『桜ケ丘税の図書館便り』(第7号)

『桜ケ丘税の図書館便り』(第7号)

7

桜ケ丘税の図書館便り

 

                                    20165月号 

 

一般財団法人日本税務協会のホームページのご案内                 http://www.tax-nzk.or.jp/

 

  

 

更新履歴

Ⅰ お知らせコーナー『トピックス』の更新一覧

 

 日本の国防改革を米シンクタンクの北東アジアの専門家が解説

デンマークモデルー気楽にこれを真似しようとしないでくださいー

2016年サイト初め

「ゆく年くる年」

カナダにおける10年ぶりの2世総理の新政権への交代

英国における財政再建を巡る政権交代物語

英国国税庁の税務署等の歴史的な再編成の動き

組合がツイプラスに背を向けたギリシャ

クリントン家の蓄財(現金収入)

日本のシンクタンクの世界ランクは?

世界の相続税事情

IRSスキャンダルの上院財政委員会による総括報告

米国内国歳入庁の個人情報保護作戦

ギリシャ支援での新たな動き

脳を傷つける10の食品

『お知らせ』のアーカイブ

確定申告スタート

 

Ⅱ 『続きもの』の一覧

マイナンバー導入物語(続く・・・)

ギリシャの財政再建物語(続く)

 

Ⅲ お勧めの読み物

吾輩は猫であった(第6巻)続く・・・

 我輩の辛口コラム

Ⅳ  税の図書館の更新履歴

 2015821日更新

 桜丘税の図書館便り【第6号】

 2015年「税を考える週間」特集号

 

 

 

目  次

番号

標    題

掲載日

99歳のおじいちゃんが教えてくれた「25の人生訓」

2015年1月9日

IRSの申告書作成業者の名簿の公表スタート

  2月5日

IRSスキャンダルの上院財政委員会による総括報告

8月17

世界の相続税事情

         8月31

クリントン家の蓄財(現金収入)

        11月14

10

英国における財政再建を巡る政権交代物語

        124日

12

英国国税庁の税務署等の歴史的な再編成の動き

    11月27

16

税負担から解放される日(Tax Freedom Day

11月11

18

デンマークモデル―気軽に真似ようとしないでください―

2016年1月14

18

10

103歳になってわかったこと(美術家・篠田桃紅)

1. に後日追加

23

 

 

 

1.99歳のおじいちゃんが教えてくれた「25の人生訓」

出典:http://www.popsugar.com/smart-living/Life-Lessons-Written-99-Year-Old-Man-36166279 

2015年1月9

あけましておめでとうございます。

新年早々、フランスでは、週刊誌出版社の本社が銃撃され、12名の死亡が報じられています。

そこで、

ことしの今後が少しでも明るくなるよう祈念して、以下のほっとする明るい記事を翻訳しましたのでご覧ください。おじいちゃんの人生25の教訓は、別に特に変わったものではありませんが、だからこそ誰にでも当てはまる、役に立つものばかりなので、あえて披露させていただきます。

 

お孫さんのMacy Williamsさんが投稿したものです。

 『私の曽祖父は99歳で、ほぼ一世紀を生きたことは、彼に何かを教えてくれました。 アンディ·アンダーソンの人生の物語は、大画面用で 彼は土曜日に私の曽祖母に会い、彼らは翌週の土曜日に結婚しました。   私のおばあちゃんは、67年後に彼女の最後の息を引き取るまで、彼らは一緒に過ごしました。 その67年の間に、彼らは、二人の子供を持ち、1人の息子を養子にし、郡で最も偉大なパーティーの主催者でした。』

大学に行かず、アンディは仕事ではトップにのぼりつめて働いた;   彼は全国規模のセーフウェイの酪農部門の企業のマネージャーになった。 文句なしにいくつかのブランド– 彼は最終的に家族の中でおじいちゃんチーズのニックネームのMR.チーズを獲得した。 私は彼以上に、人生の教訓を与えてくれた人を思いつきません。以下は、彼が99年間で学んだ人生訓なーんだ。

 

1、いつでも、気の利いたユーモアを忘れないこと。

2、最下位からスタートすることほど、よいことはない。

3、一日も欠かさずに運動しよう。たとえ気が進まなくても。

4、自分が稼ぐ以上の金を使ってはならない。

5、オレンジジュースを毎日飲む。

6、ひと目惚れは作り話ではない。

7、悪い仕事でも、仕事がまったくないよりはいい。

8、カビがちょっとくらい出ても大丈夫。食べ物を無駄にしてはならない。

9、家族は、人生で手に入れる最も大切なものだ。

10、ソーセージを毎日食べる。私には効き目があった。

11、人生はデリケートなものだ。自分を大切にしないと人生はダメになってしまう。これは私がチーズから学んだことだ。

12、本当の自分になることを恐れてはならない。

13、誰もが服を持ち過ぎだ。自分が持っているものを着て、それ以上買うのはやめなさい。

14、許せるようにならなければならない。たとえそれが難しいことであっても。

15、お金はいま使わず、後で使え。

16、愛は、常にたやすいとは限らない。ときには努力しなければならないこともある。

17、あらゆる状況下で、何か笑えるものを見つけよう。

18、問題に直面したときは、解決策を見つけるのを先送りしてはならない。だが、解決の方法がない場合は忘れるべきだ。

19、自分が大好きなことをやるように。自分の持っている夢を追うことを恐れてはならない。

20、教育は重要だが必須ではない。人生自体が教育になりうる。

21、自分の世界を探検し、好奇心を持ち続けよう。

22、難しく考えすぎず、肩の力を抜こう。

23、私のフルネームはウィリアム・ブラッドフォード・ジェームズ・アンダーソン。そのイニシャル(W, B, J, A)は常に「Why Be Just Anybody?」(なぜ「ただの誰か」でいるのか)と自分に問いかけることを思い出させてくれる。

24、常識を身に付けよう。あらゆる状況に対して、最も筋の通った答えを考えよう。常識のない人間はダメだ。

25、人生は、自分で開けなければならない贈り物だ。そしてその中身が、自分を幸せと落胆のどちらに導いてくれるかを決めるのは自分次第だ。人には、自分自身のためにそれを決める力がある。

 

チーズおじいさんの近況を知りたいでしょうが、カリフォルニアのベニシアあたりで、電動のスクーターを乗り回しており、「年を取り始めたら何をするかを考えているところだ」と言っているとのこと。金さん銀さんが言ってたことと全く同じだよね・・・笑顔(^ω^)

 

2.IRSの申告書作成業者の名簿の公表スタート

 

 2月5日、米国内国歳入庁(IRS)は、申告書作成業者の名簿の公表をスタートさせました。IRSは、かねてより、申告書作成業者(税理士、公認会計士、OB代理人、その他代理業者)の不正申告加担等に対しての監視の強化に努めてきました。そのため、業者の登録番号、研修制度等をスタートさせてきました。

しかし、2013年に、IRS対Loving の訴訟で、連邦裁判所は納税申告書作成の継続教育要求する必須のテストの要求でのIRSの努力を無効とし、それは、控訴裁判所が2014年に支持していました。それにこたえて、IRSは昨年、そのテストの要求等を、任意、自主的なものへの変更を余儀なくされました。

必須テスト要求等を自主的、任意的なものとして再スタートさせ、年次ファイリングシーズンのプログラムを発表していました。IRSとしては、納税者が悪質な作成業者に騙されないように、これまでの作成業者の識別番号を生かしつつ、作成者利用の場合の、業者の識別番号〔PTIN〕の記載を求めています。たとえ強制力がなくても、PTINの無い者の申告書が、申告書のチェックや、その後の調査対象の選定等に影響させることは必至でしょうから、IRSの作成業者の指導・監督等はこれからも強化されることが予想されます。 我が国における税理士制度を参考にされたらいかがかと言いたいとことです。

我が国でも、確定申告の際に、依頼したい税理士さんをどのように探したらいいのかわからない納税者がたくさんいることも確かです。現状は、元税務職員の知人友人を頼ったりするのが多いときく事もありますが、このネット時代ですから、税理士の中には、サイトで自己PRしている若い業者もいます。

その業務の公正性、公益性等から、民間事業者(会社を含む)の、公示制度〔会計報告・事業内容〕に相当する、業務実態の必要最低限の公開を義務付けることはいかがでしょうか。IRSの今回のような、かなりの内容を含む名簿のようなものも一案かと考えます。そもそも、わが国での専門職の公示制度は問題があるのかもしれません。

わが国の専門職の業務の執行についての情報公開は、その利用者の保護等から問題があると常ずね思っていました。資格等を得るための試験制度等が、必要以上に厳しいのも問題ですが、一旦資格を取ると、その資格が独り歩きをして、その後のフォローがほとんどなされていないのが問題なのです。特にサムライ(士)業務の人たちの、現在価値を証明する情報の公表制度が全くないといってよいのです。その利用者は、その資格を信用するしかなく、被害にあっても、救済されない可能性の方が高いのです。その監督をその業務をつかさどる役所だけに行わせているのが問題なのです。

それで、弱者たる利用者を守ることができるでしょうか。サムライ業務の監督は、製造業等の消費者を保護する消費者庁のような、第3者機関に行わせるべきでしょう。それと同時に、情報の公開の更なる強化が必要です。その場合優先させるべきは、税理士さんではなく、納税者の便宜と保護でしょう。

それでは、IRSの発表をご覧ください。

 

IRSは、連邦税の申告書作成業者の名簿の公開をスタート

出典:http://www.irs.gov/uac/Newsroom/IRS-Launches-Directory-of-Federal-Tax-Return-Preparers

IR-2015から22、2015年2月5

【ワシントン 内国歳入庁は本日、税務申告書作成業者の新しい、オンライン公開名簿の立ち上げを発表しました。  IRS.gov上のこの検索可能なディレクトリは、納税者が、彼らの納税申告の準備を支援するための資格情報を選択し資格を持つ税の専門家を見つけるのに役立ちます。

「この新しい名簿は有料の作成業者のサービスに依存している数百万人のアメリカ人のための実用的なツールとなるでしょう、彼らは今年の納税申告書上の新しいヘルスケアの規定についての質問がある場合は納税者は、支援を受けるのに、これらの税務専門家に頼れることもできます。」とIRSのジョン•コスキネン長官は語った。

名簿では、以下の項目の検索とソートができます:名前、市、州および郵便番号、弁護士、公認会計士、登録OB代書人、IRSの任意の年次ファイリングシーズンプログラム研修を修了した者。 また、記載されているすべての作成者は、2015年に有効なプリペアラ税識別番号(PTIN)を持っている。

納税者は、海外での稼動の専門家を含め、作成者に求める優先資格や作成者の所在地を使用しての名簿の検索ができます。 弁護士、公認会計士、登録OB代書人又はまたは年次ファイリングシーズンプログラムの参加者でないPTINsを有している税務申告書作成者は、ディレクトリに含まれていませんし、無料のサービスを提供するボランティア税申告書作成でもありません。

名簿は、今年提出される申告書に影響を与える手ごろな価格の医療法の税項目について税の専門家からの助けを得たい納税者のための情報源にも成りえます。

人々の大半は、彼らだけが健康保険を持っていたことを示すために、彼らの連邦所得税申告書上の欄にチェックする必要があるだけです。 其れ以外の者は、税額控除でのマーケットカバレッジを持っているか、免除を持っているか、それらを必要としているか、または彼らは健康保険を購入する余裕がなかったためではないことを選んだがゆえに、支払をしなければならないことがあります。

 IRSは、IRS.gov/aca納税者がより良い新しいヘルスケア法の詳細を理解するのに役立つ豊富な情報を提供しています。 新しい名簿に記載されているものを含め、多くの税の専門家は、納税者がこれらの変化を理解することを支援できるでしょう。 

1.4億以上の個人の納税申告書が、昨年提出され、そのうちの半数以上が有料申告書作成業者の助けを借りて作成されました。 納税者が利用できる異なる種類をナビゲートするためのプロの税務ヘルプのために、昨年12月、IRSは、専門家のさまざまなカテゴリを説明するページIRS.gov/chooseataxproを発表しました。 納税者はまた、資格がある正しいタイプを求める納税者のための追加情報を提供することができる国家の非営利税専門家グループのウェブサイトへのリンクを提供しているIRS.gov上の新しいパートナーページを使用することができます。

 IRSはまた、提供しています無料の税務申告の適格納税者のために無料の申告書作成も提供しています。 しかし、有料の税金の専門家を使用するか、ボランティアの助けに頼るのか、自ら申告書の作成をおこなうかどうかは、納税者が自分の申告書を電子的に作成し申告しながら検討する必要があります。 電子申告は、完全かつ正確な申告をする最も簡単な方法です。資格ある納税者のためのIRS無料ファイル 商用ソフトウェア専門的な支援を含め、さまざまな選択肢があります。

2010年に、IRSは、有料で連邦税務申告書を作成するすべての者は、原則として、IRSからPTINを取得することを必要とする税の申告プリペアライニシアティブを立ち上げました。確定申告期間のスタートの時点では、666000以上の税務申告書作成者は2015年現在のアクティブなPTINsを持っています。現在、有効なPTINを持つ人は、有料で連邦政府の納税申告を準備することができます。 少なくとも、納税者は彼らの税務申告書作成者が有効なPTINを有しており、納税申告書上でそれを含んでいることを確認する必要があります。

 

3.IRSスキャンダルの上院財政委員会による総括報告

 

 IRSスキャンダルの上院財政委員会による総括報告               2015年8月17

8月5日付のForbes のサイトに、「IRSのすべての不始末を上院報告書が指摘」と題する記事が出たので、同じ報告書についてのNYT紙の6日付の「電子記事も合わせて仮訳し、概要をまとめてみましたので、このコラムですでに掲載している『IRSスキャンダル』の総括的な中締め的なものとしてお読みください。

 参考:報告書そのもののサイト;

http://www.finance.senate.gov/newsroom/chairman/release/?id=11f4db1f-9986-4ecb-ba61-f3a8abeb2672

この報告書は、今年の8月5日付で上院財政委員会より発表されました。

出典:  8月5日付フォーブスのサイトのロバート・ウッドの投稿

http://www.forbes.com/sites/robertwood/2015/08/05/just-gross-mismanagement-at-irs-suggests-senate-report/

 

IRSでの総不始末、上院報告書が指摘

長いこと待ちに待った、IRSのスキャンダルについての超党派報告書を、上院財務委員会は、リリースしました。 いくつかの民間の納税者情報が問題であったので、レポートに至るまで、非公開でのセッションとインタビューが行われています。 IRSは実際には標的にされたのではなくて、IRSが単に無能だったと、報告書は示唆しているようです。IRSのトップの管理者は、この申請について知らされていませんでした。

また管理者、少なくとも管理者のトップ(IRSの長官)は、実際にその事務を監視していませんでした。 ロイス·ラーナーは、2010年のはじめに、その問題の責任者であったが、彼女の上司に報告できなかったことを報告書は示唆していいます。実際に、ラーナーのリーダーシップの下で、IRS非課税団体ユニットは、免税資格のためのティーパーティーや他のグループからのアプリケーションを処理するための7の取り組みを開始していました。いずれの7つの取り組みも失敗でしたと報告書は述べています。

それはある団体においては、税の免除·アプリケーションのIRSからの決定を5年間待たされた長い遅延を意味します。 しかも、レポートが免除アプリケーションを処理するIRSの職員が遅延や顧客サービスを心配しているようには見えなかったと言います。 いくつかのケースでは、組織が待ちくたびれて解散していました。そのほかのケースでは、遅延が助成金の喪失を意味します。

IRSは遅ればせながらIRSがロイスラーナーのハードドライブが、2011年に消失したときに失われた可能性の応答文書を大量に回収することができなかったことを上院財政委員会への遅い通知の後に、このレポートは、1年以上遅れました。

 

報告書は、IRSは、 最高裁の市民ユナイテッドの決定に従って、政治的雰囲気の中で機能していることを認めています。裁判所は、企業、労働組合や他の組織による言論の自由を禁止することは違憲と判示しました。それは政治的な支出を監視するIRSに圧力をかけています。 しかし、共和党と民主党は明らかにレポートから別の結論を出しています。 上院財政委員会委員長オリン·ハッチ、R-ユタ州は、言いました:

「この超党派調査はIRSの最高レベルでの総不始末を示しており、容認できない真実を確認しています:IRSは、権利を乱用しやすいこと。 委員会は、政権の政治課題が、保守的なグループの扱いに関して、IRSの行動を導いたことを示す証拠を発見しました。 このようなロイス·ラーナーのように、IRSの職員の個人的政治行為も、IRSの業務の行い方について影響を与えました。 アメリカの納税者は、IRSからより多くを期待し、公平に、政治的所属に関係なく税法を執行するその職務の所信ミッションステートメントに恥じない行動をとるIRSに値する必要があります。 今後、再びこのようなことが起こることがないように、我々はIRSが、実質的な改革に取り組むための基盤として、この超党派報告書を使用することができることが私の希望です。」

対照的に、上院議員ロン·ワイデン、民主党オレゴン州の、ランキング民主党の委員は、以下の留意点を含む発言で、反対しました:

「この徹底した、超党派の調査の結果は、政治的介入の証拠のない純粋な官僚の不始末を披露しています。 政治的スペクトルの両側のグループは、免税資格を確保するための努力にも同様に取り組みました。 今や、これが再び起こらないことを保証するために、超党派のスタッフの推薦を追求する時です。」

委員会は、IRSの管理の不備に対処するための沢山の推奨項目を作りました。 その内容は:

  1. ハッチ法は、たとえ非番のときであっても、免除組織の問題を扱うすべてのIRS、財務省および最高顧問の職員を、政治的な管理や党派のキャンペーンに積極的に参加することから妨げる、「さらに、制限された」ものとして指定するよう改訂されるべきです。
  2. IRSは、未処理の仕事を検出し、対処するために免税資格の申請の時期を追跡する必要があります。
  3. IRSは、そのタイムリーな支援の確保を保証するために、支援の要請をたどる必要があります。
  4. 期限超過のアプリケーションのリストは、四半期ごとにIRS長官に送られるべきです。
  5. 申請を受理してから270日以内にIRSの職員は決定するべきとの内部IRSガイダンスが要求されるべきです。 違反した職員と管理者は懲戒処分されるべきです。
  6. 最小訓練基準は、彼らが自分の仕事を実行するのに十分な専門的な能力を持つことができるように確立されるべきです。

報告書は、「疑いもなく、これらの出来事が国民の信頼を損ない、IRSの公平性についての疑いを持っていました。ロイスラーナーの不足しているメールを取り巻く状況についてのIRSによる管理の公正性の欠如は、これらの疑惑を強化させたにすぎないのかもしれません。」と述べています。それを証明するのは難しいです。

とやや共和党の主張に重きを置いた投稿になっているようです。(訳者の感想?)

 

一方、NYTimesに記事は、もっと中立な立場からのものとして、両論が併記多くみられます。

出典:8月 5日付 NYTimes:JACKIEカルマスによる投稿

http://www.nytimes.com/2015/08/06/us/politics/senate-report-cites-irs-mismanagement-in-targeting-of-tea-party-groups.html

上院報告書は、ティーパーティーグループを標的にしたIRSの不始末を訴えています

 

ワシントン-水曜日に上院委員会は、内国歳入庁の不始末が免税資格を求めている保守的なグループを不適切に標的とするように自らを導いたということを満場一致で合意し、2年間の調査の幕を閉じました。 しかし、パネルの報告書は、どの法律も侵されなかったこと、またホワイトハウスの政治が問題の背後にあったかどうかについては共和党と民主党を分裂させたことは示唆しませんでした。

「この超党派調査はIRSの最高レベルでの総不始末を示しており、容認できない真実を確認する:IRSが権利の乱用をする傾向があること。」を、上院議員オリン·G.ハッチ、ユタ州の共和党上院財政委員会の委員長は、400ページ以上のレポートを発表するために密室投票した彼のパネルの後の所信表明で述べています。

I.R.S.高官は、当部門はそのタイトルに「ティーパーティー」や「愛国者」の非営利の申請者を選抜していたことを認めました。

 

ハッチ氏は、「委員会は政権の政治課題は、保守的なグループの扱いに関して、IRSの行動を導いたという証拠を発見した」と付け加えた。しかし、委員会の上級民主党、オレゴン州の上院議員ロン·ワイデンは、同じニュースリリースで、調査の結果、「政治的介入の証拠の無い、単なる純粋な官僚の不始末」が判明したと述べています。「政治的スペクトルの両側のグループは免税資格を確保するための努力を平等に扱いました。」とミスターワイデンは言いました。

2当事者の解釈の違いは、それらを、共和党と保守的なグループが最初に、免税資格を求めていたティーパーティーを余分に精査し、遅延のために選び出したことでIRSを非難した後の、2年以上前に始まった状態にしたのです。

たとえそうであっても、全体的な超党派および財務委員会の行動と調査の結論は、共和党が取り仕切る下院で、論議を呼びそうな性質の主張とより党派並列的な質疑の両方が与えられた注目すべきものでした。

「私たちの調査は、2010年から2013年のIRSの管理が、ティーパーティーやその他の政治的権利擁護団体によって提出された免税資格の申請書の処理で、効果的な規制、指導および監督を提供する責務を怠っていたことを発見しました。」と委員会は結論付けました。

論争とその後の連邦議会、IRS内部及び司法省での調査は、数年間当局をかく乱しています。 それらはケースの中心人物と保守派の主なターゲットとなった、シンシナティ監督非課税組織のIRSユニットの最高責任者ロイス·ラーナーを含む、出先機関の執行管理者その他の関係者の追放に貢献しました。

 

議会のその後の予算削減は、納税者にサービスを提供するためにIRSの能力を妨げており、税務コンプライアンスを確保するために、その監査を削減しました。 および政府機関内部と外部の人が問い合わせが非課税エンティティのための許容されるものを超えて政治活動に従事する可能性があります非営利グループを識別するための責任従業員の萎縮効果があったと言います。 同時に、政治団体は、増殖しているとこれまで以上に多くのお金を取り込みます。

ハッチ、ワイデン両氏が委員会の報告書で推奨される変更を求めたが、それは議会が、彼らが夏休みから9月に審議に戻る年に、IRSの職員は、すでに忙しく、分裂状態になっていると思われる見直し法案が通過するかどうかは不明です。

 IRSは、レポートを確認することを声明で述べています。「我々はすでに我々のプロセスや手順の改善を行うために多くの措置を講じてきた。」と言いました。委員会は、IRSが免税資格の申請者が追加的な精査をする必要があるかどうかを決定する際に、IRSをその判断に導くための客観的な基準を求めていました。

ラーナーさんに対する公訴事実は、申請者が過度の政治活動に従事していたかどうかを測るには、「ティーパーティー」または「愛国者」などの用語が含まれている名前を持つものを検討することを米国弁護士協会の聴衆に言った2013年5月に、浮上しました。

問題となっている非営利団体は、社会福祉団体として定義されていて、その主な活動政治活動でないが、何らかの政治活動に従事しているエンティティに免税資格を付与する税コードのセクション501(C)(4)として知られていいます。IRSは、・・・ティーパーティーグループが全国的に増殖され、最高裁の判決が選挙献金にいくつかの制限を打った年の・・・2010年・・・にアプリケーションが殺到し、そしてIRSはそのシンシナティオフィスに審査を集中したと述べました。

ハッチ氏は、ラーナーさんのような「IRSの職員の個人的な政治信条」が「IRSの仕事のやり方」に影響を与えたと述べた。しかし、委員会の民主党は、「彼女は民主党であったことの単なる状況証拠」以上に、ラーナーさんが彼女の政治的信念を、マネージャーとしての職務の遂行のやり方に影響を与えることにまでには至っていないとしている。

報告書は、かなり、左に傾いたものよりもかなりより保守的な傾向のグループが、複数年の遅れとその申請における狙い撃ち監査をおこなっていたと述べました。 民主党は、より保守的なグループが、2010年から2013年まで多くの免税資格を申請していたという事実に起因するとしています。

 といった具合に、民主党サイドの出張もかなり取り込んだ記事になっています。それにしても、IRSへの予算の削減は本末転倒だと言わざるを得ません。

以上

 

 

4.世界の相続税事情

2015年8月31

 

 相続税への関心が高まっている。今年1月の税制改正では最高税率が50%から55%に引き上げられ、非課税枠の基礎控除が4割縮小したことで課税対象も広がった。相続税は今年で誕生から110周年。その歴史を振り返りつつ、海外諸国と比較してみる。

 

 相続税は1905年(明治38年)4月、前年に始まった日露戦争の戦費調達を目的に導入された。当時の大蔵省は酒税や所得税、地租(固定資産税)を相次いで増税。それでも足りず、欧米にならって臨時で導入したのが相続税だったとされる。日露戦争後、ロシアから賠償金が支払われず、財政が逼迫した政府は相続税を存続させ、現在まで110年も続く恒久税制となった。

 

相続税 ある国、ない国

 一方、海外では相続税を廃止したり、そもそも存在しなかったりする国が少なくない。カナダとオーストラリアは1970年代に廃止。1992年にはニュージーランドが続き、高福祉高負担で知られるスウェーデンも2004年に相続税をなくした。アジアでもマレーシアやシンガポール、中国には相続税がない。

 

主要国の税率等の比較

相続税の課税のしくみは国によってさまざま。最高税率、日本は55%に改正

 

フランス(7)

ドイツ(7)

日本(8)

 米国(12)

 英国(1)

最高税率

45(%)

30

50

39

40

最低税率

5(%)

 

10

18

40

課税最低限

1,350

(万円)

5,400

3,600

65,160

6,077

配偶者の免税

あり

なし

遺産額の半分

米国市民の配偶者

あり

(注1)国名の右横のかっこ書きで税率の段階の細かさがわかる。日本は相続による取得金額によって、税率が8段階に分かれている。米国はさらに多い段階。英国は一律40%だった。

(注2)課税最低限の金額も国によって異なる。米国は日本円にして6億円超の超富裕層だけが相続税の対象となっている。

* 日本は法定相続人が1人、フランスは尊属及び子、ドイツは子の場合

* 1ドル=120円、1ポンド=187円、1ユーロ=135円で計算

 

 日本の相続税の転換点は第2次世界大戦後。GHQ(連合国軍総司令部)の下で出された「シャウプ勧告」により抜本的に見直された。財閥など一部の富裕層に富が集中するのを防ぐため、最高税率は1950年に90%に引き上げられ、遺産が長男に集中しないよう制度も改められた。

 その後、最高税率は75%→70%と段階的に引き下げられ、2003年の税制改正では50%になったが、今年1月の改正で55%に引き上げられた。

課税最低限の比較

 2015年の改正では課税対象も広がった。非課税枠の基礎控除も従来の「5000万円+1000万円×法定相続人の数」から「3000万円+600万円×法定相続人の数」に4割縮小。財務省の試算では、亡くなった人全体に占める課税割合は4%台から6%台に上がる見込みだ。

 相続税の土地評価額の算定基準となる2015年分の路線価は、東京で前年比2.1%上昇するなど大都市圏を中心に上昇傾向にあり、課税対象はさらに増えそうだ。

配偶者の相続税免税

夫もしくは妻が亡くなった場合、相続税が免除される「配偶者控除」も国によって対応が異なる。

「相続税なし」を売りにする国も

 田辺国際税務事務所の田辺政行税理士は「一部の国には相続税が存在しないことを売りに海外の富裕層を自国に招き入れたいとの思惑がある」と指摘する。新興国には政治的な理由に加えて徴税制度がきちんと整備されておらず、個人の資産を把握しきれないため、導入していない国もあるという。

 「持つモノから取る」方向にかじを切った日本と、「優れた人材」を取り込むため税を軽くし成長を急ぐ諸外国。税を巡る国家間の攻防は厳しさを増している。

取材・制作:高岡 憲人、鎌田 健一郎:協力:PwC税理士法人

出典:http://vdata.nikkei.com/prj2/tax-Inheritance/

以上

 

5.クリントン家の蓄財(現金収入)

                                  2015年11月14

 

出典:フォーブズ誌のサイト:Dan Alexanderによる

http://www.forbes.com/sites/danalexander/2015/10/13/how-the-clintons-made-more-than-230-million-after-leaving-the-white-house/

ホワイトハウスを去ってからどのようにしてクリントン家は、2憶3千万ドルを稼いだのでしょうか

;クリントン家の現金収入:2001年~2014年の累計額2億2,900万ドル(274億8,000万円)

 

ご両人の、収入源別の累計額

収入源

ヒラリー

ビル

講演

8%(1,835万)

44%(1億900万)

書籍

7%(1,605万)

17%(3,800万)

コンサルテイング

 

12%(2,752万)

ロンバークルの顧問

 

7%(1,605万)

その他

6%(1,376万)

合計収入金額

2億3,000万 (ドル)

注:年平均収入金額は、19億6,300万円になります。

 

2001年にクリントン家がホワイトハウスを去る直前(1週間未満)に、彼らは285万ドルの15分で行ける代替家屋を買いました。これは、法的債務100万ドル上の借金を抱え、ほぼ何の純資産も当時持っていなかったカップルにとっては高価な買い物でした。しかし、クリントン家はほとんど心配することは無く-彼らがする資産形成のために態勢を整えていました。その後の15年間で、彼らは税金等調整前で2億3千万ドル以上を稼ぎました。 お金が高速で流れました。ビルは 125,000ドルでニューヨークのモルガン・スタンレーでのスピーチを行いながら、彼は2001年2月5日に大統領を辞めて3週間もたたないうちから、高報酬の何百ものスピーチをまず行いました。同社は掘り出し物を得ました。ヒラリーが上院議員と閣僚として提出した開示書類によると、ビルは結局いくつかのケースでは$ 500,000の講演料で、スピーチあたりおよそ225,000ドルを彼の平均レートへと徐々に上げました。 2005年には、ビルは、HSMイタリアと呼ばれるグループにニューヨークからビデオ会議を行うために$ 125,000要求しました。だれもが、彼は、2001年から2014年の講演から約1億ドルを掻き集めまたと言っています。 元大統領はまた、本を書いて財産を築きました。 2004年に、彼はニューヨーク・タイムズのベストセラーの第1位となった彼の回顧録私の履歴を、発表しました。 2001-05年から、クリントンは彼の納税申告書では、講演や執筆を共同事業として記載されているので、彼がその期間中に講演対出版がどのくらいだったかを伝えることは困難です。しかし、彼の講演の仕事の収入は、ヒラリー上院議員が提出した報告での年間開示に詳述されています。これらの収入を、彼の講演活動がクリントンの税務申告における2001-05からのそれは2006年と2007年に作られたものと同様の利益を生じたことを想定して、フォーブスは、それらが上の組み合わせビジネスとしてリストされている5年間の各ソースから生じる彼の所得がどのくらいかを推定しました。我々の計算によると、ビル・クリントンは2001年から2005年の間の書籍活動から推定 29百万ドル、2006年から2014年に別の 900万ドルを築いたようです。クリントンはいくつかのコメントの要求には応えませんでした。

ビルは2003年から2008年に億万長者ロン・バークルが率いる投資会社Yucaipaの顧問として働いたことで1500万ドル以上を請求しだけでなくビジネスでもお金を作りました。クリントンは彼が2008年に彼のYucaipaのパートナーシップを処分したときにクリントンは約 725,000ドルの損失を宣言しました。翌年、彼は他2社、シャングリ・ラ・インダストリーズとワッサーマンの投資のコンサルティングを開始しました。 2年間で、クリントンは、シャングリ・ラ・インダストリーズとワッサーマン・インベストメンツから 310万ドルから250万ドルを稼得しました。

2010年に、クリントンは彼の最も収益性の高いコンサルティングの顧客、営利目的のLaureate Education大学、を追加しました。 5年間で、Laureateは、クリントンに合計で 1600万ドル支払いました。元大統領は、また、2011年から2014年に、別の営利教育会社、GEMS教育のコンサルタントになり、その期間で600万ドルを獲得しました。合計では、ビルは彼がYucaipaから得た巨額に加えて、コンサルティングから2,700万ドルを作りました。 ビルが大金を稼いでいた間に、ヒラリーは上院議員として働き、後にオバマ大統領の国務長官としてキャビネットで働き、比較的乏しい政府の給料を得ていました。彼女は、自身の本からのお金で彼女の収入を補いました。 2001年から2007年まで、ヒラリーは、著者として彼女の2003年のベストセラーの自叙伝のおかげで年間で 130万ドルの平均収入を得ていました。

 

ヒラリーは彼女が国務長官としての彼女のポストを去った時には、彼女の夫がもたらしたような種類のお金をもたらしませんでした。彼女はすぐに、ビルがモルガン・スタンレーでスピーチをすることで、12年前に行っていた、収益性の高い講演によるツアーを開始しました。 2013年4月18日に、彼女は会社で話をし、 225,000ドルを要求しました。彼女は、米国およびカナダの観客に独占的に話しながら、有料のスピーチでは225,000ドル以下を要求することは決してしないで、年間を通して話し続けました。その年の終わりまでに、彼女は講演から900万ドルを得ていました。 元ファーストレディーは、2014年に講演ツアーで別の 900万ドルを稼ぎ、スピーチから800万ドルを成した夫ビル以上のパフォーマンスを繰り返しました。ヒラリーが彼女の本から500万ドルをもたらした間に、ビルは、LaureateとGEMS教育のために 600万ドルのコンサルティングを行いました。それらすべてを合計して、クリントンは、2014年のレコードの 2,800万ドルを稼ぎました。それは、JPモルガン、Appleとウォルマートなど、アメリカの大企業の一部の経営者の総報酬以上でした。公平を期すために、クリントン家は、これらの企業は独身の最高経営責任者(CEO)を持っているのに対し、共稼ぎでした。 合計では、パワーカップルは、彼らの納税申告に応じて、税金等調整前2001年から2014年に2億2,900百万ドルを作りました。彼らはその2015年度の税の確定申告を完了していませんが、ヒラリーがリリースした今年初めの開示は、クリントン家の講演事業は、2015年のいつかの時点で2億3,000万ドルを超えることを意味する、5月14日までで、報酬で500万ドルを集めていたことを示しています。  フォーブス世界億万長者リストに掲載されている多くの人のほとんどのビジネスの大物実業家とクリントン家が違うことは、彼らは彼らの富を株式の利益ではなく、ひたすら現金で作ったということです。私たちの億万長者リストの特色は、それらがクリントン家よりもはるかに多くの財産を持っているということですが、彼らの富の大半は様々な企業の所有権に包まれています。私たちのリスト上の億万長者の多くは、クリントンより毎年少ない現金しか受け取っていません。ビルとヒラリーの流動性は、彼らに政治運動中に使用する軍資金を提供します。 2008年には、ヒラリーは彼女のキャンペーンに1,320万ドル貸し出しました。彼女が自分自身への返済を開示したことはありませんでした。

 

クリントン家が、彼らが作ったお金の残りで行ってきたことが正に不明なのです。毎年の所得税申告書に毎年の開示書類を重ねて、フォーブスはクリントン家の所有財産は、共同で4,500万ドルであると推定しています。過去の税務申告書と財産の記録によると、彼らは、9,500万ドルを申告書上で支出し、彼らの二人の家計費は500万ドルで、彼らは2001から14年に慈善団体に2,200万ドルを寄付していました。

1つ明らかなことは、クリントン家は、もはや彼らはワシントンD.C.でその数百万ドルの家を買う余裕があるかとか、何ができるかどうかを心配する必要はないということです。

以上

 

 

6.英国における財政再建を巡る政権交代物語

 

2015年12月4日掲載

財政再建は主要先進国の共通課題となっており、緊縮財政優先か、経済再生が優先かの選択が、政権交代の最大のテーマになっています。それに対しての答え(正解)が1つではないこと、国の役割のあり方は、それぞれの国の政治、経済、歴史、文化、伝統など、など多くの事が関係しているので、国によって千差万別なのでしょうが、全ての国に共通する、ほぼ絶対的な共通ルールがあってもよさそうなきがします。しかし、それですら、ほかの政策を阻害することもありうるので、ポリシイミックスの組み合わせに至っては、無限にありうること等から、この問題で多くの国々が苦労しているのでしょう。国家財政の役割全体でも、大きな政府か、小さな政府かで多くの研究がなされてきました。当協会のホームページでも何度となく、そのテーマについての情報の発信をしてきました。IMF,OECD、その他のシンクタンク等のレポートはもとより、財政破綻の具体例等あらゆるものをあつかってきました。

 

財政再建での成功例も、ご紹介してきましたが、その多くが、国を超えた地域経済、グローバル経済の影響といった時の運的なものによるものも存在したことは確かなようです。しかしもっと確かなことは、目的意識を持って、国を挙げて真剣に財政の再建に取り組まない限り、財政再建はあり得ないということでしょう。そのための役割(負担等)をいかに分担するか、言いかえれば、現在の納税者の中での負担のあり方、いわゆるお金持ちとそうでない者での負担のあり方、年齢性別等の違いでの負担のあり方、都市部の人と地方の人での負担のあり方、もっといえば、現世代の人と将来の世代の人での負担のあり方等々、その検討対象の側面は、国が大きければ大きいほど多く、かつ複雑でもあると言ってよいでしょう。

 

だからこそ、自国と背景、条件等が似た国の政策等(成功例だけでなく、失敗例も含めて)を参考とすることはもとより、他山の石とするのも必要な気がします。「吾輩は猫であった」では、江戸時代の藩政改革の成功例をご紹介し、国内での歴史にも学ぶ価値があると指摘しました。外国の参考例としましては、いろんな意味で我が国と類似している英国もその1つなので、興味があるところであり、議会民主制国家での大先輩でもあるので、引き続きフォローすることとします。

そのスタートの記事が、今回のレポートです。我が国との比較を意識しながら、お楽しみください。

 

1.従来、イギリス財政は安定しており、先進国のなかでも優等生とされてきたという。ゴールデン・ルールやサステナビリティ・ルールなどの財政運営規定によって、財政規律が保たれていた。

 ゴールデン・ルールとは、政府の借入は投資目的のみに行う、というルールである。つまり、国債発行額は投資額を上回ってはならず、それ以外の支出は借入以外でまかなうことになる。

* サステナビリティ・ルールとは、政府債務残高の対GDP比を、安定的な水準で維持しなければならない、というルール。

これらの規定により、放漫財政に陥ることを防ぎ、イギリス財政は安定した水準を保っていた。

 

2.2007年から発生した世界的な金融危機の際、イギリスで政権を担っていたのは労働党でした。当時のブラウン政権は、景気対策を優先させました。経済の悪化に歯止めをかけるため、2010年3月までに総額200億ポンド超の景気対策を実施することを決定しました。付加価値税(消費税にあたるもの)の一時的な引き下げや、年金受給者への一時金の支給などを実施し、2010年度に予定されていた政府による投資支出を、2008年度や2009年度に前倒しして執行することで、景気を刺激しようとしました。ブラウン政権は財政よりも景気対策を優先しており、この不況時に従来の財政規律を順守するのは頑迷であるとして、上記のゴールデン・ルールやサステナビリティ・ルールの適用も、一時的に逸脱することにしていました。

 

3.無論、財政を軽視していたわけではありません。新たな財政運営規定を導入し、将来的には財政再建に取り組むことを明示し、数値目標も掲げた。景気回復を優先させつつも、長期的に財政再建を行っていくという方針でした。しかし、急激な赤字拡大はやはり問題視され、2010年5月の総選挙でも財政政策が最大の関心事になっていました。

 

財政収支(対GDP比)

 

イギリス

ドイツ

イタリア

フランス

ギリシャ

2006

-2.92

-1.60

-3.59

-2.34

-6.11

2009

-10.82

-3.00

-5.27

-7.16

-15.25

            単位: % 出典は世界経済のネタ帳

 

4.2010年5月の総選挙の結果は、早期の財政再建を訴えた保守党が307議席を獲得して第1党となりました。しかし過半数には届かず、得票率も36.1%でした。保守党は自由民主党と連立を組み、キャメロン政権が誕生します。発足したキャメロン政権は早速、6月に緊急予算案を提示。その際に行われたオズボーン財務大臣による予算演説で、緊縮策を行わなければ、金利上昇、企業倒産、失業の急上昇等、厳しい結果に直面すると主張し、緊縮財政を行っていくことを明確に示した。  そして緊縮策の内訳は、7割以上を歳出削減、残りを増税、というバランスで行うとした。

  * 歳出削減については、公務員給与の2年間の凍結、「子ども手当」の3年間の凍結などを行い、医療保険・海外援助以外の部門の予算を、向こう4年で25%削減するとの見方を示した。

* 増税については、付加価値税の引き上げ、銀行税の新設などを行う。その一方で、減税も同時に行い、所得税の控除額拡大や、法人税の引き下げ、などを実施するとした。

 

5.2010年10月、「Spending Review(歳出見直し)」(以下、SR)という文書が発表され、歳出計画の詳細が発表されました。

 そのSRには、次の総選挙まで、つまり2011年度から14年度までの4年間についての各省の歳出計画が記されており、この内容に沿って緊縮政策を進めていくことになる。

 このSRによると、2014年までの4年間で総額810億ポンド(約10兆5300億円)の歳出削減を目指しており、そのために各省平均で19%の歳出削減を行うとした。上述した予算演説による「25%」よりは後退したものの、戦後最大の歳出削減であることに変わりはない。  例えば、以下のような施策が示された。

  • 2014年までに、公務員を49万人削減。
  • 国民年金の支給開始年齢を、2020年に65歳から66歳に引き上げる。
  • 大学教育への支出を40%削減する。
  • 2014年度まで、福祉への支出を年間70億ポンド(約9100億円) 削減する。

 その一方で、医療、教育、国防などの「国家の最優先事項(オズボーン財務大臣)」は例外とされ、医療への支出については11年度から4年連続で引き上げ、イングランドの公立小中学校向け支出は実質ベースで11年度から4年間、毎年0.1%引き上げるとされた。

 この過酷な緊縮策に対して国民のあいだには動揺が広がり、景気への悪影響や、失業率の悪化、社会的弱者への打撃などが心配された。

 

図表2 財政再建の主な項目

                      (単位:10億ポンド)

年度

2010

2011

2012

2013

2014

累計

税制改正

2.8

6.3

7.0

8.5

8.2

32.8

付加価値税

2.9

12.1

12.5

13

13.5

53.9

所得税

-3.5

-3.5

-3.7

-3.8

-3.9

-18.4

法人税

-0.4

-0.4

-1.2

-2.1

-2.7

-6.8

銀行税(新設)

0.0

1.2

2.3

2.5

2.4

8.4

株式譲渡益課税

0.0

0.7

0.8

0.9

0.9

3.3

歳出削減

5.3

8.9

17.3

23.8

32

87.2

合計

8.1

15.1

24.3

32.3

40.2

119.9

(出所)「Budget2010 June」(英国財務省)を基に作成

 

6.キャメロン政権の発足からちょうど5年後の 2015年5月の総選挙

各党の支持率は拮抗、前回同様、どの党も過半数を取れないと見られていました。しかし結果は、保守党が単独過半数を獲得し、自由民主党との連立を解消、単独政権を発足させました。惨敗した労働党のエド・ミリバンド党首は辞任。これが、後のジェレミー・コービンの党首就任のキッカケとなりました。選挙に勝利し続投となったキャメロン政権は、今後も、福祉予算の削減などによって緊縮財政を進めることを明確に示しました。財務大臣も、連立政権から引き続きジョージ・オズボーンが留任しました。

 

7.2015年7月8日に予算案が発表

財政赤字削減のため、2019年度までに年170億ポンドの予算を削減するとしており、その大部分は、福祉予算の削減によって賄われる。そのため、様々な給付金が抑制・廃止されることになりました。この170億ポンドは、税・社会保障給付などに係るものであり、それとは別に、省庁別の事業予算による削減によって、2019年度までに年間200億ポンドを削減するとしています。その詳細は、11月のSRで公表されることが予定されている。

政府は、今回の予算案を「働く人々のための予算」(budget for working people)と位置づけており、「低賃金、高課税、高給付」から「より高い賃金、より低い税、より低い給付」への転換を方針に掲げている。

 

8.まず「高い賃金」を実現するため、25歳以上の労働者を対象に、最低賃金を2020年までに一時間あたり9ポンド以上に引き上げる考えを示した。そして、企業の競争力を高めるため、既に低い水準にある法人税(現行は20%)をさらに引き下げ、2017年4月1日には19%に、2020年4月1日には18%にするとした。

  2011年に導入されて以降、税率が引き上げられていった銀行税については、今後段階的に引き下げることを表明(その代わり、2016年1月から、銀行の利益に8%課税する新税を導入するとした)。

 個人向けにも、既述したように、所得税の基礎控除拡大が予定されている。 さらに、現政権の間は付加価値税や所得税、ナショナル・インシュランス(国民保険)の税率を引き上げないことを法規で定めるとした。

 

9. いずれにせよ、保守党はこれまでも強い反発を受けながらも緊縮策を押し通してきたのだから、今後もこの路線は変わらないでしょう。何より、デーヴィット・キャメロン率いる保守党は、2回連続で総選挙に勝利しています。得票率は、直近の総選挙では労働党との差はむしろ縮まっているようですが、過半数を制して勝利したのは事実です。緊縮政策が信任されたとして、それを推進していくのが自然でしょう。

   税務行政では、徴税の強化と歳入関税庁の予算の強化による課税強化も、着実に実績を上げており、先のトピックスで紹介した、歳入関税庁の機構改革等もこれらと一環のものです。

 

10. 一方の労働党は、反核や反王室、そして反緊縮を掲げるジェレミー・コービンが党首に選出された。かなり大胆な積極財政を主張しているコービンですが、これまでは労働党の中でも日本流であり、責任のない立場であったからこそ、好きなように活動できたという側面もあると思う。反緊縮を掲げて国民に選ばれておきながら、外圧に負けて持論を撤回したギリシャのチプラス首相のような例もある。コービンが今後どこまで自分のカラーを出せるのかは不透明ですが、しばらくは、財政政策を巡って労働党と保守党の対立は続くでしょう。

 

7.英国歳入関税庁の税務署等の歴史的な再編成の動き

2015年11月27

 英国の内国関税庁が、10年かけての大機構改革を発表しているので、仮訳してみました。

税務署の廃止や統合は、納税者の抵抗が大きく、簡単でないことは、我が国でも経験しているところですが、英国での思い切った決断が上手くゆくのか見守る必要があるようです。

 

HMRC歳入関税庁)は、将来にふさわしい税務当局になるために、

この10年の近代化計画の次のステップを発表

最初の公開は:2015年11月12

より少ない、より近代的な地域センターと非常に熟練したスタッフがより良いサービスを納税者に提供します

 

HMRCは、英国におけるすべての国と地域にサービスを提供し、高品質の仕事と、今後5年間で新たに13の地域センターの創出にコミットする、将来をみすえた税務当局を作るための、この10年間の近代化プログラムの次のステップを発表しました 

今中間点である近代化プログラムは、大多数の正直なお客様のためには納税を容易にするために、システムをごまかす不誠実な少数派のためにはそれを困難にするために、納税者サービスでの改善を含む、新しいオンラインサービス、データ分析、新たなコンプライアンス技術、新しいスキルや作業の新しい方法への投資を含んでおります。その改正では、すでに彼らの自主申告書をオンラインで提出する人が80%以上になっており、納税者の疑問に対し、彼らが、納税額を確認し、変更し、答えを発見するための新しい簡単な方法を提供して来ています。

昨年納税者サービスで£5,170億を調達した税務当局は、2017年と2021年の間に、2016/17年度に最初の新しい地域センターの開設とそれに続くセンターをオープンします。

HMRCの58,000人のフルタイムの職員は現在、その多くは1960年代と1970年代のオフィスの遺産であります約6000人から10人未満の規模の範囲内で、全国に170箇所のオフィスに分散しています。HMRCは、その職員を13の大規模な、より高度に熟練した労働力を構築するために必要なデジタルインフラやトレーニング設備を完備した近代的な地域センターにまとめ、不正直な納税者からより多くの歳入を取り込むとともに、正直な大多数の納税者への顧客サービスの向上の課題を満たすこととしています。

その転換は、全国的に仕事を配分するといった政府の約束をサポートしています。 大きなセンターに職員を集中することは、国内での移動をより少なくし、上級レベルへのキャリアアップを開発することを職員に可能にし、専門家チームの育成と、学卒者や熟練した人材の採用のソースとのリンクの拡大を助長します。

 

リン・ホーマー、HMRCの最高経営責任者(CEO)は、言いました:

HMRCは、一方で確実にジョブが英国全体に広がり、首都に集中しないことを確保し、熟練した多様な業務と能力開発の機会で、英国内の各地域でサービスを提供する近代的な、地域センターに取り組んでいます。

HMRCはあまりにも多くの高くつく、分断された、時代遅れのオフィスを構えています。 これは、私たちが我々の仕事のやり方で、協力し近代化し、お客様への当庁のサービスを変更し、システムをカンニングしようとする少数派の取り締まりの強化をするのに必要な変更を行うことを困難にしています。

 

新しい地域センターは、地域の低賃料で、より近代的でコスト効率の高い建物の中に、私たちのスタッフを集約するでしょう。 それらはまた、それらが担当する都市への大きな貢献をして、高品質、熟練した仕事を提供し、 英国のすべての部分に利益をもたらし、国家復活への政府の取り組みを支援します。 

変更は、すべての部門でより少ないコストで多くのサービスをの方向での政府の挑戦を満たしながら、HMRCが、低コストでモダンなサービスの提供を期待する顧客の要望にこたえることができるようになります 

HMRCは、スタッフの大半は地域センターに、現在のオフィスから移動することができることを期待し、冗長性を最小限にするために、10年間での移動を段階的に実行しつつあります。 しかし、HMRCは、コストを削減するために、現代の技術の活用の仕方や、最大限に活用する合理化で、将来的により少ない職員で済むことを目指しています。

 

注記;

  1. HMRCを変更するための高レベルの計画は最初の18ヶ月前にそのスタッフと共有しました。それ以来、HMRCは、それが変化し、議論にそれらが関与する方法について、職員に話し、 英国全体で約2,000のイベントを開催しています。
  2. 本日発表された計画は、歳入関税庁は 2025年までに1億ポンドの不動産を節約し、より良い職場を作ることができることを意味します。
  3. 世界で最も高価なオフィススペースのいくつかを持ってロンドン中心部の歳入関税庁の仕事の多くを移動することは、HMRCにかなりの節約をするのを可能にします

4.地域センターは、それらが抱えている仕事の規模や、仕事のやり方、税の専門家と企業のサービスの組み合わせで異なります。 最小のものは1200〜1300人のフルタイムスタッフと同等のメンバーを持ち、最大のセンターは、業務に焦点を当てたセンターが6,000人以上を擁します。

  1. HMRCは、HMRCはそのITサプライヤーや他の政府機関や部署と連携する必要があり、特にここで、他の場所で行うことができない仕事のための4つの専門家の事務所を持つことになります。これらは、テルフォード、ワーシング、ドーバーとGartcoshスコットランド犯罪キャンパスになります。
  2. 13の新しい地域センターは、以下の地域に設けられます:ノース・イースト(ニューカッスル)。ノース・ウェスト(マンチェスターとリバプール)。 ヨークシャー・ハンバー(リーズ)。 イーストミッドランド(ノッティンガム) ウェスト・ミッドランズ(バーミンガム)。 ウェールズ(カーディフ) 北アイルランド(ベルファスト)。 スコットランド(グラスゴー、エジンバラ) 南西(ブリストル) イギリスのロンドン、南、東、東(ストラトフォードとクロイドン)。地主や請負業者と交渉する必要があるので、私たちは現在、正確な位置についてより多くを語ることはできませんが、場所は、命名した都市の交通の便も良い所になります。
  3. 最終的には、これらの変更は、2027年までには、137事務所の閉鎖を伴うでしょう。例えば、リースブレークが発生するか、2021年におけるMapeleyとのPFI契約の終了時にオフィスはリリースされるでしょう。HMRCは、11月12日にそのスタッフと移行の大筋を共有しました- 潜在的なオフィスの閉鎖の日付と各事業所で働く個人のための可能性のある結果を含みます。
  4. HMRCは、この移行を実施するための最良の方法で、スタッフや他の利害関係グループに相談します。スタッフが提案したり、既存の地域センター内または近郊に本拠を置かれていない場合、これらはオプションの範囲が与えられますし、HMRCとの将来を考え、議論する時間を持つことになります。
  5. 多くの近代的な調査業務は任意の場所から行うことができますが、歳入関税庁の調査担当者とフィールド力は、我々が対面接触または人の建物内で接触する必要がある場合のように、国全体をカバーすることができる外務員はそのままです。 また、脆弱な個人または追加のニーズを持つ人のための出張顧客サービスも継続されます。

 

 

 

8.税負担から解放される日(Tax Freedom Day=TFD

 

国民がその年の「税負担から解放される日(Tax Freedom Day=TFD)」という概念を考えたのは、米国人 Florida businessmanの Dallas Hostetler氏で、1948年に考案したという。なお、gooの辞書では、次のように定義している:「1月1日からその日までの全所得が、1年分の税金の総額に達する日のこと。米国でいわれる言葉で、その日から以後は、すべて自分のための稼ぎになるということ。」  すなわち、

ある年の年間の国税、地方税、VAT税、社会保険納付金、などの全ての政府収入を合計した金額を、国民のその年の稼ぎ(予測GDPを365日、または閏年には366日で割って、何日間で支払えるかを計算する)によって、何月何日までに支払い完了済みという所まで達成しうるかをきちんと前もって計算しておくことで、その何月何日の翌日以降は、全て国民自らの所得として稼ぐのだ、と言う風に、税金からの解放をしっかり意識することで、意欲的に経済活動に励む気概を産み出そう、ということであるらしい。同時に、GDPに占める税負担、社会保障負担などの重みを、しっかり国民に意識して貰い、納税意識も高める、という効果もあるようだ。最近は、EU本部も、このTFDを各国毎に計算して公表しているという。

 

この概念を日本国でも導入して、財務省が毎年TFDの目標日を確定申告期間中に公表して、国民の奮起を、そして国等には税金の無駄遣いをしない心がけ、として示すことで、最近乱れてしまった我が国の「財政規律」への意識を向上する手段とすればよいと思うのですが、いかがでしょうか? 

 

 

9.デンマークモデルー気軽に真似ようとしないでくださいー

                             2016年1月14

CATOinstitute(保守系公式には無党派のアメリカのシンクタンク)の、2015年12月31日付の経済開発速報第24号の「デンマークモデル―気楽にこれをしようとしないでください。」

と題する文書が見つかったので、ここにご紹介します。福祉国家の優等生デンマークへの関心の高まりを、デンマークのシンクタンクの研究員が、アメリカの大統領候補も賞賛しているといいながらも、自慢する前に、気楽にまねようとしないで下さいとくぎを刺しているので、仮訳してみました。国民全体の幸せが、金持ちから貧乏人への分配だけでできるのではないよとごもっともな内容のようなので、楽しんでください。政治家を選ぶための判断材料の1つになるかもしれませんよ・・・。

経済開発速報第24

著者:オットーブロンス-ピーターセン(*) 2015年12月31 デンマーク国内とと海外の両方で、デンマークが、より多くの幸福、より大きな富、またはその両方を約束する自由市場の資本主義より好ましいことのともかくの証明であるという発言を頻繁に聞きます。最近、民主党の大統領候補者バーニー・サンダースとヒラリー・クリントンは、デンマークに対する彼らの賞賛を宣言しました。私は、今年初めのアテネ、ギリシャ、ソフィア、ブルガリアでの会議で、いわゆるデンマークモデルの魅力の高まりに出くわしました。これらのイベントでの私の助言は、「気楽にこれをしようとしないでください あなたがデンマークのモデルとは何かを少なくとも理解するまでは。」との説明の繰り返しでした。  まず認識すべき事は、デンマークが、他の北欧諸国のような、その福祉国家への転換と高い政府支出からは、かなり離れた自由市場経済を持っているということです。北欧諸国は、経済的自由の世界的な順位についてはかなり高いランキングを取得する傾向があります。デンマークは、フレーザー研究所の世界の経済的自由度では22位に、インデックスヘリテージ財団によって発行された(EFW)インデックスでは11位にランクされています。1 デンマークは世界銀行の世界中の事業活動のしやすさを評価したビジネスビジネス環境のレポートでは3位にランク付けされています。

表1:経済的自由、評価、ランキング:(巻末の出典元の表・グラフを参照ください。)

出典:ジェームズゴートニー、ロバート・ローソンとジョシュア・ホール、世界の経済的自由:2015年年次報告書(バンクーバー:フレーザー研究所、2015年)

 表1は、EFW指数の5つのサブインデックスにデンマークのスコアを示します。福祉国家に関係する高税収、限界税率、および政府支出それらの”サイズの政府」対策に非常に低いランクデンマークを獲得することができます。他の指標では、しかし、あるものではトップ10で、非常に高いデンマークのスコアです。財産権の保護と法制度の整合性についてのその評価は、その通貨システムの健全性は、(クローネで30年以上のためにユーロやドイツマルクにペッグされている)であるので、国際的に非常に高いです。 労働と比較優位の国際部門に大きく依存する小さい国なので、デンマークは外の世界との自由貿易の長い伝統(最近では貿易管理体制は、欧州連合(EU)によって高度に支配されています。)を有しています。 規制に関しては、デンマークのスコア非常によく。クレジット市場は、国際的にあまり規制されていない国の一つです。 最近の金融危機時には、納税者が銀行に助成金を支給する必要はありませんでしたし、いくつかの銀行は失敗させました。デンマークの労働市場は非常に柔軟である:何の最低賃金法制もありませんし、雇用や解雇には、わずかな制限があります。しかし、EFWの全体的な労働市場のスコアは、徴兵制の存在によって下方向にドラッグされています。最後に、デンマークはトランスペアレンシー・インターナショナルによると、世界で最も腐敗が少ない国である。3

第二に、デンマークは最近、豊かな国になっていませんでした。図1に示すように、デンマークの一人当たりのGDPの他の国との相対は、(大恐慌と第二次世界大戦からの「ノイズ」を無視して)最大40〜60年前に到達しました。デンマークは、キャッチアップのプロセスが停止した1970年代初頭まで、米国およびその他の西洋の分家とのギャップを狭めながら、追いついて、50年代の「古いヨーロッパ」を追い抜きました。デンマーク人はまだアメリカ人のように豊かではありません。

図1.デンマーク一人当たりGDPその他の国との対比(巻末の出典元の表・グラフを参照ください。)

出典:アンガス・マディソン、世界経済の歴史統計:1から2008のAD、2008 年から入手できます。http://www.ggdc.net/MADDISON/oriindex.htmデンマークは世界の他の地域に比べて裕福になった時、それは福祉国家ではありませんでした。実際には、デンマークが歴史的には国際的な基準(図2参照)では、低税金国となっています。1960年代までは、デンマークの税収のGDPへの割合は、米国の場合と同じで英国に比べて低かったのです。その後、デンマークの税金レベルの大幅な乖離は実際に、最初の左翼連立政権がそれから右翼の連合政権が、税の対GDP比をいくつかの10%ポイント増加させた1960年代後半に発生しました。 興味深いことに、政府支出は、賃金所得に対する付加価値税および源泉徴収税の導入から生じる税収の増加によって大きく動かされました。 図2.税負担の歴史:(巻末の出典元の表・グラフを参照ください。)

注意:デンマークシリーズは、1947年と1965年の、アメリカでの1948年と1965年のデータにによるものです。 出典:OECD税務Databse、「Fiora連結政府収入、「Whitehouse.gov、taxfoundation.org、「Økonomiskvækst私デンマーク スヴェンAageハンセン、「Beskatning私デンマークの” – DST 1987、および独自の計算。

Mogens Glistrupが新たに形成した進歩党は、1973年の「地すべり」選挙で二番目に大きい政党になったので、1970年代には、強力な税の反乱を見ました。それにもかかわらず、福祉国家は、新しいクライアントを集めて新しいプログラムを追加したので、経済危機が失業の増加をもたらし、経済危機を加速し、財政支出を増加させることにより、危機への対処が試みられので、歳出は成長し続けました。1980年代初期までは、経済は、高い失業率、巨大な拡大財政赤字、大きな対外赤字を超える深刻な懸念と、非常に悪い形でした。1982年に権力を握った右翼政権以来のすべての政府は、福祉国家と税制の構造改革を行い、「寛大」な福祉国家を削減し、限界税率のカットだけでなく、財政の整理統合をおこなってきました。そのため、デンマークはまず豊かになり、それから、福祉国家を構成する政府プログラムを導入しました。政府支出の大幅な増加は、それが必要なデンマークの経済と福祉の状態を改革するために作られた深い構造的な問題を伴ってきました。福祉国家を導入することが、デンマークを豊かにすると説明することはほとんど不可能でした;むしろそれは、逆回りでした。デンマークはまず豊かになり、その後、当局は富の一部を再分配し始めました。

しかしデンマークの明らかな幸せはどうですか?あなたの人生に満足している場合は多分物質的な豊かさはそれほど重要ではありません。ベッツィスティーブンソンとジャスティンWolfersによる論文の包括的な研究が指摘したように実際には、生活の満足度と所得は、国の平均値を越え、国内の個体間の両方に非常に相関しています。4経済学(2015年ノーベル賞受賞者、アンガスDeaton、同じ主張をしました。)5彼らはいわゆるEasterlinパラドックス(それは、長期的な増加収入が幸福の増加と相関しないと断定しています。)を拒否し(それが唯国家間での比較だけではなく、内国での相関を見ている)したがって、再分配のためのケースのように解釈できます。

 貧しい人々に金持ちから再分配することが金持ちをあまり不幸にしないとしたら、再分配は、「国民全体の幸福」を高めることができます。そしてその場合には、福祉国家の再分配は、自己報告での幸福のデンマークの世界記録の根拠たりえます。 悲しいかな、デンマークは、最新の調査では、低課税のスイスに抜かれてしまって、もはや世界で最も幸せな国ではありません。6  もっと重要なことは、すでに述べたように、Easterlinパラドックスは文献によってサポートされていません。デンマーク人の高い幸福レベルは、その高い所得水準ゆえである可能性があります。そのうえ、クリスチャンBjørnskov教授が指摘したように、高いレベルの信頼(重い責任)は人生の満足度をも高めるように見え、デンマーク人は非常に信頼できるので、それはここでもその役割を果たしているかもしれません。7 繰り返しますが、高いレベルの信頼がデンマークでは福祉国家に先行したというよりは、福祉国家によって高いレベルの信頼が引き起こされているのです。  多くの点で、デンマークは世界のモデルとして役立つことができます。あなたが正しい教訓を学ぶことに失敗するならば、我々のモデルを模倣しようとするのは危険かもしれません、とりわけそれはあなたが富を再分配することによって豊かになるとか、典型的な社会主義国が経験したものよりも社会主義への穏やかなより効果的な方法があるという考えをまねようとすることでも同じです。 そして、もしデンマークのケースが、財政再建と経済改革を回避するために、米国、ギリシャ、またはその他の国における政治家のための口実となったとしたら、それは確かに、皮肉なことです。なぜならば、我々デンマーク人は、私たちの福祉国家の導入によって作り出された問題に対処するために何十年も改革し統合してきたのですから。 出典:

http://www.cato.org/publications/economic-development-bulletin/danish-model-dont-try-home#full

 

 

10.103歳になってわかったこと

 

美術家・篠田桃紅

(しのだ・とうこう)さん。

「いつ死んでもいい」なんて嘘。生きているかぎり、人間は未完成,

人生は一人でも面白い、自分の心が一番尊い、と信じて、自分一人の生き方をする。」

 

「くじびきみたいな結婚なんて、とんでもない」と結婚をせず、戦後、海外渡航が制限されている時代、ひとりニューヨークに渡り、個展を成功させた人生を振り返っています。

 

◆生まれて死ぬことは、

考えても始まらない。

人間の知能の外、

人の領域ではないこともある。

◆自らに由(よ)れば、

人生は最後まで自分のものにできる。

意に染まないことはしない、

無理もしない。

◆自らの足で立っている人は、

過度な依存はしない。

そもそも介入しない、

期待もしない、負担にならない。

◆自分という存在は、

どこまでも天地にただ一人。 

自分の孤独を、

客観視できる人でありたい。

◆日々、違う。いきていることに、

同じことの繰り返しはない。

老いてなお、

道なき道を手探りで進む。

◆体の半分はもうあの世にいて、過去も未来も俯瞰(ふかん)するようになる。

まあいいでしょう、

とあきらめることを知る。

◆長く生きたいと思うのは、

生き物としての本能。年老いとそうなる。

103歳だからわかる。

生きているかぎり、人生は未完成。

◆杭(くい)に結びつけた心のひもを切って、精神の自由を得る。

自分の年齢を考えて、

行動を決めたことはない。

◆自然の一部として生まれてきただけ、

 と思えば気負いがなくなる。

少しずつ自信をつけて、

人はようやく生きている。

◆考えるのをやめれば、なにも怖くない。

 ただ、「無」になる。

歳をとるにつれ、

日常に「無」の境地生まれてくる。

◆夢中になるものが見つかれば、

人は生きていて救われる。

で納得しよう、

割り切ろうとするのは思い上がり。

◆受け入れられるか、認められるかよりも

行動したことに意義がある。

人の成功を見届けてからの、

あと出しじゃんけんではつまらない。

◆予定や目標にとらわれると、ほかが見えなくなる。ときに、その日の風まかせ。

自分に規律は課さないし、

外からも課せられない。

◆幸せになれるかは、この程度でちょうどいい、と思えるかどうかにある。

いいことずくめの人はいない、

いいことずくめの一生もない。

◆真正面だけでなく斜めからも見てみる。

 新たな魅力があるかもしれない。

人と人の関係も、

うしろからもよい、横からもよい。

◆知識に加えて、感覚も磨けばものごとの

真価に近づく。

虫が知らせる、虫が好かない、

を大切にする。

◆運命の前では、いかなる人も無力。

 だから、いつも謙虚でいる。

どんなに愛する人でも、

いつ奪われるかわからない。

◆時宜(じぎ)に適(かな)って、

人は人に巡り合い、金の言葉に出逢う。

医者の「治りますよ」で、

私は死病から生還した。

 

 

 

以上が2015年の「税の図書館」への投稿から抜粋したものです。税だけでなく、納税者としてわかっていたほうが良い、歳出と関係が深い政治、行政に関するテーマにも目を向けることとしました。それも、財政再建といった、我が国での最優先課題への判断力を高めようとの狙いからです。要するに税金の使途のウヲッチドッグ「番犬」役も納税者の義務の一部と考えるからです。ワンワン🐶

 

                             編集責任者 免出 嘉秀

 

 

 

 

 

Page Top