はじめに;   普遍的な基本収入は、―最低保証収入とも呼ばれ―必要の有無にかかわらず、全ての市民に現金給付を提供します。擁護者は、技術系億万長者のElon MuskとMark Zuckerb… [続きを読む]

  はじめに; CATO 研究所による、2019年の福祉、労働、および富の全国調査の調査結果と題する報告書が掲載されているので、ご紹介します。アメリカ人が仕事、福祉、社会的流動性等についてど… [続きを読む]

はじめに; OECDのサイトのトピックスコーナーで、税のモラル(納税道義)に関するOECDの最新の報告書の紹介記事が、アメリカの税の出版サイトTaxnotes に、同報告書の簡単な紹介記事が掲載されて… [続きを読む]

はじめに; タックスヘイブンは、年間5,000億㌦~6,000億ドル(1ドル=110円で換算して55兆円~66兆円)の法人税の課税漏れをもたらし、そのうちの約3分の1(2,000億㌦)が、低所得経済圏… [続きを読む]

はじめに 暑かった今年の夏も、台風15号の関東直撃をもって、終息の兆しの中での、第4次安倍再改造内閣がスタートしました。この度の改造と党人事についての世論調査では、改造の顔ぶれについては「評価する」4… [続きを読む]

はじめに フランス上院は11日、米フェイスブックやグーグルなど国際的なIT(情報技術)大手を課税対象とする「デジタル課税」法案を可決した。通商措置を講じる可能性を示唆して撤回を求めた米国の脅しに、フラ… [続きを読む]

はじめに; G20の大阪サミットが、無事故で成功裏に終了したことをお喜び申しあげるとともに、開催地大阪の関係者はもとより、全国から集まった警備への応援団の皆様、そして何よりも、安倍総理をはじめとする政… [続きを読む]

米国議会はIRS改革法を可決 2019年6月16日更新

はじめに; 議会が内国歳入庁への変革的な改訂を検討した最後の年は1998年でした。今、20年後、彼らはそれにもう一度打撃を仕掛けています。HR 1957、2019年の納税者優先法は、4月上旬に下院で超… [続きを読む]

はじめに;  2回のMMT論争の紹介で、わが国がその先頭を走る、MMTの実践国と言わんばかりの紹介や指摘が気になっていましたが、5月31日と6月3日付の日本経済新聞の経済教室コーナーで、現代貨幣理論M… [続きを読む]

オンラインでのノーベル賞受賞学者のクルーグマン教授と米国民主党のチーフエコノミストのケルトン教授のMMT 論争を下記の掲載記事でご紹介します。   目次 投稿者 掲載日 表題 掲載サイト クルーグマン… [続きを読む]

1 2 3 4 5 >

Page Top