パンドラペーパー: 国際コンソーシアムの情報公開第3弾

はじめに;

10月3日付のパンドラペーパー:オフショアデータ津波」と題する国際コンソーシアム(ICIJ)の第3弾のリークの記事が出たので、5日付けのソクラレオテスのツウィートで、その概要を紹介しました。ここでは、その呟きと上記ICIJの投稿記事をご紹介します。

パナマ文書で一躍注目を浴びた国際コンソーシアム(ICIJ)は、2016年の2.6TBのパナマ文書、2017年の1.4TBのパラダイスペーパーに続いて、4年ぶりの10月3日にこれまでの最大規模の2.94TBのデータを含む200以上の国と地域からの裕福なエリートのオフショアの秘密のパンデミックペーパーを公開しています。

ICIJ(調査ジャーナリストの国際コンソーシアムユニークな組織で、米国に拠点を置く非営利団体す。独自の報告チームを持つ小さくて有能なニュースルームであり、世界で最も重要な記事を調査するために、記者やメディア組織の100以上の国と地域からの最高の調査記者の280人が協力しています。BBC、ニューヨークタイムズ、ガーディアン、朝日新聞など、世界で最も有名なアウトレットから、小規模な地域の非営利調査センターまで、100以上のメディア組織と提携しています。当社のネットワークの専門知識とリーチに基づいて、真実を暴露するために、強力な責任を負う画期的な調査に協力しています。

ICIJは、ピューリッツァー賞を受賞したパナマ文書を含む数十件の調査を発表し、多くのを受賞してきました。ICIJは寄付によって全額出資されています。資金調達専門家協会(AFP)、医療慈善活動協会(AHP)、教育進歩支援評議会(CASE)、ギビング・インスティテュートが開発したドナー権利章典を受け入れています。

データの提供のされかたは、1,190万件を含むレコードはほとんど構造化されてなく、ファイルの半分以上(640万)は、400万以上のPDFを含むテキスト文書であり、そのうちのいくつかは10,000ページ以上に及んだ。書類には、パスポート、銀行報告書、税務申告、会社の設立記録、不動産契約等が含まれていました。アルコガルとトライデントトラストは、私たちがクライアントとして現在および元政治家や公務員の多くを見つけた場所でした。彼らの会社のほとんどはBVIとパナマに登録されました。アルコガルのクライアントには、パンドラ・ペーパーズで特定された政治家や公務員の半数近くが含まれています。

一部のプロバイダーは、その場所とキプロスのようなビジネスを行う管轄区域に基づいて、パンドラペーパーズのデータの国籍別に最大のグループであるロシアの顧客の大部分を占めています。同ペーパーでは、キプロスに本社を置くプロバイダーのDADLAWからサービスを受けた企業の30%以上が、有益な所有者として1人以上のロシア人を、同様にセイシェルに拠点を置くアルファコンサルティンググループからサービスを受けた企業の40%以上は、有益な所有者として1人以上のロシア人を抱えていました。

データに表示される有益な所有者の大部分はラテンアメリカからです。データ内の330人以上の政治家や公務員のうち90人以上がラテンアメリカ出身です。アルゼンチン、ブラジル、ベネズエラは、有益な所有者の最大の表現を持つ国の一つです。アルコガルは、ラテンアメリカの顧客の最大のグループを持っています。

ICIJはパンドラ・ペーパーズで米国に結びつけられている有益な所有者を持つ700社以上の企業を特定しました。アメリカ人はまた、データに代表されるトップ20の国籍の一つでした。パンドラの文書では、ロシア、英国、アルゼンチン、中国、ブラジルは、有益な所有者の最大の保有国の一つです。

ICIJはパワープレーヤー機能を通じて、50人以上の政治家による秘密の管轄区域での企業の使用に関するデータと詳細を共有しています。ICIJは、パンドラ文書のデータをオフショアリークデータベースに組み込むようで、リリースの詳細については、ICIJのメールニュースレターを購読くださいとのこと。

パンドラペーパー:オフショアデータ津波

原点;出典: Pandora Papers: An offshore data tsunami – ICIJ

Pandora Papersの1,190万件の記録は、14の異なるオフショアサービス企業から、ファイルとフォーマット(インクオンペーパーでさえも)で膨大なデータ管理の課題を提示しました。

によってエミリア・ディアス=ストライク,デルフィーヌ・ロイター,アグスティン・アルマンダリス,エレナ・コシック,ヘスス・エスクデロ,ミゲル・フィアンドール・グティエレス,マゴ・トーレス,カリー・ケホー,マーゴット・ウィリアムズ,デニス・ハッサンザード・アジリそしてショーン・マクゴーイ

2021年10月3日

フェイスブック囀るリンクディン電子メール

2.94テラバイトのデータは、200以上の国と地域からの裕福なエリートのオフショアの秘密を公開しています。これらは、資産を購入し、資産を隠すために税金と秘密の避難所を使用する人々です。多くは税金を避け、さらに悪い。彼らは330人以上の政治家と130人のフォルベの億万長者だけでなく、有名人、詐欺師、麻薬販売業者、王室のメンバーや世界中の宗教団体の指導者が含まれています。

調査ジャーナリストの国際コンソーシアムは、パンドラ・ペーパーズのリークで1,190万件以上の記録を構築し、調査し、分析するのに1年以上を費やしました。このタスクには、ジャーナリスト、技術、時間の3つの主要な要素が含まれます。

パンドラ・ペーパーズとは何ですか?

パンドラ・ペーパーズの調査は、117カ国の150のメディアから600人以上のジャーナリストが参加する、世界最大のジャーナリズム・コラボレーションです。

調査は、シェル会社、信託、財団、その他の事業体を低税率または非課税管轄区域に組み込もうとする裕福な個人や企業に専門的なサービスを提供する14のオフショアサービスプロバイダーの機密記録の漏洩に基づいています。エンティティは、所有者が一般の人々から、時には規制当局から自分のアイデンティティを隠すことを可能にします。多くの場合、プロバイダは、彼らが軽い金融規制を持つ国で銀行口座を開くのを助けます。

ICIJに流出し、世界中のメディアパートナーと共有された2.94テラバイトのデータは、ドキュメント、画像、電子メール、スプレッドシートなど、さまざまな形式で到着しました。

記録には、イギリス領ヴァージン諸島、セイシェル、香港、ベリーズ、パナマ、サウスダコタ州、その他の秘密管轄区域に登録されている事業体のいわゆる有益な所有者に関する前例のない量の情報が含まれています。また、株主、取締役、役員に関する情報も含まれています。金持ち、有名人、悪名高い人々に加えて、リークによって暴露された人々には、公共の利益を代表していない人や、中小企業の経営者、医師、その他の、通常は裕福な個人など、私たちの報告に表示されない人々が含まれます。

一部のファイルは1970年代にさかのぼりますが、ICIJによってレビューされたもののほとんどは1996年から2020年の間に作成されました。彼らは、シェル企業、基盤、信頼の創造というさまざまな問題をカバーしています。不動産、ヨット、ジェット機、生命保険を購入するためのそのようなエンティティの使用。投資を行い、銀行口座間でお金を移動するために使用します。不動産計画およびその他の相続問題;複雑な金融スキームを通じた税金の回避。一部の文書は、マネーロンダリングを含む金融犯罪に結びついています。

調査ジャーナリズムの力を信じますか?  パンドラペーパーには何がありますか?

リークによって暴露された330人以上の政治家は、90以上の国と地域からでした。彼らは、秘密の管轄区域のエンティティを使用して、不動産を購入し、信託でお金を保持し、他の企業やその他の資産を所有し、時には匿名で使用しました。

パンドラ・ペーパーズの調査はまた、銀行や法律事務所が複雑な企業構造を設計するためにオフショアサービスプロバイダーと緊密に協力する方法を明らかにします。このファイルは、疑わしい取引に従事する人々と取引しないように注意する法的義務にもかかわらず、プロバイダーが常に顧客を知っているとは限らないことを示しています。

調査はまた、米国の信託プロバイダーが秘密を促進し、裕福な海外の顧客が自国で税金を避けるために富を隠すのを助けるいくつかの州の法律をどのように利用したかについても報告しています。

データはどのような形式で提供されていますか?

1,190万件を含むレコードはほとんど構造化されていませんでした。ファイルの半分以上(640万)は、400万以上のPDFを含むテキスト文書であり、そのうちのいくつかは10,000ページ以上に及びました。書類には、パスポート、銀行報告書、税務申告、会社の設立記録、不動産契約、デューデリジェンスアンケートが含まれていました。また、リークには410万枚以上の画像と電子メールがありました。

スプレッドシートはドキュメントの4%、つまり467,000以上を占めています。レコードには、スライドショー、オーディオファイル、ビデオファイルも含まれていました。

パンドラ・ペーパーズのリークには何があったのですか?

2.94テラバイトのリークには、合計1,190万ファイル以上が含まれています。

データの形式 件数 参考
ドキュメント* 6,406,119 *400万以上のPDF、179万以上のWord文書、およびその他の文書形式。
画像 2,937,513  
電子メール 1,205,716  
スプレッドシート 467,405  エクセル等での数表
プレゼンテーション 8,511 説明文書
オーディオ 3,497 音声での発表
ビデオ 1,421 ビデオによる発表
その他 873,494  

出典:パンドラ・ペーパーズのデータ

私たちが聞いた他の人からのこのリークについて何が違いますか?

パンドラ・ペーパーズの情報(1,190万件を超えるレコードの2.94テラバイト)は、少なくとも38の管轄区域でサービスを提供する14のプロバイダーから提供されています。2016年のパナマ・ペーパーズの調査は、現在は廃止されたモサック・フォンセカ法律事務所である単一のプロバイダーからの1,150万件の文書の2.6テラバイトのデータに基づいていました。2017年のパラダイス・ペーパーズの調査は、1つのオフショア法律事務所Appleby、シンガポールに拠点を置くプロバイダーであるアジアシティ・トラスト、19の秘密管轄区域の政府企業レジストリから1,340万件以上のファイルが1.4テラバイト流出した。

パンドラ・ペーパーズは、14のプロバイダーが情報を提示し、整理するさまざまな方法を持っていたので、新たな課題を提示しました。クライアント別に整理されたドキュメントもあれば、さまざまなオフィスのドキュメントもあれば、明らかなシステムがないものもあります。1つの文書には、電子メールや添付ファイルが何年も含まれていた場合があります。一部のプロバイダは、レコードをデジタル化し、スプレッドシートで構造化しました。他の人は、スキャンされた紙ファイルを保持しました。一部の PDF には、スプレッドシートに再構築する必要があるスプレッドシートが含まれていました。文書は英語、スペイン語、ロシア語、フランス語、アラビア語、韓国語、その他の言語で到着し、ICIJパートナー間の広範な調整を必要としました。

パンドラ・ペーパーズは、11社のプロバイダーから27,000社以上の企業と29,000人以上のいわゆる究極の有益な所有者、またはパナマ文書で特定された有益な所有者の2倍以上の数に関する情報を収集しました。

パンドラ・ペーパーズは、パナマ文書の2倍以上の政治家や公務員にオフショア活動を結び付けたと述べた。そして、パンドラ・ペーパーズの90以上の国と地域から330人以上の政治家や公務員には、35人の現州および元国の指導者が含まれていました。

新しいリークには、以前のICIJプロジェクトで調査されていない、またはベリーズ、キプロス、サウスダコタ州などのデータがほとんどなかった管轄区域に関する情報も含まれています。

6つのプロバイダー (企業、基盤、信託)のファイル内の法人はすべて、1971 年から 2018 年の間に登録されました。この記録には、調査後にビジネスをある管轄区域から別の管轄区域に移行し、結果として生じるルール変更が行なわれ、プロバイダーとクライアントがビジネスを移行する様子が記録されています。

どのようにファイルを探索しましたか?

データは、ファイルの4%のみが表(スプレッドシート、csvファイル、いくつかの「dbfファイル」)で整理され、構造化されていました。Pandora Papersの情報を調査して分析するために、ICIJは会社と管轄権によって有益な所有権情報を含むファイルを特定し、それに応じて構造化しました。各プロバイダーのデータには、異なるプロセスが必要でした。

情報がスプレッドシート形式で表示された場合、ICIJは重複を削除してマスタースプレッドシートに結合しました。PDF ファイルやドキュメント ファイルの場合、ICIJ は Python などのプログラミング言語を使用して、データの抽出や構造化を可能な限り自動化しました。

より複雑なケースでは、ICIJは機械学習やその他のツール(FonduerやScikit学習ソフトウェアを含む)を使用して、特定のフォームを識別し、より長い文書から分離しました。

一部のプロバイダフォームは手書きで、ICIJは情報を手動で抽出する必要がありました。

情報が抽出され、構造化されると、ICIJは有益な所有者を特定の管轄区域で所有する企業にリンクするリストを生成しました。場合によっては、会社が登録された場所や登録時期に関する情報が利用できませんでした。また、個人やエンティティが会社の所有者になった時期などに関する情報が欠落していました。データを構造化した後、ICIJはグラフィックプラットフォーム(Neo4JとLinkurious)を使用してビジュアライゼーションを生成し、それらを検索可能にしました。これにより、記者はプロバイダー間の人と企業のつながりを探り出すことを可能にしました。

データ内の潜在的なストーリーの主題を特定するために、ICIJは、制裁リスト、以前のリーク、公的企業記録、億万長者のメディアリスト、政治指導者の公開リストなど、リークの情報を他のデータセットと照合しました。

スウェーデンのICIJのパートナーであるSVTは、パンドラ・ペーパーズで見つかったパスポートから抽出されたデータを含むスプレッドシートを作成しました。

ICIJは、ICIJの技術チームが開発した安全な研究および分析ツールであるDatashareを使用して、メディアパートナーと記録を共有しました。データシェアのバッチ検索機能は、記者がデータと一部の公人を一致させるのに役立ちました。

このリークには、サービスプロバイダーがデューデリジェンスのために収集する日常的な文書(ニュース記事、ウィキペディアのエントリ、金融データプロバイダWorld-Checkからの情報)が含まれています。ICIJは機械学習を使用してDatashare内のそのようなファイルにタグを付け、記者が検索から除外できるようにしました。

当社の150のメディアパートナーは、ICIJのグローバルI-Hub、安全なソーシャルメディアとメッセージングプラットフォームを使用して、関心のあるヒント、リード、その他の情報を共有しました。プロジェクト全体を通じて、ICIJはICIJ技術を使用してファイルを探索し、採掘し、より良い理解を得るための広範なトレーニングセッションをパートナーに提供しました。

何を研究し、どのように整理しましたか?

オフショア事業体の所有者に関する情報を含む文書を特定し、プロバイダ別に情報を構造化したICIJは、データを一元化されたデータベースに統合しました。

これにより、ICIJとそのメディアパートナーは、秘密の管轄区域にある企業の有益な所有者のユニークなデータセットを提供しました。

ICIJはデータの重複を排除し、所有者の国籍、居住国、出生地などの重要な要素を特定しました。これにより、例えば、ロシア国民である4,400人以上の受益者を持つ約3,700社の企業を見つけ出し、データのすべての国籍の中で最も多くを見つけ出せるようにしました。この数字には46のロシアのオリガルヒが含まれています。

ICIJはまた、キーワード検索やパブリックデータとの一致などを用いて、米国の信託の使用を調査し、分析しました。

その結果、ICIJは2000年から2019年にかけて米国で決済または作成された200以上の信託を特定し、サウスダコタ州で最も多くの信託が登録されました。信頼は40カ国(米国を含まない)の人々とつながっていました。ICIJは、2000年から2019年の間に保有していた67,000ドルから1億6,500万ドルの単一信託の資産を特定しました。このデータは、米国の信託が合計10億ドル以上の資産を保有していることを示しています。これには、パナマ、スイス、ルクセンブルク、プエルトリコ、バハマなどの米国の不動産および銀行口座が含まれていました。

パンドラ・ペーパーズで最も多くの信託財産をもっているのは米国のどの州ですか?

調査は、米国の信託が金融秘密のゴー・トゥ・ビークルにどのようになったかを示しています

州名 信託設定者
サウスダコタ州 81
フロリダ州 37
デラウェア州 35
テキサス州 24
ネバダ州 14

米国ベースの信託の分析を行うために、ICIJは手動で信託設定者settlorsと呼ばれるクリエイター、受益者、および信託が保有する資産に関する情報を収集しました。ICIJは、米国15州とコロンビア特別区の信託に関するデータを特定し、収集することができました。

ICIJとそのメディアパートナーは、データ内の政治家を識別するためにキーワード検索を使用し、パスポート情報を使用して識別を支援しました。

ICIJは公的記録を使用して、企業に関連する詳細を検証し、データに記載された人々が実際にそれらの名前で識別された政治指導者であることを確認しました。私たちはいくつかの偽陽性を見つけ、それらを捨てた。調査で使用された情報源の中には、ダウジョーンズ・リスクコンプライアンス・データベース、世界約200カ国で4億1000万社以上の企業と4億6,200万人の主要人物に関する構造化されたビジネス情報に瞬時にアクセスできるサヤリ、雑誌記事等の検索システムのネクシス、OpenCorporates、米国と英国の不動産記録、公的企業記録が含まれます。35人の国の指導者を含む330人以上の政治家と高官が確認されました。

ICIJはスプレッドシートで情報を構成し、ファクトチェックの2ラウンドを通してそれを置きます。政治家に関して収集されたデータは、パワープレイヤー機能のプロファイルでも視覚化されました。

ICIJは、秘密の管轄区域にエンティティを持っていた130人以上を見つけるためにパンドラペーパーに対してフォルスの億万長者のリストを一致しました。そのうち100人以上が2021年に6,000億ドル以上の財産を持っていました。ICIJは、パナマの法律事務所アレマン、コルデロ、ガリンド&リー、またはアルコガルが提出した金融当局への109のいわゆる不審な活動報告書を分析し、当局またはジャーナリストが不正行為の疑いで同社の顧客を公に特定した後にのみ、マネーロンダリング防止フォームの87が書かれたことを知りました。

ICIJはまた、数千人の公的に入手可能な従業員のプロフィールを読み上げ、35カ国の巨大法律事務所ベーカーマッケンジーに関連する220人以上の弁護士が以前に司法省、税務署、EU委員会、国家元首事務所などの機関で政府機関を保持していたことを発見しました。

ICIJはまた、当局や地域社会が埋め立てようとする略奪された芸術や古代の遺物を隠す際にオフショア金融が果たす役割を探求するための研究と分析を行いました。

最後に、パンドラ・ペーパーズの調査では、パナマ・ペーパーズのスキャンダルの中心にある法律事務所モサック・フォンセカの顧客であった500社以上のBVI企業を特定し、データで見つけた余波で他のBVIプロバイダーに事業を移しました。ICIJはまた、パナマ文書のデータからパナマ企業をOpenCorporatesのパナマ企業のレジストリで入手可能なデータと照合し、少なくとも113社が登録代理店を変更し、2016年4月3日から2020年の間にアルコガルに移転したことを知りました。マイアミヘラルドのデータチームと共に、ICIJはまた、プロバイダーのいわゆる「モスフォンプロジェクト」の一環としてトライデントトラストへの移行を具体的に検討した759社のBVI企業を数えました。

パンドラペーパーズのリークは、世界のすべてのオフショアプロバイダデータの大きさを表していますか?

パンドラペーパー調査は、秘密の管轄区域とオフショアサービスプロバイダを広く見て提供していますが、データは不完全でした。

プロバイダによって変化するデータの品質。場合によっては、企業に関連付けられたデータは、登録された管轄区域、個人がエンティティにリンクされた期間、または仲介者に関する情報を提供しませんでした。データは依然として所有者に関する重要な情報を提供し、場合によっては取引やその他の財務詳細を提供しました。

少なくとも38の管轄区域でサービスを提供した14のプロバイダーは、世界中で事業を展開するオフショアサービスのより大きな業界の一部です。プロバイダーデータの宇宙がどれだけあるかは言い難いです。

例えば、パンドラ・ペーパーズで見つかったプロバイダーの6社、または半数近くが登録エージェントとして機能しているBVIでは、BVI金融サービス・コミションによると、その能力で行動する少なくとも101社の中にいます。2021年3月には、370,000社以上の現役企業があり、小さな島国の住民のそれぞれに約1ダースのアクティブな企業がありました。

なぜ、以前のリークよりも多くの「究極の有益な所有者 – Ubos -ここに?

パンドラ文書の有益な所有権情報のかなりの割合は、パナマ文書の2016年の出版をきっかけに設立されたBVIの有益な所有権セキュア検索システム、またはBOSSのプロバイダーによって生成されたレポートから来ています。この情報は一般には公開されていません。

2017年のBVI法では、プロバイダーは、そこに登録された企業の実際の所有者の名前をBVI当局に報告することを義務付けています。リークは、そのような情報を含む多くの文書を特定しました。

なぜ多くの世界の指導者や政治家がデータに含まれるのですか?

アルコガルトライデントトラストは、私たちがクライアントとして現在および元政治家や公務員の多くを見つけた場所でした。彼らの会社のほとんどはBVIとパナマに登録されました。アルコガルのクライアントには、パンドラ・ペーパーズで特定された政治家や公務員の半数近くが含まれています。ICIJが構造化できた有益な所有権データでは、企業の半数近くがアルコガルと結びついていました。パナマに本社を置くアルコガルには、創設者の中に複数の政治家がいて、そのうちの1人はパナマの駐米大使を務めました。

パンドラ・ペーパーズの各企業は何人の政治家に仕えましたか?

12の異なるオフショア企業が調査で特定された336人の政治家にサービスを提供しました。

オフショア企業 政治家
Alcoga 161
Trident Trust 97
Asiaciti Trust 25
OMC Group 21
SFM 18
DADLAW 17
Alpha 11
Fidelity 10
AABOL 8
Commence BVI 4
Cititrust 3
GDG 2

   出典:パンドラ・ペーパーズのデータ

一部の政治家は、複数の企業からオフショアサービスを受けました。

なぜロシアとラテンアメリカからそんなに多くの有益な所有者が?

一部のプロバイダーは、その場所とキプロスのようなビジネスを行う管轄区域に基づいて、パンドラペーパーズのデータの国籍別に最大のグループであるロシアの顧客の大部分を占めています。

パンドラ・ペーパーズでは、デメトリオス・A・デメトリアデスLLC(キプロスに本社を置くプロバイダー)からサービスを受けた企業の30%以上が、有益な所有者として1人以上のロシア人を抱えていました。同様に、セイシェルに拠点を置くアルファコンサルティンググループからサービスを受けた企業の40%以上は、有益な所有者として1人以上のロシア人を持っていました。アルコガルとフィデリティコーポレートサービスリミテッドは、ロシアの顧客の数が最も多いプロバイダの一つでした。

データに表示される有益な所有者の大部分はラテンアメリカからです。データ内の330人以上の政治家や公務員のうち90人以上がラテンアメリカ出身です。アルゼンチン、ブラジル、ベネズエラは、有益な所有者の最大の表現を持つ国の一つです。漏洩したデータでは、パナマに本社を置くアルコガルは、ラテンアメリカの顧客の最大のグループを持っています。

米国市民と多国籍企業はどこにありますか?

オフショア企業、財団、信託、世界のさまざまな地域の当事者、異なるニーズを持つ当事者の作成に関しては、シェル企業の異なるプロバイダーと管轄区域を選択します。

Pandora Papersの文書は、多数のプロバイダをカバーしていますが、明らかにそれらのすべて、あるいはほとんどではなく、多くの管轄区域がデータに表されていません。

2017年のパラダイス・ペーパーズを含む以前のICIJの調査では、リークは、より大きな企業慣行であるApplebyを持つ一流の法律事務所から来ました。その結果、データには多国籍企業に関するより多くの文書が含まれていました。企業に人気のバミューダ諸島とケイマン諸島は、そのリークで大きな存在感を持つ管轄区域の一つでした。

米国の国民については、ICIJはパンドラ・ペーパーズで米国に接続されている有益な所有者を持つ700社以上の企業を特定しました。アメリカ人はまた、データに代表されるトップ20の国籍の一つでした。パンドラの文書では、ロシア、英国、アルゼンチン、中国、ブラジルは、有益な所有者の最大の表現を持つ国の一つです。パラダイス・ペーパーズでは、米国市民はより大きな相対的な存在感を持っていました。

ICIJはパンドラ・ペーパーズのデータをリリースするつもりですか?

今日の出版により、ICIJはパワープレーヤー機能を通じて、50人以上の政治家による秘密の管轄区域での企業の使用に関するデータと詳細を共有しています。ICIJは、パンドラ・ペーパーズのデータをオフショアリークデータベースに組み込む予定です。ICIJのデータリリースの詳細については、ICIJのメールニュースレターを購読してください。

寄稿者:ブルーノ・トーマス、アニシャ・コーリ、ヘレナ・ベンツソン、シルショ・ダスグプタ、ジョン・キーフ、ミランダ・パトルチッチ、ピエール・ロメラ、マルコス・ガルシア・レイ

トピック:データジャーナリズム,データシェア,機械学習,パンドラ論文

おわりに;

第3弾の最大規模データの公開により、有効な情報が得たれる国家は、米国はもとより、ロシア、英国、アルゼンチン、中国、ブラジル等が挙げられているようですが、それら以外の国々でも、すでに調査等に着手するとの意思表明をしている国等もあるようで、先のパナマ文書や、パラダイスペーパー等と共に、適正課税や、事業活動、政治活動等の適正化への貢献が期待できそうだ。

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top