はじめに; 米国内最大の、最も広くサポート保守的な研究と教育機関としてのシンクタンクがタンクヘリテージ財団の投稿記事に、高額所得者への限界税率に引き上げの提案に関する記事が掲載されたので、我が国でも、… [続きを読む]

はじめに; 当サイトで、例年紹介している、ユーラシアグループによる世界のトップリスクが発表されたので、ここにご紹介します。 2019年の世界経済の予測の特徴を一言でいえば、当グループが設立されて以降、… [続きを読む]

はじめに; IMFBlogは、国際通貨基金(IMF)の職員および当局者が当日の緊急の経済問題および政策問題について意見を表明するフォーラムです。その投稿記事での読者の関心が高かったトップ10が紹介され… [続きを読む]

  今年も早残りが2週間を切りました。そこで、内外の記事等をご紹介しながら、この1年を振り返ると共に、来る年への心構え等に参考となるもののを提供できるよう努めます。 今年年頭にご紹介した、スーパーパワ… [続きを読む]

デジタル経済と課税    これまでの国際課税ルールでは国内に工場や支店など恒久的施設がない限り、外国企業の売り上げや利益には課税できないのが原則だった。インターネットを通じて国境を越えて利益を上げる大… [続きを読む]

30年度の中学生の「税についての作文」の各賞が決定、総理大臣賞は北海道の宇野さん    全国納税貯蓄組合連合会(新井進会長)および国税庁が共催し、一般財団法人日本税務協会、一般財団法人大蔵財… [続きを読む]

  はじめに;   ここ数年の、世界の主要国の動向、異常気象等に大きな変動が目立ち、歴史の転換点にあるとの見方が指摘されだして久しい。そのような中で、イスラエルの若手歴史学者のへブライ大学教… [続きを読む]

日本の国家ブランド、昨年の4位から2位に躍進、その訳は? 世界第3位の市場調査会社である、1975年にフランスで設立されたイプソス社は、すべての主要市場で強い存在感を持つ世界的な研究グループに成長して… [続きを読む]

はじめに; 2年越しのスイスでの初のベーシックインカムの試験的導入の準備が整いつつあるようなので、紹介します。  ご承知のように,スイスでは2年前の国民投票で、ベーシックインカムの導入案が72%の反対… [続きを読む]

  はじめに; 国内の反対派からはもとより、同盟国からも総スカンを食い、世界中を敵にしてでも、「米国第㈠」に猛進しているトランプ大統領を、歴史の流れとして眺めている米国のフーバー機構の歴史学… [続きを読む]

1 2 3 4 5 >

Page Top