負債を減らすべき10の理由

はじめに;

個人の自由、限られた政府、自由市場、平和の原則に基づいて、ソリューションを発信し、普及し、前進することうぃしめいに掲げているアメリカシンクタンクのCato Instituteのサイトに「負債を削減すべき10の理由」と題する国の債務の急増に対する危機意識に関連する記事が掲載されているので、一番耳が痛くなるような我が国の皆さんに読んでいただきたいテーマとして、ここにご紹介します。国の役割がどの国にとっても最も重要である非常時(自然災害、感染病、地域紛争等)の真っ只中での我が国の衆議院総選挙の時期でもあるので、投票行動の判断材料の一つに加えていただければ幸いです。

その1:子どもに対する負債の増加

出典:https://www.cato.org/blog/rising-debt-against-children

2021106

クリス・エドワーズ

政治家が税収が入ってくるよりも速く支出を増やすにつれて、連邦政府の債務は増加している。経済が成長するにつれて、政府は急速なクリップでそれを増やすのではなく、借金を返済する必要があります。現在議論されているインフラと資格法案がなくても、政府は今年、取り入れするよりも3兆ドル多くを費やすだろう。ナンシー・ペロシ下院議長は、新たな支出は「子供たちにとって」だと言うが、追加の負債は子供たちに対して働き、生活水準を引き下げるだろう。

連邦政治家はますます無責任になっている。彼らは2001年以来予算のバランスをとらず、1930年以来、予算の13%しかバランスが取れていない。対照的に、政治家は1791年から1929年の間の連邦予算の68%のバランスをとった。彼らがそうするための法的要件はなく、支出を歳入に制限することが慎重で倫理的な予算の方法であると正しく信じていたので、むしろ彼らはそれをしました。

民主党と共和党は現在、政府の法定債務限度額を28兆ドルを超える引き上げたことで誰が非難されるのか争っている。しかし、両当事者は、3.2兆ドルの州政府債務と地方自治体の負債の約8倍の累積連邦債務の山のせきにんがあるのです。

アメリカの政治家は、他のほとんどの高所得国の政治家よりも債務中毒です。図1は、2021年の連邦、州政府、地方政府の総債務を合わせたOECDの見積もりを示しています。GDP141%に占める米国の債務はOECD平均の100%を上回り、32カ国中9位に高い。私たちの政治家は、私たちの無駄な法定債務限度額をめぐって争うのではなく、エストニア、ルクセンブルク、スイス、韓国、ニュージーランドなどの国々の明らかに優れた予算作成慣行を実施すべきです。

表1: 国の負債2021年、対GDP

国 名 GDP比率 オーストラリア 68 スロベニア 102
エストニア 32 オランダ 74 オーストリア 119
ルクセンブルク 33 アイルランド 75 カナダ 130
スイス 47 イスラエル 77 米国 141
韓国 47 アイスランド 79 ベルギー 145
ニュ-ジ-ランド 49 スロバキア 80 イギリス 146
スウェーデン 52 ポーランド 81 スペイン 147
クゼック 55 ドイツ 84 フランス 149
ラビア 60 フィンランド 92 ポルトガル 155
デンマーク 62 ハンガリー 99 イタリー 190
リトアニア 63 OECD平均 100 ギリシャ 237
        日本 241

米国の債務は近年、景気後退などの危機もあって上昇しているが、他の国々もショックに直面している。図2は、2007年の大不況前以降、米国ではほとんどのOECD諸国よりも債務が速く増加していることを示しています。米国の債務は、OECDの平均47ポイントの増加に比べて、2007年以来GDP76ポイント上昇している(米国の債務は64%から141%に上昇し、OECD債務の平均は53%から100%に上昇した)

マンチン上院議員「彼の主要な懸念事項の一つとして赤字を繰り返し上げてきた」と述べ、「いかなる形でもリベラルではなかった」と語る。ほぼすべての共和党員が同じ主張をするだろう。しかし、どういうわけか連邦政府の債務は過去2年間で6兆ドルに跳ね上がり、上昇し続けています。

表2:2007年から2021年の負債の変化の対GDP比率

国 名 GDP比率 ハンガリー 27 フィンランド 52
スイス デンマーク 27 オーストラリア 53
スウェーデン ポーランド 30 カナダ 60
イスラエル リトアニア 43 スロベニア 72
ルクセンブルク 16 オーストリア 44 フランス 73
ドイツ 18 スロバク 44 ポルトガル 74
韓国 21 OECD平均 47 米国 76
オランダ 23 アイルランド 47 イタリー 78
クゼック 24 ラビア 47 日本 90
ニュ-ジ-ランド 24 アイスランド 49 イギリス 93
エストニア 25 ベルギー 50 スペイン 104
        ギリシャ 123

その2:負債を削減すべき10の理由

出典:https://www.cato.org/commentary/ten-reasons-cut-debt

国の債務は、議員が撤回できない明日の経済に負担をかける。

2021年10月20日 • 解説

クリス・エドワーズ

この記事は、2021 年 10 月 20 日にナショナル レビュー (オンライン)に掲載されました。

議会は連邦政府の法的債務限度額を12月まで停止することに合意したが、債務自体は積み重なり続けている。この2年間で、政府は全国の一世帯当り47,000ドルに相当する6兆ドルの負債を追加しました。

債務限度額をめぐる政治的争いは確かに金融市場を動揺させるが、債務の増加が成長を損ない、景気後退を引き起こし、巨額の税負担を引き起こす可能性があるという問題は依然として大きい。

その中で、議会が債務を削減すべき10の理由とそれを駆動する支出を考えてみましょう。

税金
借金による財政支出は自由に見えるかもしれませんが、今日借りているすべてのドルは、明日の債務支払いが高まり、増税圧力が高くなります。ナンシー・ペロシ下院議長は、子供たちのために大規模な支出増加を通過させたいと考えています。しかし、負債と税金の増加は、子どもたちの繁栄を損なうだろう。

政府債務は、議員が撤回できない明日の経済に負担をかけるのです。

利息
連邦政府の利払いは、2021年の3,310億ドルから2031年には9,100億ドルに増加する予測されており、国防に対する支出総額に近い。現在、連邦債務は23兆ドルで、政府の平均借入金利のパーセンテージポイント上昇は、年間2,300億ドルの利払いを増加させるだろう。したがって、金利上昇による予算リスクは大きい。

危機
議会予算局は、債務の増加は、インフレ率の上昇、金利の上昇、米ドルに対する信頼の低下によって示される財政危機を引き起こす可能性があると警告している。他国の債務を燃料とする危機は、長期的な損害を引き起こしている。例えば、ギリシャの一人当たりの実質所得が、十数年前の債務危機前よりも現在も4分の1少ないと考えよ。

付加価値税
債務の増加が危機を引き起こした場合、政治家は高騰する金利コストを支払うために付加価値税(VAT)などの新しい大量税を課す可能性があります。民主党は、支出の増加は金持ちによって支払われると主張しているが、証拠はそうでないことを示唆している。例えば、ヨーロッパは成長する福祉国家に資金を提供するためにVATを課しており、現在はほとんどの消費財に平均21%の税率で中産階級を打ち負かしている。

ベイトとスイッチ
一部のエコノミストは、政府の借り入れは、長期的な投資に費やされている限り、大丈夫だと言います。しかし、政府がそれは、実際にその予算を使う方法ではありません―連邦政府の支出の10%に満たない額が、高速道路、戦闘機、科学研究などの将来のための資産への支出なのです。

クラウドアウト(民間企業の金融市場からの締め出し)
上昇連邦政府の借り入れは、金利水準を押し上げ、企業が利用できる信用を減らす可能性があります。CBO(議会予算局)は債務の増加は「借入コストを引き上げ、事業投資を削減し、経済生産の成長を遅らせる」と警告している。クロスカントリーの調査によると、政府債務が国内総生産(GDP)の約90%を上回り、米国はすでにその危険地帯に入っていると、経済成長は鈍化する。

海外からの借り入れ

混雑は、政府が海外から借り入れすることで緩和され、今日の連邦債務の3分の1が海外で保有されている。しかし、それもまた、有害な結果をもたらす:利息と元本の支払いが行われると、アメリカの労働者の収入は外国の債権者に支払うために課税され、米国の生活水準が低下します。

期待値
債務の増加が増税や金融不安定の懸念を生み出せば、企業は長期的な投資を行うことに消極的になるだろう。GDPの141%に占める連邦政府と州政府の債務総額は、高所得国32カ国の平均100%を既に上回っています。

歳出

連邦政治家が一見コストの低い負債で支出を資金調達するオープンエンド(資金の追加借り入れ)の能力は、彼らが低価値プログラムにお金を吹き飛ばすことを誘導します。一部のパンデミック関連プログラムの大規模な詐欺は、連邦政策立案者を驚かせたり、恥ずかしい思いをしたりしていないようでした。

 参考:労働省監察官室は、3月以降のコロナウイルスパンデミック関連失業プログラムの下で支払われた総額の約10%にあたる630億ドル以上が詐欺や誤りを通じて不適切に支払われたと見積もっている。

民主主義
政治家が借金を出すとき、彼らは明日の市民が自分の政策選択をする能力を否定します。一般的に、議会は将来の議会を縛ることはできません – 議員は、彼らが有害であると見つけた場合、昨日の法律を廃止することができます。しかし、政府債務は、議員が撤回できない明日の経済に負担をかける。累積債務に対する巨額の利息と元金の支払いは、将来の世代のアメリカ人の優先事項を追い払うでしょう。

債務の増加が米国の経済危機を引き起こす時期は不明ですが、我々はすでに危険地帯にいることを知っています。現在、経済が成長している中で、議員は新しいプログラムの制定を推し進めるのではなく、支出と債務を削減すべきである。

終わりに

小さな国家のテーマを主催している筆者の持論は、我が国ほど高齢者国家ではない米国おいての危機意識であるので、労働者の年齢構成、国の地下資源、底力等の全てにおいて明らかに圧倒的に弱い我が国においての危機意識の少なさを重要視していない国会、行政はもとより、学識経験者、民間の指導層全てのグループにおいての危機意識の少なさに活を入れ、方向転換を図る最後の砦は、やはり幅広い、とりわけ将来の我が国を支える若者を中心とする世論しかないのでしょう。まずは、選挙での意思表示でしょう。

 しかしその引き金を引くのには、何ら自然災害か、疫病か、地域紛争かが起きないと駄目なんでしょうか。・・・すでに起きているんですけど・・・。

引用したかった政府債務のおすすめ記事は、以下の通り。

 (その1)https://www.cato.org/blog/debt-ceiling-kabuki ;(その2)https://www.cato.org/blog/federal-government-debt-soaring ;(その3)https://www.cato.org/policy-analysis/why-federal-government-fails

お知らせ

トピックス/コラム記事

opinion(中辛、激辛)

続き物・物語

Page Top