えると述べています。
  • しかし、特に多くの年金制度がパンデミックに見舞われるかなり前に崩壊の危機に瀕していたため、救済は現在の健康危機とはほとんど関係がないと批判されてきました。

新しい規定

  • この法案は、FEMA緊急食糧および避難所プログラムに5億1000万ドルを提供します。そのお金は、一晩の避難所、食事、1か月の家賃と住宅ローンの支援、および1か月の光熱費の支払いのためにホームレスサービスプロバイダーをサポートします。
  • これは、パンデミックに見舞われた新興企業やその他の企業の従業員保持税額控除を拡大します。
  • この法案はまた、連邦COBRA健康保険プログラムの価値を85パーセントから100パーセントに引き上げます。
  • この法案は、地方自治体が重要な資本プロジェクトを継続するのを支援するために100億ドルのインフラストラクチャプログラムを追加します。
  • この法案により、コロナウイルス関連の学生ローンの救済はすべて非課税になります。
  • この法案は、アムトラックの救援資金の総額を2億ドル増やします。
  • 教育資金については、法案は夏の充実のために12億5000万ドルを確保しています。放課後プログラムに12億5000万ドル、教育技術に30億ドル。
  • 上院法案はまた、地方の医療提供者を支援するための提供者救済プログラムのために85億ドルの資金を追加します。

 

4.バイデン政権の税制上の計画

  出典:https://www.vox.com/policy-and-politics/22336892/joe-biden-tax-hike

大統領が今月初めに署名したアメリカの救助計画は、ホワイトハウスが経済に関する2部構成の議題であると言った最初のものです。次は回復部分です。BidenがキャンペーンしたBuildBack Betterプランには、インフラストラクチャ、グリーンエネルギー、介護、教育などの項目への投資が含まれていますーその回復パッケージには、その支払いを支援する計画、つまり企業や富裕層の増税が伴う可能性があります。ある意味で、それは共和党が2017年に可決した減税法案の逆です。

 

Covid-19のパンデミックとその結果としての経済的崩壊は、ここ数ヶ月の政策議論で部屋から多くの空気を吸い込みました。そのため、バイデンは、法人税率の引き上げ、40万ドルを稼ぐ世帯への増税、相続税とキャピタルゲイン税の調整など、具体的な税案に基づいてキャンペーンを実施したことを忘れがちです。

大統領の提案された税制は、彼がキャンペーンしたものの多くと一致します:金持ちのための減税をロールバックします。

今、ホワイトハウスと大統領は彼の税制について再度話し始めました。ABCニュースのジョージステファノプロスが最近のインタビューで増税するかどうか尋ねられたとき、バイデンの答えは事実のイエスでした。「40万ドル以上を稼ぐ人は、わずかから大幅な増税を目にするだろう」と彼は言い、それ以下を稼ぐ人は、追加の連邦税で「1セント」を見ることはないだろうと強調した。

政治は容易ではありません。バイデンが共和党員にインフラストラクチャー法案に資金を提供するために増税を行わせる可能性は低いです(ただし、彼が税金なしでインフラストラクチャー法案に共和党員の票を獲得するかどうかは不明です)。

中程度の民主党員の中には、増税の考えを躊躇する人もいるかもしれません。そして、一部のエコノミストは、経済が重大な危機から回復するにつれて増税するという考えに疑問を呈するかもしれません。それでも、おそらく上院で最も強力な穏健派であるジョー・マンチン上院議員(D-WV)は、インフラと気候法案の支払いのために増税に乗り出していると述べた

 

バイデンの声が税金に関係するものだけではないことに注意することも重要です。上院財政委員会のロン・ワイデン委員長(D-OR)は今後数か月以内に複数の税関連のそしてエリザベス・ウォーレン上院議員(D-MA)は富裕税の提案を発表する予定であります。

アーンスト・アンド・ヤングの税局長で元財務省の税務政策担当次官補であるマイケル・ムンダカ氏は、「大統領が提案することは、ほんの始まりに過ぎません。」「税制全般について信念的な見方をしている非常に強い個性があります。上院での強固な多数派は、誰もが、より正常で、あまり分裂していない議会でそうでない場合よりも強く、大きな声を持っていることを意味します。」と述べた。

共和党は2017年に金持ちと企業の減税を行いました。バイデンは逆のコースを考えています。

バイデンの税案がどのように見えるかについての完全な詳細はまだ少し曖昧です。大統領の計画された増税について最近報告したブルームバーグによると、彼が提示する可能性のあるものの多くは、彼がキャンペーンしたものと一致しています。

ある意味で、それは共和党が2017年に可決した減税法案の逆です。

また、キャピタルゲインに関して、バイデンは、人々が死んだ後、「ステップアップ」ベースでそれらに課税することを取り除くことを提案しました。少し奇妙ですが、あなたがFacebookのCEOであるMark Zuckerbergであり、多くのお金がFacebookの株に縛られているとしましょう。あなたの富は何年にもわたって増加しますが、株を売らない限り、あなたは納税しません。あなたはその株の10億ドルをあなたの子供に与えるかもしれません、あるいはあなたが死んだときに彼らはそれを手に入れるかもしれません、そして彼らは振り返って後でそれを11億ドルで売るかもしれません。しかし、彼らは1億ドル(彼らがそれを手に入れたときと彼らがそれを売ったときのコストの差)に対してのみ課税され、11億ドルの全額ではありません。バイデンの計画は11億ドルの全額に課税するでしょう。

彼はまた、不動産税の拡大、GOP減税の下で実施されたS-corporationsやLLCなどのパススルーエンティティの控除のロールバック、および大規模な多国籍企業によって支払われる外国所得に対する最低税率の引き上げにも取り組みました。

バイデンの税制アプローチの背後にある考え方は、エバーコアISIの米国公共政策責任者でバイデンの元経済政策顧問であるサラビアンキ氏は、システムをより公平にすることだと述べた。「それは誰に対しても懲罰的であるように設計されていません、しかしそれは税金が私たちの価値観を反映するべきであると言うように設計されています、そして今のところ、システムは少し斜めです」と彼女は言いました。

2020年の選挙に先立ち、税務政策センターは、バイデンの計画が10年間で2.1兆ドルを調達すると見積もっています。ブルームバーグのノート、彼のホワイトハウスの提案は小さいかもしれません。

ジャネット・イエレン財務長官は、国際経済協力開発機構(OECD)に多国籍企業の世界的な最低税率を設定するよう促す作業を開始する計画を国際的に示しました。アイデアは、投資やビジネスを引き付けるために国が税率を下げて、お互いを永久に切り詰めることを阻止することです。イエレンは、財務長官の確認聴聞会で、他のOECD諸国と協力して、法人税に関する「破壊的で世界的な底辺への競争を阻止しよう」と述べた。

 

バイデンは税のテーブルで一人ではありません

今後数週間から数か月の間に、バイデンの税務アイデアや独自のさまざまな提案を持った議員の間で多くのプッシュとプルが見られる可能性があります。

注目すべき重要人物の1人:財務委員会の議長を務めるワイデン上院議員。彼は以前、プライベートエクイティとヘッジファンドのマネージャーがより低い税金を支払うことを可能にする繰り越しの抜け穴閉じることに関する法律を提案し、彼が再び提唱する可能性が高い国際税の改革とともにデリバティブの課税方法の変更を推進しました。彼はまた、株式などの取引可能な資産に毎年課税するキャピタルゲインに関する提案しています。言い換えれば、彼は今、上昇しているFacebookの株にザッカーバーグに税金を払わせようとしているのです。

「あなたがCOVID患者の世話をしている看護師なら、税金の支払いを延期することはできません。しかし、あなたが億万長者であれば、先延ばし、延期、延期し、税金をまったく支払うことはありません。」とワイデンは声明で述べています。

ウォーレン上院議員は、富裕税の長年の支持者であり、2020年の大統領選挙の重要な部分であり、ホワイトハウスにそのことを宣伝し続けています。彼女の超億万長者税法は、5000万ドル以上の世帯に2%の年間税を課し、10億ドル以上の世帯に3%の税を課します。

ブライアン・シャッツ上院議員(D-HI)は、株式市場の取引に少額の税金を課す金融取引税を課す法律を再導入しています。これは、バーニー・サンダース上院議員(I-VTを含め、長年にわたって政治家の間で注目を集めてきたアイデアであり、最近ではGameStopの物語の中で見出しに戻ってきました。House Financial ServicesCommitteeの議長であるMaxineWaters(D-CA)、金融取引税に対する開放性表明しました。

 

「富裕税のような金融取引税のような新しい税金について話すとき、私たちはまだ枠組みを持っていないので、それらは多くの議論の対象となり、考慮すべき効果があります。しかし、遺産税のようなものは、それらは最前線と中心になるだろう」と元財務省当局者のムンダカは言った。

他のアイテムがテーブルにあるかもしれません、おそらくいくつかの中流階級と裕福な家族のための減税さえ。上院多数党首のチャック・シューマーと多くの民主党員は、2017年の減税で1万ドルを上限としていた州税と地方税(SALT)の控除の回復推進しています。マンチン上院議員は、共和党がインフラストラクチャパッケージに賛同することを望んでいると述べた。また、共和党がそれを支払うために増税を要求するだろうと述べた

ABCニュースのインタビューで、バイデン大統領は同じように認めました。「ああ、私は[共和党の票]を獲得できないかもしれないが、増税のために民主党の票を獲得するだろう」と彼は言った。

上院の少数派リーダーであるミッチ・マコーネル氏は最近、インフラストラクチャパッケージは、民主党が予算調整を通じて増税を通過させるための「トロイの木馬」になると信じていると述べました。「それが彼らがやろうとしていることだと私は完全に期待している。それは私たちの側に増税への熱意がないだろうと思うからだ」と彼は言った。

マコーネルの予測は的を射ているようだ。インフラストラクチャパッケージ、またはバイデンのより広範な回復法案が伴うものは何でも、和解を経る可能性が非常に高い。

 

バイデン税の提案はまだ初期段階にあります

バイデンのフォローアップ回復計画は、税金を伴う計画として、まだ具体化しつつあります。ホワイトハウスは、当面の問題に対処するだけでなく、今後の見通しについて戦略的な決定を下す際にも、それがどのように進むかについて慎重に検討したいと考えています。

「バイデンがやろうとしていることは、この経済と私たちが中国と競争するために必要な投資のためにいくつかの長期的な構造変化を起こし、アメリカ人労働者に実際に賭けて、その一部を支払うことです」とビアンキは言いました。

しかし、障害があります。一つには、米国経済がすべてのシリンダーで発火していることはほとんどありません米国経済は依然としてCovid-19のパンデミックに悩まされており、何百万もの雇用がまだ戻っていません。刺激策とワクチンの間で、経済は急速に回復しようとしているという楽観的な見方が高まっていますが、それは問題の政治を公園での散歩にするものではありません。

税務政策センターの共同創設者であるレオナルド・バーマンは、次のように述べています。シラキュース大学のエコノミスト。「景気が回復すれば、増税について話し合うのにふさわしい時期だろう。」

政策立案者はここでいくつかの手段をとることができます—おそらく増税を段階的に行うか、失業率が一定のレベルに達するまでそれらが実施されないようにすることです—しかしそれはまだ難しい状況です。結局のところ、2022年は選挙の年です。

「政治を取り上げ、不平等を減らし、システムをより良く機能させ、歳入を増やして債務の成長率を遅らせるのに役立つ税法案を計画することは、すべて非常に理にかなっている」とバーマン氏は述べた。「しかし、問題はタイミングだけであり、増税にあなたの支持団体を興奮させるのは難しいので、増税は常に悪い時期なのです。」

 

一部の進歩主義者はまた、バイデンの税制が競争になる場合も含めて十分に進んでいるかどうかを疑問視している。エモリー大学の法学教授であり、The Whiteness of Wealth著者であるドロシー・ブラウン氏は、バイデンの税制提案は、特にキャピタルゲインに関しては「臆病」すぎると考えていると述べた。彼女は、キャピタルゲイン税は、100万ドルを稼ぐ人々だけでなく、常に収入として課税されるべきであると主張しました。なぜなら、白人のアメリカ人は株を所有し、売る可能性が高いからです。

「体系的な人種差別につながる税制改革について本当に話したいのなら、株式所有を白人アメリカ人が何十年も行ってきたが黒人アメリカ人ではない活動にした体系的な人種差別を見てください。アフリカ系アメリカ人は何をしましたか?私たちは働き、労働から収入を得たのに、なぜ労働よりも低い税率で資本に課税するのでしょうか?」彼女は言いました。

ブラウンは、他の分野の中でもとりわけ、人種グループによる政府データの分解を含む、大統領命令で提示された、アメリカの人種平等に対処するためのバイデン政権の「政府全体」アプローチを指摘した。「彼が政府全体の制度的人種差別を根絶することについて真剣に話しているなら、人種について話さずに税制改革について話すことはできません」と彼女は言いました。

より完全なパッケージが具体化するまでには、おそらく数週間または数か月かかるでしょう。これは、バイデンがキャンペーンした支出の優先順位を、それらの支払い方法に関するいくつかのアイデアで包み込み、より公平な税制を導入するものです。ビアンキは、大統領は今が大統領職の中で大きなことを成し遂げる瞬間であることをよく知っていると強調した。「通常、あなたの機会が最初にあることは秘密ではありません、そして私はそれが彼が解決しようとしていることだと思います。」

 

おわりに

2022会計年度予算決議の財政調整措置に目を向けています。7月頃これを通せれば、9月末にインフラ、脱炭素、健康保険、移民政策などの立法で、上院のフィリバスター回避を目論めます。コロナ経済対策よりも異論や反発が予想される政策で、バイデン氏の上院議員歴36年のお手並み拝見といったところでしょう。

2016年のトランプ政権での減税の取り消し等の増税等バイデン大統領の選挙キャンペーンでの税制等がどのようなタイミングで具体化されてゆくのかは、中間選挙、4年後の大統領選挙や、アメリカ経済との関係から予測できるものでないようですが、バイデンの税制の考え方は、エバーコアISIの米国公共政策責任者でバイデンの元経済政策顧問であるサラビアンキ氏によると、システムをより公平にすることで、「それは誰に対しても懲罰的であるように設計されることなく、私たちの価値観を反映したものであるべきです。」ということのようです。

2020年の選挙に先立ち、税務政策センターは、バイデンの計画が10年間で2.1兆ドルを調達すると見積もっています。ジャネット・イエレン財務長官は、国際経済協力開発機構(OECD)に多国籍企業の世界的な最低税率を設定するよう促す作業を開始する計画を国際的に示しました

 

税務政策センターのエコノミストのレオナルド・バーマンは、「景気が回復すれば、増税について話し合うのにふさわしい時期だろう。不平等を減らし、システムをより良く機能させ、歳入を増やして国家債務の成長率を遅らせるのに役立つ税法案を計画することは、すべて非常に理に適っている。」と述べています。

いずれにしても、こと税制に限っては、民主、共和両党の合同委員会での検討を旨とするのが望ましいでしょう。特にバイデン大統領の下では・・・。

 

 

 

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top